FC2ブログ
お金を借りる案内所
kintaro

お金を借りる案内所では、初めての消費者金融での借り入れから破産・債務整理後・総量規制下での借り入れを詳しく解説しています。借り入れの際にきっと役に立つ情報がたくさんあります。ぜひ一読してください。

中小消費者金融は閉鎖的で独自路線!

2014年07月25日
消費者金融業界の裏話
≪中小消費者金融は閉鎖的で独自路線!≫

PAK93_maxsquer20140531_TP_V4.jpg


【中小消費者金融は秘密主義!?】



中小消費者金融の特徴のひとつに、
“閉鎖的で独自路線”ということがあります。

ちなみに中小消費者金融同士は、ほとんど付き合いがなく、同業他社のことについては、全くといってよいほわかっていない会社がほとんどです。

そもそも同業者で情報交換、意見交換などをするような場もありません。
(かつては、各都道府県に貸金業協会が設置されており、それぞれ独立性の高い組織だったので、貸金業協会の会合などで地元の同業他社との交流がはかれていました。)

良く言えば“独立性が高い”

悪く言えば“まとまりがない”

ということでしょうか。

中小消費者金融は、各社ともそれぞれ秘密主義で独自路線の営業展開をしており、サービス内容や審査基準なども様々です。

そのため中小消費者金融の特徴は会社ごとに違うことが多く、借入先の選別にはどの会社が自分にあっているかの見極めが必要です。

(当サイトで紹介している審査が通る中堅消費者金融では各社の特徴を詳しく解説していますので参考にしてください。)





ここに書いたことはホントだよ!
中小消費者同士が意見交換するような機会は、ほとんどありません。
自ずと、閉鎖的で独自路線になってしまいます。





【日本貸金業協会への加入率が低い!】



このように中小業者を独自路線に走らせる原因のひとつとして、業界の自主規制機関である日本貸金業協会への加入率の低さがあげられます。

平成26年3月時点での日本貸金業協会への加入率は、

・財務局登録業者(大手と推定)・・91.1%
・都道府県登録業者(中小業者と推定)・・53.6%

となっており、実に中小業者の半数近くが未加入の状態になっています。

このような傾向は、一部の違法業者の活動を助長することにもなり、好ましい傾向とは言えません。

今後の業界の健全な発展のためにも改善してゆくべきでしょう。

かつて消費者金融業界には、大手業者を中心とした「消費者金融連絡会(TAPALS)」や「日本消費者金融協会(JCFA)」など業界を牽引する任意団体が存在していました。

しかし、いずれの団体も解散をしており、その活動は、現在は日本貸金業協会に移っています。

中小業者の日本貸金業協会への加盟率をあげることは、目下、業界の課題となっています。


キャッシングなら消費者金融のプラン、申込みはこちらの公式HPよりどうぞ!



プランの完全攻略サイトはこちらをクリック!
消費者金融プラン 完全攻略!



※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

関連記事

気に入ったらシェア!

kintaro
この記事を書いた人: kintaro
消費者金融をはじめ、金融業界の有益な情報を提供しています。

「初めての借入から破産・債務整理・総量規制下での借入まで」幅広く情報提供していきます。

あなたのキャッシングにきっと役立ちます!!!