FC2ブログ
キャッシング情報局

借入先を探す

  1. 来店面談に固執する会社には要注意!
  2. 年末年始にキャッシング審査落ちした方へのアドバイス
  3. 自分にマッチした借入れ先を選ぶコツ
  4. キャッシングは口コミに惑わされるな!
  5. キャッシングは焦らず冷静に
  6. キャッシングは銀行・クレジットよりも消費者金融が一番な理由
  7. 中堅消費者金融の即日融資は、早急な入用の際の強い味方です
  8. 自己破産・債務整理した方への貸出しが見直されています
  9. 忙しい方のキャッシング申込先選別方法
  10. 大手消費者金融の審査に向いている方、中堅消費者金融の審査に向いている方
  11. キャンペーン中の会社は狙い目です!
  12. 債務整理後の借入について
  13. 自己破産後の借入につて
  14. 消費者金融比較サイトの嘘
  15. 中堅の消費者金融会社を上手に利用する!
  16. いそがしい方は、ネット申込での「即日融資」がおすすめ!
  17. 無料仮審査を利用するメリット・デメリット
  18. 無料借入先紹介サイトを利用するメリット・デメリット

| |

銀行カードローン比較

来店面談に固執する会社には要注意!

キャッシング情報局
≪来店面談に固執する会社には要注意!≫

yotakasanFTHG0883_TP_V4.jpg


もともと、消費者金融は、来店面談、相手を見て融資する、というのが基本スタイルでした。

しかし、全国展開を採用するなど、大量の申込みに対応するには、従来の来店面談のスタイルでは限界があるので、徐々に、来店不要のスタイルに変化していきました。

その結果、いまどきは、中小消費者金融といえども、ほとんどの会社が、「来店不要」としています。

しかし、中には、頑なに来店面談に固執している会社もあります。

このような会社に申込みをする時は、ちょっと注意が必要です。





いまどき、必要以上に「来店面談」に固執する会社は、何かがあると疑った方がいいです。






【紹介屋の可能性が高い!】


「紹介屋」とは、これまでも当サイトでたびたび、解説しているので、詳しい解説は省略しますが、簡単に説明すると、

最初から、自社で融資する気はないのに、多重債務者を集客して、他の会社や、弁護士、司法書士などを紹介して、不当な手数料を取っている会社のことです。

(参考記事:いまどきの紹介屋の手口、教えます

この中でも、弁護士、司法書士を紹介するタイプの紹介屋は、「おまとめローン」で集客していることと、やたら、「来店面談」をすすめてくるのが特徴です。

おまとめローンの融資が受けられると思って来店した客は、カウンセリングの結果、債務整理をすすめられることになり、その足で、提携先の弁護士、司法書士事務所に連れていかれるという筋書きです。

紹介された、弁護士、司法書士も債務整理業務はちゃんと行っているようなので、実際は問題になることも少ないのですが、紹介料目的で安易に債務整理をあおる業者や、それと結託して儲ける弁護士、司法書士は、モラル上、感心は出来ません。


【恐い会社が多い!?】


業界では、来店面談に固執する会社は、「恐い会社」が多いと言われています。

これは、ホントにそういう傾向があるので、要注意です。

まあ、「ナニワ金融道」で言うところの、「納得も得心もさせて金を貸す!」ということで、強面スタイルの会社は、融資する際は、必ず、来店させて、一発かましてから、融資をするというのが、定番です。

もちろん、実際に暴力を振るわれるようなことはないでしょうが、恐い顔した男性から、返済が滞らないよう、面と向かって念をおされれば、心理的なプレッシャーは相当なものになります。

なんだかんだと言ってもこの方法は、効果的なので、いまだにこのスタイルを続けている会社も、実は結構あります。

中には、自己破産しても、そういう会社だけは、恐いので返済を続けているという人もいるくらいです。

実際に、強面スタイルで有名なE社は、融資も返済も、「来店面談」スタイルです。


中小消費者金融まとめサイトはこちらをクリック!
借りれる中小消費者金融


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 


メールマガジンの配信を開始しました!

メールマガジン登録フォーム
名前 (姓)  (名)
メールアドレス 必須
銀行カードローン比較

年末年始にキャッシング審査落ちした方へのアドバイス

キャッシング情報局
≪年末年始にキャッシング審査落ちした方へのアドバイス≫

年末年始にキャッシング審査落ちした方へのアドバイス



当サイトには、キャッシングの審査落ちとなった方達から、多数の問い合わせ、相談が入っています。
特に、年末年始にかけては、審査落ちとなった人が、通常の月よりも多くなります。

年末年始は休業する消費者金融も多く、年始の申込みはその分かなり混み合うこととなり、中には丁寧な審査が出来ないまま否決となってしまう人もいるようです。

そこで、今回は緊急企画として、年末年始のキャッシング申込みで審査落ちした方が、借入れしやすくなるよう、いつくかアドバイスをさせて頂きます。

もちろん、絶対ではありませんが、審査に通る可能性は格段にUPすると思います。
では、早速、解説してゆきましょう。





年末年始に審査落ちした皆さん、諦めるのはまだ早いですよ!
是非、記事を読んで下さい。





【年末年始は特殊な時期、諦めるのはまだ早い】



前述のように、年末年始は審査が混み合う都合上、丁寧な審査がされないまま否決になってしまった可能性があります。
通常の落ち着いた時期であれば、可決だったのかもしれません。

この時期に審査落ちとなった人は、諦めるのはまだ早いと思います。

再度、キャッシングの申込みをする価値は十分あります。
1月も後半になれば、随分、落ち着いてきますし、2月は消費者金融にとっては、「閑散期」なので、丁寧な審査をしてもらえる可能性は高まります。

