日本貸金業協会の資金需要者に対するアンケート結果について

キャッシング情報局

日本貸金業協会の資金需要者に対するアンケート結果について



日本貸金業協会では、9月30日に資金需要者等の現状と動向に関するアンケート調査結果を公表しました。
このアンケートは、協会が業界動向の実態を把握するために年1回、定期的に行っているもので、本年7月31日から8月17日の期間、インターネット調査方法等により協会が委託する調査会社である株式会社NTTデータ経営研究所が保有する全国20歳以上のインターネットモニター会員に対し調査を行った内容になります。
調査項目は、

  • 「資金需要者等の現状と動向に関する調査」
  • 「資金需要者に対する意識・利用満足度に関する調査」
の2部構成です。
特に、「資金需要者に対する意識・利用満足度に関する調査」は2015年度から新たに調査した項目になります。
この調査結果によると、資金需要者が消費者金融会社等に対して抱いているイメージが、過去に比べて向上しており、一時期の、”貸金業者=サラ金=悪”といった、印象はかなり払拭していると思われます。
他にも、以下のような調査結果も出ています。

【借入先をとして貸金業者を選んだ理由】

  1. 審査が 早いと思ったから・・・42.0%
  2. 借入れ手続きが簡単だと思ったから・・・37.0%
  3. パソコン やスマートフォン等、インターネットで申込みができるから・・・24.0%

【貸金業者からの借入れにおける利点と欠点について】
利点

  1. 申込みから借入れまでのスピードが早い・・・53.5%
  2. 小額での借 入れができる・・・37.5%
  3. 保証人を立てずに借りられる・・・31.0%

欠点

  1. 金利が高 い・・・58.0%
  2. 借入を行っていることへの対外的なイメージが良くない・・・14.5%
  3. 申込 みから借入れまでに時間が掛かる・・・13.0%

これらの調査結果よりも、資金需要者が貸金業者に求めていることは、
“簡易な審査でスピード融資”という原点にあることは間違いないでしょう。
この他にも、業界のあるべき姿を探れる興味深い内容となっているので、業界関係者にも是非、閲覧をすすめます。

※資金需要者等の現状と動向に関するアンケート調査結果報告はこちらで確認できます。

【インターネットキャッシングで全国展開始動】即日キャッシングの[いつも]※申込みは今が大チャンスです!



※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較
関連記事

中堅消費者金融を選ぶならタイミングが重要

キャッシング情報局

中堅消費者金融を選ぶならタイミングが重要



大手消費者金融会社の審査基準が通年、比較的安定しているのに対して、中堅クラス以下の消費者金融会社の審査は、かなり流動的です。
よって、申込みをする時期やタイミングによって、その時は可決だったが、現在は否決といったことは多々見受けられます。
中堅消費者金融会社が融資に力を入れる時期も、かつては、期末や上半期末にあたる、3月や9月が定番でしたが、最近は、その業者によってバラバラというのが実態です。
この傾向は、中堅消費者金融会社が、金融事故者への融資も積極的に取り扱うなど、審査方法に工夫を凝らすようになってから、ますます強くなっています。


<h3>【最も融資に力を入れている業者に申込む】
多少の差こそありますが、基本的に、現在、積極的に融資を実施している中堅消費者金融会社の審査は大差ありません。
そのセオリーは、当サイトでも紹介していますので、こちらを参考にしてください。
しかし、その業者が、申込みをしようとしている、今、融資に力を入れているかいないかによって、審査結果は変わってきます。
当たり前の話ですが、その時、融資に一番力を入れている業者に申込みをすることが、最大の審査を通すコツになります。


<h3>【当サイトを有効活用して下さい】
しかし、どの業者が今、融資に力を入れているかを、素人の方が見極めることは、無理な話です。
そこで、当サイトの審査が通る中堅消費者金融を参考にすることをおすすめします。
当サイトでは、各業者の日々の可決率などの動向もチェックしているので、今、融資に力を入れている業者、可決率が高い業者を選別することが可能になっています。
ここで上位表示させている中堅消費者金融会社は、間違いなく、今、融資に力を入れている業者です。
実際、可決率が低下したので、下位表示に変更した業者もあります。
中堅消費者金融会社の利用を検討されている方は、当サイトを参考に効率の良い申込みをして下さい。


【インターネットキャッシングで全国展開始動】即日キャッシングの[いつも]※申込みは今が大チャンスです!




※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較
関連記事

過払い金返還請求と債務整理の違い

キャッシング情報局

過払い金返還請求と債務整理の違い



近年、「払いすぎた利息は取り戻せます」と過払い金返還について、弁護士・司法書士事務所のCMが多く見られるようになりました。
この過払い金返還請求ですが、ニュアンスとしては、いわゆる「債務整理」とは違うので、分けて考える必要があります。


【過払い金返還請求は返済に行き詰らなくても可能】


いわゆる「債務整理」とは、多重債務で返済に行き詰っている方が、弁護士・司法書士等に依頼をして、消費者金融会社等の債権者と減額交渉を行うことを指します。
これに対して、「過払い金返還請求」は、消費者金融会社等がかつて利息制限法を超える利率で貸付していたものを、利息制限法に再計算した結果、逆にお金が戻ってくることを指します。
このため、過去に消費者金融会社で長年、取引があった方などは、現在、返済に行き詰っているいないに関わらず、過払い金返還請求手続きの依頼をする方もいます。


