FC2ブログ
お金を借りる案内所
kintaro

お金を借りる案内所では、初めての消費者金融での借り入れから破産・債務整理後・総量規制下での借り入れを詳しく解説しています。借り入れの際にきっと役に立つ情報がたくさんあります。ぜひ一読してください。

居住年数・勤続年数は重視されます

2013年09月30日
審査について
≪居住年数・勤続年数は重視されます≫

YKPAKU6722_TP_V4.jpg


消費者金融のキャッシング審査は“安定性”を重視します。

そのため審査では、

・居住年数

・勤続年数

はかなり重要されます。

安心して審査を通すには、どちらとも、1年以上は欲しいとろこですし、このどちらともが1年に満たない場合は、借入は非常に困難になってしまう可能性も出てきます。

しかし、ケースによっては、居住年数や勤務年数が少なくても審査が通ることも有り得ます。

【居住年数が短くても良い場合】

・転勤や単身赴任で居住年数が短い場合は、勤務先が安定していればOK
・一人暮らししていたが、実家に戻ってきた場合などもOK

【勤続年数が短くても良い場合】

・グループ会社に出向している場合
・パート、アルバイトなどだったのが、正社員になった等、雇用形態の変化による場合

※注意点
現在、多くの消費者金融会社がインターネットで申込みを受付けしており、居住年数と勤続年数は、ほとんどの会社で、入力必須項目になっています。

消費者会社によっては、ここの条件が、自社の基準に満たない場合は、それ以上の審査に進まず、無条件で否決にしている場合もあります。

もし、上記のような例外を主張して、審査継続させるのであれば、
居住年数や勤続年数は、“一旦は例外分を含めた年数を入力して申込みをする”ことをおすすめします。

細かな事情については、後ほど、口頭で審査担当に説明をすれば問題ありません。
まずは、審査が継続することを優先しましょう。





一カ所に長く、住んでいたり、勤めていたりすることは、それだけで、大きな信用になるのです。





※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

関連記事

気に入ったらシェア!

kintaro
この記事を書いた人: kintaro
消費者金融をはじめ、金融業界の有益な情報を提供しています。

「初めての借入から破産・債務整理・総量規制下での借入まで」幅広く情報提供していきます。

あなたのキャッシングにきっと役立ちます!!!