(参考記事:新春の中堅消費者金融でのキャッシング事情


【同じ会社には申込みをしない】



一度、審査落ちした会社に、何度も申込みをするのは、はっきり言って時間の無駄です。

消費者金融には、日々、多くの申込みが発生するため、直近で否決になっている人から再度、申込みがあっても、まともに再審査をせずに、否決にしてしまう可能性も有ります。

審査落ちした時は、短期間に同じ会社に何度も申込みをするのではなく、前回と違う会社に申込みをするべきです。

ランキングサイトの、ランキングの高い順番で、申込みをしたことがない会社に申込をしてゆくのも方法です。
当サイトの「審査が通る中堅消費者金融」でも、いつくか安全性の高い会社を紹介しているので参考にして下さい。

尚、一度、否決となった消費者金融へ再度申込みをするのであれば、少なくとも半年から1年ほど間隔を空けてから申込みをするのが無難です。


【申込みブラックは気にしなくてもよい】



よく、何社も消費者金融に申込みをすると、「申込みブラック」になると言われています。
しかし、最近の中堅消費者金融に関しては、「申込みブラック」はあまり気にしなくてよいと思います。

通常、キャッシングの申込みをすると、貸金業者は、借入れ状況の調査のため、指定信用情報機関に照会をしますが、照会した痕跡は6ヶ月間、情報に残るので、この数が短期間であまりに集中していると、審査で敬遠される可能性があると言われていました。

しかし、実際は、申込みフォームに入力した属性と、申告年収額、申告負債額で判断して、指定信用情報機関に照会をしないで否決となってしまうケースも多くあります。

例えば、ある会社の審査基準が、最低年収200万円以上の人しか融資しないという内容だったとします。
この場合、わざわざ指定信用情報機関に照会しなくても、申込みフォームの内容だけで、否決を判断することが出来きます。

中堅消費者金融は、大手ほど、システム設備が整っておらず、基本、マンパワーで審査を行っています。そのため、なるべく指定信用情報機関に照会をしなくても良いように、基準を決めて、足切りをしている会社も多くあります。

指定信用情報機関に照会していない場合は、その会社に申込みをした事実は、他社にはわかりません。

このため、直近6ヶ月以内に中堅消費者金融に多数申込みをしていても「申込みブラック」という状態にはなっていない可能性もあるのです。

いずれにしても、「申込みブラック」はあまり気にせず、新しい会社へ申込みをすることをおすすめします。


【まとめ】



このように、年末年始の慌ただしい時期に申込みをして否決になった方は、これからの落ち着いた時期に、再度、会社を変えて申込みをしてみることをおすすめします。

中堅消費者金融の場合は、タイミグによって、可決、否決が決まることも多いので、可能性は十分に有ります。


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。



※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 


メールマガジンの配信を開始しました!

メールマガジン登録フォーム
名前 (姓)  (名)
メールアドレス 必須
銀行カードローン比較

自分にマッチした借入れ先を選ぶコツ

キャッシング情報局
≪自分にマッチした借入れ先を選ぶコツ≫

自分にマッチした借入れ先を選ぶコツ




一口にキャッシングと言っても、多様な方法があります。(こちらの記事も参照

代表的なもので、

  1. 銀行カードローンを利用

  2. 大手消費者金融を利用

  3. 中堅消費者金融を利用

といったものがあげられるでしょうか。

もちろん、銀行カードローンや大手消費者金融の方が、中堅消費者金融よりもサービス面では勝っています。

しかし、明らかに大手の審査が通らない方が、大手ばかり申込みをしても、いわゆる「申込みブラック」という状態になるだけで、メリットは全くありません。

また、経験した方はわかると思いますが、何件も連続で否決になると、「もう、融資してくれる会社は存在しないのでは」とかなりへこみます。

申込みブラックのような状況の中、投げやりな対応で次々申込みをしては、本来、可決となるような会社も否決とされかねません。

自分自身の状態にマッチした会社に申込むということは、結構、重要なことなのです。

今回は、自分自身にマッチしたキャッシング方法をどのように選ぶのか、コツをまとめてみました。





いまの自分の状況にマッチした会社に申込みをしないと、いい結果は望めないよ!
キャッシングの申込みを検討中の人は必見の記事です。





【初めてキャッシングの申込みをされる方】


キャッシングを初めて利用される方は、まずは、銀行カードローンや大手消費者金融に申込みをするのがセオリーです。

もちろん、申込者の状況によっては初めてであっても否決となる可能性もありますが、中堅消費者金融に申込みをするのは、大手を3件ほど否決になってからでも遅くはありません。

また、初めての方がわけあって、中堅消費者金融に申込みをする場合は、「キャッシングの申込みは初めてですが、○○という理由で申込みをした」ということを、備考欄などに入力しておいた方が良いでしょう。
(大手に申込みしたところなぜか否決となってしまったので申込みをしたといったことでもOKです。)

初めての方は、他社での「クレジットヒストリー」がないので、中堅消費者金融では不審に思われる可能性もあるからです。


【専業主婦の方】


自分自身に全く収入がない専業主婦の方は、改正貸金業法施行後は、「総量規制」という年収の3分の1を超える貸出し制限があるので、配偶者の同意を得なければ消費者金融からの借入れはできません。

これは大手でも中小でも、貸金業法が適用される消費者金融会社である限り同じです。

しかし、銀行カードローンのキャッシングは、銀行法が適用されるので、総量規制の適用はありません。
このため、無職無収入の専業主婦への貸出しも可能です。

専業主婦の場合、貸出限度額は少額に抑えられることも多いですが、今のところ、借入れ出来る可能性があるのは銀行カードローンが一番です。


【中堅消費者金融がおすすめの方】


次のような状況の方は、中堅消費者金融への申込みをおすすめします。

会社規模が違うので大手消費者金融のように、行き届いたサービスはありませんが、中堅どころでも優良企業は存在します。

  1. 原因は様々でしょうが、大手消費者金融の申込みを続けて3件以上断られた方

  2. 過去に自己破産や債務整理歴がある方

  3. 現在、他社貸金業者から3件以上の利用がある方

知名度が低い中堅消費者金融への申込みは、安全性を確認することが一番重要です。

現在、ネット上で広告が出ている業者の中には、いわゆる「紹介屋」と思われるような、実態の怪しい会社も多数存在します。

当サイトの審査が通る中堅消費者金融を参考に、安心安全な会社を探して下さい。


【こんな属性の方は】



  • 居住年数が短い(半年未満)

