キャッシング広告の落とし穴

キャッシング情報局

キャッシング広告の落とし穴v



現在、インターネット上には、キャッシングに関する多くの広告宣伝が掲載されています。
その中には、ブラック融資無審査融資などの安易な表現を使用したものや内容の信憑性に欠けるものまで様々なものがあります。
このような数多くの広告宣伝が存在する中、消費者はどの情報を取捨選択してゆくべきなのでしょうか。


【本来、消費者金融の広告には規制がある】


消費者金融業者が広告を掲載する際には、“借入れが容易であることを過度に協調して、借入意欲をそそるような表現”
は禁止されています。
例えば、

  • 出ます出ます、どーんと貸付
  • ジャンジャン融資
  • 無条件、無審査で○○万円

などの表現はNGとなっています。
また、その一環で、“債務整理を行った者や破産免責を受けた者にも容易に貸付を行う旨の表現”も禁止されています。
例えば、

  • ブラック可
  • 破産歴のある方でも大丈夫
  • リセットOK

などの表現がこれに該当します。
このため、現在、“過去に自己破産や債務整理をした方でも審査対象にしている正規登録業者”は多くありますが、各社、その表現には苦慮していて、どうしても婉曲というか遠回しな表現になっています。
「柔軟な審査」という表現もそのような中から発生した表現と言えるでしょう。


【口コミ・情報サイトは公式の内容ではない】


最近では、インターネットの普及によって、口コミサイトや情報サイトが乱立し、「ブラック融資」など過激な表現を使用して、必要以上に借入れのし易さを強調したサイトの存在も目立っています。
それらのサイトの中には、かなり実態の怪しい会社を無責任に紹介しているものもあるので要注意です。
このようなサイトは、消費者金融会社の公式な広告ではないので、これらの表現に対して完全に規制をかけてゆくのは、なかなか困難なようです。
かくゆう当サイトもキャッシング情報サイトにカテゴライズされるサイトのひとつです。しかし、決して、安易な借入れを助長する類のサイトではありません。


【無審査融資はあり得ない】


当サイトの【審査が通る中堅消費者金融】でも複数の業者を紹介していますが、前提として、“無審査融資はあり得ない”ということは断言しておきます。
もちろん消費者金融会社も商売なので、本来、多少大げさな表現を用いても、集客したいというのが本音もあると思います。しかし、他の商品と違い、売ればお終いというわけにはいきません。
せっかく利用してもらっても、顧客が返済に行き詰るようになれば、貸し手である消費者金融が損害を被ることになりますし、世間にも、“返済能力のない者に貸付して過度な取り立てをする”という悪印象を与えることになります。


【審査が甘い?の勘違い】


「過去に自己破産や債務整理をした方でも審査対象としている」ということは、イコール「審査が甘い」ということではありません。
過去の失敗にとらわれず、現在の返済能力をしっかり審査して、返済能力があれば融資を行っているということです。
逆に言えば、現在の返済能力がなければ、破産していようといまいと審査は通過しないということです。
消費者金融のキャッシングは、困った時に、非常に便利ですが、反面、その便利さゆえに、安易な借入れ増加にもつながりやすい傾向があるのは事実です。
そこをしっかり、認識して安全なキャッシング生活を過ごして下さい。



※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較
関連記事

自己破産後、申込みを行うタイミングについて

キャッシング情報局

自己破産後、申込みを行うタイミングについて



現在、過去に自己破産をしている方を審査対象としている中堅消費者金融会社は数多く存在します。
これは、既に複数の消費者金融会社から借入れがある多重債務の状態の方よりも、自己破産によって、それまでの借入がリセットされている方に融資した方が、リスクが少ないという判断からです。
このような自己破産者への貸付は、最近では、むしろメジャーな融資方法になっています。
では、実際に自己破産申立てをしてから、どのくらいの期間で融資を受けられるようになるのでしょうか。
当サイトでは、自己破産後の申込みは、免責確定してから、少なくとも、半年から1年間は空けることをおすすめしています。

理由①<各債権者に免責確定の情報が行き渡っていないケースがある>

自己破産の手続は、免責が確定して初めて、借金が免除されることになります。
(現実的には免責が確定しないケースはほとんどありません。)
消費者金融会社などの貸主(債権者)は、免責確定が判明すれば、指定信用情報機関に完済報告をすることになっています。
しかし、免責確定の通知は、裁判所から必ず発行されるわけではないので、全ての債権者に同じタイミングでその情報が伝わるわけではありません。
(受任している弁護士、司法書士が、債権者に通知を出したり、債権者から裁判所に問い合わせることもあります。)
このため、免責が確定した直後は、指定信用情報機関上では、完済報告が出来ていない状態も多く、申込みした消費者金融会社によっては、否決対象となってしまう可能性もあります。
免責確定から半年ほども経過すれば、信用情報機関の報告も大体が出揃っているので、そこからの申込みが無難です。


