元消費者金融幹部Nさんの告白(その③雷雲篇)

元消費者金融幹部Nさんの告白(その③雷雲篇)


改正貸金業法が成立してから平成28年12月13日で10年が経過しました。
この間、消費者金融業界は、大手のほとんどがメガバンクの参加に入り、中小業者の多くは、
「上限金利の引き下げ」、「総量規制」、「過払い金返還問題」などの逆風に耐え切れず、淘汰されてゆきました。
その結果、平成18年度末で11,832社もあった業者数は、平成27年度末では1,926社と6分の1以下に減少しました。
いったい、ここまで業界を締め付ける「改正貸金業法」とは何だったのでしょうか。
ある消費者金融会社の幹部だったNさん(仮称)の告白というスタイルで、そのことを紐解いていきたいと思います。


【雷雲編】


かつて消費者金融は、「お金に行き詰った人がやむを得ず借金するところ」といった、暗くネガティブな印象が強くありました。しかし、大手のさわやかなテレビCMやユニークなネーミングの無人契約機になどよって、世間に広く認知されてゆくようになりました。平成10年ごろの時期、消費者金融業界は大手を中心に、「お金に行き詰った人」でなく「普通の人」が利用できる業界を目指していました。
Nさんの会社でも、いつのまにか、大手にならい、顧客サービスに重点をおいて拡大路線を採ってゆこうという考えが主流を占めていました。
しかし、Nさんの会社のような中堅どころには、大手で利用出来なくなった人が申込みをしてくるので、現実の客層は、大手が描く理想とは必ずしも合致しません。
「ちっ、どいつもこいつも足もと見失いやがって、」
「きっちり相手見て、金を貸すのが金貸しだろうが、」
こんなNさんの考えは、もう古いのかもしれません。

それでもこの時期、Nさんの会社は、十分な利益を出していました。以前より下がったといえ、40.004%という高金利がそれを支えていたからです。
しかし、平成12年6月に、5回目の金利引き下げが実施され、上限金利はそれまでの40.004%から29.2%に一気に引き下げられることになりました。
「こりゃ、とんでもないことになっちまった」
金利は段階的に見直しされていくので、段々下げられることは、もちろんわかっていました。しかし、“金利は据え置き“という淡い期待を持っていたのかもしれません。
金利が今までよりも3割以上も下がったため、単純計算で利益も3割以上は下がることになります。
「利益を下げないために、もっともっと貸すしかない」
Nさんの会社は、営業戦略として、貸出しをさらに強化することになりました。
Nさんの会社に限らず、平成12年の金利引き下げは、多くの消費者金融の貸出し基準を緩くする結果になりました。
複数の会社が貸し込みをした結果、明らかな過剰貸付けが目立つようになってきました。


過剰貸付けが自己破産の増加を招き、それを補うために、また新たな貸出しをする。
「これじゃ、どっちが自転車操業かわからねえや」
仮に、Nさんの会社が少額しか貸さなくても、数か月後には、他業者の貸し込みによって、その人の借金は数倍に膨れ上がってしまっている。
そのような中、大手業者の「腎臓や目ん玉、売ってこい!」といった、暴力的な取り立ての音声テープが報道され、世間の空気は再び、【消費者金融=悪】といったものになってしまいました。


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

関連記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファイナンス
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
金融論
6位
アクセスランキングを見る>>
ようこそ
RSSリンクの表示
 
検索フォーム
全記事表示リンク
プロフィール

kintaro

Author:kintaro
消費者金融をはじめ、金融業界の有益な情報を提供しています。

「初めての借入から破産・債務整理・総量規制下での借入まで」幅広く情報提供していきます。

あなたのキャッシングにきっと役立ちます!!!

カテゴリ
QRコード
QR
問い合わせ

キャッシングに関する“疑問”“相談”お送りください。 わかる範囲でブログで回答させていただきます。

名前:
メール:
件名:
本文:

免責事項
当ブログの情報は、一部のサービスを除き、無料で提供されています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。 当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。 当ブログが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。