FC2ブログ

消費者金融の個人名は安心できない

キャッシング情報局

消費者金融の個人名は安心できない




家族に内緒でキャッシングを利用している人は多くいます。

このため多くの消費者金融では、顧客の借入れが家族にバレないように、以下のような対応をしています。


  • ①電話をするときは社名ではなく個人名を名乗ってかける。

  • ②郵送物の封筒に社名が印字されていないものを使用する。


また、貸金業法21条1項5号でも、取り立て行為の際、

「はり紙、立看板その他何らかの方法をもってするを問わず、債務者の借入れに関する事実等を債務者以外の者に明らかにすること」

を禁止しています。

このため、消費者金融は、督促時でも、借入れについて家族にバラすこようなことは、原則、ありません。

このように、消費者金融では顧客の借入れが第三者にバレないよう一応、配慮はしています。

しかし、このような配慮が、かえって仇となってしまうケースもあるので要注意です。



【個人名での電話は不自然!】



前述のように、通常、消費者金融は、督促などで、顧客に電話するときには、社名を名乗らず、担当者の個人名でかけてきます。

携帯電話にかけてきている分にはそれで問題ないでしょうが、携帯電話で連絡がつかない場合は、自宅の電話にも電話が入ります。


ちょっと想像すればわかると思いますが、自宅に、知らない人から個人名で電話がかかってくるのは、いくら社名を名乗っていなくても、かなり不自然です。




個人名の電話って正直、不自然ですよね。
余計な電話が自宅電話に入らないようにするのが一番。




むしろ、所属を名乗らない「個人名」だからこそ不自然ということも言えます。

例えば、

業者:「もしもし、山田さんのお宅ですか。〇〇と申しますが太郎さんお願いします。」

家族:「失礼ですがどのような関係の方ですか?」

業者:「ちょっとお伝えしたいことがあったのですが、ご不在なら結構です。また改めます。」

ガチャ


もしくは、

業者:「〇〇と申しますが、太郎さんに連絡を頂けるよう伝えてもらえますか。」

家族:「失礼ですがどのような用件ですか?」

業者:「申し訳ありませんが、用件は、ご本人様に直接お伝えさせて頂きますので・・」

と、不審な電話が続くことになってしまいます。

また、既婚女性に男性の個人名で電話が入ったり、既婚男性に女性の個人名で電話が入ったりすれば、別のトラブルを招きかねないでしょう。

もちろん、消費者金融会社も対応は慣れているので、もう少し自然な対応をしてくれるかもしれませんが、上記のような対応でも、消費者金融側としては、最低限度の配慮はしており、全く問題ない対応ということになります。


同じようなことが、督促状など郵送物にもあてはまります。

仮に、住所だけで差出人の記載がない封筒が届けば、かえって、目につくこともあります。
また、それを不審に思った家族が、勝手に開封してしまう可能性もあり得ます。



【個人名でもプレッシャーはかけられる】



本来、貸金業法21条1項5号で、督促時に第三者に借入れをバラさないように定めているのは、貸金業者が、顧客に心理的な圧迫を加えて支払いを強要しないようにすることが趣旨です。


しかし、手慣れた、回収担当であれば、借入れについてバラしてはいけないことを逆手にとってあえて不自然な電話をすることで、心理的な圧迫をかけることも可能です。


また、普段から延滞を繰り返している人の家族は、督促電話にも慣れています。
そのため、いくら業者が個人名で電話をしてきても、直ぐに、「借金の取り立ての電話だ!」とピンとくるものです。


【中堅消費者金融には社名を名乗ってもらうのもアリ】

CMで有名な大手消費者金融の社名は、利用経験がない人でも知っている人が多いのですが、中堅消費者金融となると、世間一般でかなりマイナーな存在です。

実際は、社名を名乗っても、何をやっている会社かわからない人がほとんどでしょう。

そうであれば、不自然な個人名を利用されるよりも、いっそのこと社名を出して電話をしてもらった方が自然かもしれません。

どのような関係か問われても、

「仕事関係」

とでも回答してもらっておけば、ごく自然な気もします。

個人名での電話が嫌であれば、あらかじめ、中堅消費者金融会社には、電話する時は社名を名乗るよう依頼しておいても良いでしょう。


但し、いくらマイナーな会社名でも、何度も電話がかかってくれば、さすがに家族も不審に思って、調べるようになるでしょう。

誤魔化しがきくのも、せいぜい2、3回のことです。

やむを得ない事情で、滞納してしまう時は、自宅に消費者金融から連絡がかかってこないよう、まずは先方に連絡をしておいた方が良いでしょう。



※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

関連記事

サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較
申込む前には必ずチェック!!
完全攻略!セントラル

消費者金融プラン 完全攻略!

アロー完全攻略

ライフティ広完全攻略

bnr_fukuho.jpg

bnr_uny.jpg
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファイナンス
9位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
金融論
6位
アクセスランキングを見る>>
ようこそ
RSSリンクの表示
最新記事
 リンク
検索フォーム
全記事表示リンク
プロフィール

kintaro

Author:kintaro
消費者金融をはじめ、金融業界の有益な情報を提供しています。

「初めての借入から破産・債務整理・総量規制下での借入まで」幅広く情報提供していきます。

あなたのキャッシングにきっと役立ちます!!!

カテゴリ
QRコード
QR
問い合わせ

キャッシングに関する“疑問”“相談”お送りください。 わかる範囲でブログで回答させていただきます。

名前:
メール:
件名:
本文:

免責事項
当ブログの情報は、一部のサービスを除き、無料で提供されています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。 当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。 当ブログが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。