いまどきの督促は「非訪問型」が主流です!

消費者金融会社の督促はかつて「現地訪問」が主流で、顧客が不良債権化した場合はすぐに現地調査に出向くというのが鉄則でした。
しかし融資方法が「対面型」から効率の良い「非対面型」に主流が変化していったように、督促方法も現在は「現地訪問型」から「非訪問型」に変化してきています。
「非訪問型」に転化することによって、少ない店舗数でも融資エリアを全国に拡大することが可能となったのです。
今回はいまどきの「非訪問型」の督促の特徴についてまとめてみました。

077937.jpg

○携帯電話の普及率が督促方法を変えた
自宅に固定の電話がなくても、携帯電話を持っていない方はいまどきほとんどないと思います。携帯電話の普及率は現在、人口普及率で100%を超えており、1人1台以上の計算になります。
携帯電話の普及によって顧客と連絡がつきやすくなったことは間違いありません。
以前に比べ電話連絡がつきやすく現地訪問をする必要性は減りました。


○勤務先に連絡をする
携帯や自宅固定電話に一定期間連絡をしても連絡がつかない場合は、勤務先に連絡が入ります。勤務している方であればこれはかなりのプレシャーになります。
消費者金融会社とわからないように社名を名乗ることはしませんが、そのような状態の方は他業者も同様に遅れている場合が多く、複数の業者から会社に電話が入ることになるので、会社からかなり不審に思われてしまいます。
このようなことにならないように、返済が出来なくても業者には必ず連絡を入れるようにしましょう。


消費者金融会社の調査能力が向上した
遠方への融資を実施したことで、消費者金融会社の調査能力は向上しました。
不良債権化した顧客と連絡がつかなくなると、消費者金融会社は様々方法で居住確認をとります。
・督促書面を郵送する
・電報を発信する
・住民票を申請する
・指定信用情報機関での更新情報を確認する
などは一般的な手法です。
また個人情報保護の関係でテクニックを要しますが
・身内に居住確認する
・近隣住民に居住確認をする
という方法もあります。

○訴訟手続きを利用する
通常の電話や書面での督促では解決に至らず、居住が判明している場合には貸金訴訟を提訴する場合があります。
裁判所から呼出状が送られることで顧客から反応があるケースも多く、相手によってはかなり有効なので、特に執行先がなくても提訴することがあります。


○まとめとして
このようにいまどきの消費者金融会社は現地訪問に出向かなくても様々な手法を駆使して不良債権の回収を図っています。
遠方の業者だからといって侮ってはいけません。
現地訪問に出向けない分、貸金訴訟を多用するなどかえってシビアな対応となる場合があります。
万が一返済が滞るような場合は必ず業者に連絡を入れるようにしましょう。
連絡が取れている限りは訴訟提訴されることはほとんどありません。



【インターネットキャッシングはライフティがおすすめです!】
消費者金融のライフティ
詳細記事はこちら


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。



※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融


※銀行カードローン・大手消費者金融はこちらから探せます!
最新キャッシング比較



 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

関連記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファイナンス
8位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
金融論
4位
アクセスランキングを見る>>
ようこそ
RSSリンクの表示
 
検索フォーム
全記事表示リンク
プロフィール

kintaro

Author:kintaro
消費者金融をはじめ、金融業界の有益な情報を提供しています。

「初めての借入から破産・債務整理・総量規制下での借入まで」幅広く情報提供していきます。

あなたのキャッシングにきっと役立ちます!!!

カテゴリ
QRコード
QR
問い合わせ

キャッシングに関する“疑問”“相談”お送りください。 わかる範囲でブログで回答させていただきます。

名前:
メール:
件名:
本文:

免責事項
当ブログの情報は、一部のサービスを除き、無料で提供されています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。 当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。 当ブログが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。