消費者金融の金利が上がるって本当ですか(2014/4)

消費者金融金利が上がるって本当ですか≫

自民党が貸金業の規制緩和を検討しているのはご存知ですか。
健全経営だと認可された業者に限って20%の上限金利を29.2%に戻したり、総量規制を撤廃する方向との事です。(2014年4月25日ブルームバーグ)
新たに設ける認可制度では、
・資本金
・貸金業務取扱主任者の人数
・カウンセリング体制
などが条件になってくるようです。

これは、リスクに応じた金利や限度額で融資できるようにして、銀行から融資を受けにくい中小企業が借入しやすくする狙いがあるようです
(自民党は貸金業法の見直しを公約としています。)

日経新聞が2014年4月19日付でこのニュースを報じたことで、アイフルアコムなど消費者金融株も急伸しました。

消費者にとって金利が引き上げられることは一見、不利益なことに思われがちです。
しかし、平成22年6月の改正貸金業法施行による金利の引き下げによって、消費者金融会社は、以前のようにリスクをとった貸出しが出来なくなり、事実上の貸し渋りの状態になっていました。

しかし、金利が29.2%に引きあがれば現在より審査基準は緩くなるので、現在の審査基準で融資が受けれない方でも融資が受けれる可能性が高まります。
信用の高い方は現状の低金利で、信用の低い方は現在よりは高金利ですが29.2%の範囲の金利で、それぞれリスクに応じた貸出しが可能になるので、結果、消費者にとってもメリットもあると思われます。

しかし、4月28日の参院決算委員会では、「金融庁として金利引き上げを考えているか」との質問に、麻生金融相は「現時点で政府として直ちに改定する気はない」と述べています。
また改正貸金業法について「多重債務者対策の上で、これは結構効果があったと思っている」との答弁もあり、今のところ慎重な姿勢をとっています。

「多重債務者を増やすだけ」という意見も多く、なかなか直ちにというわけにはいかないようです。
いずれにしても今後の動向は要チェックです。


※全国のプロミスATMで利用可能!現在、積極融資中で大注目です!!

詳細記事はこちら


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融


※銀行カードローン・大手消費者金融はこちらから探せます!
最新キャッシング比較



 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

関連記事

インターネットキャッシングを安全に利用するには

現在、消費者金融等のキャッシングの申込み方法はインターネットでの申込みが主流になっています。
(かつては、店頭申込みや無人契約機への来店が主流でした。その後、電話申込み等、来店不要の申込み方法が人気になってきました。現在では、スマートフォンの流通も手伝って、キャッシングはインターネットで申し込むのが主流です。)

インターネットでのキャッシングは来店の必要もなく24時間いつでも申込みできますから非常に便利です。
消費者金融業に限らず、現在、日常生活の中で、インターネットでショッピングや契約を取り交わすことは少なくありません。
しかしその反面、インターネット上では、貴方の個人情報を狙った詐欺も横行していますので要注意です。

現在、インターネットで広告を行っている貸金業者の中には、最初から融資をするつもりがないのに個人情報の収集目的で申込みをさせている「紹介屋」と思われる会社が存在しています。
また、収集した個人情報をヤミ金融や詐欺会社に横流しするような会社もあるようです。
インターネットは便利な半面、様々な詐欺が横行する、まさに魑魅魍魎の状態ともいえるのです。


≪インターネットキャッシングを安全に利用するには≫
①申込み予定会社が正規登録会社か確認する
有名な大手消費者金融会社以外は、正規登録会社かどうか必ず確認してください。
登録のない会社はいわゆる「ヤミ金融」といわれる会社です。
正規登録会社の見分け方はこちら

②「代行申込み」や「一括申込み」などのサイトを利用しない
現在、インターネット上には、個人情報を登録しておくと、借入先を「代行申込み」「一括申込み」して探してくれるというサービスを提供しているサイトが見受けられます。
しかし、このようなサイトは非常に危険です。
個人情報を収集されて、様々な詐欺会社のリストに入ってしまう場合があります。
消費者金融への申込みは必ず、自分自身で行うようにしてください。

③身に覚えのない貸金業者からの営業DMやメールが届いても利用しない
過去に申し込んだ覚えがない会社から、ダイレクトメールはがきやEメールなどが届く場合があります。
しかし、安易に手を出さないでください。
過去に申し込んだこともないのに、その会社はどうやって貴方の個人情報を手に入れれたのでしょうか?
不審極まりないですね。

④必ず公式ホームページから申し込む
正規登録会社に公式ホームページから自分自身で申込みをすることが一番安全です。

インターネットキャッシングはくれぐれも安全に注意してご利用ください。
当サイトでリンクしている消費者金融会社はいずれも「正規登録会社の公式ホームページ」ですから、安心して申込みができます。


創業45年のフクホーは安心の日本貸金業協会会員!




