借金したまま死亡したらどうなるのか?

借金したまま死亡したらどうなるのか?


借金をしたまま亡くなってしまった場合はどうなるか?

答えは「借金も相続されます!!」 です。

一般的な「財産相続」のイメージですと「プラスの権利の相続」という印象がありますが、借金も「マイナスの義務の相続」として相続の対象になります。

 
(c) .foto project



<相続する順位、配分>

1.配偶者は常に相続人となる 

2.配偶者以外の者は、配偶者とともに次の順位で相続する。

(第一順位) 子
配偶者1/2 ・ 子1/2)

(第二順位) 直系尊属(被相続人の父母、祖父母など)
配偶者2/3 ・ 直系尊属1/3)

(第三順位) 兄弟姉妹
配偶者3/4 ・ 兄弟姉妹1/4)

*ちなみにこの順位は、借金だけでなく、一般的な財産相続も同じです。



<相続は放棄もできる>

借金だらけの人を相続すると、相続した人が借金をいっぱい抱えてしまうことになります。

そこで相続するかしないかは、下記のように相続人の意思で選ぶことができるようになっています。


①単純承認
・・・単純に権利も義務も全て相続すること。 (プラス財産が多い場合に対応) 
 
②限定承認
・・・相続で得た財産の限度でのみ、被相続人(亡くなった人)の債務(借金)を弁済するという条件で権利と義務を承継すること。 (プラス財産、マイナス財産どちらが多いかはっきりしない場合に対応) 

③相続放棄
・・・権利も義務も全部放棄すること。 (マイナス財産が多い場合に対応) 

<知らないうちに相続人にされてしまうことはないか>

相続人は、相続開始を知った時から3カ月以内に承認・放棄をしなければならず、この期間を経過した場合は「単純承認」したものとみなされます。

この「知った時から3か月以内」というきまりがありますので、
消費者金融会社はまず、「故人に借金があったことを相続人に知らせる」必要がでてきます。

その通知をするのは、通知したことを立証するために、一般的には「内容証明」を使用しています。

ですから、相続人の知らないうちに勝手に借金が相続されていたということは、通常ありません。

しかし、消費者金融会社から通知がきていたのに、3ヶ月間以上放置しておくと「単純承認」したとみなされますので注意してください。


<過払いはプラスの財産!?>

しかし、マイナス財産の借金と思っていたものがいわゆる「過払い」によって、プラスの財産に転じることもありますので、専門家へのご相談をお薦めします。


キャッシング研究所監修、債務整理についての専用サイト開設しました!どこよりも詳しく徹底解説しています。
The債務整理

     
※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。



※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融


※銀行カードローン・大手消費者金融はこちらから探せます!
最新キャッシング比較



 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファイナンス
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
金融論
4位
アクセスランキングを見る>>
ようこそ
RSSリンクの表示
 
検索フォーム
全記事表示リンク
プロフィール

kintaro

Author:kintaro
消費者金融をはじめ、金融業界の有益な情報を提供しています。

「初めての借入から破産・債務整理・総量規制下での借入まで」幅広く情報提供していきます。

あなたのキャッシングにきっと役立ちます!!!

カテゴリ
QRコード
QR
問い合わせ

キャッシングに関する“疑問”“相談”お送りください。 わかる範囲でブログで回答させていただきます。

名前:
メール:
件名:
本文:

免責事項
当ブログの情報は、一部のサービスを除き、無料で提供されています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。 当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。 当ブログが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。