リボルビングのメリット・デメリット

リボルビングのメリット・デメリット≫

消費者金融返済方式リボルビング方式というものがあります。
利便性が高く、大手消費者金融会社は、ほとんどこの返済方式を導入しています。
・定められた限度枠の範囲内で入出金が自由にできる
・返済額が、残元金に応じて少なくなる
というのが特徴になります。
下に詳しくまとめまてみましたので参考にしてください。

リボルビングのメリット】
①必要な時に必要な分だけ借り入れが可能
定められた限度枠内であれば、必要な時に必要な分だけの借り入れが出来ます。
また、多めに返済しても、お金が不足した時には、原則いつでも追加の借り入れができます。

②完済する時も契約を継続したままにすることができます。
全額完済する時も、「残高0円」という形で契約を継続したままにすることも可能です。
そうすれば再度の利用をする時も、契約書類を改めて取り交わさなくても、いつでも出金が可能です。

③新規で契約する時も、限度枠のみ確保して、必要な時に出金することも可能
新規契約した時も、将来的に必要な時に備えて限度枠を確保しておくことが可能です。

本来、お金の借入をするのには、その都度、契約書の取り交わしが必要になります。
また、融資を受けた後は返済のみの取引になります。(中堅消費者金融でよく導入されている、元利均等方式元金均等方式がこれにあたります。)
しかし、このリボルビング契約を利用すれば、そのような手間をかけずに、必要な時に必要な分の融資を受けれることができます。しかし、消費者金融会社には、大きなコストを強いるので、大手以外では、採用している会社が少ないのが現状です。


リボルビングのデメリット】
①なかなか借入額が減少しない
何度でも繰り返し借入ができるため、いわゆる“安易な借り癖”がついてしまい、いつまでも借金が減らなくなる方もいます。リボルビング方式キャッシングを利用する際は、強い意志と計画性を持って取引しないと、いつまでも借入が無くならなくなってしまいますので、注意してください。

②突然、出金ができなくなる場合もあり、予定狂わされる場合もある
消費者金融会社には、リボルビング契約を締結した場合は、総量規制に抵触しているかどうか、指定信用情報機関を利用した定期調査が義務付けられています。(原則3ヵ月に1回。5万円以上の出金があった月は、その都度)この定期調査の結果、総量規制に抵触していた場合は、限度枠が空いていても出金停止措置をとられます。
その他、支払い状況が悪ければ、各消費者金融会社の基準で、出金停止措置をとられます。
予告なく突然出金ができなくなるので、その出金をあてにしていた場合には困ることもでてくると思います。

③定期的に「収入を明らかにする書面」の提出が必要です
返済能力調査のため、消費者金融会社に提出した収入を明らかにする書面は、原則、その発行日から3年間は有効です。(貸金業者が、その書面が発行された日から起算して2年を経過した日以後、1年以内に顧客の勤務先に変更がないことを確認した場合には、発行日から5年間有効になります。)
リボルビング契約を継続してゆくには、概ね3年に1度は、収入証明の再提出が必要です。

このようにリボルビング契約を利用する際にはデメリット(注意事項)もありますが、その利便性の高さは、デメリットを大きく上回ります。
文句なしにおすすめの契約形態です。


柔軟審査で、リボルビング契約に対応しています。おすすめです!!


≪詳細記事はこちら≫


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

関連記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファイナンス
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
金融論
4位
アクセスランキングを見る>>
ようこそ
RSSリンクの表示
 
検索フォーム
全記事表示リンク
プロフィール

kintaro

Author:kintaro
消費者金融をはじめ、金融業界の有益な情報を提供しています。

「初めての借入から破産・債務整理・総量規制下での借入まで」幅広く情報提供していきます。

あなたのキャッシングにきっと役立ちます!!!

カテゴリ
QRコード
QR
問い合わせ

キャッシングに関する“疑問”“相談”お送りください。 わかる範囲でブログで回答させていただきます。

名前:
メール:
件名:
本文:

免責事項
当ブログの情報は、一部のサービスを除き、無料で提供されています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。 当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。 当ブログが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。