自己破産してても大手銀行系消費者金融で借り入れできる?

≪自己破産してても大手銀行系消費者金融で借り入れできる?!≫

通常、自己破産をすると大手の消費者金融会社審査を通過することは、非常に困難になります。
しかし、必ず否決されるわけではなく、状況によっては審査が通る場合もあります。

※破産してても大手銀行系消費者金融審査が通る可能性が高い人

・免責がおりて5年以上経過している
・現在、低収入ではなく(年収400万円以上)、安定している
・自営ではなく会社勤めである
自己破産後、他で借り入れしていない
自己破産した時には利用していない消費者金融会社に申し込む

など多少条件は制限されますが、可能性は十分あります。

大手銀行系消費者金融が利用可能になれば、

・限度額が比較的高額
・リボルビング契約(限度枠内での入出金が可能)が主流で便利
・提携ATMが全国にある(コンビニからも引き出し可能)
・無利息期間などのサービスが充実している

など多くのメリットがあります。


(c) .foto project


自己破産した方は、「ブラックリストに載ったから、大手銀行系消費者金融からは絶対に借り入れできない」と思いこんでしまって、最初から大手銀行系消費者金融には申し込みをしない方も多くいます。

心当たりのある方は一度申し込みをしてみてはいかがでしょうか?


大手銀行系キャッシングのご案内はこちらから!



※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。



※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融


※銀行カードローン・大手消費者金融はこちらから探せます!
最新キャッシング比較



 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

関連記事

居住年数・勤続年数は重視されます

居住年数勤続年数は重視されます≫


消費者金融のキャッシング審査“安定性”を重視します。

そのため審査では、

居住年数

勤続年数

はかなり重要されます。
大手消費者金融であれば3年以上
中堅消費者金融であれば1年以上
は、審査を通すには欲しいところです。

いかに柔軟審査な中堅消費者金融でも、このどちらともが1年以下の場合は借入は非常に困難になります。
居住年数勤続年数のどちらかでも1年以上であれば申し込みをする価値はあります)

しかし、居住年数勤務年数が少なくても審査が通る例外はあります。

居住年数が短くても良い場合】
・転勤や単身赴任で居住年数が短い場合は、勤務先が安定していればOK
・一人暮らししていたが、実家に戻ってきた場合などもOK

勤続年数が短くても良い場合】
・グループ会社に出向している場合
・パート、アルバイトなどだったのが、正社員になった等、雇用形態の変化による場合

※注意点
現在、多くの消費者金融会社インターネットで申込みを受け付けしており、
居住年数勤続年数は、ほとんどの会社で、入力必須項目になっています。
消費者会社によっては、ここの条件が満たない場合は、オートスコアリング自動与信システム)で、
その他の条件にかかわらず、否決にしている場合もあります。

もし、上記のような例外を主張して、審査継続させるなら、
居住年数勤続年数は、
“一旦は例外分を含めた年数を入力して申し込みを行い”
【備考欄】などのフリースペースに詳細を入力しておくか、口頭で審査担当に説明をすることをおすすめします。


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。



※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融


※銀行カードローン・大手消費者金融はこちらから探せます!
最新キャッシング比較




 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 


関連記事

キャッシングの審査は、「負債金額」より「負債件数」が重視されます

キャッシング審査は、「負債金額」より「負債件数」が重視されます≫


消費者金融業界には、かつて3件規制という他社利用件数を3件以内とする自主規制がありました。

これは、・武富士アコムプロミスアイフル三洋信販レイクで結成された「消費者金融連絡会」という組織の自主規制ルールで、
すでに3社から借入れを行っている人が新たな借入れを申し込んできた場合、審査融資をすることは可能ですが、4社から借入れを行っている人には融資はしないとする協定です。

(現在、この消費者金融連絡会が行ってきた業務内容は日本貸金業協会に移行され、現在消費者金融連絡会のホームページは閉鎖されています)

