大手消費者金融の審査に向いている方、中堅消費者金融の審査に向いている方

キャッシング情報局
大手消費者金融の審査に向いている方、中堅消費者金融の審査に向いている方≫


中堅消費者金融の特徴】

貸金業法改正後は、総量規制導入の為、借入件数が何社もまたがっている、いわゆる多重債務者への貸出しは、新規申込はもちろん、現在取引中の顧客に対しての追加融資まで、一切できなくなりました。
資金供給がストップした場合、自力返済で完済するか、破産債務整理などの手続きを取るほかありませんので、この3年間で、多重債務者と呼ばれる方の数は。かなり減少しています。
逆に、総量規制に抵触しないビジネスモデルとして、ほとんどの中堅消費者金融会社破産・債務整理経験者審査対象にするようになりました。

しかし一方、金融事故経験者というリスクの高い層への貸出し中心になる為、中堅消費者金融の審査では、
・居住・勤続年数
・他社借入件数
・自営業者への貸出し
・独居者への貸出し
などの属性審査は、従来よりもかえって厳しくなっています。

これらの属性が自社の審査基準にそぐわない場合は、その他の内容にかかわらず、否決になるケースがほとんどです。
破産債務整理などの過去金融事故者審査対象とするかわり、属性審査は厳しくなっている」
といえます。


大手消費者金融の特徴】

その逆に大手消費者金融の審査で、金融事故者が可決される見込みは極めて薄いといえます。
しかし、属性審査に関しては、
・自営業者、独居者に対しても審査対象
・居住・勤続年数も1年ほどあれば審査対象
とかえって中堅消費者金融よりも、基準が甘くなっている場合もありえます。
破産債務整理などの過去金融事故者への審査は厳しいが、属性審査はかえって中堅消費者金融よりも甘い場合がある」
といえます。


このようにそれぞれ審査の特徴がありますから、

破産債務整理など、過去金融事故の経験がある方は、中堅消費者金融
・年齢が若く、属性に自身が無い方は、大手消費者金融

への申込をおすすめします。

≪おすすめの中堅消費者金融はこちら≫>

≪おすすめの大手消費者金融はこちら≫


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。



※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融


※銀行カードローン・大手消費者金融はこちらから探せます!
最新キャッシング比較



 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較
関連記事

中堅消費者金融の二次審査通過ポイント

キャッシング情報局
中堅消費者金融二次審査通過ポイント


プロミス等大手消費者金融ではあまりなじみがありませんが、中堅消費者金融では与信審査を、
「1次審査」「二次審査」と2種類に分けて対応している会社が多くあります。

一般的には、
一次審査
・属性(申込みフォーム等に入力する内容)と指定信用情報機関を利用した返済能力調査

二次審査
・生活状況や他社借入状況などの詳細確認

というイメージになります。

一次審査が通過したということは、属性審査指定信用情報機関を利用した返済能力調査は問題無いということになりますから、
二次審査の詳細確認で否決になるケースは、
NGな事項を理解して、回答さえ間違いなければ、かなり防げると言えるでしょう。

【詳細確認時の注意事項】

借入目的
「ギャンブル ・他社返済 ・知人、家族への名義貸し ・引っ越し費用」はNG。
「冠婚葬祭費 ・帰省費 ・仕事上の交際費」が無難。

現在借入件数、金額
「嘘をつく ・自身の借入先の会社名、残金、月の支払い金額などを把握していない」のはNG。(バレます!)
「回答した件数、金額と指定信用情報機関で調査した件数、金額が合致」するのが望ましい。
尚、借入件数、金額として回答するのは、いわゆるキャッシングだけでOK。ショッピングやクレジットはそのことを確認された時の回答で良い。

破産・債務整理などの金融事故歴
「嘘をつく ・自身の金融事故について全く把握していない」のはNG。
「心あたりがあれば正直に回答」してください。(隠してもバレます)

