金融詐欺がなかなか減らない理由

金融詐欺がなかなか減らない理由



近年、多くの金融詐欺が発生しています。
また、その詐欺の手口も、年々複雑かつ巧妙になってきていて、一言で説明することは困難です。(いわゆる「詐欺」が成立するかどうか、法的にもグレーな手法を用いている集団もあります。)
今回は、“お金を借りようとして、逆に、お金を騙し取られてしまう事例”を金融詐欺と定義して、最近の動向についてレポートしてゆきたいと思います。


【インターネットは悪鬼羅刹が跳梁跋扈する世界!?】


近年は、急速にインターネットの普及が広がり、キャッシング業界においても、インターネットキャッシングが主流になってきました。
しかし、インターネットは便利な反面、急速な普及に、法整備が追いついておらず、インターネットを利用した悪事が、事実上、野放しの状態であるといっても過言ではありません。
現に、明らかに、違法の闇金業者や紹介屋と思われるようなサイトもインターネットを検索すれば、簡単に発見できます。
これだけ堂々と悪徳業者が広告をしていても摘発すらされていないのが、現在の状況だということは理解しておきましょう。


【縦割り行政の弊害】


貸金業登録をしている「正規登録業者」の中にも、違法行為や脱法行為を行う業者もあります。
正規登録業者を管理監督するのは、各都道府県知事や財務局などの所轄行政になります。
しかし、悪徳業者の中には、所轄都道府県を変更して、登録と廃業とを繰り返している業者も多く存在します。
各行政も自分の管轄外になれば、基本的にノータッチなので、管轄をまたいで登録と廃業を繰り返せば、なかなか摘発されることはありません。
よほどの事件性がなければ、管轄を超えての一斉取り締まりは行われないでしょう。
正直、このような業者が存在していることからも、現在の貸金業者の登録は、書面の体裁さえ整えていれば、簡単に登録ができてしまう非常に甘い内容であると言わざるを得ないでしょう。
また、このような悪徳業者を、縦割り行政の弊害で野放しにしておいて、善良な正規業者に規制をかけてゆくといった、現在の行政の在り方には、矛盾を感じるところがあります。


【悪徳業者を撲滅するには消費者の声が必要】


このような悪徳業者を取り締まり、インターネットキャッシングを安心して利用できるようにするためには、ユーザーの声が絶対に必要です。
詐欺被害にあった人はもちろん、申込みの段階で不審に思ったことなどは、どんどん所轄行政に対して報告して下さい。
(※金融庁HPに、各財務局 ・ 各都道府県知事 の問い合わせ先が明記されていますので参考にしてください。
そのような声が多ければ、実害が発生していなくても、立入監査などで、悪徳業者をけん制することが出来ます。


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

関連記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファイナンス
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
金融論
4位
アクセスランキングを見る>>
ようこそ
RSSリンクの表示
 
検索フォーム
全記事表示リンク
プロフィール

kintaro

Author:kintaro
消費者金融をはじめ、金融業界の有益な情報を提供しています。

「初めての借入から破産・債務整理・総量規制下での借入まで」幅広く情報提供していきます。

あなたのキャッシングにきっと役立ちます!!!

カテゴリ
QRコード
QR
問い合わせ

キャッシングに関する“疑問”“相談”お送りください。 わかる範囲でブログで回答させていただきます。

名前:
メール:
件名:
本文:

免責事項
当ブログの情報は、一部のサービスを除き、無料で提供されています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。 当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。 当ブログが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。