消費者金融の増額を上手に利用する

消費者金融の増額を上手に利用する



消費者金融キャッシングの利用をした場合、取引実績によっては、利用限度額を増額によってUPさせることも可能になってきます。
特に、中堅消費者金融会社では、新規での融資限度額を低めにして、その後の取引で、支払状況や負債増加状況などを確認後、問題ない顧客に増額を行うといった手法が一般的です。
しかし、増額の審査基準は各会社によって違いますし、また、時期によっても、かなりバラつきもあるようです。
このため、「つい2~3か月前、増額営業が消費者金融からあったのに、今、増額の申込みをすると否決になった。」といった類の話はよく耳にします。


【営業があった場合は増額しておいた方が良い】


都合の良い時に営業をしておいて、必要な時に融資をしてくれないと、不満に思う気持ちもわかりますが、現実はこのようなことも多いようです。
よって、増額の営業があった時は、利用限度額は広げておくことをおすすめします。
リボルビング契約であれば、利用限度額を広げても、追加融資を受けなければ、借入額は変わりません。
そうしておいた方が、本当に必要な時に、あわてて増額の申込みをする必要はなく、安心です。


【枠内融資も突然止まる場合もある】


しかし、利用限度額に空きがあるからといって、全く心配ないというわけではありません。
利用限度額に空きがあっても、突然、融資が受けられなくなってしまうケースもあるので、要注意です。
突然、出金停止となるケースは、

  • 総量規制に抵触している
  • 返済の延滞が多い
  • 他社で延滞や金融事故がある

などが一般的です。
また、中には、全く身に覚えもないのに、突然、出勤停止になってしまうこともあります。そのような時に、消費者金融会社に理由を尋ねても、「審査基準によって」と言われるぐらいで、明確な理由は回答してもらえません。
このように、突然の出金停止といったリスクがあることは理解しておいたほうが良いでしょう。
こちらの記事は、出金停止についてさらに詳しく解説しています。


【増額で高額な限度額をもらうには】


突然の出金停止などのリスクはありますが、増額を上手に利用すれば、たとえ属性が劣っていても、かなり高額な利用限度額を設定してもらえる可能性もあります。
ポイントは、やはり、消費者金融側から営業時です。
消費者金融側から営業があった時は、高額決裁がでるチャンスです。その時、資金が不要でも限度額を広げておくといったことも検討すべきでしょう。
また、増額と同じく、再融資の審査基準も時期によって異なる場合があります。
リボルビング契約の場合、完済しても、解約せずに、利用限度額を残しておくことも可能です。一旦、解約してしまって、再度の利用を申込みしたら、利用出来なかったといったケースもよくあります。完済時に解約するときは、そのことも念頭に入れておいた方がよいでしょう。

【インターネットキャッシングで全国展開始動】即日キャッシングの[いつも]※申込みは今が大チャンスです!



※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

関連記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファイナンス
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
金融論
6位
アクセスランキングを見る>>
ようこそ
RSSリンクの表示
 
検索フォーム
全記事表示リンク
プロフィール

kintaro

Author:kintaro
消費者金融をはじめ、金融業界の有益な情報を提供しています。

「初めての借入から破産・債務整理・総量規制下での借入まで」幅広く情報提供していきます。

あなたのキャッシングにきっと役立ちます!!!

カテゴリ
QRコード
QR
問い合わせ

キャッシングに関する“疑問”“相談”お送りください。 わかる範囲でブログで回答させていただきます。

名前:
メール:
件名:
本文:

免責事項
当ブログの情報は、一部のサービスを除き、無料で提供されています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。 当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。 当ブログが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。