今月おすすめの中堅消費者金融(2018年3月)

キャッシング情報局

今月おすすめの中堅消費者金融(2018年3月)




当サイトのカテゴリーに、【審査が通る中堅消費者金融】があります。

こちらは、借入れしやすい旬な中堅消費者金融を、ランキング形式で紹介したもので、当サイトの中でも、一番の人気を誇るカテゴリーです。

ここでのランキング順位は、各企業への申込み件数に与える影響力も大きいので、ある程度、長い期間、その動向や承認率を見たうえで、ランク付けを実施しています。
(少なくとも、半年以上は、動向を見たうえで判断しています。)

しかし、実際には、各業者の承認率は、常に変化しているので、本音のおすすめ業者は、実は毎月、微妙に変動しています。

そのため、今回は、各業者の動向や承認率を、直近3カ月という、比較的、短期間のデーターで分析を行い、単純に、今一番、審査が通りやすい中堅消費者金融を、「今月のおすすめ業者」として、紹介させていただきます。

2018年3月おすすめしたいのは、この業者です。


エース株式会社



エースの詳しい情報はこちらを参照


この会社は、当サイトでは、2017年11月に紹介しはじめたばかりの、まだ紹介歴の浅い会社ですが、4カ月以上、その動向をチェックしてきました。
その結果、自信を持って、おすすめ出来ると確信出来ました。


※承認率が高い

エースのここ4カ月の承認率は以下の通りです。
・11月・・8.77%
・12月・・8.76%
・1月・・7.88%
・2月・・7.32%

エースの承認率の高さは、当初より、群を抜いていたので、気になっていましたが、一時的なものかもしれないので、数ヶ月間その動向を伺ってきました。
結果、このような高い数値で推移していることが判明しました。

現在、やや下降気味ではありますが、常に、7%を超える高い承認率をキープしていることは評価できます。
同業他社と比べて、単純承認率では、いまのところ、ナンバーワンと言えるでしょう。


※知名度の低いうちが狙い目

知名度が上がってくれば、当然、それに比例して、申込み件数も増えてきます。
特に3月のような繁忙期は、比較サイトで、ある程度上位ランクにある、メジャーな会社には、何もしなくても申込みは集中します。

このような会社は、この時期、特に承認率を上げる努力をする必要はありません。
普段通りのペースで承認をしていれば良いということになります。

但し、エースのように、インターネットキャッシングに新規参入したばかりの会社は、繁忙期の時期に承認率を上げてくる可能性があります。
ここで、頑張って、他社より承認率が高くすれば、名前を売り出すチャンスになるからです。

筆者の見立てでは、中堅消費者金融の妥当な承認率は、5~6%台で、7%を超えるためには、かなり意識的に決裁しないと出来るものではないと考えられます。

つまり、エースは、今、売り出し中なので、意識的に承認率を上げてきている可能性があるということです。
この高い承認率がいつまで続くかわかりませんが、今後、社名がメジャーになってくるのと反比例して、承認率は下がってくる可能性もあります。

申込みは今がチャンスかもしれません!




消費者金融が、売り出しのために、意識的に承認率を上げてくることはあります。
特に、繁忙期はその効果が高い時期にあたります。




※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 


サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較
関連記事

消費者金融業務経験者へのインタビュー (自己破産・債務整理編)

キャッシング情報局

消費者金融業務経験者へのインタビュー-(自己破産・債務整理編)




過去に自己破産や債務整理をした方でも審査対象としている中堅クラスの消費者金融は多数存在します。
このような貸付け方法は、昔からありましたが、ここまで一般的になったのは、貸金業法改正後からでしょう。
このため、世間ではまだまだ、誤解されている部分も多くあるようです。
そこで、今回は、自己破産、債務整理後の借入れについて、中堅消費者金融での勤務経験者へのインタビューを紹介させていただきます。
現場経験者の話の中から何か掴めるものがあるかもしれません。

【自己破産後の申込みポイント】




筆者:自己破産の申込みについては、当サイト上で何度か特集したことがあります。
概ね以下のようなことをポイントにしています。
自己破産したことをアピールする
免責確定から半年ほどは空けて申込みをする
信用情報を開示し整理してから申込みをする
これ以外に何かアドバイスはありますか?