  • 勤続年数が短い(半年未満)

  • 年齢が若い(20歳、21歳くらい)

といった条件が重なると中堅消費者金融での利用も困難になる可能性が高くなります。

そうかと言って、それ以下の業者からの利用はおすすめ出来ません。

違法業者の可能性が高く、お金を借りるつもりが、逆にお金を騙し取られる結果にもなりかねません。

上記の条件が、クリアされれば、申込みをする価値は十分にあるので、もうしばらく我慢したほうが無難です。

このような、条件の下で、何社も何社も申込みをする方もいますが、申込みをして否決となった経歴が信用情報に残るだけで、かえって借入れできるまでの期間が長引く可能性すらあります。(このことをいわゆる「申込みブラック」と言います)
(直近で他社に何件も申込みをし続けている方は、審査で敬遠される可能性があります。申込みをした履歴は、半年間は自身の信用情報に残るので注意して下さい。)


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

メールマガジンの配信を開始しました!

メールマガジン登録フォーム
名前 (姓)  (名)
メールアドレス 必須
銀行カードローン比較

キャッシングは口コミに惑わされるな!

キャッシング情報局
≪キャッシングは口コミに惑わされるな!≫

キャッシングは口コミに惑わされるな!




現在、インターネット上では、数多くの口コミサイトが掲示されていて、キャッシングをするにあたり参考にしている方も多いと思います。
しかし、このような口コミ・評判サイトをあまり過信しすぎるのもよくありません。





当サイトでは消費者金融の紹介記事として、
審査が通る中堅消費者金融
今月おすすめの中堅消費者金融
と2種類のカテゴリーを設けています。

手前みそで恐縮ですが、内容は、はっきり言って自信があります。
金融の素人が広告目的で掲載しているサイトとは、ひと味もふた味も違います。
どうぞ確かめて下さい。





【ランキングはあくまで参考程度に】


口コミ・評判サイトの多くはランキング形式になっています。しかし、ランキング形式になってはいるものの、その順位の根拠にも乏しいものも多数見受けられます。

また、単に広告目的のサイトも多く、ランキング上位の会社が必ずしも借入れしやすい会社とは限りません。


【様々な事情で承認率は上下する】


消費者金融会社のキャッシングの審査基準は流動的です。この傾向は、その会社規模が小さくなればなるほど強くなります。
中小規模の消費者金融会社の審査は、

  • 資金調達の具合
  • 不良債権の発生率
  • 広告宣伝の予算

など先方の様々な事情によって承認率が上下します。

もちろん、その会社自体が柔軟な融資を行う会社かどうかという基本的なこともありますが、その時々の会社の事情によって、承認率はかなり波があるのが実情です。


【旬な会社を狙え!】


消費者金融からのキャッシングのコツは、“その時期に旬な会社を狙う!”ということにつきます。

旬な会社とは、今現在、何らかの理由で積極融資の状態にある会社のことです。

その理由とは例えば、
「インターネットキャッシングを開始したばかりで、新規顧客の獲得に力を入れている」といったようなことがあげられます。

但し、インターネットキャッシング開始直後はかなり高い承認率だったものが、わずか数か月で予算の見直しなどで、一気に承認率が下がることもあるので注意が必要です。

半年前の情報が通用しなくなるというのが、中小金融会社の怖いところです。


【他サイトの情報を過信する前に】


このように、口コミ・評判サイト自体の信憑性が低かったり、チェックしている口コミ・評判サイトの情報が必ずしも最新のものとも限りません。

しかし、当サイトの「審査が通る中堅消費者金融」では常に、現在、旬なキャッシング会社の情報提供をしています。

他サイトの情報を過信するよりも絶対におすすめです。


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

メールマガジンの配信を開始しました!

メールマガジン登録フォーム
名前 (姓)  (名)
メールアドレス 必須
銀行カードローン比較

キャッシングは焦らず冷静に

キャッシング情報局
≪キャッシングは焦らず冷静に≫

キャッシングは焦らず冷静に



急な出費や入用などで、キャッシングの申込みを検討している時は、多かれ少なかれ誰でも、焦ったり、不安な気持ちを抱えているものです。

初めてキャッシングの申込みをする方はもちろん不安でしょうし、既に他社で借入がある方も「今回は審査が通らないかも」と、やはり不安な気持ちになったりするものです。

テレビCMなどで知名度の高い、大手消費者金融会社であればまだしも、その申込み先が、知名度の低い、中小クラスの消費者金融会社の場合は尚更でしょう。

しかし、そんな時ほど冷静な判断が求められます。

業者の中には、そのような消費者の焦りや不安を利用して、お金を逆に騙し取るような詐欺会社も存在するので要注意です。
詳しくはこちらを参照

また、詐欺とはいかないまでも、不利な条件で契約させられたりする可能性もあり得ます。
そこで今回は、キャッシングについて冷静な判断をするために大切なことをまとめてみました。





キャッシングの申込みをする人は、急な入用で焦っている人がほとんどです。
そんな精神状態に付け込む違法のヤミ金もあるので要注意です。





●ヤミ金かどうかチェック



申込みを検討している会社が、正規の登録会社かどうかチェックするのは基本です。

また、正規登録会社でも、実態の怪しい会社はあるので要注意です。
詳しくは(当サイトのこちらの記事)を参考にして下さい。


●素人が業者に問い合わせても無意味



悪質な会社か否かを判断するのに、ホームページや口コミなどでだけでは判断できずに、直接、電話で問い合わせをする方がいます。もちろんこの行為自体は、全否定しませんが、素人の方がポイントを押さえずに、問い合わせをしてもあまり意味はありません。