理由②<無計画な印象を与えかねない>

自己破産をして免責確定するや否や、すぐに申込みをするのは、あまりに節操がない印象を与えます。誤解を恐れずに言えば、「自己破産までの状況になってしまったことを全く反省していない無計画な人物」と思われかねません。
もちろん法的に問題があるわけではないので、そのようなことを言われる筋合いはありませんが、あまりに早い申込みは、申込みを受けた消費者金融会社にとっても、あまり良い印象ではありません。
少なくとも、免責確定から半年ほどは空ける方が無難です。




【最初の1社目の可決が重要なポイント】


逆に、自己破産をしている方で免責確定半年未満の方でも、新しい業者から、どこか1社でも利用が可能になると、次に申込みをする業者は、比較的、審査が通りやすくなります。
他業者が審査して可決としているなら、自社もそれに便乗して融資を行うということはよくあります。自己破産後の利用は、最初の1社目の可否が非常に重要なポイントです。


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較
関連記事

債務整理をした方の審査は判断しにくい

キャッシング情報局

債務整理をした方の審査は判断しにくい



自己破産債務整理をした方でも審査対象としている中堅消費者金融会社は、現在、数多く存在します。
改正貸金業法施行後は、総量規制の導入もあり、中小規模の消費者金融会社の貸出し層は、「多重債務者」から、「自己破産や債務整理経験者」に移ってきています。また、そのような融資をメインの貸出しとしている会社も増えてきています。

自己破産した方への融資」は、自己破産して免責決定が出ていれば、過去の借金は免除されているので、現在の支払能力がしっかりしていれば、融資可能と判断したものです。非常にシンプルでわかりやすい融資方法です。
しかし、「債務整理」は、様々な種類があり、またその経過状況によっても与信判断は異なってくるので、少し複雑です。

【和解前と和解後支払中の違い】


通常の債務整理の流れは以下のようなものです。

  1. 弁護士、司法書士などに債務整理を依頼。
  2. 弁護士、司法書士が各債権者に債権届、取引履歴の開示を依頼。
  3. 債権額確定後、各債権者に和解案を提示。
  4. 和解に基づいて返済開始

債務整理をした方の申込みを歓迎している消費者金融会社でも、①~④までの手続きを経て、現在、返済中の方がはじめて審査対象となります。まだ和解に至っていないような状況では通常、審査対象とはなりません。
債務整理がまとまらず、結局、自己破産してしまう方も多いからです。



【債務整理の進捗状況の判別はプロでも難しい】


消費者金融会社の与信担当者は、指定信用情報機関に「債務整理」の情報が記載されていた場合、和解前で審査対象とならない債務整理か、和解後支払中で審査対象となる債務整理かを判断することになります。
しかし、指定信用情報機関の情報だけでは、債務整理の進捗状況は判断しにくく、審査のプロである、与信担当者でも、誤った判別をしてしまうことがあります。
通常、債務整理は、複数の業者を相手に行います。和解も同じタイミングで成立するとは限りません。また、「過払」が発生していた場合は、和解前でも「債務整理」の事故情報は指定信用情報機関に掲載されませんし、通常に支払があったかのような、履歴が掲載されることになります。

このように債務整理の状況は一見、判断しにくいため、本来、審査対象となるような方が、誤った判別で否決となってしまうケースも少なからず発生しています。


【誤解による否決を防ぐのは自分自身】


このような、状況を防ぐには。申込者自身が出来る範囲で対策するほかありません。
例えば、申込みフォームの備考欄に、債務整理の状況を簡単にレポートしておくなどです。
(少なくとも、現在、「和解後返済中」といことはレポートしておいた方が良いでしょう。)
また、自分自身の債務整理の状況がどのような状況になっているのか、よく理解できていないまま、新たに申込みをされる方もいますが、そのような姿勢では、なかなか審査は可決にはなりません。
誤解による否決を防ぐためにも、自分自身の状況は把握したうえで、申込みはすべきでしょう。


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較
関連記事

キャッシングの申込みで絶対に間違えてはいけない項目とは

キャッシング情報局

キャッシングの申込みで絶対に間違えてはいけない項目とは



インターネットキャッシングは、多くの消費者金融会社が採用している、いまどき主流の申込み方法です。
インターネットキャッシングの場合、申込みフォームに、氏名、生年月日、住所、電話番号、勤務先などの情報を入力して申込みを行うことになります。

しかし、急いでいる時や、パソコン、スマホの扱いが不得手な方などは、つい入力を間違えてしまう場合もあると思います。
入力項目に未記入があった場合などは、「未記入項目があります」とエラーが出て、送信出来ないので、自動的に防げますが、入力間違いについては、自動的に防ぐことは出来ません。
電話番号や郵便番号を1桁間違うなどことは、よくある簡単な間違いなので大した問題ではありませんが、キャッシングの申込みには、絶対に間違えてはいけない入力項目もあるので要注意です。