Tさん:自己破産をした後、最初の1件目は特に重要ですね。
最初の1件が通過するかどうかで、その後、借入れが順調に出来るようになるか、出来なくなるのか変わってくることもあります。







筆者;具体的にはどういうことですか?







Tさん:中堅クラスの消費者金融が審査で参考にしているのは、「返済実績」です。
自己破産をしてから、まだ、どこも利用していない人よりも、どこか利用していて、そこで正常に取引がされている人の方が、自分のところでも融資しやすいよね。
だから、最初の1件目の審査は、実は一番ハードルが高い。







Yさん;それは確かにあります。
どこからも利用がない、金融事故者が、何社も否決されていたら、「実は、何か隠しているのでは」と勘繰ってしまいます。
逆に、貸出ししている業者があって、そこで、遅れなく支払い出来ていれば、安心して融資しやすいということはありそうです。







Tさん:1件通ればその後3件くらいまでは順調に審査が通過する可能性が高いですね。
さすがに立て続け4件目となると、やや厳しくなってくるかもしれません。







筆者:自己破産は大手や銀行では取り扱いしませんか?







Tさん:具体的な社名は控えますが、今までは、大手でも銀行でも取り扱いしてましたよ。
特に、地方銀行は積極的の融資していた印象があります。
ただ、銀行は、最近、過剰融資と言われて、叩かれているから、今後も積極融資を続けていけるかは不明です。







Yさん;確かに、今後、銀行カードローンの融資スタイルがどう変わってくるかによって、自己破産者への貸付けも大きく変化するかもしれません。現在は動向を見守るしかありません。




【債務整理後の申込みポイント】




筆者:債務整理の申込みについては、
①自己破産と同じく債務整理したことをアピールする
②自己破産と同じく信用情報を開示し整理する
和解してから申込みをする
といったことをポイントに記事を書いてきました。
これ以外にアドバイスはありますか?







Tさん:最初の1件目が重要なのは自己破産と同じ。
あと補足すると、債務整理の方が、自己破産より複雑で、わかりにくいので、状況を上手に伝えることが必要ですね。
債務整理中の方の審査は、信用情報の内容だけでは、審査担当もなかなか判断できないはずです。
申込みフォームの備考欄を駆使するなどして、現在の状況を伝えて下さい。







Yさん:和解して返済開始はじめてから、半年は空けた方が無難です。
少なくとも3カ月以上は空けて、そもそも和解内容の支払いがきちんと出来ているかは見定めたうえでないと可決は出しづらいです。
あと、自己破産みたいに、立て続けに可決は出にくいかもしれませんね。




自己破産も債務整理も重要なのは、その後の「返済実績」ということでしょうか。
そのためには、最初の1件目を通過させることがかなり重要なポイントです。
当サイトの各記事を参考に、可決を目指して下さい

※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 




サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較
関連記事

消費者金融業務経験者へのインタビュー (審査編)

キャッシング情報局

消費者金融業務経験者へのインタビュー (審査編)




当サイトでは、キャッシングについて幅広い情報提供をするため、管理人自身の金融知識だけでなく、消費者金融業務の経験者へ取材やライティング依頼をすることがあります。
今回は、そんなインタビューのひとコマを紹介したいと思います。
スペースの都合上、割愛したり、要約した箇所もありますが、内容に関しては出来る限りそのままの形で伝えることにしました。
取材相手は、中堅消費者金融での勤務経験者2名です。
尚、今回紹介する内容は、「中堅消費者金融の審査基準」について限定しています。




筆者:中堅消費者金融は柔軟と聞きますが、具体的にどこまでの内容に融資していましたか。
具体的に教えて下さい。







Tさん:分かりやすいところでは、自己破産免責確定、債務整理和解済はOKですね。
あと、「延滞事故」もショッピングはOKとしていました。







Yさん:ほぼ同じですが、「延滞事故」に関しては、キャッシングで発生していても、10年以上経過していれば審査対象としていました。




※延滞事故:入金予定日から3カ月以上入金されないと、指定信用情報機関(JICC)に「コード21」という異動情報が発生すること。





筆者:3カ月未満の延滞についての取り扱いはどうですか。







Tさん:異動情報が出ていなくても、延滞に関しては厳しく見ていましたね。
現在延滞中はもちろん、半年以内に10日以上の延滞が有る場合はNGですかね。







Yさん:延滞回数とのバランスでしょうか。信用情報で、1年以上の返済経歴が確認出来ていれば、10日以上の延滞があっても可決にする時があります。
場合によっては、20日以上もありましたが、それは、1年前に1回だけ遅れて後の支払いは遅れていないといった特殊なケースです。
基本的には、ウチも返済遅れについては厳しめだったと思います。








