FC2ブログ
お金を借りる案内所
kintaro

お金を借りる案内所では、初めての消費者金融での借り入れから破産・債務整理後・総量規制下での借り入れを詳しく解説しています。借り入れの際にきっと役に立つ情報がたくさんあります。ぜひ一読してください。

中堅消費者金融で限度9.9万円が多用される理由

2013年12月24日
消費者金融豆知識
≪中堅消費者金融で限度9.9万円が多用される理由≫

0I9A356715032124yuuki2_TP_V4.jpg


中堅消費者金融会社の融資額で、“限度9.9万円”というのはよくあります。

しかし、なぜ、限度10万円でなく、限度9.9万円なのでしょうか。
普通の感覚であれば、あと千円だけ上乗せして、限度9.9万円よりも、限度10万円にした方が、すっきりすると思われます。

実は消費者金融がこの限度9.9万円を多用するのには、秘密があります。


【ポイントは、利息制限法】



利息制限法では利息の上限は、

1.元本の額が10万円未満の場合・・年率20%
2.元本の額が10万円以上100万円未満の場合・・年率18%
3.元本の額が100万円以上の場合・・年率15%

となっています。

このように10万円以上と10万円未満は上限利率の境目になっていますから、

限度10万円の場合の上限金利は年率18%だが、限度9.9万円の上限金利は年率20%になるのです。

このように、中堅消費者金融で、限度9.9万円の融資額がよく見受けられる理由は、

限度10万円を年率18%で貸出しするよりも、限度9.9万円を年率20%で貸出しする方が、利息収益は高くなるからです。

同じような現象は、限度100万円と限度99万円との間でも発生します。
しかもこの場合は、年率18%と年率15%の違いとなり、年率の差も、また元本の額も大きくなりますから、限度99万円を年率18%で貸出しする方が、消費者金融会社にとっては断然有利になるのです。

しかし利用者側の立場からすると逆のことが言えるので、限度10万円や、限度100万円の可決額がでる会社は、良心的であるのかもしれません。

(限度9.9万円でも、延滞せずに取引を続けていれば、増額(増枠などで、途中で限度枠がUPして年率が下がる可能性は大ですから、あきらめる必要はありません)





10万円弱の融資なら、18%も20%も大して変わらないので、個人的にはあまり気にしなくてもいいと思います。

中小消費者金融側からすれば、1件、1件の利息収入は大して変わらなくても、「チリも積もれば山となる」といったところなのでしょう。





キャッシングなら消費者金融のプラン、申込みはこちらの公式HPよりどうぞ!



プランの完全攻略サイトはこちらをクリック!
消費者金融プラン 完全攻略!



※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

関連記事

気に入ったらシェア!

kintaro
この記事を書いた人: kintaro
消費者金融をはじめ、金融業界の有益な情報を提供しています。

「初めての借入から破産・債務整理・総量規制下での借入まで」幅広く情報提供していきます。

あなたのキャッシングにきっと役立ちます!!!