行政の悪質業者への対応に一言

キャッシング情報局

行政の悪質業者への対応に一言



当サイトでは、貸金業界の健全な発展のためにも「悪質業者は排除されなければならない」と考えています。
残念ながら、消費者金融会社の中には、法律を遵守せずに、監督官庁から営業停止などの行政処分を受ける会社もあります。
行政処分をされた会社については当サイトでも定期的にチェックしていますが、「まさかこの会社が処分を受けるとは」ということはなく、「やっぱり処分されたか」という印象受けることがほとんどです。
逆に、行政の対応の遅さにはがゆさを感じることがあるほどです。


【縦割り行政の弊害】


消費者金融会社などの貸金業者を管轄するのは、

  • 営業所が単独都道府県の場合・・・各都道府県知事
  • 営業所が複数の都道府県にまたがる場合・・・各財務局

になります。
所轄官庁にあたる各行政は定期的な実地監査も含め、管轄内の会社については、きちんと対応していると思われますが、原則、管轄外のことには介入することはありません。
例えば、“滋賀県が長野県内の業者について、処分対象とできる何らかの証拠をつかんでいても、原則、口出しすることはない”ということです。
また、上記の場合、“滋賀県居住者が被害にあっていても、業者を処分する権限は、原則、長野県にある”といことになります。
悪質業者はこのような縦割り行政の弊害を利用して、巧みに法人と本店所在地を変更して、しぶとく生き残っています。


【来店からネットへ営業スタイルが変化】


かつて、消費者金融会社の営業スタイルは店頭来店が一般的だったので、業者も顧客も同じ地域に所在しているケースが多く、行政も管理しやすかったと思われます。
また、全国展開する場合も、各地に有人、無人の店舗を出店する手法を採用することが多く、顧客が居住する地域には業者の店舗があるので、営業実態も把握しやすかったと言えます。
しかし、現在は、インターネットの普及により、新たに店舗を設置しなくても、全国展開をすることが可能になっています。
“店舗は1店舗だが商圏は全国”というのがむしろ、いまどきの主流です。
店舗に出向くこともないので、ちゃんと看板を掲げて営業している会社かどうか実態も把握しにくく、消費者被害が発生する場合も全国規模で発生することになります。
このような、営業スタイルの変化に行政の監督体制が追いついていないようにも思われます。


【行政の体制改善が必要】


やはり、全国規模での被害を想定する場合、都道府県知事レベルではなく、財務局レベルとすべきでしょう。
本来、1店舗で全国展開を行っている業者は財務局レベルの厳しい管理下に置かれるべきです。
かつては、店舗を出店できる資金力の強い業者しか全国展開を開始できませんでしたが、現在は、インターネットの普及のおかげで資金力の弱い業者でも、安易に全国展開を開始できる環境にあります。
当サイトのような民間レベルの調査でも、現在の行政の対応は、あきらかに実態の怪しい会社を放置しすぎていると言わざるを得ません。
このような現状を踏まえて、行政には悪質業者を排除すべく管理体制の改善を強く希望したいところです。


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較
関連記事

審査が可決なのに連絡つかない方も多い

キャッシング情報局

審査が可決なのに連絡つかない方も多い



以前も記事で触れたことがありますが、消費者金融会社の現場の話では、「審査が可決になっているのに連絡が取れない方」は実はかなり多くいるようです。
もちろん昔からこのような方は一定数存在していましたが、インターネットキャッシングが主流となっている現在は、以前よりも増えているようです。

【契約だけしておく選択もある】


可決なのに連絡が取れない方は、申込みをしたが、キャッシングの必要がなくなった方が大半だと思われます。中には複数の業者に申込みをしていて他社で既に借入れできた方もいるでしょう。
しかし、せっかく審査が可決になっているのにそのまま無視しておくのはちょっと勿体ない気もします。その主な理由としては、

  1. 後ほど再申込みしても可決となるとは限らない。(連絡取れずにキャンセル扱いとなっている場合は業者からのイメージもよくないのでなおさらです。)
  2. リボルビング契約やカードローンの場合、残高0円で契約もできる。

