FC2ブログ
お金を借りる案内所
kintaro

お金を借りる案内所では、初めての消費者金融での借り入れから破産・債務整理後・総量規制下での借り入れを詳しく解説しています。借り入れの際にきっと役に立つ情報がたくさんあります。ぜひ一読してください。

少額融資を考える

2016年02月19日
消費者金融豆知識
≪少額融資を考える≫

少額融資を考える




【少額融資の需要は高い】


消費者金融での融資を検討している方は、何らかの事情で資金を必要な状態の方が多いと思いますが、本当に必要な金額は実は、5万円~10万円以下の少額である方も多いと思います。

事実、小規模ないわゆる「街金融」の平均貸付額はそのぐらいの金額が多いですし、いわゆる「ヤミ金」と呼ばれる違法業者の貸付額もその程度の少額融資が中心です。

しかし、全国展開している中規模クラスの会社になると新規貸付額で一番多いゾーンは10万円~20万円となり、本来、申込者が必要としている金額よりもUPしてしまっている可能性もあります。


【利用限度額目一杯の利用を勧められることも】


現在、インターネットキャッシングで積極融資をしている会社のほとんどは、融資残高のUPを目指す拡大路線にあると思われます。
このような会社の1件に対する融資額はどうしても上がる傾向になります。
消費者金融側の管理コストは、5万円融資するのも100万円融資するのも実はそれほど変わらないのでなおさらです。

もちろん、顧客の希望以上の金額を無理に勧めて融資することは禁止されていますが、5万円だけ借りようとして申込みをしても、「20万円まで融資が可能です」と言われれば、ついつい利用をしてしまいがちです。





不必要なお金を借りる必要はないので、限度額から必要な分だけ引き出しすればいいです。
ただ、枠だけは最初から目一杯取っておいた方がいいよ。
後で必要になった時、増額してもらえるかどうかわからないからね。





【必要な分だけ利用する】


そのような場合、リボルビング契約であれば、20万円満額利用をしないで、とりあえず必要な5万円だけを利用することもできます。

最初から利用限度額一杯を借りる必要はありません。どうしても必要なときにまた、追加融資を受ければ良いのです。


【どうしても抑制できない方は】


商品の利便性からすれば、定められた限度枠内で自由に入金と出金を繰り返せる「リボルビング方式」がおすすめですが、その便利さが安易な借入れを助長する結果となり、あっとゆうまに限度枠が一杯になってしまう方も多いと思います。

自分自身で抑制する自身がない方は、リボルビング契約でなく、「元利均等方式」など返済しかできない商品を選択するのも方法です。(参考記事:返済方式について)

商品は各消費者金融会社によって違うので、相談してみても良いでしょう。


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

関連記事

気に入ったらシェア!

kintaro
この記事を書いた人: kintaro
消費者金融をはじめ、金融業界の有益な情報を提供しています。

「初めての借入から破産・債務整理・総量規制下での借入まで」幅広く情報提供していきます。

あなたのキャッシングにきっと役立ちます!!!