FC2ブログ
お金を借りる案内所
kintaro

お金を借りる案内所では、初めての消費者金融での借り入れから破産・債務整理後・総量規制下での借り入れを詳しく解説しています。借り入れの際にきっと役に立つ情報がたくさんあります。ぜひ一読してください。

「審査が甘い」消費者金融業者とは

2016年09月10日
審査について
≪「審査が甘い」消費者金融業者とは≫

「審査が甘い」消費者金融業者とは



インターネット上では安易に「審査が甘い」という表現を使用して、消費者金融会社の紹介をしているサイトが目立ちます。

しかし、本当に信用が出来る正規登録業者で「審査が甘い」会社はあるのでしょうか。また、具体的にどのような箇所が審査上緩和されているのでしょうか。

今回はこの「審査が甘い」という概念について追及してみました。





「審査が甘い」ってどういうことだろう?
記事を読めば理解できるよ。





【無審査はありえない】


まず前提となるのが、“正規登録会社である限り無審査はあり得ない”ということです。

現在の貸金業法では、返済能力の、より厳格な調査が義務付けられています。いくら業者が融資をしたくても、貸金業法の基準を満たしていなければ融資は禁止されています。
(例えば、通常のフリーローンは、年収の3分の1の範囲内でしか利用できません。)

貸金業法の基準の範囲内で、審査が甘い、厳しいということはあっても、「無審査」は絶対にあり得ません。


【いまや自己破産、債務整理経歴への融資はマスト】


「自己破産や債務整理をした方でも審査対象としている」ということを「審査が甘い」という表現を使用している場合があるようです。

確かに、ひと昔前は、自己破産や債務整理経験者への融資は敬遠されていました。

しかし最近では、過去にそのような経緯があっても現時点での支払能力があれば融資対象としている会社は増えてきました。
むしろ、いまどきの中堅消費者金融業界では自己破産者への融資はマストになっていると言えるでしょう。

 

【他社延滞について】


「審査が甘い」という表現は、他社延滞が多少あっても借入れできると勘違いされがちです。

しかし、現在他社延滞中は絶対的にNGです。

過去に他社延滞がある場合も、直近の取引で延滞が目立つ場合は、審査否決となる可能性が高くなります。

但し、多少の過去延滞を拾うか否かのさじ加減は業者や担当者によって変わってきます。

このさじ加減の差が、審査が甘いか否かということになるのでしょう。


【居住年数、勤続年数、雇用形態】


居住年数、勤続年数、雇用形態は安定性を計る大事なポイントです。

一般的な中堅消費者金融の場合、居住年数、勤続年数は共に1年以上あれば安心ですが、それ以下をどこまで拾うかの基準は業者によって変わってきます。
(全くの無職無収入は絶対的にNGです)

また、雇用形態は他の属性に絡めて判断されるケースが多いようです。
(例えばアルバイトの場合は、居住年数、勤続年数共に長い場合のみ拾うとか、本人以外に主な生計維持者がいる場合のみ拾う
など、他の属性に絡めた条件付けをしているケースが多い。)

これらの各社の差が、審査が甘いか否かということになるのでしょう。


【審査基準は流動的なので注意】


まとめると以下のようになります。

  1. 無審査は正規登録会社ではあり得ない。

  2. 自己破産や債務整理経験者は多くの中堅消費者金融が審査対象としている。

  3. 現在他社延滞は絶対NG。(過去延滞を拾う基準は業者によって違いがある)

  4. 居住、勤続年数が1年未満の場合、拾う基準は業者によって違う。

また、負債額の基準を総量規制で定めている以上、審査が甘い、厳しいという基準は、

  • 過去延滞を拾う基準

  • 居住年数、勤続年数、勤務形態などを拾う基準

にほぼ限定されています。

しかもこれらの基準は、各業者の担当者、時期、資金調達の具合などのタイミングによって流動的なので、常に各業者の動向を探り、タイムリーな業者に申込みをすることが得策です。

絶対的に審査が甘い業者などは、まず存在しないので、ネット上での過剰な宣伝文句にはご注意下さい。


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

関連記事

気に入ったらシェア!

kintaro
この記事を書いた人: kintaro
消費者金融をはじめ、金融業界の有益な情報を提供しています。

「初めての借入から破産・債務整理・総量規制下での借入まで」幅広く情報提供していきます。

あなたのキャッシングにきっと役立ちます!!!