本当に役立つ情報サイトの見分け方

本当に役立つ情報サイトの見分け方



キャッシングに限ったことではありませんが、インターネットの普及によって現在、私たちの生活は情報の渦に飲み込まれてしまっている状態とも言えます。
インターネットで、キャッシング 口コミキャッシング 借りれるなどキャッシングに関連するキーワードで検索すれば、それこそ無数の情報サイトが出てきます。
(当サイトもそのような情報サイトのひとつだと言えます。)
これら情報サイトの中には、本当に有益な情報を提供しているサイトもありますが、中には、誤った情報を発信していたり、単に宣伝・広告目的のサイトもあります。
このような状況では、かえって利用者の混乱を招きかねませんし、その中で、有益な情報を取捨選択するスキルが必要になってきます。
そこで今回は、あふれる情報サイトから、本当に役立つ情報サイトを取捨選択するコツについてまとめてみました。


【サイト作成者の金融知識を計る】


キャッシングについての情報提供をしている以上、金融に関する知識(特に貸金業に関する知識)は不可欠です。特に、平成22年の改正貸金業法施行前後に貸金業を取り巻く環境はそれ以前と比べ激変しました。
改正貸金業法のポイントは、「総量規制の導入」と「上限金利の引き下げ」です。
このポイントを抑えたうえで、根拠を示して、業者紹介をしているかといことは重要です。
根拠とは、例えば、
総量規制の導入によって、貸金業者は、多重債務者に貸出しできなくなったので、過去に自己破産債務整理した方への貸出しに力を入れるようになった」
総量規制の導入によって、総量規制の例外となる、おまとめローンに力を入れる会社が増えた」
といった具体的なものです。
それを、なんの根拠もなく単に審査の甘さだけを強調しているようなサイトは、広告目的だけの場合が多いので要注意です。


【ランキングだけのサイトは要注意】


比較サイトやランキングサイトといった類の中には、単に、業者を適当なコメントと併せてランキング形式で羅列しただけの、サイトも見受けられます。
このようなサイトの情報は鵜呑みにはできません。
キャッシングに対する知識がなくても、ネット上の検索結果が上位表示される技術(いわゆる「SEO」)を駆使しただけの、中身の薄いサイトが上位表示されていることもあるので、要注意です。
もちろん、そのようなランキング形式のページもあっても良いのですが、それ以外に、キャッシングに関する知識やコツをカテゴライズしてまとめてあるようなサイトの方が有益です。
ランキング以外のページがいかに充実しているかがポイントです。

※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

関連記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファイナンス
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
金融論
6位
アクセスランキングを見る>>
ようこそ
RSSリンクの表示
 
検索フォーム
全記事表示リンク
プロフィール

kintaro

Author:kintaro
消費者金融をはじめ、金融業界の有益な情報を提供しています。

「初めての借入から破産・債務整理・総量規制下での借入まで」幅広く情報提供していきます。

あなたのキャッシングにきっと役立ちます!!!

カテゴリ
QRコード
QR
問い合わせ

キャッシングに関する“疑問”“相談”お送りください。 わかる範囲でブログで回答させていただきます。

名前:
メール:
件名:
本文:

免責事項
当ブログの情報は、一部のサービスを除き、無料で提供されています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。 当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。 当ブログが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。