FC2ブログ
お金を借りる案内所
kintaro

お金を借りる案内所では、初めての消費者金融での借り入れから破産・債務整理後・総量規制下での借り入れを詳しく解説しています。借り入れの際にきっと役に立つ情報がたくさんあります。ぜひ一読してください。

持家と借家どちらが有利か

2013年06月21日
審査について
≪持家か借家どちらが有利か≫

houses-1719055_640.png


消費者金融のキャッシング審査では、必ず「住居種別」の確認があります。
この場合、持家の場合は、借家に比べて審査は有利になります。

しかし、持家の場合、一般的に住宅ローンの支払いが残っている人が多いと思いますから、実は借家の方が経済的に余力がある場合も多く、かえって持家であることが負担になっている人もいます。
また通常、現在の不動産の評価額より住宅ローンの方が上回っており売却しても借金が残ります。

それでも消費者金融会社にはいまだに“持家信仰”が根強く残っています。

それは、
・持家の人は転居して所在不明になりにくい
・住宅ローンの審査に通っていることが信用できる
・持家の人は破産しにくい
このような理由からでしょう。

消費者金融会社の審査は「安定性」を重視します。
同様の理由で、居住年数が短い方も審査は不利になります。

ただし、借家だからといって借入できなくなるわけではありません。
この「住居種別」の審査は、どちらかというと【限度額の高低】の判断材料になります。





ここで書いたように、持家だと、かえって負担が大きくなってしまう場合も多いのに、消費者金融には、持家好きな決裁者は多くいます。





※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。



※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融



 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

関連記事

気に入ったらシェア!

kintaro
この記事を書いた人: kintaro
消費者金融をはじめ、金融業界の有益な情報を提供しています。

「初めての借入から破産・債務整理・総量規制下での借入まで」幅広く情報提供していきます。

あなたのキャッシングにきっと役立ちます!!!