消費者金融業界健全化までの推移

消費者金融業界健全化までの推移



みなさんが消費者金融会社に抱いているイメージはどのようなものでしょうか。
“怖い” 
”乱暴”
“横柄”
といった印象は少なからずあると思います。
テレビドラマなどのいわゆる「借金取り」という印象もあってか、いまだにそのような印象を持たれる方も多いのも事実です。
もちろんいまどきの正規業者はそのようなことは、あり得ませんが、つい30年前迄は、現在、大手と呼ばれるような会社ですら少なからず、そのような傾向があったことは否めません。返済能力を超えた貸付や、強引な取り立てが行われた結果、自殺や一家離散などの「サラ金問題」が社会問題化していた時期もありました。
今回は、消費者金融業界が現在のような健全化に至るまでの経緯をまとめてみました。


【昭和58年の貸金業規制法】


そのような「サラ金問題」を受けて昭和58年に「貸金業の規制等に関する法律(貸金業規制法)」が成立して、それまで届出制であった貸金業を登録制とし、「取立規制」「書面交付義務」など、規制が設けられるようになりました。
また、金利についても、当時109.5%であった出資法上限金利を段階的に40.004%まで引き下げることになりました。
今から考えれば、かなり緩い規制だったと言わざるを得ませんが、当時の業界にはかなりの激震だったようです。


【無人契約機の大ブーム】


20年ほど前(平成5年)に、アコムが無地契約機(むじんくん)を導入したのをきっかけに、大手消費者金融会社を中心に無人契約機の大ブームが起こりました。
親しみやすいネーミングとキャッチフレーズでテレビCMも行うようになり、(アイフルのチワワなど有名です)このころより、大手消費者金融の方針は、カスタマーサービス重視に変わってきました。
しかし、ハイリスク層に貸出しをする中小業者に関しては、まだまだ、「ナニワ金融道」を引きずった強面の業者も実際にありましたし、大手の回収部門でも強引な取り立てが行われることもありました。


【平成15年改正、平成18年改正】


平成15年8月には「ヤミ金融対策法」として、違反に関する罰則が大幅に強化され、貸金業務取扱主任者制度が創設されるなどの資金需要者保護のための改正が行われました。
平成18年には、最高裁判決などにおいて資金需要者を保護する方向での判決も相次いだことや、消費者金融業界の業容拡大を受けて、貸金業規制法は大幅な改正が行われました。
この改正では、利息制限法や出資法についての改正も行われ、平成22年6月18日の改正貸金業法完全施行まで4段階に分けて、実施されました。
これら段階的な改正で、大手の大多数は銀行傘下となり、資金力の乏しい零細会社の多くは、淘汰されることになりました。


【現在は中小業者もソフト路線が主流】


このような歴史を経て、乱暴な業者のほとんどは淘汰され、現在、生き残っている業者は、かなり行儀の良い会社ばかりになりました。
改正貸金業施行前後で、中堅消費者金融会社の現場の空気も明らかに変わっています。
それ以前はなんとなく、顧客への督促で多少、口調がきつくなることは黙認されていましたが、そのようなことが許されない空気になった会社が多かったと思います。
また、利用顧客も総量規制の影響で極端な多重債務者は利用できなくなり、トラブルを起こしやすい顧客の絶対数も減少しました。

結果、以前と比較して中小消費者金融はソフトな対応で営業するようになりました。
現在は、中堅消費者金融会社の中でも安心して利用できる優良企業も増えています。
詳しくは、当サイトの審査が通る中堅消費者金融を参考にしてください。

※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

関連記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファイナンス
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
金融論
4位
アクセスランキングを見る>>
ようこそ
RSSリンクの表示
 
検索フォーム
全記事表示リンク
プロフィール

kintaro

Author:kintaro
消費者金融をはじめ、金融業界の有益な情報を提供しています。

「初めての借入から破産・債務整理・総量規制下での借入まで」幅広く情報提供していきます。

あなたのキャッシングにきっと役立ちます!!!

カテゴリ
QRコード
QR
問い合わせ

キャッシングに関する“疑問”“相談”お送りください。 わかる範囲でブログで回答させていただきます。

名前:
メール:
件名:
本文:

免責事項
当ブログの情報は、一部のサービスを除き、無料で提供されています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。 当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。 当ブログが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。