FC2ブログ
お金を借りる案内所
kintaro

お金を借りる案内所では、初めての消費者金融での借り入れから破産・債務整理後・総量規制下での借り入れを詳しく解説しています。借り入れの際にきっと役に立つ情報がたくさんあります。ぜひ一読してください。

中堅消費者金融では「延滞」に注意!

2018年02月07日
審査について
≪中堅消費者金融では「延滞」に注意!≫

中堅消費者金融では「延滞」に注意!




大手消費者金融と中堅消費者金融では、「延滞」に対する対応がまるで異なります。

もちろん、大手でも中堅消費者金融でも「延滞」はないのが一番ですが、中堅消費者金融では、「延滞」に関しては、大手とは比べものにならないほど厳しいので注意が必要です。





「延滞」は中堅消費者金融と付き合うには、大きなキーワードになります。





【簡単には返済を待ってもらえません】



大手消費者金融であれば、支払いが遅れていても、1カ月くらいの範囲であれば、簡単に待ってくれることが多いようです。
しかし、中堅消費者金融の場合はこうはいきません。

中堅消費者金融には、「延滞=悪」という公式が根強くあります。

このため、実際は1カ月どころか、1週間待ってもらうのも一苦労です。

最近は、各社の督促も昔に比べてかなりマイルドになってきましたが、
「忙しくて入金しにいく暇がない」
といった私的な理由では、まず待ってもらえないでしょう。

しかし、これはある意味やむを得ないことかもしれません。
大手と中堅消費者金融では、客層が全く違うからです。

中堅消費者金融の客層は、大手に比べて、どうしても返済能力が低い人が中心になるので、安易に待って、返済額が2カ月分、3カ月と溜まってしまうと、返済することが出来なくなってしまうからです。


【わずかな延滞でも審査に影響する】



このような「延滞=悪」という考え方は、債権回収だけでなく、審査にも影響してきます。

指定信用情報機関の調査で他社の支払いが、毎回、1日、2日遅れているだけでも、審査担当者の印象はかなり悪くなります。

新規の申込みもそうですが、自社の増額審査でも、わずかな日数でも遅れがある場合は、なかなか難しくなってしまいます。


【延滞がなければ高額融資も】



しかし、逆に、中堅消費者金融は、長年、返済遅れがなければ、たとえ属性が低くても高額融資の決裁が出る可能性があるという特徴もあります。

そのような取引実績があれば、実際、中堅消費者金融でも100万円近くの与信が出ることも珍しくありません。

このように中堅消費者金融は、「延滞」にはかなりナーバスになっている部分がありますが、逆に「延滞」さえしなければ、高額融資も狙えるようにもなってきます。

中堅消費者金融を利用する時は、くれぐれも、「延滞」にはご注意ください。


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 



関連記事

気に入ったらシェア!

kintaro
この記事を書いた人: kintaro
消費者金融をはじめ、金融業界の有益な情報を提供しています。

「初めての借入から破産・債務整理・総量規制下での借入まで」幅広く情報提供していきます。

あなたのキャッシングにきっと役立ちます!!!