キャッシング情報局

取り立ての秘密

  1. 消費者金融の債権回収を徹底解説
  2. 督促についての口コミの信憑性
  3. 消費者金融で返済猶予はしてもらえるのか
  4. 消費者金融の貸倒債権の回収について
  5. いまどきの督促は「非訪問型」が主流です!
  6. 消費者金融の取り立てってどんななの?

| |

銀行カードローン比較

消費者金融の債権回収を徹底解説

キャッシング情報局

,消費者金融の債権回収を徹底解析


消費者金融は、一般的に債権回収ノウハウがあると言われています。
わかりやすい言い方をすれば、「消費者金融は取り立てが得意」ということです。

その中でも特に、中小クラスの消費者金融の取り立ては厳しいと言われています。
言い換えれば、中小クラスの消費者金融などは、取り立てをする自信があるからこそ、銀行や大手が融資をしないような客層にも積極融資をしているということでしょう。

今回は、そんな中小業者の債権回収手法についてまとめてみました。
実際に消費者金融の債権管理経験者への取材も行いましたので、具体的、かつ実績的な内容になっているので、必見です。

【債権回収の基本は電話督促】


ややアナログに感じるかもしれませんが、消費者金融の債権回収手法は未だに電話督促が主流です。
実際に、消費者金融の債権管理担当者は、毎日、毎日、何回も電話による督促を行っています。
延滞者の中には、電話をし
てもほとんど出ない人もいますが、それでも、電話に着信を残しておくことで、延滞者に対して一定のプレッシャーを与えられると考えられています。
電話をかける先は、①携帯電話、②自宅、③勤務先という順序で、徐々にかける先が増えてきています。
もちろん、勤務先にまで電話をする時は、社名を名乗ることはありません。あくまで担当者の個人名で問い合わせを行うなどの配慮はされています。


【書面督促】


電話督促と並行して、書面による督促も行われます。
具体的には、自宅住所に、督促状を送付しています。
書面の内容は、初期延滞の間は、「返済案内書」程度のものですが、延滞日数に応じて、段階的に厳しい内容になっていきます。
最終的には、法的予告の文言が盛り込まれた、「最後通告書」のような書面が送付されることになります。
郵送手段も、①普通郵便、②、速達、③簡易書留、④内容証明郵便などが使い分けられています。
内容証明郵便は、郵送コストもかかりますが、威圧感もあり、「それっぽい」雰囲気が出るので、昔から消費者金融では好まれて利用されています。


【自宅訪問】


最近では、各地に店舗を設置していない会社も多いのであまり実施されなくなりましたが、「自宅訪問」が行われることがあります。
むしろ昔は、消費者金融の債権回収と言えば、この自宅訪問が主流でした。
しかし、訪問に行っても、不在のことが多いので、直接集金出来ないこともあります。
それでも自宅まで来られるということは、プレッシャーに感じる人も多いので、場合によってはかなり有効です。
現地に到着したら、まず以下のような居住チェックを行います。
①居留守でないか、電気メーターなどの動きをチェックする。
②玄関を裏側の窓に明かりがついていないかチェックする。
③洗濯物などが干されてないかチェックする。
また、不在の場合、
①近隣の住人に居住確認をする。
②郵便受けに郵便物が溜まっていないかチェックする。
③玄関に紙などを挟んでおく。(後日、訪問した際に、その紙がまだ挟まれているかどうかで、債務者が戻ってきているかどうかチェックします。)
不在の場合は、このように、まるで探偵のごとく居住確認をしたうえで、「督促書面」を投函して終了します。
ちなみに貸金業法では、訪問に対して、大人数でおしかけたり、大声をあげたりして威嚇することは禁止されています。


【法的手続き】


電話、書面、訪問などの手段で解決できない場合は、法的手続きをとられる場合があります。
具体的には、「貸金請求訴訟」や「支払督促」などの手続きがとられます。
しかし、延滞顧客の全てに法的手続きがとられるわけではありません。
法的手続きには、申立てにかかる費用、その作業にかかる人件費、交通費などのコストがかかるため、法的手続きを実施する価値があるかどうか選別したうえで、ある程度、回収見込みがある顧客に限定して実施されています。
選別のポイントは以下のようになります。