たまたま電話に出た、先方のオペレーターの感じが良ければ、それだけで、善良な会社と思い込んでしまうのがオチです。

また、ヤミ金融に、「貴方の会社は闇金ですか?」と聞いて、「はいそうです。」と答えるわけはありませんし、最近のヤミ金融はソフト路線で対応も丁寧です。

安心感が欲しくて、どんな感じか電話をしてみる気持ちはわかりますが、先方のオペレーターの対応だけで、安心してしまうのはかえって危険です。


●各消費者金融のサービスを比較する



法改正後の消費者金融は、小口フリーキャッシングの金利については、どの会社も18.0%ほどで、大手も中小も大差ありません。

よって、申込み先を選別するには、金利以外のサービス内容から判断したほうが良いでしょう。

また大手の場合は、審査基準もある程度、似通っているので、ポイントとなるのは、


  • ①無利息サービスの有無
  • ②返済、借入にかかる手数料
  • ③返済、借入のし易さ
    といったところでしょう。

中小クラスの消費者金融会社では、審査基準は各社異なるので、当サイトを活用して各社の特徴を抑えておくことをおすすめします。


●当サイトをフル活用



すぐにお金が必要な状況なのに、ここまで記事を読んで頂いた方は、かなり冷静な状態だと思われます。

こんな時ほど落ち着いて借入先を検討することが重要です。

大手消費者金融を1社、2社否決になっても焦ることはありません。

そんな時は、当サイトの審査が通る中堅消費者金融で借入先を探すことをおすすめします。

安心・安全で信用できる会社のみを選別して紹介していますので、是非、参考にして下さい。

そして今後も、当サイトを定期的にチェックすることをおすすめします。

当サイトでは、消費者金融のキャッシングに関する最新情報を多数紹介しています。

また、当サイトは、最近では、借入先を探している消費者以外にも、実際の消費者金融の関係者からも参考になるとの評価をいただいています。

当サイトをフル活用して、安心・安全なキャッシングにお役立てくださいね。


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

メールマガジンの配信を開始しました!

メールマガジン登録フォーム
名前 (姓)  (名)
メールアドレス 必須
銀行カードローン比較

キャッシングは銀行・クレジットよりも消費者金融が一番な理由

キャッシング情報局
≪キャッシングは銀行・クレジットよりも消費者金融が一番な理由≫

PASONAZ160306170I9A2357_TP_V4.jpg



一般的にお金を借りる方法として、

・身内・知人から借りる
・銀行、郵便局などの金融期間から借りる
・クレジットカードでキャシングする

など消費者金融で借入れする以外にも様々な手法があります。

また、世間では、消費者金融で借りることには抵抗があるけれど、銀行やクレジットでキャッシングすることには抵抗がないという人も多くいます。
これは、消費者金融に対して、「借金」、「厳しい取り立て」といった、ネガティブなイメージがいまだに、残っているからでしょう。

しかし、こと無担保・無保証の少額借入に限っては、他の借入方法よりも消費者金融での借入れをおすすめします。





消費者金融のキャッシングを、銀行やクレジットカードのキャッシングよりも、下に位置付けている人もいますが、これは、単なる「印象」の問題です。

小口融資に関しては、総合的に見て、消費者金融が優れているのは間違いないよ。





【消費者金融をおすすめする理由】



①無担保・無保証に特化した商品開発をしており、付帯サービスなども充実している



消費者金融はもともと、“窓口における簡易な審査”をスピーディーに行うことで成長してきた業界です。

他の金融機関に比べて、提出書類も少なく、担保や保証人なども原則、不要です。

無担保・無保証の少額融資に関しては、ノウハウの蓄積もあるので、他の金融機関に比べて高い限度額の決裁が可能です。

また、リボルビング方式(定められた限度額の範囲で入金・出金が繰り返し可能)の採用や無利息サービスなどを提供している会社も多く、小口キャッシングに特化したサービスも充実しています。


②金利は、クレジットキャッシング等とほとんど変わりない



誤解している方も多いのですが、消費者金融の金利は、クレジットカードのキャッシングなどと比べも、実質年率はほとんど変わりありません。

確かに、銀行カードローンは消費者金融の金利よりも低めに設定されていることが多いのですが、消費者金融は、無利息サービスなどを採用している会社も多く、短期利用であれば、むしろ、銀行カードローンよりも、お得な場合もあります。


③審査スピードが速い



消費者金融の審査は他の金融機関に比べて圧倒的に速いと言えます。
前述のように、消費者金融には“窓口における簡易な審査”のノウハウがあります。
このノウハウを生かして、担保に頼らずに、スピーディーな審査を行っています。


【各金融機関の得意分野を知る】



銀行の得意分野は、本来、有担保の目的ローンや事業者ローンです。

クレジットカードについては、メイン業務はショッピングで、キャッシングはあくまで付属的な業務になります。

消費者金融は、前述のように、無担保・無保証・小口融資に特化しています。
このように、各金融機関には、それぞれ得意(メイン)とする分野があります。

50万円以内の小口を、“無担保・無保証“”で“低金利”で“スピーディー”に借入れするには、やはり消費者金融を選択するのが良いでしょう。


セントラルへの申込みはこちらの公式ホームページからどうぞ!



セントラルの完全攻略サイトはこちらをクリック!
完全攻略!セントラル



※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

メールマガジンの配信を開始しました!