筆者:絶対に無理というのはどのような内容ですか?







Tさん:まず、総量規制オーバーは絶対NG。
信用情報で見れば、現在延滞中、延滞事故(コード21)、債権回収(コード31)の事故情報はNG。
属性では、専業主婦もNG。
あと、ちょっと忘れましたが、
・何人暮らしか
・家賃住宅ローンの支払いがあるか
などで生活維持費を算出して、世帯の年収がその金額以下の場合もNGでしたね。







Yさん:確かに直近での、延滞事故や債権回収の事故情報は無理です。
あと、二十歳そこそこなのに借入れ件数が多い人(借入れが急激に増加している人)とか、独身一人暮らしで居住も勤続も3カ月未満などの人(居住、勤務先が安定していない人)は否決でした。








筆者:世間では「無審査」のようにも思われている節もありますが、意外に審査は厳しい印象があります。







Tさん:中堅消費者金融の審査はある意味では大手よりも基準が厳しい面もあるかも。
大手は、善良な一般人の利用者が中心だけど、中小はどうしても、多重債務者や自己破産、債務整理経験者など、「訳あり」の人からの申込みが多いから、その辺りはしかたがないですね。







Yさん:ポイントは、「延滞」です。
結構な負債額でも、「延滞」していなければ、総量規制の範囲内なら可決になる可能性が高いと思います。








筆者:中堅消費者金融の承認率が大手と比較して、上下しやすいのは何が原因ですか。







Tさん:営業目標数値との関連ではないかな。
目標数字に届かない時は、決裁者の判断もブレることがあったような気がするね。意識的に可決を増やしていたんじゃないかな。
年度末なんかは、年間目標との兼ね合いもあるから、高くなるんじゃないかな。







Yさん:大手と違うのは、人手やシステムが安定していないことです。
中小業者は人手不足などで、比較的、処理能力が低い時期もあります。そんな時期と、繁忙期などで申込件数が増える時期が重なると、どうしても承認率が下がる傾向はあります。




このような取材からも、中堅消費者金融の審査の実態というものが多少でもかいま見えてこないでしょうか。
また、取材は、審査以外にも多岐にわたって行っているので、また次の機会に報告させていただこうと思います。


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 



サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較
関連記事

キャッシングエイワの伝説

キャッシング情報局
当サイトでは中堅消費者金融について、かなり突っ込んだレポートをしてきましたが、あえて、これまで紹介を避けていた、会社があります。

それがキャッシングエイワです。

実はこのエイワ、業界ではその名を知らない人はいないほど超有名な会社です。
それは、業歴の長い老舗業者だということもありますが、とにかくこの会社の営業スタイルが独特で、業界でも「異端」の部類になっているからでしょう。
実際、筆者も現役時代には、お客さんから、エイワの武勇伝について耳にすることが多くありました。

今回は、そんな独特の文化を持っている、エイワの伝説についてレポートしてみました。
2ちゃんねる情報よりは、信憑性は高いと思いますよ。


※当サイトでは、おすすめ業者としてエイワは紹介していません。
エイワロゴ


※エイワ伝説

♦従業員の態度も見た目も怖い

びっくりするかもしれませんが、エイワには、見た目が「ミナミの帝王」の世界そのままの人が多くいます。
業界の研修などの集まりの場でも、エイワの社員はすぐにそれとわかったものでした。
色眼鏡、髭、派手なスーツは当たり前ですし、態度や口調も荒っぽく、お客さんを罵倒するのも日常茶飯事のことです。
もちろん、正規の登録業者なので、実際に暴力を振るわれることはありませんが、威圧感は半端なく、「金貸しはなめられたらダメ!」という昔ながらのスタイルを踏襲しています。
実際、お客さんの中には、ヤクザ経営と勘違いしている人も多くいました。