現在は、総量規制という、年収に対しての負債金額によっての貸付制限がありますが、
本来は、この3件規制にあるような件数規制の考え方が、もともとの消費者金融審査のベースで、

総量規制・・・法律上、義務付けられているため、やむを得ず遵守している
件数規制・・・もともとの消費者金融審査における考え方

ということが言えます。

同じ総額100万円の負債金額でも、

①1社からしか借入がなく、借入額が100万円
②複数からの借入総額が100万円

の場合は圧倒的に①の方が審査上信用は高くなります。


この「件数規制」は、

大手消費者金融・・・3件
中堅消費者金融・・・5件

おおよそ、このくらいが、現在の妥当な基準になっていると思われます。


総量規制をオーバーしない限りは、
負債金額が多くても、負債件数が少なければ、キャッシング審査が通る可能性は十分あります。


中堅消費者金融はこちらをおすすめします≫

詳細記事はこちら


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。



※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融


※銀行カードローン・大手消費者金融はこちらから探せます!
最新キャッシング比較



 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 


関連記事

いまどきのキャッシング審査が厳しい理由

≪いまどきのキャッシング審査が厳しい理由≫

いまどき消費者金融でのキャッシング“来店不要”が主流です。
一昔前は、“来店融資”が主流でしたが、各社の企業努力もあり、現在は、大手から中小まで、ほとんどのキャッシング会社が、このサービスを取り入れています。


“来店不要融資”が浸透したため、キャッシング会社は、より多くの顧客に効率よく貸出しを行えるようになりました。
しかし、申込者と面談をしないで、ネットや電話で受付をして融資を行う方法は、

・偽造、なりすまし等、詐欺の申込が増加

属性と負債状況のみの審査に偏り、申込者と向き合った審査がしにくい

などの原因もあり、キャッシング会社にとっても、ある程度の不良債権発生リスクは伴います。

そのため、キャッシング会社“新規申込み客の審査に対しては、かなり慎重になっており、
結果、新規取引客は、可決率融資金額も低いものになってしまいます。

しかし、その反面、“過去に利用実績のある顧客”に対しての審査は、かなり甘くなっているのも事実です。

消費者金融での新規利用の可決率10%ほどですが、再度の利用の可決率は、50%を超えるものになります。
また、
新規で利用した時は10万円しか利用できなかったが、再度の利用をした時は50万円の利用ができた。」
などの話は良く聞きます。

このようにキャッシング会社は実績重視です。

過去に債務整理、自己破産などされた方でも、
新規申込み審査が通過すれば、その後の新たな実績次第で、高額利用ができるようになる可能性があります。


新規審査が通りやすいキャッシング情報はこちら!


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。



※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融


※銀行カードローン・大手消費者金融はこちらから探せます!
最新キャッシング比較



 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

関連記事

不動産所有は圧倒的に有利です アピールを!

不動産所有は圧倒的に有利です≫


消費者金融キャッシング審査は、属性や他社の負債額など多角的に検討されますが、

なかでも不動産を所有している方は圧倒的に有利になります。

理由としては、不動産所有者

自己破産しにくい

・引っ越ししにくい(行方不明になりにくい)

ということがあげれます。

安定性を好む消費者金融会社にとっては、非常に融資しやすいのです。


このように消費者金融には不動産神話があります。

この不動産神話は、自分名義の持家でなくとも、

・田畑、山林

・家族名義の不動産

などがあれば、是非ともアピールしてください。

そのことが審査に有利に働くことはあっても不利になることは、ありません。


通常、消費者金融のインターネットでの申込フォームには、「住居種類」を入力する項目がありますから、
「持家」と入力できますが、それ以外の不動産のことについては、「備考欄」などに入力しておくと良いでしょう。



不動産所有の場合は、アピールしてみてください≫
詳細記事はこちら


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。



※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融


※銀行カードローン・大手消費者金融はこちらから探せます!
最新キャッシング比較



 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

関連記事

キャンペーン中の会社は狙い目です!