また、会社によっては、
・配偶者に関する情報
・実家、別居親族などの連絡先
などのプライバシーな情報の確認をされる場合もあります。
なりすましや、申込者が本当に実在する人物か、という詐欺申込抑制の観点から、中堅消費者金融では確認することが多い
もちろん回答を拒否することもできますが、正直、審査は通過しにくくなります。

【やはり誠実な対応が重要】
中堅消費者金融会社はリスクの高い層への貸出しが中心ですから、どうしても確認事項は慎重になります。
申込者の生活状況を探るべく、聞き取り事項も多岐にわたることがありますが、そこは理解して誠実な対応を心がけてください。
収支的にも無理がなく、しっかりした返済意思が伝われば、融資は決まったも同然です!!


審査が通りやすく、おすすめです!≫

詳細記事はこちら


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。



※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融


※銀行カードローン・大手消費者金融はこちらから探せます!
最新キャッシング比較



 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較
関連記事

中堅消費者金融の二次審査とは

キャッシング情報局
中堅消費者金融二次審査とは≫


大手消費者金融ではあまりなじみがありませんが、中堅消費者金融では与信審査を、
1次審査2次審査と2種類に分けて対応している会社が多くあります。
1次審査2次審査の内容は各消費者金融会社によって違いますが、大まかには次のようなイメージです。

一次審査
属性(申込みフォーム等に入力する内容)と指定信用情報機関の内容での審査

二次審査
生活状況や他社借入状況などの詳細確認


まずは一次審査として、申込みフォーム等に入力する簡易な情報と指定信用情報機関の内容で、申込者をふるいにかけます。(否決にする者と、審査継続する者に)
次は、残った申込者に対して二次審査として、聞き取り等による詳細確認を行う。

大手消費者金融会社では、いわゆる一次審査のみ決裁するのが一般的です。
しかし、どうしてもリスクの高い層への貸出しが多くなる中堅消費者金融の多くは、二次審査として、申込者への直接聞き取り作業を行っています。

この二次審査一次審査と違い、「対話による詳細確認」という、オートメーション化しにくく担当の主観が入りやすい作業になりますから、ここの結果次第では、予想外の高額融資が得られる場合もあります!!

次回はこの二次審査通過のポイントについて説明しようと思います。



※中堅消費者金融の狙い目は、こちら!
現在、インターネットで積極融資中!

詳細記事はこちら


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。



※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融


※銀行カードローン・大手消費者金融はこちらから探せます!
最新キャッシング比較



 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較
関連記事

消費者金融の金利の特徴

キャッシング情報局
消費者金融の金利の特徴≫


一口に消費者金融といっても、銀行系の大手から中小の消費者金融会社まで、その規模は様々です。
また、メガバンク傘下の消費者金融中小の消費者金融では。、資金力も調達金利も全く違います。

それだけ差がある中で、金利に関しても大手の方が、かなり低いと思っている方も多いと思いますが、

“実は、金利に関しては、大手銀行系中小の消費者金融もほとんど差がありません。”

金融庁から公表された、、
平成25年度の貸金業業務報告書集計の「消費者向無担保貸金業者の貸付残高(貸付金利別)」によると、
金利の分布は「16%超~18%以下」に集中していて、
この金利帯の残高1兆8千22億円で全体の75.0%を占めているという結果がでています。


(貸金業法改正前は、14%~20%までの利息制限法以下の金利帯と20%~29.2%までの出資法金利帯を含めて残高分布がありましたが、法改正以後は、20%超の市場が失われただけの格好になっているということです)

このように現在は、大手も中小も横並びで一律の金利を提供する格好となっています。
他の付帯サービスはともかく,
消費者金融の金利は、大手でも中小でも大差は無いと言えます。


※中堅消費者金融の狙い目は、こちら!
現在、インターネットで積極融資中!

