増額審査に通過しやすくなる取引方法

キャッシング情報局

増額審査に通過しやすくなる取引方法



消費者金融を一定期間利用していると、増額が可能になる場合があります。
増額とは、現在の利用限度額を引き上げる手続きの事を指し、消費者金融から営業が入る場合もありますが、自分自身で申し出ることも可能です。
もちろんそれまでの取引で、著しい延滞があれば増額どころか枠内の利用も困難になりますが、延滞がなければ可能性はあります。
一般的な消費者金融会社の特徴として、“新規契約時の限度額を低く抑えて、延滞のない優良顧客に対して増額で高い限度額を設定する”ということがあります。
この傾向は、中小規模の消費者金融会社になればさらに高くなります。
よって、消費者金融と取引することにおいて増額は非常に重要なポイントとなってきます。
今回は増額審査に通過しやすくなる取引方法を解説してゆきます。


【問題は直近の延滞率】


支払延滞についての感覚は、人によって異なります。
1日、2日くらいの延滞であれば問題ないのでしょうか。1週間以上なら問題になるのでしょうか。
ズバリ、延滞を考える時は、延滞率で考えることが重要です。
例えば、同じ取引中に3回延滞したことがある方でも、3回の取引中3回延滞した方と、1年間取引していて、3回だけ遅れた方では、審査は全く異なってきます。
3回中3回は、延滞率100%ですが、12回中3回は延滞率25%です。
特に、直近1年間の延滞率は重要視されるので要注意です。
また、もちろん、延滞した日数も関係してきます。仮に、直近1年間で1回しか延滞していなくても、その延滞日数が1か月などという場合は、増額審査は厳しくなります。
もちろん、会社によって、審査基準は異なりますが、消費者金融で増額を目指すのであれば、“1日も延滞はしない”というのがベストです。


【入金、出金の頻度があまり激しいこともNG】


リボルビング契約で取引している場合、定められた限度枠内で、入金と出金を繰り返し利用が可能です。最近は、1,000円単位での出金が可能な会社も多いので、こまめに出金している方も多いと思います。
しかし、入金してすぐに限度枠内目一杯の出金を行うのは、増額を目指す場合、あまり印象はよくありません。お金にかなり切羽詰まっている印象を与えてしまいます。
また、例えば、50万円利用して、10万円返済して、すぐに5万借りて、またすぐに4万円返済してなど、お金の出入りがあまり激しいのも好まれません。


【短期間に何度も増額申込みをしない】


増額の申込みをして、仮に否決となった場合は、その後、短期間に何度も申込みをしない方が得策です。
当サイトでは少なくとも半年間は空けることを推奨しています。
あまり短期間に何度も申込みをしても、まともに審査をしてもらえない可能性があります。
前回、審査をしてから半年以内は、ノー審査で否決としているような会社もあるくらいです。
否決になるたびに、増額できる可能性がどんどん遠のいてゆきます。

これらのことに注意して、出来れば増額は一発の審査で決めたいものです。

※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較
関連記事

当サイトの活用法

キャッシング情報局

当サイトの活用法



【当サイトについて】


当サイトは消費者金融会社でのキャッシングを中心にした情報提供サイトです。
キャッシングに関するあれこれをカテゴリー別にまとめているので、必要な情報を探しやすくなっています。
また、当サイトでは、消費者金融のキャッシング審査で、審査を通りやすくするため、様々なコツやテクニックについて解説しています。
当サイトの記事を参考にすれば、消費者金融会社のキャッシングについてかなりの知識を得ることができます。
また、当サイトの記事は消費者金融関係者で閲覧している方も多く、プロの目に耐えうるだけの情報提供を行っていることを自負しています。


【当サイトでも不可能なこと】


しかし、そんな当サイトでも、誰がどう見ても否決の内容を可決にすることは不可能です。
可決か否決か微妙な方の審査を通りやすくするということが出来る範囲のサポートです。
(もし、「絶対に審査が通る」などと謳っているサイトがあれば、ヤミ金、紹介屋、詐欺まがいの怪しいサイトである可能性が大です。)
但し、当サイトを参考にしていただければ、可決か否決か微妙な方は、可決となる可能性はぐんと高まることは断言しておきます。


【審査が通る中堅消費者金融は要チェック】


当サイトで発信しているコツやテクニックは様々ですが、最も重要なことに、「消費者金融会社の審査は流動的なので旬な会社を狙え」ということがあります。
特に中小規模の消費者金融会社は、資金調達の具合や不良債権の発生率に敏感です。
各消費者金融会社の可決率は、それらの影響を受けて時期によって上下します。
今、可決率が高い会社を探すには、当サイトの審査が通る中堅消費者金融を参考にすることをおすすめします。
ランキング形式を採用していますが、定期的に、各消費者金融会社の可決率を調査して、ランキングを変更しているので、今、旬な会社を探すことが可能です。