≪キャンペーン中の会社は狙い目です!≫


消費者金融キャッシング審査基準は、時期によって常に変化しています。

消費者金融会社の経営状況

・キャンペーン期間

などの理由で、審査は甘くなったり厳しくなったりします。

今まで、高い割合で貸出を行っていた会社が、急に貸出を抑えるようになる事はめずらしくないことです。

不良債権の割合や、資金調達状況の影響を受けやすい中小の消費者金融会社は特にこのようなことが、おこりやすいと言えます。

キャッシング審査を通りやすくするためには、

“その時、貸出に力を入れている会社”に申し込むことです!


ズバリ狙い目は、

【新規会員募集・新商品のスタートアップキャンペーン】です.。


消費者金融会社のキャンペーンなどは、今後も当サイトで紹介してゆきます。

是非、当サイトを活用して、タイムリーな会社に申し込みをしてください。


※キャンペーンのお知らせ
現在、アローでは「春の新規貸出強化月間」を開催中で、新規顧客獲得に力を入れています。(平成27年4/1~5/末)
自己破産、債務整理、個人再生手続きの方にも積極融資!
(特に、個人再生手続きを取られた方は歓迎します。)
そのような状況の方がお申し込み頂く場合は、備考欄にその旨を記入すると審査がスムーズになります。


詳細記事はこちら


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。



※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融


※銀行カードローン・大手消費者金融はこちらから探せます!
最新キャッシング比較



 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

関連記事

収入を明らかにする書面の提出をしなくて良い場合もあります

収入を明らかする書面の提出をしなくて良い場合もあります≫


平成22年の貸金業法改正によって、【総量規制】が導入されて、キャッシング申し込みをする際には、
源泉徴収票などの「収入を明らかにする書面」の提出が必要になったことはご存知の方も多いと思います。

しかし、この「収入を明らかにする書面」を提出しなくても良い場合もあることはご存知でしょうか。


貸金業法によると、
自社からの貸付けが50万円を超える貸付けを行う場合
複数の貸金業者からの貸付合計が100万円を超える貸付けを行う場合

には、収入を明らかにする書面の提出が必要とあります。

これはいいかえれば、

自社からの貸付が50万円以内で、複数の貸金業者からの貸付合計が100万円以内
の場合は、収入を明らかにする書面の提出は必要ないというこです。



このように貸金業法によると、実は、
高額融資の場合や、多重債務の場合でない限りは、収入証明が不要になる場合も多いのです。

多重債務者への貸付が少ない、大手の消費者金融会社では、収入を明らかにする書面の提出は必要なくなることが多くなりますし、中堅消費者金融会社でも、基準を満たせば、必要なくなることもあります。


※但し、消費者金融会社によっては、50万円以内の貸付で、貸付合計が100万円以内であっても収入を明らかにする書面の提出を求める場合もあります。



【可決率・融資額・サービス面 充実しています!】





※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。



※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融


※銀行カードローン・大手消費者金融はこちらから探せます!
最新キャッシング比較



 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

関連記事
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファイナンス
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
金融論
6位
アクセスランキングを見る>>
ようこそ
RSSリンクの表示
 
検索フォーム
全記事表示リンク
プロフィール

kintaro

Author:kintaro
消費者金融をはじめ、金融業界の有益な情報を提供しています。

「初めての借入から破産・債務整理・総量規制下での借入まで」幅広く情報提供していきます。

あなたのキャッシングにきっと役立ちます!!!

カテゴリ
QRコード
QR
問い合わせ

キャッシングに関する“疑問”“相談”お送りください。 わかる範囲でブログで回答させていただきます。

名前:
メール:
件名:
本文:

免責事項
当ブログの情報は、一部のサービスを除き、無料で提供されています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。 当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。 当ブログが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。