♦借入れは全て対面

エイワの借入れは、全て店頭での対面で行われています。
この姿勢は、現在に至るまで一貫しています。
合理性から考えれば、無人機や非対面での振込み融資が、効率的なので、ほとんどの同業他社がそちらの方向に舵をきりましたが、エイワは今でも、店頭による対面融資にこだわっています。

実際に、相手を見て話し、「こいつなら大丈夫」と思える人にしか融資をしないというカウンセリング型の融資方法ということです。
この究極のカウンセリングをクリアしないと融資は受けられません。
但し、申込者は、強面の社員から、生活状況について、ダメ出し、説教、罵倒されることは覚悟しなければなりません。

♦店頭に客の行列が出来る

店頭での面談が必要なのは、新規申込み時だけではありません。増額時、枠内融資時もそうですし、返済も店頭での返済を推奨しています。
また、そのひとりひとりに、徹底した、罵倒を含めた、カウンセリングが実施されるので、給料日の月末近くは、店頭に客の行列が出来ることは有名です。

♦完済を受付けない?

最近はどうかわかりませんが、かつては、客が途中で繰り上げ完済したくても、店舗で簡単に受付けてくれないケースも多くありました。
また、融資についても、優良顧客にはかなりの無理貸しをする話も聞いたことがあります。

♦他社が遅れていてもエイワだけには支払う?

エイワはこのように、強面従業員によって、顧客の管理が徹底しています。
それも恐怖心だけで管理しているわけではありません。時には親身に身の上話の相談に乗ったりと、ある意味、人情味あふれるカウンセリングも実施されているようです。
そのため、お客さんも、散々、罵倒されながらも、エイワに感謝(洗脳?)している人も珍しくなく、
「同業他社の支払いが出来なくなってもエイワだけは支払う」
「自己破産してもエイワだけは支払う」
という人達も多くいたのも事実です。

正直、エイワに関しては、ここまでやってよく問題にならないなあと思ったものです。
対面の面談による融資なので、業者主導で、コントロールできそうな人にだけ、融資を行っているからかもしれません。

変な言い方ですが、エイワと顧客の間には、
“ビビりながらも感謝している”
という妙な信頼関係が構築されていたようにも見えました。


※最近のエイワ

このようにかなり「クセが強い」会社ですが、エイワが正規の登録業者であることは間違いなく、反社会的勢力の関係会社でないことは事実です。
それどころか、長年、杉本彩がイメージキャラクターになっている、ある程度、大きな会社です。

しかし、今回エイワついて、記載した内容は、冗談や面白おかしく誇張している話ではなく、業界では有名な話です。

エイワは一時期、全国に100店舗を超える店舗を構えていましたが、現在(2018年2月)では、23店舗にまで減少しています。しかし、基本的なスタイルは変えずに営業しているようです。

このように、エイワの営業スタイルには、一定の需要はあるようですが、正直、おすすめ出来かねる箇所が多いでの、当サイトでは、残念ながらおすすめ業者としては取り扱っていません。





エイワは、ある意味、伝説の中堅消費者金融ですね。
当サイトではおすすめしていません。
おすすめ業者は、
【審査が通る中堅消費者金融】でお探し下さい。




※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 



サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較
関連記事

中堅消費者金融では「延滞」に注意!

キャッシング情報局

中堅消費者金融では「延滞」に注意!




大手消費者金融と中堅消費者金融では、「延滞」に対する対応がまるで異なります。
もちろん、大手でも中堅消費者金融でも「延滞」はないのが一番ですが、中堅消費者金融では、「延滞」に関しては、大手とは比べものにならないほど厳しいので注意が必要です。

【簡単には返済を待ってもらえません】

大手消費者金融であれば、支払いが遅れていても、1カ月くらいの範囲であれば、簡単に待ってくれることが多いようです。
しかし、中堅消費者金融の場合はこうはいきません。