メールマガジン登録フォーム
名前 (姓)  (名)
メールアドレス 必須
銀行カードローン比較

中堅消費者金融の即日融資は、早急な入用の際の強い味方です

キャッシング情報局
≪中堅消費者金融の即日融資は、早急にお金が入用の際の強い味方です≫

TAI85_jumpbiz20140823105007_TP_V4.jpg


“申し込んだその日に融資が受けられる!”
よく消費者金融のCMや広告で見かけますね。

例えば冠婚葬祭や、一時的なイベント、付き合いなど、「いま急にお金が必要」といった場面はよくあります。
そのような時に、消費者金融で申し込んですぐにお金を入金、またはATMから引き出せたら、それは便利ですよね。

この大手ではあたりまえの「即日振込」サービスも、実は中堅消費者金融では、対応しきれていない会社が多くあります。


【中堅消費者金融で即日融資が浸透しない理由】



現在、中堅消費者金融には、表向きは「最短、即日融資」を謳っておきながら、実際には対応しきれていない会社が多くあります。

申込→審査→書類の送付→書類の返送→貸付と、仮に審査に通過しても実際に融資を受けるまでに手続きが多く、どうしても平均して1週間ほどかかってしまうからです。

ではなぜもっとスピーディな対応をとらないのでしょうか。

中堅消費者金融会社が即日融資に消極的な理由としては、

①即日融資は契約書類の取り交わし前に融資を行うので詐欺などのリスクがある。

②大手消費者金融に比べて、申込者の属性が良くないので契約書類の返送管理にコストがかかる。

③契約締結前の書面(貸金業法16条の2第1項の書面。契約締結する前にお客さまに契約内容が良く理解できる書面の交付を義務付けたもの。)の交付に対応できていない。(大手消費者金融会社はメールなどで交付可能)

④貸金業法改正後、中堅消費者金融会社の絶対数が減少したので、リスクを負ってまで、サービス向上をする必要がなくなった。

などの理由があげられます。


【本気で即日融資に対応している会社を探すには】



しかし、中堅消費者金融会社の中でも限られていますが、本気で即日融資に対応しようとしている会社はあります。
そのような会社を見つけるポイントは、以下の通りです。

※審査が通れば、契約書を取り交わす前に振込で融資を行っている会社を探す。

※「身分証明」や「収入証明書面」などの必要書面もFAXやメールで対応可能としている会社を探す。

特に、融資までの流れが、契約書類を取り交わした後に、振込みとなっている会社は、「即日融資」は事実上、不可能と思われるので、注意して下さい。




当サイトでも紹介している、セントラルは、本気で即日融資を目指している会社です!
完全攻略サイトのバナーも掲示しておくので、参考にして下さい。





セントラルへの申込みはこちらの公式ホームページからどうぞ!



セントラルの完全攻略サイトはこちらをクリック!
完全攻略!セントラル



※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

メールマガジンの配信を開始しました!

メールマガジン登録フォーム
名前 (姓)  (名)
メールアドレス 必須
銀行カードローン比較

自己破産・債務整理した方への貸出しが見直されています

キャッシング情報局
≪自己破産・債務整理した方への貸出しが見直されています≫

YUUKI150321140I9A4377_TP_V4.jpg


かつての、キャッシング市場では、「自己破産・債務整理をした方」は、完全なブラックとして、
わずかな例外はあったにせよ、正規登録業者からの貸出しはほとんど行われていませんでした。

しかし、段階的に上限金利は引き下げられていったために、金融会社は利益を確保するために、本来は、貸出しをおこなっていないような層にも、さらなる貸出しを行いました。

消費者金融業界には、

※自己破産・債務整理をした方=支払いを途中であきらめたため、信用できない

※多重債務者の方=苦しくても支払いを継続しているため、信用できる

というイメージが少なからずあったので、

「多重債務者」への貸出しはエスカレートしていきました。

その結果、さらなる破産者の増加をまねくことになり、多重債務については社会問題にまでなりました。

負債が無くなっている方への貸出しを制限して、これから破産しそうな方へ、さらに無理な貸出しをするという矛盾した方針が取られた結果です。


しかし現在は、貸金業法改正によって、総量規制が導入されて、多重債務者への貸出ができなくなったのを契機に、自己破産・債務整理をした方への貸出しが見直されてきています。





最近では、中小消費者金融で融資した客のほとんどが、過去に自己破産や債務整理をした人になっているという情報もあります。
(参考記事:そういえば、最近、自己破産の人にしか貸してなくね?

業者側も、自己破産や債務整理をした人の方が、逆に「融資しやすい」といと考えているのです。
自己破産や債務整理をした人は、積極的にそのことをアピールした方がかえって審査は通過しやすくなっています。





当ブログの審査が通る中堅消費者金融で紹介している会社も多くが、自己破産・債務整理をした方への貸出しに対応しています。

しかし、まだまだ「自己破産・債務整理をした方への貸出しはリスクが高い」と考える消費者金融会社も多く、
顧客の希望を完全に無視して極端な短期分割契約だったり、過度な保証などの提供を求める会社も多くありますから注意が必要です。

業者を選別するポイントは、「自己破産・債務整理をした方への貸出しをビジネスモデルとして取り扱っている会社」に申込みをすることです。

そのような考えの会社は今後も増加傾向にありますから、当ブログでも随時紹介してゆきたいと思います。

これからは、自己破産・債務整理した方でも、自分にあった業者選択ができるようになってくるでしょう。


≪自己破産・債務整理をした方は、業者選択に当ブログのランキングを参考にしてみてください≫


キャッシングなら消費者金融のプラン、申込みはこちらの公式HPよりどうぞ!



プランの完全攻略サイトはこちらをクリック!
消費者金融プラン 完全攻略!



※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

メールマガジンの配信を開始しました!

