中堅消費者金融の特徴を本音で徹底分析

キャッシング情報局
中堅消費者金融の特徴を本音で徹底分析≫

当サイトでは、多くの優良中小消費者金融会社を紹介していますが、(詳しくは審査が通る中堅消費者金融で確認下さい)中小の消費者金融会社にはあきらかに大手と違った独特の特徴があります。
筆者はかつて中小の消費者金融に在籍していた経験があり、現在も業界に多くのネットワークがあります。
今回は、対象を中堅消費者金融会社に絞って、その特徴を業者目線から徹底解説することで中小業者の本音に迫ります。
きっとその中から審査通過のポイントが見えてくるでしょう。


073385.jpg


○審査はかなり「保守的」です
中小業者の多くはせいぜい実働社員10名前後で業務を行っていますので、大手のように「企画開発部門」、「営業部門」、「審査部門」、「債権管理部門」など特化した専門部署を設けることは不可能です。
よっておのずと様々な業務を兼務することになります。
このため勤務している従業員には、“専門性よりオールマイティ”が要求されます。
また、専門部署を設置しないので、どうしても各分野における調査・研究は不十分になり、思い切った方策はなかなか打てていません。
改正貸金業法施行後その市場は大きく変化しました。
競合他社も少なくなり、また総量規制がかえって功を奏して融資した顧客が不良債権となる可能性は以前に比べ格段に低くなっています。
このような状況下、生き残った中小消費者金融会社には実はかなりのビジネスチャンスが到来しているとも言えます。
しかしいまだ過去のトラウマから抜け出し切れていない会社が多く、実績や経験がかえって足かせとなり、貸付率もいまひとつ伸び悩んでいる会社が多いのが現状でしょう。
このように現在、中小業者の審査は保守的傾向が強く、下記のような貸出しをする会社が多く見受けられます。
・ある属性の層に絞って高額融資をするよりも幅広い層に少額融資を行う
・新規では少額しか融資せず、自社での支払い実績を見て増額する


○債権管理が重視されます
中小業者の顧客層は大手のそれに比べて属性はかなり劣ります。
したがって不良債権の発生率はどうしても高くなります。
かつては、それを高金利で賄っていましたが、法改正後はそれもできなくなりました。
大手であれば、もともと優良顧客のうえ融資残高も多いので、一定の不良債権はスケールメリットで十分補えますが、中小業者はそうはいきません。
法律改正で金利収入が激減した現在では不良債権の発生率にはシビアにならざるを得ない状況です。
よって審査上で他社の返済が「延滞中」「延滞が多い」方は嫌われることになります。
また中小業者は大手のような体力はないので、その月の不良債権の発生率が即貸付率にも影響してきます。
したがって、審査基準や貸付率はその月ごとに厳しくなったり甘くなったりムラが発生しがちです。



○最終的にはアナログ審査が重視されます
最近では、中小業者でもインターネットで受付をする業者も増えてきて、来店不要で融資を受けられるようになってきました。
しかしその審査は、大手のように「申込みフォーム」への簡易な入力項目だけで完結することはほとんどなく、担当者による聞き取り、カウンセリングを行う業者がほとんどです。
(聞き取りについては、かなりプライベートなことまで根ほり葉ほり聞かれることになりますので、慣れていない方は不快感を覚えるかもしれません。)
中小業者の審査は「申込みフォーム」の入力内容や指定信用情報機関で調査した他社の借入状況である程度絞り込んだ後、最終的には「聞き取り」や「カウンセリング」といった本人との対話が重視されることになります。
担当者と申込者との対話重視ですから「人柄」「誠実さ」などといった、担当者の主観や思い込みが審査に反映してきます。
「なまいきに感じる」とか「エラそうな態度」など、担当の心証を害するような場合は、属性がどんなに良くても審査は通過しません。


○中堅消費者金融のジレンマ
最近の中堅消費者金融会社の特徴のひとつに自己破産や債務整理した方への融資を積極的に行う業者が増えたことがあげられます。
この融資手法は改正貸金業法施行以前には、あまり見受けられませんでした。
以前は、破産や債務整理をした方は審査においてかなり信用は低く見られていました。それよりも各社とも多重債務者への貸出しの方に積極的でした。
法改正によって多重債務者への貸出しは禁止され、やむを得ずに手を出したのが、これら自己破産や債務整理した方への融資になります。
当初これらの層への融資は一部の中堅消費者金融しか取り扱いをしていなかったので、ほぼ独占市場であったでしょう。
そのため、吟味して選りすぐった申込者に対して融資を行うことが可能となり、十分な収益があがる融資手法として確立するに至りました。
最近ではそのビジネスモデルに新規業者を含め参入を開始した業者が増えてインターネット広告などで自ら自己破産や債務整理した方への融資を積極的にアピールする業者が増えてきました。
このように現在、中堅消費者金融の市場は“良質な破産客の奪い合い”となりつつあります。
また、各社がこれら金融事故者への積極融資をアピールすればするほど、通常の申込者を遠ざけることになるので、申込者の質は落ちてしまいます。(中堅消費者金融への申込者の実に半数以上が、自己破産債務整理をした方で占められているようです。)
申込者の質を上げたいが、いまのところ自己破産や債務整理をした方への貸出しが生命線となっているあたりが中堅消費者金融のジレンマと言えるでしょう。
このように現在、申込者の質を上げることは中堅消費者金融会社の課題になっているので、自己破産債務整理をしていない、総量規制に抵触しない、他社返済状況が良い通常の申込者”にとっては非常に審査が通過しやすい環境になっているとも言えます。


当サイトおすすめの中堅消費者金融です:フクホー株式会社

詳細記事はこちら



※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融




 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

関連記事

サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファイナンス
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
金融論
1位
アクセスランキングを見る>>
ようこそ
RSSリンクの表示
最新記事
 
検索フォーム
全記事表示リンク
プロフィール

kintaro

Author:kintaro
消費者金融をはじめ、金融業界の有益な情報を提供しています。

「初めての借入から破産・債務整理・総量規制下での借入まで」幅広く情報提供していきます。

あなたのキャッシングにきっと役立ちます!!!

カテゴリ
QRコード
QR
問い合わせ

キャッシングに関する“疑問”“相談”お送りください。 わかる範囲でブログで回答させていただきます。

名前:
メール:
件名:
本文:

免責事項
当ブログの情報は、一部のサービスを除き、無料で提供されています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。 当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。 当ブログが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。