詳細記事はこちら


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。



※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融


※銀行カードローン・大手消費者金融はこちらから探せます!
最新キャッシング比較



 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 


サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較

いまどきのキャッシング審査の主流は

キャッシング情報局
いまどきのキャッシング審査の主流は≫


このサイトをご覧いただいている方の多くが、消費者金融でのキャッシングを検討している方だと思います。

その中には、過去に消費者金融を利用していた経験がある方もいると思いますが、
消費者金融でのキャッシングの方法は、ここ何年かで著しく変化してきています。


【20年以上前は】
かつて消費者金融サラ金と呼ばれていた当時は、店舗の窓口まで出向いて借入するというのが一般的でした。
説教受けながら借りるという昔ながらの対面審査が主流でした。


【20年前~からは】
1993年以降、アコムにつづいて消費者金融各社はさまざまな面白い名前をつけた無人契約機を導入し、無人化を競うようになしました。このことで、「借金」という暗いイメージをかなり払拭し、従来に比べて借入しやすくなりました。

【いまどきは】
いまどきのキャッシングインターネットからのWEB申し込みが主流です。どこにも出かけず、誰にも会わずに自宅に居ながらにしてお金を借りることが出来ます。

ひと昔前の感覚では、見ず知らずの他人に面談することもなくお金を貸すことは、考えられませんでした。
しかし、各社とも事業拡大に伴い、いわゆるスコアリング審査システム(属性と指定信用情報機関の内容等によって評点し、融資の可否融資金額を決定するシステム)の充実に力を入れ、審査の効率化と均一化を図るようになりました。
その企業努力の結果、対面審査を完全克服して、ネットから申し込んで会わずに貸すという一見無茶な融資が出来るようになりました。

また、ここ数年のスマートフォンの普及により、この傾向はさらに大きくなってきています。

「キャッシングの申込は、気軽にスマホから」というのがいまどきのキャッシング審査の主流になってきています。


≪スマートフォンから簡単申込!≫

詳細記事はこちら


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。



※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融


※銀行カードローン・大手消費者金融はこちらから探せます!
最新キャッシング比較



 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較
関連記事

中堅消費者金融がリボルビング方式を採用しない理由

キャッシング情報局
中堅消費者金融リボルビング方式を採用しない理由≫

大手消費者金融のほとんどが「リボルビング方式」であるのに対し、中堅消費者金融のほとんどが「元利均等方式」を採用しています。(「返済方式について」参照)

リボルビング方式は、
・借入できる上限の限度枠の範囲内で入出金が可能
・返済額が、残元金に応じて少なくなる
など顧客にとっての利便性は高く、消費者金融会社にとっても貸付残高が減少しにくいという大きなメリットがありますが、中堅消費者金融が採用しないのは下記の理由が考えられます。

(1)顧客層にリボルビング契約がなじまない
大手と違い、自己破産・債務整理をした方など、リスクの高い顧客層への貸付が中心のため、限度枠内で反復継続して入出金を可能にすることは、さらにリスクが高めることなるとも言えます。

(2)指定信用情報機関の定期的な照会などコストがかかる
消費者金融会社リボルビング契約を締結した場合、1カ月の貸付けの合計額が5万円を超え、かつ貸付残高が10万円を超える場合、毎月指定信用情報機関から情報を得て、残高を調べなければなりません。
さらに、貸付残高が10万円を超える場合には、3カ月以内に一度、指定信用情報機関から情報を得て、残高を調べなければなりません。

(3)リボルビング契約の特性を生かすシステム体制が整備されていない
専用ATMや、銀行、コンビニなどのATMより引き出し可能なシステム構築がなく、リボルビング契約の特性を生かしきれるシステム体制が整っていない。

しかし、多くの中堅消費者金融は、このリボルビング方式が採用できないというデメリットを補うべく、優良顧客に対しては、定期的に増額営業を実施していますので、延滞せずに支払いを続ければ、途中増額が可能になる場合が多いのです。


≪新規取引より3~6回の取引で増額可能になります!フクホー株式会社

詳細記事はこちら


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。



※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融



 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 


サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較
関連記事

リボルビング方式にはご注意!?

