FC2ブログ
お金を借りる案内所
kintaro

お金を借りる案内所では、初めての消費者金融での借り入れから破産・債務整理後・総量規制下での借り入れを詳しく解説しています。借り入れの際にきっと役に立つ情報がたくさんあります。ぜひ一読してください。

7月、8月にキャッシングするコツ

2015年06月25日
審査について
≪7月、8月にキャッシングするコツ≫

7月、8月にキャッシングするコツ




一般的に消費者金融の繁忙期は新年度開始前後の3月~4月と下半期が開始する9月と言われています。
このため、7月~8月にかけての時期は、申込み件数は比較的、落ち込むのが通年のパターンです。

しかし申込み件数は減少しても可決率は逆に上がる場合が多いようです。
その理由としては以下のようなものがあげられます。





申込み件数が少ない時期は、その分、丁寧に審査をしてもらえる可能性も高いよね。
例年、お盆明けから申込みは増えてくるので、お盆前までに申込みすることをおすすめします。





【月間目標は極端に下げにくい】


消費者金融業も事業ですから、当然に営業の年間目標、月間目標を設定しています。

もちろん目標数値を計算する際には、繁忙期とそうでない時期を考慮しますが、閑散期だからと言ってあまり極端に月間目標数値は下げにくいものです。
(閑散期にはキャンペーンを張ったり、既存顧客の増額に力を入れるなど、なるべく営業数値が下がらないような努力を強いられるものです。)

審査する消費者金融側にそのような心理が働くため、可決率は逆に上がることが多いようです。


【中小クラスの消費者金融にこの傾向は強い】


大手消費者金融の審査はオートスコアリングシステム(コンピュータによる自動与信システム)が導入されていることが多く、審査にほとんどムラがありません。

そのような審査方式を採用している会社では上記のような心理的作用の効果は出にくいので可決率にはほとんど影響しません。

しかし、多くの中小クラスの消費者金融会社ではオートスコアリングシステムは導入されておらず、いまだ決裁者の経験と主観を審査の柱としている会社がほとんどです。

よって心理的作用の効果が顕著に表れやすく、閑散期に可決率が逆に上がるといったことに繋がりやすくなります。


【あくまで参考程度です】


実際にキャッシングの申込みをするのに、業者が繁忙期か閑散期かなどは、なかなか気にしていられませんし、審査基準は会社によっても異なるので、あまりこのようなことに囚われ過ぎても意味がありません。
あくまで参考程度に捉えていただければと思います。

しかし、実際に閑散期に可決率を上げてくる傾向があるのは事実ですので、申込みはこの時期はチャンスかもしれません。


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融


 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

関連記事

気に入ったらシェア!

kintaro
この記事を書いた人: kintaro
消費者金融をはじめ、金融業界の有益な情報を提供しています。

「初めての借入から破産・債務整理・総量規制下での借入まで」幅広く情報提供していきます。

あなたのキャッシングにきっと役立ちます!!!