もちろん必要がないのに無理にキャッシングする必要はありませんが、契約しておくという選択もあることは知っておいた方が良いでしょう。


【可決の連絡を見逃さないように】


インターネットキャッシングの場合は、自身のメールアドレスに申込みをした消費者金融会社から返信がくるケースがあります。その場合、注意したいのが「ドメイン拒否設定」です。せっかくの審査可決の通知もドメイン拒否設定などで届かないことがないように、申込み中は設定を解除しておくことをおすすめします。
中堅消費者金融会社の中には、一次審査が通過した方にしか連絡しない会社もあります。
また、審査に数日要する会社もあり審査結果がどうであったか判別しにくいケースもあります。
申込み後、数日経過してもなんら連絡がない場合は、審査結果を直接問い合わせするのも方法のひとつです。


いずれにしても、一旦、申込みをした以上、その結果がどうであったか確認しておくことは大切です。また、キャンセルする場合も、その後、お世話になることもあるかもしれないので、そのまま無視せず業者に連絡しておくべきでしょう。


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較
関連記事

「審査が甘い」消費者金融業者とは

キャッシング情報局

「審査が甘い」消費者金融業者とは



インターネット上では安易に審査が甘いという表現を使用して、消費者金融会社の紹介をしているサイトが目立ちます。
しかし、本当に信用が出来る正規登録業者で審査が甘い会社はあるのでしょうか。また、具体的にどのような箇所が審査上緩和されているのでしょうか。
今回はこの審査が甘いという概念について追及してみました。


【無審査はありえない】


まず前提となるのが、“正規登録会社である限り無審査はあり得ない”ということです。
現在の貸金業法では、返済能力の、より厳格な調査が義務付けられています。いくら業者が融資をしたくても、貸金業法の基準を満たしていなければ融資は禁止されています。
(例えば、通常のフリーローンは、年収の3分の1の範囲内でしか利用できません。)
貸金業法の基準の範囲内で、審査が甘い、厳しいということはあっても、「無審査」は絶対にあり得ません。


【いまや自己破産、債務整理経歴への融資はマスト】


自己破産債務整理をした方でも審査対象としている」ということを審査が甘いという表現を使用している場合があるようです。
確かに、ひと昔前は、自己破産債務整理経験者への融資は敬遠されていました。
しかし最近では、過去にそのような経緯があっても現時点での支払能力があれば融資対象としている会社は増えてきました。
むしろ、いまどきの中堅消費者金融業界では自己破産者への融資はマストになっていると言えるでしょう。

 

【他社延滞について】


審査が甘いという表現は、他社延滞が多少あっても借入れできると勘違いされがちです。
しかし、現在他社延滞中は絶対的にNGです。
過去に他社延滞がある場合も、直近の取引で延滞が目立つ場合は、審査否決となる可能性が高くなります。
但し、多少の過去延滞を拾うか否かのさじ加減は業者や担当者によって変わってきます。
このさじ加減の差が、審査が甘いか否かということになるのでしょう。


【居住年数、勤続年数、雇用形態】


居住年数、勤続年数、雇用形態は安定性を計る大事なポイントです。
一般的な中堅消費者金融の場合、居住年数、勤続年数は共に1年以上あれば安心ですが、それ以下をどこまで拾うかの基準は業者によって変わってきます。(全くの無職無収入は絶対的にNGです)
また、雇用形態は他の属性に絡めて判断されるケースが多いようです。
(例えばアルバイトの場合は、居住年数、勤続年数共に長い場合のみ拾うとか、本人以外に主な生計維持者がいる場合のみ拾うなど、他の属性に絡めた条件付けをしているケースが多い。)
これらの各社の差が、審査が甘いか否かということになるのでしょう。


【審査基準は流動的なので注意】


まとめると以下のようになります。

  1. 無審査は正規登録会社ではあり得ない。
  2. 自己破産や債務整理経歴者は多くの中堅消費者金融が審査対象としている。
  3. 現在他社延滞は絶対NG(過去延滞を拾う基準は業者によって違いがある)
  4. 居住、勤続年数が1年未満の場合、拾う基準は業者によって違う。

