FC2ブログ

限度枠は出来る限り高く設定すべし

キャッシング情報局
≪限度枠は出来る限り高く設定すべし≫

限度枠は出来る限り高く設定すべし




キャッシング審査で、消費者金融から高い限度枠を提示されたにも関わらず、必要な金額と同じ限度枠しか設定しないという人もいます。

もちろん不必要なお金を借りる必要は全くありませんが、当サイトでは、限度枠に関しては、出来る限り高い限度額を設定しておくことをおすすめしています。

これには理由があります。



【限度額10万円は信用が低い証】


消費者金融では信用の低い顧客に対しては、限度10万円という与信をすることがよくあります。

本来、限度10万円から得られる利息収入はわずかなので、信用の高い顧客に対しては、通常もっと高い限度額を与信します。

なるべく最初の限度額を低く抑えることでリスク回避をして、取引実績が良好な顧客は後ほど増額するという作戦でしょう。

これは、大手でも中小でも同じです。

このため、どこの消費者金融からも、限度10万円しか利用できなかった人は、他社で信用が低いと判断された人と見られる可能性があります。

消費者金融がキャッシング審査をする際、指定信用情報機関を利用して、他社の借入れ状況の確認をしますが、ここで、他社がいくら限度を設定しているかも判明します。

決裁者の心理としては、他社が軒並み、限度10万円以下しか設置していないのに、自社で高い限度額は設置しづらいものです。

本来、もっと高い与信枠がでたところを、他社に合わせて限度10万の与信となってしまう可能性もあるということです。

その逆に、他社で高い限度枠が設置されていると、自社でも高い限度額を設定しやすくなるということもあります。





「そんなことあるの!?」
と思う方もいるかもしれませんが、
筆者の経験では、意外に「そんなこと」は有り得るのでご注意ください。





【後で増額できないこともある】



また、最初の限度枠は必要な分だけにして、必要になったら増額してもらおうと思っている人もいるかもしれませんが、必要な時に増額してもらえる保証はどこにもありません。

当サイトで何度も伝えていますが、“消費者金融の審査基準は流動的”です。

特に、中小消費者金融の場合は、審査基準が資金調達に左右されることがあるので、例え返済が一度も遅れていなくても増額してもらえない可能性もあります。

与えられた限度枠を目一杯、設定しておく方が無難でしょう。



このように、利用限度枠は目一杯を設置することをおすすめしますが、もちろん必要以上の金額を借りることはありません。

枠だけ設けておいて、引き出すお金は必要な分だけにすればよいのです。


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 


関連記事

メールマガジンの配信を開始しました!

メールマガジン登録フォーム
名前 (姓)  (名)
メールアドレス 必須
銀行カードローン比較
申込む前には必ずチェック!!
借りれる中小消費者金融

完全攻略!セントラル

消費者金融プラン 完全攻略!

アロー完全攻略

ライフティ広完全攻略

bnr_fukuho.jpg

bnr_uny.jpg
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファイナンス
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
金融論
2位
アクセスランキングを見る>>
ようこそ
RSSリンクの表示
最新記事
 リンク
検索フォーム
全記事表示リンク
プロフィール

kintaro

Author:kintaro
消費者金融をはじめ、金融業界の有益な情報を提供しています。

「初めての借入から破産・債務整理・総量規制下での借入まで」幅広く情報提供していきます。

あなたのキャッシングにきっと役立ちます!!!

カテゴリ
QRコード
QR
問い合わせ

キャッシングに関する“疑問”“相談”お送りください。 わかる範囲でブログで回答させていただきます。

名前:
メール:
件名:
本文:

免責事項
当ブログの情報は、一部のサービスを除き、無料で提供されています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。 当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。 当ブログが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。