【生年月日・氏名フリガナの間違いは絶対にNG】


入力項目の中でも、生年月日と氏名フリガナは絶対に間違えないように注意して下さい。
理由は、生年月日や氏名フリガナを偽った、詐欺申込みと誤解を受ける可能性があるからです。
指定信用情報機関に、延滞などの事故情報がある方が、生年月日や氏名フリガナを偽って申込みをしてくることは、消費者金融業の現場では、たまにあることです。
日本人の名前は、例えば、「菅野」という漢字は、「カンノ」とも読めますし、「スガノ」とも読めます。このように氏名の読み方を変えれば、自分の事故情報を隠せると安易に考えて、申込みをしてくるというわけです。
(実際は、ほとんどのケースでバレます。)
氏名のフリガナを偶然、別読みに入力間違いすることは、ほとんどないと思いますが、生年月日は、プルダウンで選択するスタイルが多く、ひとつ上や下のを誤って選択してしまうことはあり得ます。
もし、詐欺の疑いがある怪しい申込みと判断されてしまったら、今回の申込みが否決になってしまうことはもちろん、その消費者金融会社では、社内的なブラックリストとなってしまうので、その会社やグループ会社から、未来永劫、利用することが出来なくなってしまいます。

もちろん消費者金融の審査担当も、その入力間違いが、わざとのものか、そうでないかは、なんとなく判断できるので、もし間違えてしまっても、大抵の場合は大丈夫です。
しかし、中には誤解によって、悪質な申込みと疑われてしまう可能性も有ります。
申込みフォームに入力したら、送信する前に、入力内容確認(生年月日や氏名フリガナは特に)をしておくことをおすすめします。


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較
関連記事

身分証明書、収入証明書などの提出は極力早めに!

キャッシング情報局

身分証明書、収入証明書などの提出は極力早めに!



現在、インターネットキャッシングを行っている消費者金融会社の多くは、申込みフォームに入力した属性と指定信用情報機関を利用した返済能力調査で「一次審査」行っています。
この一次審査に通過した方は、免許証、保険証などの「本人確認書類」や源泉徴収票などの「収入証明書」提出にすすむのが一般的です。(公共料金明細などの居住を証明する書類の提出を求められることもあります。)
しかし、消費者金融会社の現場ではせっかく一次審査に通過したのに、書面提出をしなかったり、提出がかなり遅れることによって否決(キャンセル扱い)となってしまう方がいます。


【書類提出が遅れる原因は様々ですが】


もちろん、なるべく早く融資を受けたい方は、書面提出も早めの対応をすると思いますが、提出が遅くなる方は概ね次のようなケースではないでしょうか。

  • 他社とかけもちで申込みをしていて、他社で融資の話が先に進んでいる
  • 画像添付で送る場合、パソコン、スマホの操作が苦手
  • FAXで送る場合、コンビニが身近にない
  • 融資をあまり急いでいない
  • 仕事など忙しくなかなか時間がとれない

しかし、結論から言えば、事情は様々あると思われますが、“書面は極力早めの提出をすべき”です。

【対応が遅い方は審査で敬遠されがち】


消費者金融の現場には日々、新しい申込みが殺到します。対応が遅い方は融資に結び付く可能性も低いのでどんどん後回しにされ、おのずとレスポンスの早い方が優先されることになります。
また、指定信用情報機関の情報も古くなってしまいます。他社とかけもちで申込みをしている場合など、一次審査の時よりも負債額が増えてしまっているケースも発生する可能性もあります。
このようなことからも、結果、対応が遅い方はキャッシング審査では敬遠されがちです。


【対応が遅いとはどのくらいの期間か】


どのくらいの期間が、遅い対応となるのかは、各消費者金融会社の判断によりますが、目安としては、「一次審査を通過した後1週間以内」が限度でしょう。
もちろん早ければ早いにこしたことはありません。
それ以上の放置は、敬遠される可能性大です。
仮に、かけもちで申込みをしている場合でも、一次審査に通過したのであれば、とりあえず書面の提出は完了しておくことをおすすめします。
その会社からのキャッシングの必要がなくなってキャンセルするのは、最終的な審査結果が出た後でも良いでしょう。


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較
関連記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファイナンス
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
金融論
1位
アクセスランキングを見る>>
ようこそ
RSSリンクの表示
最新記事
 
検索フォーム
全記事表示リンク
プロフィール

kintaro

Author:kintaro
消費者金融をはじめ、金融業界の有益な情報を提供しています。

「初めての借入から破産・債務整理・総量規制下での借入まで」幅広く情報提供していきます。

あなたのキャッシングにきっと役立ちます!!!

カテゴリ
QRコード
QR
問い合わせ

キャッシングに関する“疑問”“相談”お送りください。 わかる範囲でブログで回答させていただきます。

名前:
メール:
件名:
本文:

免責事項
当ブログの情報は、一部のサービスを除き、無料で提供されています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。 当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。 当ブログが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。