また、負債額の基準を総量規制で定めている以上、審査が甘い、厳しいという基準は、

  • 過去延滞を拾う基準
  • 居住年数、勤続年数、勤務形態などを拾う基準

にほぼ限定されています。
しかもこれらの基準は、各業者の担当者、時期、資金調達の具合などのタイミングによって流動的なので、常に各業者の動向を探り、タイムリーな業者に申込みをすることが得策です。
絶対的に審査が甘い業者などは、まず存在しないので、ネット上での過剰な宣伝文句にはご注意下さい。


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較
関連記事

規制化の流れによって一時期退化した中堅消費者金融業界

キャッシング情報局

規制化の流れによって一時期退化した中堅消費者金融業界



【10年以上前の中堅消費者金融業界】


今から10年以上前の消費者金融業界は現在の10倍以上の登録業者が有り、いわゆる「大手」以外の業者も数多く活躍していました。
これら中間層の中には、自社専用の無人契約機やATMを設置している会社も多く、即日融資、無利息サービスなど、大手に引けを取らないほど充実したサービスを実施している会社も存在しました。
また、取得書面に関しても、せいぜい、免許証・保険証などの本人確認書類のみの場合が多く、現在よりも少なくてすむケースがほとんどでした。
(もちろん逆に、ヤミ金、紹介屋などの悪質業者の数も全体の業者数に比例して現在よりも多く存在していましたが、)
そのような中、各社の競争もあり、より手軽に、簡単に、という方向で消費者金融のサービスは向上してゆきました。


【一時期、サービスが低下した理由】


しかし、改正貸金業法や過払い返還の問題で、大多数の大手は銀行傘下となり、中間層はほとんどの業者が廃業に追い込まれることになりました。特に振込みキャッシングで全国展開といった拡大路線を採っているような会社ほど、過払い返還による経営圧迫は深刻だったようです。
このように多くの中間層の撤退に伴い、一時期、中堅消費者金融業界は衰退しました。
サービスの質も以下のような理由によって各段に低下しました。

  1. いわゆる「準大手」の会社が業界から撤退した。
  2. 経営圧迫され、各社がコストをかけられなくなった。
  3. そもそも無理をしてサービスを充実させなくても、他の申込み先も限られているので、客を取り逃がしてしまうこともなくなった。

また、規制化と利便性は相反する面もあります。改正貸金業法による規制化によって、より厳格な返済能力調査が義務付けられたため、それまでの“手軽で簡単”という方向への進歩は、一旦、断ち切られてしまいました。


【インターネット・スマートフォンを生かして回復の兆し】


このような法改正による規制によって、中堅消費者金融業界全体の顧客サービスは、10年は退化したと言われています。
しかし、ここ数年は、このような厳しい状況を生き残ってきた老舗業者や、新たに貸金業に参入してきた新興組の業者を中心にサービスも回復しつつあります。
これらの会社は、もちろん厳しい規制は遵守しつつ、インターネットやスマートフォンの普及を生かした新たな営業手法を用いて、法改正前に負けないようなサービス提供をしてきます。
参入業者も徐々に増加傾向にあり、サービスも確実に進歩していっています。
今後の発展にも大いに期待が持てそうです。


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較
関連記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファイナンス
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
金融論
1位
アクセスランキングを見る>>
ようこそ
RSSリンクの表示
最新記事
 
検索フォーム
全記事表示リンク
プロフィール

kintaro

Author:kintaro
消費者金融をはじめ、金融業界の有益な情報を提供しています。

「初めての借入から破産・債務整理・総量規制下での借入まで」幅広く情報提供していきます。

あなたのキャッシングにきっと役立ちます!!!

カテゴリ
QRコード
QR
問い合わせ

キャッシングに関する“疑問”“相談”お送りください。 わかる範囲でブログで回答させていただきます。

名前:
メール:
件名:
本文:

免責事項
当ブログの情報は、一部のサービスを除き、無料で提供されています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。 当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。 当ブログが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。