中堅消費者金融には、「延滞=悪」という公式が根強くあります。
このため、実績は1カ月どころか、1週間待ってもらうのも一苦労です。

最近は、各社の督促も昔に比べてかなりマイルドになってきましたが、
「忙しくて入金しにいく暇がない」
といった私的な理由では、まず待ってもらえないでしょう。

しかし、これはある意味やむを得ないことかもしれません。
大手と中堅消費者金融では、客層が全く違うからです。
中堅消費者金融の客層は、大手に比べて、どうしても返済能力が低い人が中心になるので、安易に待って、返済額が2カ月分、3カ月と溜まってしまうと、返済することが出来なくなってしまうからです。

【わずかな延滞でも審査に影響する】

このような「延滞=悪」という考え方は、債権回収だけでなく、審査にも影響してきます。
指定信用情報機関の調査で他社の支払いが、毎回、1日、2日遅れているだけでも、審査担当者の印象はかなり悪くなります。
新規の申込みもそうですが、自社の増額審査でも、わずかな日数でも遅れがある場合は、なかなか難しくなってしまいます。

【延滞がなければ高額融資も】

しかし、逆に、中堅消費者金融は、長年、返済遅れがなければ、たとえ属性が低くても高額融資の決裁が出る可能性があるという特徴もあります。
そのような取引実績があれば、実際、中堅消費者金融でも100万円近くの与信が出ることも珍しくありません。

このように中堅消費者金融は、「延滞」にはかなりナーバスになっている部分がありますが、逆に「延滞」さえしなければ、高額融資も狙えるようにもなってきます。
中堅消費者金融を利用する時は、くれぐれも、「延滞」にはご注意ください。





「延滞」は中堅消費者金融と付き合うには、大きなキーワードになります。




※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 



サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較
関連記事

今月おすすめの中堅消費者金融(2018年2月)

キャッシング情報局

今月おすすめの中堅消費者金融(2018年2月)




当サイトのカテゴリーに、【審査が通る中堅消費者金融】があります。

こちらは、借入れしやすい旬な中堅消費者金融を、ランキング形式で紹介したもので、当サイトの中でも、一番の人気を誇るカテゴリーです。

ここでのランキング順位は、各企業への申込み件数に与える影響力も大きいので、ある程度、長い期間、その動向や承認率を見たうえで、ランク付けを実施しています。
(少なくとも、半年以上は、動向を見たうえで判断しています。)

しかし、実際には、各業者の承認率は、常に変化しているので、本音のおすすめ業者は、実は毎月、微妙に変動しています。

そのため、今回は、各業者の動向や承認率を、直近3カ月という、比較的、短期間のデーターで分析を行い、単純に、今一番、審査が通りやすい中堅消費者金融を、「今月のおすすめ業者」として、紹介させていただきます。

2018年2月の承認率から見たオススメ業者は、以下2業者です。


プラン




アロー




2業者としたのには理由があります。
下記は、おすすめランキングの上位業者の直近3カ月の承認率の比較です。

中堅消費者金融承認率


この結果からも承認率に関しては、プランとアローがほぼ同点といったところでしょう。

セントラルは、センブン銀行ATMとの提携や無利息サービスなどサービス面は、他の2社よりも充実していますが、ここ最近の承認率では2社に譲る結果になっています。

通常、中堅消費者金融の1月の承認率は、年末年始の休業の影響もあり、下がり気味になります。
中堅消費者金融の業務は、大手と違い、マンパワーに頼っている部分も多く、申込みを処理するキャパも限られています。
このため、あまりに多く申込みが集中した時は、処理しきれずに、かえって承認率は下がってしまうこともあります。

しかし、1月後半よりは、申込み件数も落ち着いて、承認率は徐々に盛り返してきているので、2月は安心して申込みして下さい。
普段通りの安定した審査を受けることが出来るでしょう。





各中堅消費者金融の承認率を、リサーチ、公表しているのは、おそらく、当サイトだけです。




※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 


サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較
関連記事

債務整理の申込みについての一問一答

キャッシング情報局

債務整理の申込みについての一問一答




現在、多くの中堅消費者金融では、過去に自己破産や債務整理をした人への融資を実施しています。
かつては、「邪道」というか特殊な融資方法といったイメージもありましたが、いまではすっかり業界に定着しており、そのことは広く知られています。
但し、自己破産に比べて債務整理は、負債も残るので、少しややこしく、申込み方法などについて、いくつか当サイトにも質問者が寄せられていました。
今回は、債務整理の申込みについての質問に、この場で一気に回答したいと思います。