①訴状が送達出来るか


裁判所からの訴状は特別送達という方法で行われます。特別送達は、原則、直接交付なので、ポストに投函して終了というわけではありません。このため、自宅で受け取りが可能かどうか最後通告書などの書面を簡易書留などで送付し確認します。
もし自宅で送達出来なくても、就業先送達(勤務先に送達)や付郵便送達(相手が受取拒否などで送達できない場合、居住調査をしたうえで、書留に付する形で普通郵便を発送し送達したものとみなされる)、公示送達(相手が行方不明などの場合、訴状を裁判所の掲示板に張り出すことで受けとったものとみなされる)などの送達方法もありますが、いずれも、送達するについて、条件や調査が伴うので、簡単ではありません。

②強制執行の対象はあるか


仮に、消費者金融の言い分通りの判決が出ても、強制執行(差し押さえ)する対象がなければ、顧客が支払いをしなければ対応しようがありません。一応、債務名義の時効は10年あるので、その間に強制執行する対象が判明すれば執行は可能ですが、判明する可能性はそれほど高くありません。

③その顧客に守るべき何かがあるか


例えば、天涯孤独のような人は、家族がいる人よりも、社会的に失うものが少ないと考えられます。
極論、顧客に失うものがなく、やけっぱちに開き直られた場合、その債権を回収できる可能性は、限りなく低くなります。
訴訟する相手に守るべき何かがあるかどうかは大事なポイントです。

その他、あまりに少額の債権もコスト面から割に合わないと考えられています。
また、強制執行先がなくても、顧客との交渉を有利に運ぶ材料として、法的手続きが取られることもあります。

【回収率が高い会社は優良企業】


以前は、消費者金融の過度な取り立て行為が問題視されることもありましたが、現在は、正規登録業者のほとんどが債権回収を合法的に行っています。
もちろん、ここで紹介した回収手法も全て合法的な内容です。
しかし、合法的といえども、しつこく、粘り強く、回収行為は行われるので、その回収率は、他の負債と比べても高いものがあります。
「不良債権の回収率が高い」と言うと、何だか怖い会社ではないかと不安に思われる人もいるかもしれません。しかし、合法的な手段で不良債権の回収がきちんとできている会社は、それに比例して融資の承認率も高い傾向があるので、きちんと返済してゆける顧客にとっては、決して悪いことではありません。


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較

督促についての口コミの信憑性

キャッシング情報局

督促についての口コミの信憑性



消費者金融会社の口コミの中でも、「督促」、「顧客管理」、「取り立て」といったものを調べると、「ヤクザのような口の利き方だった」とか、「1日遅れただけですぐに電話がかってきて、上から目線で言われた」などと、かなりネガティブなイメージの書き込みが見受けられます。
このような書き込みをされている会社は本当にそのような督促を行っているのでしょうか。


【良い評判が少ないのは当たり前】


督促について口コミを書き込む人は、実際に返済を延滞して督促された方です。
もちろん好き好んで延滞する人などいないので何らか事情があっての人が多いのですが、督促されることは、誰もが気分の良いものではありません。
極論、「爽やかで気持ち良い督促でした」というような方はいないでしょう。
おのずと、口コミは、大なり小なり、ネガティブな内容になってしまいます。
中には、腹立ちまぎれにあることないこと書き込む方も多く、正直、督促についての口コミはあてになりません。


【法改正後の督促はコンプライアンス重視】


昨今はひと昔前に比べて、世の中全体の、「コンプライアンス重視」、「反社会的勢力の排除」という風潮が強くなってきています。もちろん消費者金融業界も例外ではありません。
ここ最近の業界の流れとして、督促業務は非常にソフト化しています。
つい、15年ほど前までは、大手でさえ督促はかなり荒っぽいのが目立ちましたが、最近では、中小業者の督促でも乱暴なものは、少なくなってきています。
過去、消費者金融業界は、過酷な取り立て行為が社会問題化した経緯があります。
そしてそのような背景が貸金業法改正の一因にもなっています。
あえて言えば、“過酷な督促行為が社会問題化するくらいであれば、貸倒れ処理したほうがマシ”なのです。
このため、法改正後の督促行為は、それ以前に比べ、基本、どこの会社もデリケートに行っています。


【安心して利用できる業者を探すには】


しかし中には、いまだに過酷な督促を行う悪質業者もあります。
それを見抜くことは、口コミがあてにならない以上なかなか困難なことです。
当サイトの審査が通る中堅消費者金融で紹介している会社は、そのような悪質業者は排除しているので安心して利用できます。
また、WEBキャッシングで全国展開を開始している会社は、特にネット上での風評を気にする傾向が強いので顧客管理業務も丁寧に行うといった傾向があることも覚えておくと良いでしょう。