※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融



 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

関連記事

アリバイ会社の利用について

アリバイ会社の利用について≫

最近「アリバイ会社」というキーワードで当ブログに来られる方も多いので、「アリバイ会社」についてもう少し追記しておきます。

アリバイ会社在籍会社)というものが存在するのはご存知でしょうか?
実際には勤務していない、実態のない架空会社で在籍確認を請け負う会社のことになります。

一般的に、無職の方や水商売・風俗などの職業の方が、マンションへ入居する際や、消費者金融などからキャッシングする際には審査になかなか通りません。
しかし、アリバイ会社から指定された会社を勤務先として申告すれば、その会社に在籍電話が入った際に、本当に在籍しているかような対応をしてくれるので、無職の方でも審査が通ってしまう場合があるということになります。

アリバイ会社によっては、職種も様々なものから選択できたり、偽の源泉徴収票や給料明細書を作成する会社もあります。
また在籍用の架空会社名で、電話番号のNTT登録や商業登記もしてある会社が多く、簡易な審査ではなかなか見破れない場合も多くあるようです。

このようなアリバイ会社は、現在インターネット上を中心に多く見受けられますが、安易な考えで利用するのは非常に危険ですので要注意です。


アリバイ会社を利用してのキャッシングは詐欺となる可能性があります】
アリバイ会社を利用してのキャッシングは、「嘘の申告をしてお金をだまし取る行為」ということになります。
(偽の源泉徴収票の作成をしているならなおさらです。)
ばれてしまった場合には、詐欺で告訴されるといこともあり得ます。
また、詐欺の場合は自己破産しても免責不許可となって、債務は残ったままになってしまう可能性もあります。
そこまでの話にならなくても、消費者金融会社とトラブルになる可能性は大いにあります。

近年、偽の源泉徴収票を使用してマンションを借りさせたとして、千葉県警捜査4課と船橋署が詐欺の容疑で東京都豊島区東池袋のアリバイ会社男2人を逮捕したとのニュースも記憶に新しいとこです。

(アリバイ会社を利用する方は自分一人だけではないので、自分自身が細心の注意を払ってアリバイ会社を利用しても、他の人がばれてしまう場合があります。その場合、同じアリバイ会社を利用している方が芋づる式に判明することがほとんどです。また、消費者金融会社は多数の顧客を抱えており、「同じ名前の勤務先に努めている顧客」や「同じ電話番号に努めている顧客」などで、データーを抜き出すことが出来ます。)


属性が悪い方のキャッシング
このようにアリバイ会社を利用することは、犯罪行為となる可能性のあり、非常にリスクが高くおすすめしません。

もともと、改正貸金業法施行以前は、総量規制の導入はなかったので、多くの消費者金融会社は、無職、無収入の専業主婦に対して貸し出しを行っていました。(実際、専業主婦への貸し出しは、レディースローンとしてひとつのビジネスモデルを構築していました。)
専業主婦への貸し出しは、法律で規制されているので、貸し出しが出来ないだけで、消費者金融会社が債権管理上のリスクを考慮して、貸し出しをしないわけではありません。
このように法改正以前は、無職、無収入の専業主婦にも貸し出しを行っていたわけですから、
消費者金融会社の審査基準では、既婚女性の場合は配偶者が有職であれば、本人の勤務先内容はあまり関係ない。
とも言えます。
このため、“総量規制に抵触しない”という大義名分さえあれば、融資を受けられる可能性は十分にあります。
そこで当サイトでは、リスクを冒して、アリバイ会社を利用するくらいなら、派遣会社への登録をすすめています。
詳しくは下の記事を参考にして下さい。

主婦のキャッシング
こちらの記事を参考にどうぞ



○その他属性が悪い方のキャッシング
(当サイト「審査が通る中堅消費者金融」を参考にどうぞ)


※当サイトおすすめランキング第1位!
即日キャッシングを開始しました!

詳細記事はこちら


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融


※銀行カードローン・大手消費者金融はこちらから探せます!
最新キャッシング比較



 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

関連記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファイナンス
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
金融論
6位
アクセスランキングを見る>>
ようこそ
RSSリンクの表示
 
検索フォーム
全記事表示リンク
プロフィール

kintaro

Author:kintaro
消費者金融をはじめ、金融業界の有益な情報を提供しています。

「初めての借入から破産・債務整理・総量規制下での借入まで」幅広く情報提供していきます。

あなたのキャッシングにきっと役立ちます!!!

カテゴリ
QRコード
QR
問い合わせ

キャッシングに関する“疑問”“相談”お送りください。 わかる範囲でブログで回答させていただきます。

名前:
メール:
件名:
本文:

免責事項
当ブログの情報は、一部のサービスを除き、無料で提供されています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。 当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。 当ブログが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。