債務整理は、信用情報への報告方法が、各社の見解でバラバラになりやすく、誤解による否決が生じやすいのが特徴です。
申込みをする時は、その点に注意して下さい。




Q:
弁護士に債務整理の依頼をしたばかりですが、新たに融資してもらえるでしょうか。
A:
結論から言えば難しいと思います。債務整理には、「和解前」、「和解後支払中」、「和解後完済」の状態がありますが、審査対象になるのは、あくまで「和解後支払中」以降の状態が基本です。
「和解前」の状態では、その後、方針変更で自己破産になる可能性もあるからです。


Q:
債務整理して減額された借金は、「総量規制」とは関係ないのですか。
A:
関係あります。貸金業者からの借金は減額された金額で、総量規制の対象となります。


Q:
債務整理中に申込みをする時は、借入れ金額はどのように報告すればよいですか。
A:
債務整理の申込みは「和解後支払中」以降の状態が基本です。
よって、和解した金額の残金を伝えれば良いです。


Q:
債務整理で申込みをする時は、どんなことに注意すればよいですか。
A:
債務整理や自己破産をした方の中には、指定信用情報機関の情報が、「ぐちゃぐちゃ」の状態になっている人が多くいます。
これは、各金融会社の見解の相違による、対応のバラツキが原因です。
例えば、「債務整理和解前」という状態を、延滞中の扱いにする会社もあれば、次回支払日を未来日に更新して、延滞扱いにしないよう配慮している会社もあります。
このため、債務整理の案件は、消費者金融が指定信用情報機関を確認しても、よく状況が把握出来ないケースもあります。
このような状況で、誤解によって否決となってしまう方も、少なからずいるのは事実です。
まずは、自分自身の債務整理の状況を出来る限り詳しく、伝えておくことが重要です。
「申込みフォーム」の備考欄などのフリースペースを活用するのも方法です。

※こちらの記事にも詳しいので参考にして下さい。
(「自己破産・債務整理の申込みの注意事項」)


Q:
債務整理後、各金融会社には、遅れずに返済をしていますが、ある貸金業者から「遅れている」という趣旨の話を聞いたのですが。
A:
前述のように、各社の見解の違いで、債務整理を行った人の信用情報は、貸金業者からも状況が理解しにくいものになっています。
遅れていないことは、自分で説明する必要があります。
また、最終手段としては、自分自身の信用情報を開示請求して、事実と異なっている情報は修正をするという方法もあります。

※こちらの記事にも詳しいので参考にして下さい。
(「あなたの信用情報はわかりやすくなっていますか?」)


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。



※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 



サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較
関連記事

年末年始にキャッシング審査落ちした方へのアドバイス

キャッシング情報局

年末年始にキャッシング審査落ちした方へのアドバイス



当サイトには、キャッシングの審査落ちとなった方達から、多数の問い合わせ、相談が入っています。
特に、年末年始にかけては、審査落ちとなった人が、通常の月よりも多くなります。
年末年始は休業する消費者金融も多く、年始の申込みはその分かなり混み合うこととなり、中には丁寧な審査が出来ないまま否決となってしまう人もいるようです。

そこで、今回は緊急企画として、年末年始のキャッシング申込みで審査落ちした方が、借入れしやすくなるよう、いつくかアドバイスをさせて頂きます。

もちろん、絶対ではありませんが、審査に通る可能性は格段にUPすると思います。
では、早速、解説してゆきましょう。




年末年始に審査落ちした皆さん、諦めるのはまだ早いですよ!
是非、記事を読んで下さい。




【年末年始は特殊な時期、諦めるのはまだ早い】



前述のように、年末年始は審査が混み合う都合上、丁寧な審査がされないまま否決になってしまった可能性があります。
通常の落ち着いた時期であれば、可決だったのかもしれません。
この時期に審査落ちとなった人は、諦めるのはまだ早いと思います。
再度、キャッシングの申込みをする価値は十分あります。
1月も後半になれば、随分、落ち着いてきますし、2月は消費者金融にとっては、「閑散期」なので、丁寧な審査をしてもらえる可能性は高まります。