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較

消費者金融で返済猶予はしてもらえるのか

キャッシング情報局

消費者金融で返済猶予はしてもらえるのか



消費者金融について、「取り立てが厳しい」「怖い」といったイメージを持っている方も多いと思います。
特に、中堅以下の消費者金融については、なおさらでしょう。
消費者金融の返済を最低分割金で返済すれば、返済期間は3年~5年ほどかかります。その間には、やむを得ない事情によって返済が遅れてしまうこともあるかもしれません。
現実は、このような時に、返済を猶予してもらえるのでしょうか。


【まずは必ず連絡すること】


やむを得ず返済が遅れてしまう場合は、まず必ず業者に連絡を入れることが重要です。
消費者金融会社にとっても、連絡が取れていて、返済意思が確認できるだけで、かなり安心感が持てるものです。
逆に、連絡をせずに、延滞を続けることが一番不味いと言えます。
たとえ最終的に入金していても、そのようなことを何度も続ければ、分割での取引が出来なくなる可能性も出てきます。

【嘘をついてもばれる】
延滞する人の中には、返済が遅れる言い訳に、かなり見え透いた嘘をつく方もいます。

  • 体調が悪いフリをする。
  • 財布を落としたと嘘をつく。
  • 身内の不幸と嘘をつく。
  • 銀行のカードを無くしたので再発行するまでお金を引き出せないと嘘をつく。
  • 天候がひどく入金に行けないと嘘をつく。
  • 入金したはずと嘘をつく。

    等々、大体こんなところが、よくある言い訳(嘘)です。
    消費者金融会社の担当は、日々、このような言い訳は聞きなれているので、見え透いた嘘をついてもすぐにばれてしまいます。
    もし、このような見え透いた嘘をついて返済をある程度猶予してもらえたのであれば、嘘とわかったうえで、返済を猶予しただけのことです。
    今まで、延滞がほとんどなかった方であれば、このような見え透いた嘘に付き合って、ある程度、猶予してもらえるケースもあります。
    しかし、このような手は毎回通用しません。


    【日頃の信頼が重要】


    本当にやむを得ない場合に返済を猶予してもらえるかどうかは、今までの取引の実績によります。毎回、遅れずに返済を何年もしてきた方であれば、やむを得ない事情の場合は猶予してもらえる可能性は高いと言えますし、毎回のように返済遅れが続く方であれば、簡単に猶予はしてもらえない可能性が高くなります。
    このように、常日頃の入金実績や信頼が、いざという時に役立ちます。
    普段から、返済は安易に遅れないようにして、信頼を築いてゆきましょう。

    ※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
    当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
    安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


    ※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
    審査の通る中堅消費者金融

     にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

    サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

    【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

    さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

    キャッシング虎の巻を進呈
    サイト非公開情報も含めて、
    キャッシング必勝法がギッシリ!

    ※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

    銀行カードローン比較
  • 消費者金融の貸倒債権の回収について

    キャッシング情報局

    消費者金融の貸倒債権の回収について



    【貸倒債権は回収可能なケースもあります】
    ほとんどの消費者金融会社が行っている業務に「貸倒債権の回収」があります。
    消費者金融業を継続する以上、一定の割合で不良債権は必ず発生することになります。
    その中でも回収見込みが薄い債権は、貸倒償却すれば経理上のメリットもあるので、どの業者も一定数の貸倒償却を行っています。
    しかし、一旦、貸倒償却した債権も、後に回収できる可能性がある債権もあります。
    自己破産や死亡などはその後も回収見込みはありませんが、行方不明や返済不履行で貸倒償却した債権がそれにあたります。
    行方不明になったり返済が滞ってから年月が経過すれば、所在が判明する人もいますし、生計を建て直して、支払能力が復活している方もいるので、貸倒償却した当時は回収できなくても、年月が経過することで簡単に回収できるようになるケースも出てくるのです。


    【貸倒債権の調査方法】


    このように消費者金融会社は定期的に貸倒債権の回収業務を行っています。
    その主な調査方法としては、
    ①住民票を申請する
    ②指定信用情報機関の調査を行う
    になります。
    実にシンプルな方法ですが、これらの調査を行うことで、所在や連絡先が判明したり、現在の勤務先も判明するような場合もあります。
    特に住民票調査は住民票を動かさないまま、何年も生活を続けることは現実、困難なので以外に簡単に所在が判明することも多いのです。


    【時効が中断される場合もあります】


    借金にも時効があります。借入先が消費者金融など企業の場合は最終取引日より5年になります。
    時効を援用すると借金を消滅させることが出来ます。
    しかし、このことをあまり知らない方も多いので、なんらかの事情で最終取引日から5年以上経過しても、再び督促されれば、支払を再開してしまう方も多くいます。
    しかし、1円でも支払を再開してしまうと債務の承認をしたことになり、時効は中断されてしまうので注意が必要です。
    もちろん借りたお金ですから支払を再開することは悪いことではありませんが、知っておいて損はないでしょう。
    借金の時効についてはこちらを参照


    ※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
    当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
    安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


    ※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
    審査の通る中堅消費者金融

     にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

    サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

    【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

    さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

    キャッシング虎の巻を進呈
    サイト非公開情報も含めて、
    キャッシング必勝法がギッシリ!

