FC2ブログ
お金を借りる案内所
kintaro

お金を借りる案内所では、初めての消費者金融での借り入れから破産・債務整理後・総量規制下での借り入れを詳しく解説しています。借り入れの際にきっと役に立つ情報がたくさんあります。ぜひ一読してください。

金融庁のデータからわかること

2013年08月17日
消費者金融豆知識
≪金融庁のデータからわかること≫

maxeIMGL8761_TP_V4.jpg


消費者金融をはじめとする貸金業者の監督官庁は、金融庁(財務局・都道府県)になります。

正規登録会社は、監督官庁に対して毎年度、業務報告書等を提出しており、その結果が金融庁のホームページに公表されています。

現在、キャッシングに対してネット上では、様々な口コミが掲載されていますが、ここのデーターを読み解くことが、一番正確で信頼できますので参考にしてください。


※正規登録業者数
2,350件(平成24年3月末時点)

※その内、消費者向無担保貸金業者の数
559件(大手以外は551件)

貸金業法改正で業者数は激減しました。
現在、中小の消費者金融会社は全国にわずか550件ほどしかありません。



※消費者金融会社の1件あたりの平均貸付残高
 大手消費者金融・・・約49万円
 中小消費者金融・・・約32万円

この金額は、全債権数の平均です。(新規融資額は、この数値よりも、低く、大手でも、平均20万円を切ってくるのが普通です。)

などなど、様々なデーターが確認できます。


また、登録消費者金融会社の9割近くは、総融資残高が5億円を下回るような中小の業者になりますが、融資残高の8割は大手で占めてしまっています。

このように現在、中小の消費者金融会社は、なかなか厳しい競争を余儀なくされています。
優良顧客のほとんどを、大手が貸出ししてしまうので、やむを得ず、中小の消費者金融会社は、破産・債務整理をした方などにも、工夫をして貸付せざるえないのです。

インターネット上では、「審査無し」・「貸付率8割超」などの謳い文句も見受けられますが、リスクの高い客層に貸出ししている中小消費者金融のほうが、どうしても貸付率も融資金額も低くなるので、普通に考えて、そのようなことは、ありえません。

インターネットサイトの嘘を見破るためにも、金融庁データは役立ちます。





インターネットの口コミや情報サイトにも、あてにならない宣伝が多数あります。
金融庁のデータと整合性が取れるかどうかで、おおよそのチェックが出来ますよ!





※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。



※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融



 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

関連記事

気に入ったらシェア!

kintaro
この記事を書いた人: kintaro
消費者金融をはじめ、金融業界の有益な情報を提供しています。

「初めての借入から破産・債務整理・総量規制下での借入まで」幅広く情報提供していきます。

あなたのキャッシングにきっと役立ちます!!!