FC2ブログ
お金を借りる案内所
kintaro

お金を借りる案内所では、初めての消費者金融での借り入れから破産・債務整理後・総量規制下での借り入れを詳しく解説しています。借り入れの際にきっと役に立つ情報がたくさんあります。ぜひ一読してください。

消費者金融会社が否決理由を教えてくれないわけ

2015年11月09日
審査について
≪消費者金融会社が否決理由を教えてくれないわけ≫

消費者金融会社が否決理由を教えてくれないわけ




消費者金融に申込みをして否決となった場合、その理由は気になるところです。

しかし、ほとんどの消費者金融が、否決となった理由を具体的には教えてはくれません。
理由を聞いても、「審査基準によって」と回答される程度です。





申込者としては否決理由は気になるところですが絶対に教えてくれません。
キャッシング審査は、人の属性を統計的に判断して点数を付けている面が有ります。
これは建前上、回答出来るわけがないよね。





このように、消費者金融が否決理由を明かさない理由のひとつにはトラブル回避ということがあげられます。

例えば、外国籍の方を審査対象外としている場合でも、そのことは業者としては、公表しない場合が多いようです。
人種差別との苦情になる可能性も有るからです。


同様の理由で、業者が公表できない否決項目は、下記のようなものが考えられます。

  • 同業者(消費者金融会社、信販会社に勤務している方)を否決としている。
  • 職業が弁護士・司法書士の方を否決としている。
  • 一定の地域に居住している方を否決としている。


このように、通常、消費者金融では、表向きに公表している否決項目以外にも、裏の否決項目があります。

また、消費者金融は指定信用情報機関に照会した結果を顧客に教えてはいけないことになっています。

消費者金融にできることは、指定信用情報機関に直接、問い合わせするよう案内をすることだけです。
これも、トラブル回避のためのルールでしょう。

否決項目は、各業者によって違いますし、審査基準は流動的なので、その時々でも変わってきます。
よって、否決になった理由を、必要以上に追及してもあまり意味がありません。

否決となった理由を考えて、いつまでも悩むよりも、割り切って、次の申込み先を探すといったように、気持ちを切り替えることも大切です。


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

関連記事

気に入ったらシェア!

kintaro
この記事を書いた人: kintaro
消費者金融をはじめ、金融業界の有益な情報を提供しています。

「初めての借入から破産・債務整理・総量規制下での借入まで」幅広く情報提供していきます。

あなたのキャッシングにきっと役立ちます!!!