    ※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

    銀行カードローン比較

    いまどきの督促は「非訪問型」が主流です!

    キャッシング情報局
    消費者金融会社の督促はかつて「現地訪問」が主流で、顧客が不良債権化した場合はすぐに現地調査に出向くというのが鉄則でした。
    しかし融資方法が「対面型」から効率の良い「非対面型」に主流が変化していったように、督促方法も現在は「現地訪問型」から「非訪問型」に変化してきています。
    「非訪問型」に転化することによって、少ない店舗数でも融資エリアを全国に拡大することが可能となったのです。
    今回はいまどきの「非訪問型」の督促の特徴についてまとめてみました。

    077937.jpg

    ○携帯電話の普及率が督促方法を変えた
    自宅に固定の電話がなくても、携帯電話を持っていない方はいまどきほとんどないと思います。携帯電話の普及率は現在、人口普及率で100%を超えており、1人1台以上の計算になります。
    携帯電話の普及によって顧客と連絡がつきやすくなったことは間違いありません。
    以前に比べ電話連絡がつきやすく現地訪問をする必要性は減りました。


    ○勤務先に連絡をする
    携帯や自宅固定電話に一定期間連絡をしても連絡がつかない場合は、勤務先に連絡が入ります。勤務している方であればこれはかなりのプレシャーになります。
    消費者金融会社とわからないように社名を名乗ることはしませんが、そのような状態の方は他業者も同様に遅れている場合が多く、複数の業者から会社に電話が入ることになるので、会社からかなり不審に思われてしまいます。
    このようなことにならないように、返済が出来なくても業者には必ず連絡を入れるようにしましょう。


    消費者金融会社の調査能力が向上した
    遠方への融資を実施したことで、消費者金融会社の調査能力は向上しました。
    不良債権化した顧客と連絡がつかなくなると、消費者金融会社は様々方法で居住確認をとります。
    ・督促書面を郵送する
    ・電報を発信する
    ・住民票を申請する
    ・指定信用情報機関での更新情報を確認する
    などは一般的な手法です。
    また個人情報保護の関係でテクニックを要しますが
    ・身内に居住確認する
    ・近隣住民に居住確認をする
    という方法もあります。

    ○訴訟手続きを利用する
    通常の電話や書面での督促では解決に至らず、居住が判明している場合には貸金訴訟を提訴する場合があります。
    裁判所から呼出状が送られることで顧客から反応があるケースも多く、相手によってはかなり有効なので、特に執行先がなくても提訴することがあります。


    ○まとめとして
    このようにいまどきの消費者金融会社は現地訪問に出向かなくても様々な手法を駆使して不良債権の回収を図っています。
    遠方の業者だからといって侮ってはいけません。
    現地訪問に出向けない分、貸金訴訟を多用するなどかえってシビアな対応となる場合があります。
    万が一返済が滞るような場合は必ず業者に連絡を入れるようにしましょう。
    連絡が取れている限りは訴訟提訴されることはほとんどありません。



    【インターネットキャッシングはライフティがおすすめです!】
    消費者金融のライフティ
    詳細記事はこちら


    ※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
    当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
    安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。



    ※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
    審査の通る中堅消費者金融


    ※銀行カードローン・大手消費者金融はこちらから探せます!
    最新キャッシング比較



     にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

    サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

    【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

    さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

    キャッシング虎の巻を進呈
    サイト非公開情報も含めて、
    キャッシング必勝法がギッシリ!

    ※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

    銀行カードローン比較

    消費者金融の取り立てってどんななの?

