小口のキャッシングは銀行・クレジットよりも消費者金融が一番です

≪小口のキャッシングは銀行・クレジットよりも消費者金融が一番です≫

一般的にお金を借りる方法として、
・身内・知人から借りる
・銀行、郵便局などの金融期間から借りる
クレジットカードキャシングする
など消費者金融借り入れする以外にも様々な手法があります。

実際、世間では、消費者金融借入するよりも、銀行やクレジットカードキャッシングした方が、有利なイメージがあります。
また、消費者金融での借り入れは何となく、後ろめたい気がする方も多いのではないでしょうか。

しかし、こと無担保無保証少額借入に限っては、他の借入方法よりも消費者金融での借り入れをおすすめします。


【消費者金融をおすすめする理由】
無担保無保証に特化した商品開発をしており、付帯サービスなども充実している
消費者金融はもともと、窓口における簡易な審査をスピーディーに行うことで成長してきた業界です。
他の金融機関に比べて、提出書類も少なく、担保や保証人なども原則、不要です。
当然にリスクはありますが、50万円以内の少額融資をメイン商品にすることでそのリスクも分散しています。
無担保無保証少額融資に関しては、ノウハウの蓄積もあるので、他の金融機関に比べて高い限度額の決裁が可能です。
また、リボルビング方式(定められた限度額の範囲で入金・出金が繰り返し可能)の採用や無利息サービスなどを提供している会社も多く、小口キャッシングに特化したサービスも充実しています。


②金利は、クレジットキャッシング等とほとんど変わりない
誤解している方も多いのですが、消費者金融の金利は、その他の金融機関のキャッシング(銀行、郵便局、クレジットカードのキャッシングなど)と比べも、実質年率はほとんど変わりありません。
特に改正貸金業法施行後は、どこの金利も横並びの傾向が強くなりました。


③審査が速い
消費者金融審査は他の金融機関に比べて圧倒的に速いと言えます。
前述のように、消費者金融には窓口における簡易な審査のノウハウがあります。
このノウハウを生かして、担保に頼らずに、スピーディーな審査を行っています。


【各金融機関の得意分野を知る】
銀行の得意分野は、有担保の目的ローンや事業者ローンです。
クレジットカードについては、メイン業務はショッピングで、キャッシングはあくまで付属的な業務になります。
消費者金融は、前述のように、無担保無保証小口融資に特化しています。
このように、各金融機関には、それぞれ得意(メイン)とする分野があります。
50万円以内の小口を、無担保無保証”で“低金利”“スピーディー”借入するには、やはり消費者金融を選択するのが良いでしょう。



※現在、積極融資中で大注目です!!




※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融


※銀行カードローン・大手消費者金融はこちらから探せます!
最新キャッシング比較



 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

関連記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファイナンス
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
金融論
4位
アクセスランキングを見る>>
ようこそ
RSSリンクの表示
 
検索フォーム
全記事表示リンク
プロフィール

kintaro

Author:kintaro
消費者金融をはじめ、金融業界の有益な情報を提供しています。

「初めての借入から破産・債務整理・総量規制下での借入まで」幅広く情報提供していきます。

あなたのキャッシングにきっと役立ちます!!!

カテゴリ
QRコード
QR
問い合わせ

キャッシングに関する“疑問”“相談”お送りください。 わかる範囲でブログで回答させていただきます。

名前:
メール:
件名:
本文:

免責事項
当ブログの情報は、一部のサービスを除き、無料で提供されています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。 当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。 当ブログが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。