FC2ブログ
お金を借りる案内所
kintaro

お金を借りる案内所では、初めての消費者金融での借り入れから破産・債務整理後・総量規制下での借り入れを詳しく解説しています。借り入れの際にきっと役に立つ情報がたくさんあります。ぜひ一読してください。

リボルビングのメリット・デメリット

2014年01月25日
消費者金融豆知識
≪リボルビングのメリット・デメリット≫

ATMDSC04616_TP_V4.jpg


消費者金融の返済方式に「リボルビング方式」というものがあります。

利便性が高く、大手消費者金融会社は、ほとんどこの返済方式を導入しており、その特徴は、

・定められた限度枠の範囲内で入出金が自由にできる
・返済額が、残元金に応じて少なくなる

というものになります。

下に詳しくまとめまてみましたので参考にしてください。


【リボルビングのメリット】



①必要な時に必要な分だけ借り入れが可能

定められた限度枠内であれば、必要な時に必要な分だけの借り入れが出来ます。
また、多めに返済しても、お金が不足した時には、原則いつでも追加の借り入れができます。


②契約を継続したまま完済出来る

全額完済する時も、「包括残高0円」という形で契約を継続したままにすることも可能です。
そうすれば再度の利用をする時も、契約書類を改めて取り交わさなくても、いつでも出金が可能です。


③限度枠のみ確保して、必要な時に出金することが出来る

新規契約した時も、将来的に必要な時に備えて限度枠を確保しておくことが可能です。


本来、お金を借入れするには、その都度、契約書の取り交わしが必要になります。

また、融資を受けた後は返済のみの取引になります。(中堅消費者金融でよく導入されている、元利均等方式・元金均等方式がこれにあたります。)

しかし、このリボルビング契約を利用すれば、そのような手間をかけずに、必要な時に必要な分の融資を受けれることができます。





この記事を書いた2014年当時は、中小消費者金融でリボルビング契約を採用している会社は多くありませんでしたが、2018年現在では、中小消費者金融でも多くの会社が、リボルビング契約を採用しています。





【リボルビングのデメリット】



①なかなか借入額が減少しない

何度でも繰り返し借入ができるため、“安易な借り癖”がついてしまい、いつまでも借金が減らなくなる方もいます。
リボルビング方式でキャッシングを利用する際は、強い意志と計画性を持って取引しないと、いつまでも借入が無くならなくなってしまいますので、注意してください。


②突然、出金ができなくなる場合がある

消費者金融は、リボルビング契約を締結した場合は、「総量規制」に抵触しているかどうか、指定信用情報機関を利用した定期調査が義務付けられています。

①貸付残高10万円超えが対象
②3カ月に1回以上調査
③1カ月の貸付額が5万円超の場合はその都度調査

この定期調査の結果、総量規制に抵触していた場合は、限度枠が空いていても出金停止措置をとられます。

その他、支払い状況が悪ければ、各消費者金融の基準で、出金停止措置をとられます。
予告なく突然出金ができなくなるので、その出金をあてにしていた場合には困ることもでてくると思います。


③定期的に「収入証明書面」の提出が必要

返済能力調査のため、消費者金融に提出した「収入証明書面」は、原則、その発行日から3年間は有効です。(貸金業者が、その書面が発行された日から起算して2年を経過した日以後、1年以内に顧客の勤務先に変更がないことを確認した場合には、発行日から5年間有効になります。)

リボルビング契約を継続してゆくには、概ね3年に1度は、収入証明の再提出が必要です。

このようにリボルビング契約を利用する際にはデメリット(注意事項)もありますが、その利便性の高さは、デメリットを大きく上回ります。
文句なしにおすすめの契約形態です。




【ライフティへの申込みはこちらの公式HPからどうぞ!!】


ライフティの完全攻略サイトはこちらをクリック!
ライフティ広完全攻略


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

関連記事

気に入ったらシェア!

kintaro
この記事を書いた人: kintaro
消費者金融をはじめ、金融業界の有益な情報を提供しています。

「初めての借入から破産・債務整理・総量規制下での借入まで」幅広く情報提供していきます。

あなたのキャッシングにきっと役立ちます!!!