(参考記事:新春の中堅消費者金融でのキャッシング事情


【同じ会社には申込みをしない】



一度、審査落ちした会社に、何度も申込みをするのは、はっきり言って時間の無駄です。
消費者金融には、日々、多くの申込みが発生するため、直近で否決になっている人から再度、申込みがあっても、まともに再審査をせずに、否決にしてしまう可能性も有ります。

審査落ちした時は、短期間に同じ会社に何度も申込みをするのではなく、前回と違う会社に申込みをするべきです。

ランキングサイトの、ランキングの高い順番で、申込みをしたことがない会社に申込をしてゆくのも方法です。
当サイトの「審査が通る中堅消費者金融」でも、いつくか安全性の高い会社を紹介しているので参考にして下さい。

尚、一度、否決となった消費者金融へ再度申込みをするのであれば、少なくとも半年から1年ほど間隔を空けてから申込みをするのが無難です。


【申込みブラックは気にしなくてもよい】



よく、何社も消費者金融に申込みをすると、「申込みブラック」になると言われています。
しかし、最近の中堅消費者金融に関しては、「申込みブラック」はあまり気にしなくてよいと思います。

通常、キャッシングの申込みをすると、貸金業者は、借入れ状況の調査のため、指定信用情報機関に照会をしますが、照会した痕跡は6ヶ月間、情報に残るので、この数が短期間であまりに集中していると、審査で敬遠される可能性があると言われていました。

しかし、実際は、申込みフォームに入力した属性と、申告年収額、申告負債額で判断して、指定信用情報機関に照会をしないで否決となってしまうケースも多くあります。

例えば、ある会社の審査基準が、最低年収200万円以上の人しか融資しないという内容だったとします。
この場合、わざわざ指定信用情報機関に照会しなくても、申込みフォームの内容だけで、否決を判断することが出来きます。

中堅消費者金融は、大手ほど、システム設備が整っておらず、基本、マンパワーで審査を行っています。そのため、なるべく指定信用情報機関に照会をしなくても良いように、基準を決めて、足切りをしている会社も多くあります。

指定信用情報機関に照会していない場合は、その会社に申込みをした事実は、他社にはわかりません。

このため、直近6ヶ月以内に中堅消費者金融に多数申込みをしていても「申込みブラック」という状態にはなっていない可能性もあるのです。

いずれにしても、「申込みブラック」はあまり気にせず、新しい会社へ申込みをすることをおすすめします。


【まとめ】



このように、年末年始の慌ただしい時期に申込みをして否決になった方は、これからの落ち着いた時期に、再度、会社を変えて申込みをしてみることをおすすめします。

中堅消費者金融の場合は、タイミグによって、可決、否決が決まることも多いので、可能性は十分に有ります。


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。



※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 


サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較
関連記事

過払い金請求裁判中でも新たに借入れできますか?

キャッシング情報局

過払い金請求裁判中でも新たに借入れできますか?




当サイトでは、キャッシングに関する「疑問」「相談」を、「お問合わせ」のメールフォームでお送りいただければ、わかる範囲であればブログ内で回答させていただいております。

(尚、ここでの回答はあくまで一般例ですので、全てのケースにあてはまるわけではありません。実際のご利用等はご自身の責任でお願いいたします)


※質問

「以前に支払い終わった金融業者に、過払い金請求で裁判中です。そんな状態でも貸してくれる、金融業者はありますか?」


※回答

質問のように、過払い金請求が「以前に支払い終わった」金融業者に限られているなら、そのことを理由に否決になることはありません。

そもそも完済した金融業者に、過払い金を請求していても、そのことは、指定信用情報機関に掲載されないので、審査をする消費者金融は、貴方が過払い金請求をしていることすらわからないはずです。

早速、当サイトの「審査が通る中堅消費者金融」で申込み先を探してみて下さい。

但し、まだ残高が残っている会社にも、過払い金返還請求を含めた債務整理を弁護士、司法書士に依頼をしているのであれば新たな借入れは難しいかもしれません。

残高が残っている金融業者への債務整理は、指定信用情報機関に掲載されるので、申込みをした金融業者にはバレてしまいます。

そして、通常、金融業者は、債務整理で「和解前」の状態で可決は出しません。
債務整理で可決となる案件は、「和解後」で、少なくとも返済が開始されているものに限られます。