【当サイトは常に最新情報を提供】


消費者金融の動向は時代によって変化してゆきます。
平成22年の改正貸金業法完全施行によって、多くの業者が廃業や業務縮小に追い込まれましたが、最近では、積極融資に転じている業者も出てきています。
特に、法改正後の審査状況の動向は変動しやすいので、口コミ・評判などは最新の内容を確認する必要があります。正直、あまり更新していないサイトの情報はあてになりません。
当サイトはブログ形式なので更新頻度はかなり高く、常に最新の情報を提供しています。
また、必要に応じて過去記事も加筆、修正をしています。

きっと、あなたのキャッシングにお役に立てると思います。


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較
関連記事

非正規雇用の方のキャッシングについて

キャッシング情報局

非正規雇用の方のキャッシングについて



最近では雇用形態も多様化していて、アルバイト、パート、派遣社員、契約社員等の、正社員ではない方の割合も増えてきています。
今後も、日本全体では、このような非正規雇用の方の割合がますます増加してゆくことと思われます。
このような現象の是非はともかく、一昔前のように、正社員、終身雇用、年功序列、といった雇用形態が大多数を占めていた時代は終わりつつあります。
このような時代背景の中、消費者金融の審査も以前とは、少しずつ変化してきています。


【非正規雇用の方は増加傾向】


一昔前に比べて非正規雇用の方の割合が増えてきたことで非正規雇用の方に対する、世の中の印象も変化してきています。
誤解を恐れずに言えば、一昔前は、男性の非正規雇用というスタイルは、世間的に肩身の狭い思いをしている方も多かったのですが、現在は、それほどではありません。
消費者金融会社の審査でも、以前は、非正規雇用は大きな減点対象でしたが、そのような考えも徐々に変化してきています。
現在は、非正規雇用ということだけを理由に否決となることは、ほとんどないでしょう。
事実、消費者金融会社の顧客における非正規雇用の方の割合も世間に比例して、ここ数年、増加傾向にあります。
特に若い方の割合が多いので利用者の世代交代が進めばさらに増加してゆくと予想されます。


【非正規雇用の方は以前よりも借入れしやすい】


非正規雇用であっても、契約更改を繰り返して、結果、勤続年数が長ければ、勤続の浅い正社員よりも審査では評価される可能性が高くなります。
また、最近の若い方は、いわゆる「さとり世代」と言われ、ブランド、車などに興味も薄く、生活も「バブル世代」に比べて質素な方が多くなってきています。
浪費癖も一昔前の顧客の方がひどかったと思われるので、消費者金融側から見ても、例え非正規雇用であってもかえって優良顧客になる可能性すらあります。
もちろん同条件であれば正社員の方がより高評価になりますが、非正規雇用の方は、一昔前に比べて借入れしやすくなってきているのは間違いありません。


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較
関連記事

信用情報機関の目的外利用の禁止

キャッシング情報局

信用情報機関の目的外利用の禁止



現在、消費者金融会社はキャッシングの審査を実施するにあたって、必ず指定信用情報機関を通した返済能力調査を行っています。
これは、貸金業法で定められている義務なので、正規の登録会社はすべからく指定信用情報機関の会員になっていると言えます。
この信用情報機関への問い合わせは、申込者の同意を得て、氏名、生年月日、電話番号(郵便番号)など一定の情報を入力して照会をかけます。
しかし、逆に言えば、それらの情報さえわかっていれば、誰の分でも照会できてしまうということにもなります。
かつては個人情報保護に対して世の中全体の意識も低かったこともあり、消費者金融会社やその社員等が、指定信用情報機関を本来の目的以外に照会するといったこともあったようです。例えば、

  1. 申込者の家族を照会する。
  2. 友人・知人を照会する。
  3. 従業員を照会する。

などといった行為です。
もちろん当時から目的外利用は禁止されていましたが、その管理を徹底する体制が消費者金融会社になかったことが原因でした。
しかし、近年は個人情報保護法も制定され、個人情報保護の意識もかなり高くなっています。
もちろん改正貸金業法でも指定信用情報機関の目的外利用を厳しく禁止しています。


【消費者金融会社が信用情報を照会できる目的とは】


信用情報が利用できる目的は下記に限られています。

  • 加入貸金業者の顧客である資金需要者等の借入金の返済能力調査その他金銭債務の弁済能力調査
  • 上記①のほか、当該加入貸金業者が締結する保証契約に係る主たる債務者の借入金の返済能力その他の金銭債務の弁済能力の調査