メールマガジン登録フォーム
名前 (姓)  (名)
メールアドレス 必須
銀行カードローン比較

忙しい方のキャッシング申込先選別方法

キャッシング情報局
≪忙しい方のキャシング申込先選別方法≫

TAI85_jumpbiz20140823105007_TP_V4.jpg


【本当に必要な時は選んでいる余裕がない】



キャッシングが必要ない時にあらかじめ、利用するキャッシング会社の選別している人はほとんどいないと思います。
キャッシング会社について調べている時は、急な入用など現金をすぐにでも必要としている時が多いものです。

しかしそのような時は、複数の会社を比較して自分にあった借入先を見つけることはなかなか余裕がないと思います。

CMで有名な大手消費者金融を利用するのであれば、どの会社もある程度のサービスはそろっていますから、その差は大きくありませんが、中堅消費者金融に関しては、利用会社によってそのサービスはかなり違ったものになります

もちろん審査に通りやすく、融資が受けやすいことは重要ですが、本来は利用した後のことも考えて申込先を選別すべきなのです。


【増額のしやすさがポイント】



いろいろ比較する余裕の無い方におすすめするキャッシング会社の選別方法は、
後の増額(増枠)が期待できる会社を選ぶことです。

必要な出費の都度、新たな借入先を次々増やしてゆくことはおすすめできません。
そのようなことを繰り返せば、いわゆる「多重債務」の状況になり、月々の支払金の負担も大きなものになってしまいます。

借入件数を増やさずに、現在の借入先から増額(増枠)が出来れば、月々の支払い金額を抑えることができますし、今後の与信の信用にも影響しません。

消費者金融のキャッシング審査では、借入件数が多いと信用は低くなります。逆に1社から高額の融資を受けれている場合はかえって信用は高まる可能性があります

増額(増枠)の受けやすすさを見極めるめるポイントは、
まずは借換えローン(おまとめローン)を推進している会社を選ぶことです。

借換えローン(おまとめローン)を推進しているということは、比較的高額な融資にも対応しているということです。
そよような会社は、おまとめローンでなくても、延滞など無く支払を続ければ、必要な出費の際に増額(増枠)を受けれる可能性は高いといえます。
(もちろん本当におまとめするのもおすすめです)





消費者金融の貸し方のパターンは、「最初の限度は低く、後の増額で大きく融資する」というものです。
その会社が、大型ローンに対応していれば、増額での高額融資も狙えます。





創業45年のフクホーは安心の日本貸金業協会会員!



※レディースキャッシングはこちらから!



フクホーの完全攻略サイトはこちらをクリック!
bnr_fukuho.jpg



※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

メールマガジンの配信を開始しました!

メールマガジン登録フォーム
名前 (姓)  (名)
メールアドレス 必須
銀行カードローン比較

大手消費者金融の審査に向いている方、中堅消費者金融の審査に向いている方

キャッシング情報局
≪大手消費者金融の審査に向いている方、中堅消費者金融の審査に向いている方≫

IMARIC20160805210023_TP_V4.jpg


【中堅消費者金融の特徴】



貸金業法改正後は、総量規制の導入によって、原則、年収の3分の1を超える貸出しが禁止されました。
このため、複数の会社から借入れがある、いわゆる「多重債務者」への貸出しは、新規申込はもちろん、取引中顧客に対しての追加融資まで、ほとんど出来なくなってしまいました。

このように、多重債務への資金供給がストップしたため、この3年間で、多重債務者と呼ばれる方の数は。かなり減少しています。

また、これまで、融資対象であった、多重債務への融資が不可能になったため、多くの中堅消費者金融会社は「自己破産・債務整理経験者」を審査対象にするようになりました。

この融資方法は、「金融事故経験者」というリスクの高い層への貸出しが中心になる為、中堅消費者金融の審査では、

・居住・勤続年数
・他社借入件数
・自営業者への貸出し
・独居者への貸出し

などの属性審査は、従来よりもかえって厳しくなっています。

要するに、“自己破産・債務整理などの過去金融事故者を査対象とするかわり、属性審査は厳しくなっている”ということです。


【大手消費者金融の特徴】



その逆に大手消費者金融の審査では、自己破産、債務整理をした方への融資にはあまり積極的ではありません。
しかし、属性審査に関しては、

・自営業者、独居者に対しても審査対象
・居住・勤続年数も1年未満でも審査対象

とかえって中堅消費者金融よりも、基準が甘くなっている場合もありえます。

要するに、“自己破産・債務整理などの過去金融事故者への審査は厳しいが、属性審査はかえって中堅消費者金融よりも甘い場合がある”ということです。



このように、中小、大手それぞれに審査の特徴がありますから、

・自己破産・債務整理など、過去金融事故の経験がある方は、中堅消費者金融

・年齢が若く、属性に自身が無い方は、大手消費者金融

と使い分けて申込みをすることをおすすめします。





大手への申込者は、圧倒的に、キャッシング経験が少ない人なので、「性善説」が通用するんだ。
だから、属性審査はあまり厳しくない。

大手で利用出来なくなった人からの申込みが多い、中小では、「性悪説」で審査をします。
だから、属性審査は厳しくなる。





【ライフティへの申込みはこちらの公式HPからどうぞ!!】


ライフティの完全攻略サイトはこちらをクリック!
ライフティ広完全攻略


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。



※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融


 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

メールマガジンの配信を開始しました!

メールマガジン登録フォーム
名前 (姓)  (名)
メールアドレス 必須
銀行カードローン比較

キャンペーン中の会社は狙い目です!

キャッシング情報局
≪キャンペーン中の会社は狙い目です!≫

YUKA150701558664_TP_V4.jpg



消費者金融のキャッシングの審査基準は、時期によって常に変化しています。

・消費者金融会社の経営状況

・キャンペーン期間

などの理由で、審査は甘くなったり厳しくなったりします。

今まで、高い承認率で貸出を行っていた会社が、急に貸出しを抑えるようになる事はめずらしくないことです。

不良債権の割合や、資金調達状況の影響を受けやすい中小の消費者金融会社は特にこのようなことが、おこりやすいと言えます。

キャッシング審査を通りやすくするためには、

“その時、貸出しに力を入れている会社”に申し込むことです!


ズバリ狙い目は、

「新規会員募集」や、「新商品のスタートアップキャンペーン」などのタイミングです。

各消費者金融会社のキャンペーンなどは、今後も当サイトで紹介してゆきます。

是非、当サイトを活用して、タイムリーな会社に申し込みをしてください。





中小消費者金融の承認率は、大手と違って、かなり流動的です。
確実な可決を目指すなら、今、新規獲得に力を入れている会社に申込みをするのが一番です。

各消費者金融の旬な情報は、
今月おすすめの中堅消費者金融
審査が通る中堅消費者金融
を参考にして下さい!