その理由は、債務整理の場合、自己破産に方針変更される可能性があるからです。

過払い金請求を含めて各金融会社を利息制限法に引き直し計算をしても、支払いしきれないほどの負債金額が残っている場合は、自己破産に方針変更となることは実際よくあります。
また、自己破産と過払い金請求が同時に行われることもあります。





完済の過払い金請求は、実際の審査には影響は全くありません。
安心して申込みをして下さい。




※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。



※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 


サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較
関連記事

キャッシング審査に「泣き言」はご法度です

キャッシング情報局

キャッシング審査に「泣き言」はご法度です




キャッシングの申込みをする際、申込みフォームの「備考欄」などに、「泣き言」を書いて申込みをしてくる人がたまにいます。

例えば、

「生活が苦しく電気代も止められそうです。どこも貸してくれません。必ず返すのでどうかお願いします。」

「母の医療費の支払いが出来ず困っています。お願いします。どうぞお金を貸してください。」

といった類の内容です。

筆者もかつて現役で審査をしていた時は、この手の文章をよく目にしました。
中には、作文のような、かなり長文の「泣き言」を送り付けてくる人もいました。
あちこちの消費者金融から否決となり、藁にもすがるような気持ちからこのようなことを書いてきたのでしょう。

しかし、ハッキリ断言しますが、いくらこのような「泣き言」を書いても、全く効果はありません。
それどころか逆に審査で敬遠され、本来、可決だったものが、否決になってしまう可能性もあるので要注意です。



【切羽詰まった人には融資はしません】



この類の「泣き言」を書く人の心理は、消費者金融がその人の境遇に同情してお金を貸してくれるかも、という期待があるのかもしれません。

しかし、実際の審査はその真逆です。
消費者金融が申込者の事情に同情してお金貸すことは絶対にありません。

あまりに悲愴感が漂う変な泣き言は、切羽詰まり過ぎていて、審査する立場としては、可決を出す気がなくなります。

消費者金融会社はボランティア活動をしているわけではないので、いくら生活が困窮していることを訴えられても、そのような人には危なっかしくて融資は出来ません。
下手な泣き言は、かえって審査を通りにくくしていることは覚えておいて下さい。




筆者は実際の現場で、余計な泣き言を訴えてきたばかりに、否決になってしまった人を何人も見てきています。
このようなことは絶対にやめた方がいいです。




【元気で活用がある人は可決になりやすい】



その逆に、元気で活力のある人は審査が通りやすくなります。

現在、中堅消費者金融の多くは、審査の段階で、ヒアリングとして、直接、申込者と話をする機会を設けています。
その時は、悲愴感を全面に出すのではなく、むしろ、元気で活力がある印象を与えるよう心掛けて下さい。

逆の立場で考えたらわかると思いますが、貴方が人にお金を貸す立場なら、
①生活費の支払いもままならず、すがりつくような泣き言を言っている切羽詰まった人
②元気で活力のある人
どちらにお金を貸した方が安全だと思いますか。

その答えは明白でしょう。

元気で活力があって前向きな人には、消費者金融も安心して可決を出しやすくなるのです。


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。



※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較
関連記事
≪PREVNEXT≫
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファイナンス
9位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
金融論
2位
アクセスランキングを見る>>
ようこそ
RSSリンクの表示
最新記事
 
検索フォーム
全記事表示リンク
プロフィール

kintaro

Author:kintaro
消費者金融をはじめ、金融業界の有益な情報を提供しています。

「初めての借入から破産・債務整理・総量規制下での借入まで」幅広く情報提供していきます。

あなたのキャッシングにきっと役立ちます!!!

カテゴリ
QRコード
QR
問い合わせ

キャッシングに関する“疑問”“相談”お送りください。 わかる範囲でブログで回答させていただきます。

名前:
メール:
件名:
本文:

免責事項
当ブログの情報は、一部のサービスを除き、無料で提供されています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。 当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。 当ブログが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。