    貸金業者はこの目的以外の目的で、指定信用情報機関に信用情報の提供を依頼し、提供を受けた信用情報を当該目的以外に使用し、第三者に提供することができないとされています。
    また、途上与信を行うために取得した個人信用情報を勧誘に二次利用した場合や、個人信用情報を内部データベースに取り込み、当該データベースを勧誘に利用した場合等(債権の保全を目とした利用を含む)であっても、返済能力調査以外の目的に該当するとされています。


    【違反した場合は処罰の対象】


    これら目的外利用に違反した場合は、2年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金またはこれらの併科の対象となります。
    さらに、目的外利用の禁止に違反していることを知ったうえで、違反者から信用情報の提供を受けた者も同様の処罰の対象になります。


    【個人情報をヤミ金に流すことは有るのか】


    このように、現在、信用情報の利用目的はかなり厳しく制限され、それ以外の利用は禁止されており、罰則もあります。
    たまに“個人情報をヤミ金に流出させている”といった口コミも見受けられますが、正規登録会社がそのような行為を行うことは、非常にリスクが高く、それに見合った見返りがあるとも思えません。
    それらの口コミの多くは、消費者の単なる勘違いも多いのではないかと思われます。
    当サイトで紹介している会社はコンプライアンス体制もしっかりしているので安心です。


    ※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
    当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
    安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


    ※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
    審査の通る中堅消費者金融

     にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

    サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

    【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

    さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

    キャッシング虎の巻を進呈
    サイト非公開情報も含めて、
    キャッシング必勝法がギッシリ!

    ※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

    銀行カードローン比較
    関連記事
  • キャッシングと年齢の関係

    キャッシング情報局

    キャッシングと年齢の関係



    消費者金融会社の審査対象年齢は、上は60歳、65歳、69歳など会社によって様々ですが、下は、ほとんどの会社が20歳以上としています。
    もちろん審査対象外の年齢は融資を受けることは無理です。
    しかし、審査対象年齢であっても、全て同じ基準で審査をしてもらえるわけではなく、年齢によってその評価は異なってきます。


    【キャッシングでの若者の評価】


    20歳から23歳くらいまでの若者は審査の評価は低くなりがちです。その年代は一般的に、

    • 年収額が低い
    • 離職率が高い
    • 雇用形態も正社員でなく、派遣社員、契約社員などの若者も多い

    など収入が不安定なケースが多いことが大きな要因です。
    また、社会的な責任感も年配者に比べて低いとされており、いわゆる「若気の至り」ということで、返済を放置してしまうことも考えられます。
    もちろんその年代でも、収入が安定しており、責任感の強い方もいますが、キャッシング審査においての評価は低くなりがちです。


    【キャッシングでの高齢者の評価】


    逆に60歳から69歳くらいの高齢者はどうでしょうか。日本の平均寿命からいえば、まだまだ若い層ですが、やはり、下記の理由で評価は低めです。

    • 定年退職する年代
    • 年金に頼った生活者も多い
    • 病気、死亡のリスクが高い



    【若者、高齢者のキャッシングのコツ】


    このように、若者や高齢者の評価は低くなりがちですが、消費者金融会社にとっても、他社が追い貸しする可能性は低く、うまく取り込めば逆に安定した債権となる可能性もあります。このため、一般的にリスクが高いとされるこれらの層に積極融資を行っている会社もあります。このあたりの考え方は、各消費者金融会社によって方針が異なります。
    (例えば、若年層には厳しいが高齢層には比較的甘いなどそのパターンは様々です。)
    このように年齢に関しての考え方は、申し込んだ消費者金融会社の方針によるところがかなり大きいと言えます。若者や高齢者が融資を受けるコツとしては、断られた理由をあまり気にせず、前向きに次の借入れ先を探してゆくといことが大切です。

    ※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
    当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
    安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


    ※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
    審査の通る中堅消費者金融

     にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

    サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

    【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

    さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

    キャッシング虎の巻を進呈
    サイト非公開情報も含めて、
    キャッシング必勝法がギッシリ!

    ※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

    銀行カードローン比較
    関連記事
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ファイナンス
    5位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    金融論
    1位
    アクセスランキングを見る>>
    ようこそ
    RSSリンクの表示
    最新記事
     
    検索フォーム
    全記事表示リンク
    プロフィール

    kintaro

    Author:kintaro
    消費者金融をはじめ、金融業界の有益な情報を提供しています。

    「初めての借入から破産・債務整理・総量規制下での借入まで」幅広く情報提供していきます。

    あなたのキャッシングにきっと役立ちます!!!

    カテゴリ
    QRコード
    QR
    問い合わせ

    キャッシングに関する“疑問”“相談”お送りください。 わかる範囲でブログで回答させていただきます。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    免責事項
    当ブログの情報は、一部のサービスを除き、無料で提供されています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。 当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。 当ブログが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。