※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

メールマガジンの配信を開始しました!

メールマガジン登録フォーム
名前 (姓)  (名)
メールアドレス 必須
銀行カードローン比較

債務整理後の借入について

キャッシング情報局
≪債務整理後の借入について≫

yes-3407433_640.jpg


弁護士・司法書士などに依頼して「債務整理」をすると、「指定信用情報機関」に、発生から5年間は事故情報として記録されることになります。

(詳しくはこちらの記事を参照)


通常、この5年間は、新たな消費者金融会社からの借入は困難になります。(大手は特に)

しかし、最近は、中堅消費者金融会社の中には、「債務整理」した方も審査対象にしている会社もあります。 


≪債務整理でも審査が通る。借入しやすい会社はこちら!≫



また近年は、いわゆる“多重債務による支払い困難”で債務整理をする方だけでなく、“過払い返還目的”で債務整理をする方も多く、単純に、

『債務整理をした方』=『返済困難な多重債務者』という図式が成り立たない場合も多いのです。

また、債務整理によって、それ以前の借入が整理されている人に融資をする方が、今現在、多重債務の人に融資をするよりもリスクが低と言えます。

このように債務整理をした方も、融資をする正規登録会社は存在しますから、決して『ヤミ金融』への申し込みはしないようにしてください。 

最近「債務整理後の融資」というキーワードで当ブログに来られる方も多いので、「債務整理後の融資」についてもう少し追記しておきます。

※債務整理をしたことはアピールすべきです!
前述したように、債務整理後の申込みの評価は意外に高いものになっており、現在は、多くの消費者金融会社が審査対象にしています。
債務整理をして負債がクリアされていることは、今や、プラス評価の要因になっています。

しかし、肝心なのは、債務整理をしているかどうか、消費者金融側が正しく判断できるかどうかです。
通常、消費者金融会社は、債務整理をしているかどうか、指定信用情報機関の情報によって判断しています。

しかし、指定信用情報機関の情報は、更新漏れなども多く、債務整理をして既に完済済でも、情報上は、まだ負債が残っているように表示されている場合もあります。

指定信用情報機関の情報だけでは、債務整理をしている審査対象者か、長期の延滞者か判断しにくい場合も多く、中には、誤って否決になっているケースもあると思われます。

このような誤審査を防ぐためにも、債務整理をした方は、申込みをする時に、そのことを是非、アピールして下さい。







セントラルの完全攻略サイトはこちらをクリック!
完全攻略!セントラル


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。



※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融




 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

メールマガジンの配信を開始しました!

メールマガジン登録フォーム
名前 (姓)  (名)
メールアドレス 必須
銀行カードローン比較

自己破産後の借入につて

キャッシング情報局
≪自己破産後の借入について≫

bubble-1606890_640.jpg


10年ほど前の消費者金融業界では、中堅とよばれる会社でも、自己破産経験がある方への融資をする会社はほとんどありませんでした。

自己破産経験者の中には、正規登録会社からの利用ができないため、やむなく『ヤミ金融』に手を出す方も多く見受けられました。

しかし、最近は正規登録会社の中にも『自己破産経験者』を審査対象にしている会社が多くなってきました。

他社での借り入れが5件以上あるような『多重債務者』の方に新たに貸付を行うよりは、自己破産をしたことで、それ以前の借金が無くなっている方へ融資したほうが、リスクが低いと判断した結果です。

また、
“総負債額が年収の3分1を超える貸付は違法です”(例外・除外はあります)が、
“自己破産した方へ貸付することは違法ではありません。”

もちろん自己破産した方に、再び借入を増やすようにすすめているわけではありませんが、現在、正規登録会社の利率は、銀行・信販のキャッシングの利率と変わりません。 

自己破産をした方も、安心・安全な正規登録会社から計画的に利用をして、絶対に『ヤミ金融』には手を出さないように注意してください。


最近「自己破産後の融資」というキーワードで当ブログに来られる方も多いので、「自己破産後の融資」についてもう少し追記しておきます。

ここに記しましたように、近年、中堅クラスの消費者金融会社の中でも、過去に自己破産や債務整理をした方に対しても融資を行う会社が増えてきています。
また、積極融資を展開している会社ほど、そのような傾向にあると言えます。

現在では、むしろ中堅クラスの消費者金融会社の市場は、自己破産や債務整理をして、過去の負債がクリアされた方の奪い合いになってきています。

申込み者はこの点を踏まえて、むしろ自己破産、債務整理経験があることを積極的にアピールした方が良いでしょう。
中堅消費者金融会社の審査担当は、大手と違い、現在どこからも借入がないような、いわゆる「ホワイト」の申込み者の審査には慣れていません。

指定信用情報機関を照会して、どこからも借入した形跡がないと、かえって疑ってかかります。(指定信用情報機関に該当がない人は、不審なので否決としている会社もあるくらいです。)
完済日から5年経過すれば、指定信用情報機関の情報からは、抹消されることになっているので、過去の破産情報も消去されているはずです。(しかし、中には情報の抹消漏れも多く見受けられるので、必ず抹消されているとは限りませんが、)

このように、自己破産や債務整理をした方が中堅消費者金融会社に申込みをする場合は、変に不信感を持たれないように、自己破産や債務整理をしたことは、強くアピールして下さい。
いまどきの中堅消費者金融の審査では、そのことがマイナス効果になることはまずあり得ません。







プランの完全攻略サイトはこちらをクリック!
消費者金融プラン 完全攻略!


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。



※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融



 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

メールマガジンの配信を開始しました!