    キャッシング情報局
    消費者金融の取り立てってどんななの?≫


    「サラ金は取り立てが怖い!」 

    「内臓売ってでも金返せ!」注意① 

    「ヤクザがバックにいる!」注意② 

    など消費者金融がかつてサラ金と言われた時代のイメージは、ドラマやマンガの影響でこんな感じだと思いますが、


    現実の消費者金融の債権回収(「取り立て」というと言葉が悪いですが「債権回収」のことなのです)は合法的で合理的です。 


    *注意① 脅迫・恐喝と誤解を受けるような取り立て行為は禁止されている
    (ひと昔前ならともかく、社会問題にもなった「商工ローン問題」なども経たなかで現在は、取り立て行為に関しては、行政も貸金業者も非常に厳格になっています。このような文句は即営業停止になります。)

    *注意② 正規消費者金融会社とヤクザ組織とは全く関係ありません
    (あたりまえのことですが、消費者金融会社のバックがヤクザというのは大嘘です。
    ヤクザ組織が関係しているのは、「違法の高金利のヤミ金業者」しかありません。現在の消費者金融業は、上限金利の制限、総量規制での制限など、さまざまな規制 が多く、正規登録会社でヤクザが関係している会社はありません

    009640.jpg


    ≪消費者金融会社の債権回収方法≫

    ●第1段階(延滞期間1カ月以内
    ①携帯電話・自宅・勤務先に督促電話をかける 
    ②督促状を郵送する 
         ↓

    ●第2段階 (延滞2カ月~3カ月以内)
    ①内容証明などで「貸金請求訴訟」の最後通告的な通知を送付される 
         ↓
    ●第3段階 (延滞半年以上)
    ①貸金訴訟申立 
         ↓
    ●第4段階 (判決後
    ①差押 

    あくまで一般例ですが、だいたいの回収業務はこのような流れですすんでゆきます。

    しかし、第3段階の「貸金訴訟」まで進むか否かは、債権内容によって判断されます。
    (金額が少額、又は居住確認ができないなど「訴訟してもメリットがない」と判断される内容の債権は、訴訟には進まないケースもあります)


    ≪何が差押さえられるの

    訴訟で判決が確定した後は、差押対象があれば差押られる可能性があります。

    具体的に考えられることは

    ・お給料  

    ・預金口座 

    ・不動産 

    ・動産(家財道具などの差押)
     

    になりますが、
    預金口座は・・・そもそも差押にまでなる人の預金口座にお金は入ってない
    不動産は・・・第一順位の抵当権は、ほとんどが住宅ローンですから、売却してもお金は回ってこない
    動産は・・・家財道具は二束三文ですので、現実的には回収できない

    と回収手段としては現実的ではありません。

    一番現実的な差押は、勤め先が判明していれば「お給料」になります。

    (お給料は最大で手取りの四分の一の金額までは、差押が可能なのです!) 


    ≪結論≫

    「取り立て」というと暴力的なイメージがありますが、このように現在の消費者金融会社は債権回収の手段として、いわゆる脅し・脅迫はしません。代わりに裁判所を利用した合法的な差押の手段をとります。

    ずーと延滞したままで何年も督促の連絡が途絶えていても、それで安心してはいけません。
    時効になる直前で、時効回避の訴訟の申立をしてくる場合もあります。

    支払いがどうしても不可能な場合にも、この記事を読んで「暴力や脅しの取り立てはないなら安心だ!」と放置せずに、早い段階であれば取引している消費者金融会社に、
    または弁護士・司法書士など専門家への相談をお薦めします。
    結局延滞は今後の自分のためになりませんので。。。


    ≪審査が通りやすく、おすすめの消費者金融はこちら!≫


    ※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
    当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
    安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。



    ※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
    審査の通る中堅消費者金融


    ※銀行カードローン・大手消費者金融はこちらから探せます!
    最新キャッシング比較



     にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 


    サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

    【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

    さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

    キャッシング虎の巻を進呈
    サイト非公開情報も含めて、
    キャッシング必勝法がギッシリ!

    ※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

    銀行カードローン比較
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ファイナンス
    4位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    金融論
    1位
    アクセスランキングを見る>>
    ようこそ
    RSSリンクの表示
    最新記事
     
    検索フォーム
    全記事表示リンク
    プロフィール

    kintaro

    Author:kintaro
    消費者金融をはじめ、金融業界の有益な情報を提供しています。

    「初めての借入から破産・債務整理・総量規制下での借入まで」幅広く情報提供していきます。

    あなたのキャッシングにきっと役立ちます!!!

    カテゴリ
    QRコード
    QR
    問い合わせ

    キャッシングに関する“疑問”“相談”お送りください。 わかる範囲でブログで回答させていただきます。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    免責事項
    当ブログの情報は、一部のサービスを除き、無料で提供されています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。 当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。 当ブログが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。