キャッシング情報局
リボルビング方式にはご注意!?≫


「返済方式について」でも記載しましたが、消費者金融の返済方式には「リボルビング方式」があります。

この契約方式は、
借入できる上限の限度枠の範囲内で入出金が可能
・返済額が、残元金に応じて少なくなる
という特徴があり、利便性が高いので、
大手消費者金融のほとんどが、このリボルビング方式を採用しています。
中堅消費者金融は逆にほとんど採用していません)

しかし、リボルビング方式は注意が必要です。
・何度でも繰り返し借入ができるため、“借り癖”がついてしまい、いつまでも借金が減らない。
・返済額が残高に応じて少なくなるので、なかなか返済が終了しない

と、利便性が高いが危険性も高い性質があります。
メリットがそのままデメリットにもなる、“諸刃の剣”の契約方式といえます。

リボルビング方式キャッシングを利用する際は、強い意志と計画性を持って取引しないと、いつまでも借入が無くならなくなってしまいますので、注意してください。


返済方式は元利均等返済で、借入金は確実に減少します

詳細記事はこちら


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。



※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融


※銀行カードローン・大手消費者金融はこちらから探せます!
最新キャッシング比較



 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較
関連記事

「収入を明らかにする書面」の提出にはポイントがあります!

キャッシング情報局
≪「収入を明らかにする書面」の提出にはポイントがあります!≫


現在、消費者金融のキャッシング審査では、収入を明らかする書面の提出が必要になる場合が多くあります。
収入を明らかにする書面の提出が不要になるケースはこちらの記事を参照


※「収入を明らかにする書面」として提出を求められるのは次のものになります。

(1) 源泉徴収票(直近の期間に係るもの)

(2) 支払調書(直近の期間に係るもの)

(3) 給与の支払明細書(直近の2カ月分以上(地方税額の記載があれば1カ月分)のもの)

(4) 確定申告書(直近の期間に係るもの)

(5) 青色申告決算書(直近の期間に係るもの)

(6) 収支内訳書(直近の期間に係るもの)

(7) 納税通知書(直近の期間に係るもの)

(8) 納税証明書(直近の期間に係るもの)

(9) 所得証明書(直近の期間に係るもの)

(10) 年金証書

(11) 年金通知書(直近の期間に係るもの)


消費者金融会社は、総量規制の判別をするために、このような書面を基に、年収計算をしています。

しかし、収入を明らかにする書面」の提出にはポイントがあります。
実は、給料明細を提出した場合は、実際の年収よりも低く見積もられてしまいます。


給料明細の2ヵ月分で計算する場合は、
1ヵ月の平均給料×12ヵ月
で算出します。
この方法ですと、ボーナス分の加算がされないので、
どうしても通常の収入証明を提出した場合よりも、低く算定されることになります。

紛失などで提出できない場合は、やむを得ないですが、
給料明細2ヵ月分ではなく、通常の収入証明を提出した方が有利になります。

消費者金融のキャッシング審査申し込む場合は、「通常の収入証明」を用意しておいた方が良いでしょう。


審査が通りやすく、おすすめです!≫

詳細記事はこちら


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。



※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融


※銀行カードローン・大手消費者金融はこちらから探せます!
最新キャッシング比較



 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較
関連記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファイナンス
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
金融論
1位
アクセスランキングを見る>>
ようこそ
RSSリンクの表示
最新記事
 
検索フォーム
全記事表示リンク
プロフィール

kintaro

Author:kintaro
消費者金融をはじめ、金融業界の有益な情報を提供しています。

「初めての借入から破産・債務整理・総量規制下での借入まで」幅広く情報提供していきます。

あなたのキャッシングにきっと役立ちます!!!

カテゴリ
QRコード
QR
問い合わせ

キャッシングに関する“疑問”“相談”お送りください。 わかる範囲でブログで回答させていただきます。

名前:
メール:
件名:
本文:

免責事項
当ブログの情報は、一部のサービスを除き、無料で提供されています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。 当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。 当ブログが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。