消費者金融で返済猶予はしてもらえるのか

キャッシング情報局

消費者金融で返済猶予はしてもらえるのか



消費者金融について、「取り立てが厳しい」「怖い」といったイメージを持っている方も多いと思います。
特に、中堅以下の消費者金融については、なおさらでしょう。
消費者金融の返済を最低分割金で返済すれば、返済期間は3年~5年ほどかかります。その間には、やむを得ない事情によって返済が遅れてしまうこともあるかもしれません。
現実は、このような時に、返済を猶予してもらえるのでしょうか。




返済が遅れてしまう場合は、まずは必ず連絡することです。
返済意志がしっかりしていれば、相談に乗って、待ってくれるはずです。




【まずは必ず連絡すること】


やむを得ず返済が遅れてしまう場合は、まず必ず業者に連絡を入れることが重要です。
消費者金融会社にとっても、連絡が取れていて、返済意思が確認できるだけで、かなり安心感が持てるものです。
逆に、連絡をせずに、延滞を続けることが一番不味いと言えます。
たとえ最終的に入金していても、そのようなことを何度も続ければ、分割での取引が出来なくなる可能性も出てきます。

【嘘をついてもばれる】
延滞する人の中には、返済が遅れる言い訳に、かなり見え透いた嘘をつく方もいます。

体調が悪いフリをする。
財布を落としたと嘘をつく。
身内の不幸と嘘をつく。
銀行のカードを無くしたので再発行するまでお金を引き出せないと嘘をつく。
天候がひどく入金に行けないと嘘をつく。
入金したはずと嘘をつく。

等々、大体こんなところが、よくある言い訳(嘘)です。
消費者金融会社の担当は、日々、このような言い訳は聞きなれているので、見え透いた嘘をついてもすぐにばれてしまいます。
もし、このような見え透いた嘘をついて返済をある程度猶予してもらえたのであれば、嘘とわかったうえで、返済を猶予しただけのことです。
今まで、延滞がほとんどなかった方であれば、このような見え透いた嘘に付き合って、ある程度、猶予してもらえるケースもあります。
しかし、このような手は毎回通用しません。


【日頃の信頼が重要】


本当にやむを得ない場合に返済を猶予してもらえるかどうかは、今までの取引の実績によります。毎回、遅れずに返済を何年もしてきた方であれば、やむを得ない事情の場合は猶予してもらえる可能性は高いと言えますし、毎回のように返済遅れが続く方であれば、簡単に猶予はしてもらえない可能性が高くなります。
このように、常日頃の入金実績や信頼が、いざという時に役立ちます。
普段から、返済は安易に遅れないようにして、信頼を築いてゆきましょう。


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

関連記事

サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較
申込む前には必ずチェック!!
完全攻略!セントラル

消費者金融プラン 完全攻略!

アロー完全攻略

ライフティ広完全攻略
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファイナンス
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
金融論
2位
アクセスランキングを見る>>
ようこそ
RSSリンクの表示
最新記事
 リンク
検索フォーム
全記事表示リンク
プロフィール

kintaro

Author:kintaro
消費者金融をはじめ、金融業界の有益な情報を提供しています。

「初めての借入から破産・債務整理・総量規制下での借入まで」幅広く情報提供していきます。

あなたのキャッシングにきっと役立ちます!!!

カテゴリ
QRコード
QR
問い合わせ

キャッシングに関する“疑問”“相談”お送りください。 わかる範囲でブログで回答させていただきます。

名前:
メール:
件名:
本文:

免責事項
当ブログの情報は、一部のサービスを除き、無料で提供されています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。 当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。 当ブログが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。