FC2ブログ
お金を借りる案内所
kintaro

お金を借りる案内所では、初めての消費者金融での借り入れから破産・債務整理後・総量規制下での借り入れを詳しく解説しています。借り入れの際にきっと役に立つ情報がたくさんあります。ぜひ一読してください。

中堅消費者金融への提言

2017年12月31日
消費者金融豆知識
≪中堅消費者金融への提言≫

中堅消費者金融への提言




当サイトは、立ち上げ当初は、大手から中小までの「総合キャッシングサイト」を目指していましたが、いつの間にか主に、中堅消費者金融についての記事を掲載することが多くなってしまいました。

中堅消費者金融の方が大手よりも「面白いネタ」が多かったということもありますが、現在はすっかり中堅消費者金融のお世話になっている状態です。

このように数年間、中堅消費者金融にまつわる記事を書いていて思うのですが、現在の中堅消費者金融業界は、下記のように大きく二極化しつつあるように思えます。

①時代に合わせて技術革新を進める会社(革新、拡大路線)

②昔と変わらず旧態依然としたスタイルの会社(縮小、現状維持路線)

もちろん、会社によって経営方針も異なるので、どちらが正解ということもありません。

しかし、出来れば時代を牽引してゆく革新派の会社には、どんどん前を向いて頑張っていって欲しいと思います。

革新派が前に進めば、旧態依然派も少しずつでも、ついてきて、業界全体の活性化が図れるようになると思います。

今回は、日ごろお世話になっている中堅消費者金融への恩返しも兼ねて、「お金を借りる案内所」筆者から中堅消費者金融への提言を記事にしてみました。

筆者は、このようなサイトを運営している都合上、多くの同業他社を分析してきています。
苦言のような内容もありますが、中堅消費者金融の皆さんに参考にしていただければ幸いです。





銀行カードローンが縮小することで大手消費者金融は、自社への申込みは増加するけど、保証事業の収益は減ります。だから、このことが、悪影響なのか良い影響なのかよくわからないよね。
その点、中堅消費者金融には良い影響しかないと思われます。





【銀行の自粛によりチャンス到来の可能性!?】



最近のキャッシング業界は、銀行カードローンが過剰融資との批判を受けてやや自粛ムードです。

また、より慎重な審査をしていることを世間にアピールするために、2018年1月から「即日融資」を停止するなど、銀行側もある程度のサービス低下はやむを得ないとしているようです。

その上、銀行カードローンの一番の魅力であった、「総量規制の適用がない」ことも、各行の自主ルールによって、「銀行版総量規制」のような、ある程度の基準を設けることになっています。

このような中、銀行カードローンの申込者が消費者金融に徐々に流れてきています。

もちろん大手中心の話ですが、その煽りは、中小消費者金融も受けるようになると思います。

2018年以降は、銀行が自粛する分、中堅消費者金融にも属性の良い申込者が増えてくることが予想されます。

2018年は中堅消費者金融にとっても優良顧客を取り込むチャンスの年になると思われます。


【ユーザーの希望は小口融資の強化】



消費者金融を利用する最大のメリットは、「簡易な審査でスピード融資」ということでしょう。

バリエーションに富んだ商品も魅力のひとつですが、ユーザーからも小口融資を強化する声が一番多くあります。

小口融資は、消費者金融側からも、件数を抱えるコストはかかりますが、リスク分散が出来るので、債権の安定化を図れます。

一時、おまとめローンなど大口融資が注目された時期もありましたが、もともと大口融資は消費者金融の専門ではありません。
やはり50万円ほどまでの小口融資を強化することが、利用者からも一番喜ばれると思われます。


【無駄な個人情報収集はリスク】



昨今、個人情報の流出事件がニュースで取り上げられることも多く、その取り扱いについて世間ではかなりナーバスになっています。

大手消費者金融では社内規定などで、個人情報の取り扱いについて詳細に定めており、内部監査なども実施し、厳しく管理、監督していますが、中小規模の消費者金融では、この辺りの意識が、まだまだ低い会社も多く存在するのも事実です。

かつての消費者金融業界は、情報量が多ければ多いほど、適正な与信が出来て、仮に不良債権化した時にも回収手段を講じる一助となると考えられていました。

このため、申込者や取引顧客から、やたらと個人情報を収集することが、「適切な顧客管理」とされ、そのような行為が推奨されていた時代がありました。

しかし、個人情報には、必ず、漏洩、流出などの問題はつきものです。

それを防止するためには適切な管理体制を整えることが必要です。
そして、その管理にはコストがかかります。

また、そこまでして収集した個人情報が、審査や債権管理にどれだけ役に立っているかと言えば、気休め程度で大して役に立っていないというのが現実です。

つまり余計な個人情報を抱えていることは、もはや企業にとってもリスクでしかないと言えるかもしれません。

また、余計な情報収集を減らせば、審査に要する時間も短縮出来てサービス向上につながりますし、コストカットにもなります。

今回、様々な提言をしましたが、全てつながれば、

①銀行自粛で優良顧客が増える

②簡易なスピード審査で融資実行

③優良顧客なので無駄な個人情報収集は不要

④債権の安定化、健全化が図れ、個人情報保護の観点からも問題なし

といった最高のシナリオになるはずです。


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。



※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

関連記事

気に入ったらシェア!

kintaro
この記事を書いた人: kintaro
消費者金融をはじめ、金融業界の有益な情報を提供しています。

「初めての借入から破産・債務整理・総量規制下での借入まで」幅広く情報提供していきます。

あなたのキャッシングにきっと役立ちます!!!