【明らかな過払い金返還請求は金融事故情報にならない】


このように、過払い金返還請求は、返済に行き詰った債務整理とは、違うので、指定信用情報機関への情報登録のされ方も異なります。
結論から言うと、現在、明らかに過払い金返還請求目的で、弁護士・司法書士に依頼をした場合は、指定信用情報機関には事故情報は掲載されないことになっています。
(かつては、過払い金返還請求も通常の債務整理と同じく、指定信用情報機関のJICCには、「コード32」という事故情報が掲載されていました。その後、通常の債務整理と区別するべきということになり、過払い金返還に限り、「コード71」という区分で掲載されるようになりました。しかし、これも、過払い金返還請求したことが、債権者に判明すれば、その後の審査で不利益を被るということになり、現在は撤廃されています。)
このように、過払い金返還請求はある意味、債務者の当然の権利として、手厚く保護されるようになっています。

【他社を利用しながら過払い金返還請求も可能】


このように、過払い金返還請求は、一般的な債務整理とは区別されるので、理論的には、他社の利用を継続しながら、過払い金返還請求をすることも可能です。
今、利用しているキャッシングの利便性を損ないたくない場合は、そのことを、弁護士・司法書士に依頼する際によく相談すべきでしょう。

過払い金返還請求、債務整理についてさらに詳しい情報を掲載しています!
The債務整理

※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。

※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較
関連記事

家族の金融事故は審査に影響するのか

キャッシング情報局

家族の金融事故は審査に影響するのか



家族が、自己破産債務整理をしていたり、長期延滞状態であった場合には、そのことは審査に影響するのでしょうか。
もちろん、建前上は、消費者金融会社の審査は、その人個人の信用を審査するため、家族の金融事故は関係ないということになっていますが、そのことが判明してしまった場合は、多少なりとも審査にマイナス要因となってしまうこともあります。


【指定信用情報機関の調査をするのは申込者だけ】


そもそも、申込者以外の指定信用情報機関の調査はできないことになっています。そのため、仮に家族に金融事故者がいても、そのことは、判明しないということになります。
申込者や保証人候補者以外の方の信用情報機関への照会は、目的外利用になり、違反した場合には罰則規定もあります。


【家族が利用歴のある業者では判明しやすい】


しかし、申込みをしている会社やその系列会社で、家族が利用中であったり、過去に利用歴がある場合は、その家族とのつながりは判明してしまう可能性があります。
近年では、個人情報保護の観点から、申込時に家族の氏名などを確認する業者は減ってきました。しかし、通常、消費者金融会社は申込みがあった場合に、電話番号や住所などを自社のデータベースとの照合作業を行うので、家族の氏名を申告しなくても、この照合作業で判明してしまうケースも多いようです。


【その会社で、家族が貸倒れになっていたら借入れは困難】


現在は、他社で申込者が自己破産債務整理をしていても審査対象としている会社は多いのですが、自社で、本人やその家族が自己破産などをしている場合の審査は、やはりどうしても厳しくなってしまいます。
自社で一度、貸倒れになった顧客やその家族に、さらに負い貸しをするということになるからです。
家族が破産しているということが判明するということは、過去に家族がその会社で利用歴があり、破産によって貸倒れになっているからだと推測されます。
家族が貸倒れになっている会社から借入れをするのは、そのことが判明した場合、難しくなってしまうことは仕方がないでしょう。

※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較
関連記事

消費者金融会社が否決理由を教えてくれないわけ

キャッシング情報局

消費者金融会社が否決理由を教えてくれないわけ



消費者金融会社に申込みをして否決となった場合、その理由は気になるところです。
しかし、ほとんどの消費者金融会社が、否決となった理由を具体的には教えてはくれません。
理由を聞いても、「審査基準によって」と回答される程度です。
このように、消費者金融会社が否決理由を明かさない理由のひとつにはトラブル回避ということがあげられます。
例えば、外国籍の方を審査対象外としている場合でも、そのことは業者としては、公表しない場合が多いようです。
人種差別との苦情になる可能性も有るからです。

同様の理由で、業者が公表できない否決項目は、下記のようなものが考えられます。

  • 同業者(消費者金融会社、信販会社に勤務している方)を否決としている。
  • 職業が弁護士・司法書士の方を否決としている。
  • 一定の地域に居住している方を否決としている。

このように、通常、消費者金融会社では、表向きに公表している否決項目以外にも、裏の否決項目があります。

また、消費者金融会社は指定信用情報機関に照会した結果を顧客に教えてはいけないことになっています。
消費者金融会社にできることは、指定信用情報機関に直接、問い合わせするよう案内をすることだけです。
これも、トラブル回避のためのルールでしょう。

否決項目は、各業者によって違いますし、審査基準は流動的なので、その時々でも変わってきます。
よって、否決になった理由を、必要以上に追及してもあまり意味がありません。
否決となった理由を考えて、いつまでも悩むよりも、割り切って、次の申込み先を探すといったように、気持ちを切り替えることも大切です。


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較
関連記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファイナンス
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
金融論
1位
アクセスランキングを見る>>
ようこそ
RSSリンクの表示
最新記事
 
検索フォーム
全記事表示リンク
プロフィール

kintaro

Author:kintaro
消費者金融をはじめ、金融業界の有益な情報を提供しています。

「初めての借入から破産・債務整理・総量規制下での借入まで」幅広く情報提供していきます。

あなたのキャッシングにきっと役立ちます!!!

カテゴリ
QRコード
QR
問い合わせ

キャッシングに関する“疑問”“相談”お送りください。 わかる範囲でブログで回答させていただきます。

名前:
メール:
件名:
本文:

免責事項
当ブログの情報は、一部のサービスを除き、無料で提供されています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。 当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。 当ブログが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。