メールマガジン登録フォーム
名前 (姓)  (名)
メールアドレス 必須
銀行カードローン比較

消費者金融比較サイトの嘘

キャッシング情報局
≪消費者金融比較サイトの嘘≫

ecstatic-2821540_640.png

現在、インターネット上は、多種多様な「消費者金融比較サイト」があふれていますが、中にはかなり怪しいものだったり、いいかげんな記事のものも見受けられます。

「審査が甘い」、「審査が通りやすい」などのタイトルなのに、結局紹介する会社が、大手銀行系だったりするサイトも多くあります。
しかし正直、大手消費者金融の審査は甘くありません! 

なぜこのようなキーワードで探しているのに大手消費者金融を紹介するサイトが出てきてしまうのでしょうか。
これは「審査が甘い」、「審査が通りやすい」といったキーワードをタイトルに盛り込むことによって、ユーザーを広告を並べている比較サイトへ誘導しようとしている、質の悪い宣伝手法です。

審査に通過する見込みもないのに、これらの比較サイトの大手消費者金融に申し込んだら、信用情報機関に照会されるので、過去6カ月分の申込した記録は信用情報に残ることになります。

照会件数が増えると、いわゆる「申込みブラック」という状態になり、その後、申込みをした会社でますます審査が通りにくくなってしまう可能性があります。
借入できる見込みが無い会社に駄目もとでやたら申し込むのは得策ではありません。 

もちろん初めて消費者金融を利用される方は、大手への申込みからでOKですが、借入件数が既に2社以上有る方は、なかなか大手での借入は厳しいかもしれません。

比較サイトを利用する場合、自分の置かれた状況にマッチした消費者金融を比べることが出来るサイトかどうか気をつけなければいけません。

口コミを探したいのなら別ですが、「審査が甘い」、「審査が通りやすい」などのキーワードでユーザーを集めようとしている比較サイトはろくなものがありません。

比較サイトの「審査が甘い」という言葉に惑わされ、やたら申込みの数が増えないように注意してください


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。



※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融



 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

メールマガジンの配信を開始しました!

メールマガジン登録フォーム
名前 (姓)  (名)
メールアドレス 必須
銀行カードローン比較

中堅の消費者金融会社を上手に利用する!

キャッシング情報局
≪中堅の消費者金融会社を上手に利用する!≫

money-2897323_640.png


現在、インターネット上では、「審査が甘い消費者金融」、「借入できる消費者金融」などのサイトが数多く見受けられます。

しかしその中には、“審査の甘い会社”として、大手消費者金融会社を紹介しているサイトも見受けられます。

審査が甘いというと、誰にでも融資をしているような印象を持たれる人も多いと思いますが、初めて利用される方ならともかく、既に他社で利用がある方にとっては、大手消費者金融の審査は、決して甘いものではありません。

実際には、

・既に2社以上、他社で借入先が有る方

・過去に金融事故の有る方(破産・債務整理・延滞など)

などは大手消費者金融での利用が困難となる可能性は高いと言えます。

確かに大手消費者金融会社は、全国に店舗・ATMも有り、また無利息期間などのサービスも充実しているので、非常に便利でおすすめです。

しかし、どんなに便利でも、借入できなければどうしようもありません。

現在、積極融資中の中堅消費者金融会社は、このような大手消費者金融会社が融資をしない方も、審査対象としている場合が多く、またサービス面も大手に迫る会社も多く見受けられます。

また、利率だけをみれば、大手も中堅消費者金融会社もほとんど差は無いと言えます!

これからは優良な中堅消費者金融会社を上手に利用することが、ポイントになると思います。



※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。



※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融




 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

メールマガジンの配信を開始しました!

メールマガジン登録フォーム
名前 (姓)  (名)
メールアドレス 必須
銀行カードローン比較

いそがしい方は、ネット申込での「即日融資」がおすすめ!

キャッシング情報局
≪いそがしい方は、ネット申込での「即日融資」がおすすめ!≫


speedometer-653256_640.jpg


消費者金融での借入の申込みは、主に次のような方法があります。

①店頭(無人契約機)に出向く→お金は手渡し

②電話で申込む →お金は銀行振り込み

③ネットで申込む→お金は銀行振り込み<

中でもネットでの申込みは、都合のよい時にパソコン・スマートフォン・ガラケーから申込できますので、いそがしい方にはお薦めです。

※用意する書類は、会社によって多少の違いはありますが,身分証明書・年収証明が一般的です。


その後、審査がOKとなれば、契約書を郵送で交わした後に融資金が振込みされるのが一般的ですが、中には、“契約書を取り交わす前に融資金を振込してくれる会社もあります。
タイミングがあえば、申込みをした当日に融資を受けることも可能なので、このような、対応のことを、いわゆる「即日融資」と呼んでいます。

書類を取り交わしてからの融資は、郵送の関係上、1週間ほどかかってしまうこともあります。
早めの融資を希望するなら「即日融資」対応の会社に申込みをした方が良いでしょう。

※追記
この記事を書いた当時は、即日融資に対応していない中小消費者金融も多くありましたが、2018年6月現在では、ほとんどの会社が、即日融資に対応しています。






中小消費者金融で言うところの「即日融資」とは、「契約書類を取り交わす前に振込み融資が可能」ということで、必ずしも、申込みをしたその日に融資が受かられる保証はありません。
ここのところは注意が必要です。





※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

メールマガジンの配信を開始しました!

メールマガジン登録フォーム
名前 (姓)  (名)
メールアドレス 必須
銀行カードローン比較

無料仮審査を利用するメリット・デメリット

キャッシング情報局
≪無料仮審査を利用するメリット・デメリット≫

cancanIMGL1583_TP_V4.jpg


「無料仮審査」とは、実際に融資申込をする前に事前仮審査を行い、利用可能な金融会社を紹介するサービスのことです。

(加盟している金融会社が、無料審査サービス会社に融資可能かどうか審査するための条件を事前に設定しています。
この条件と、利用者が入力する内容を自動的に照らし合わせ、マッチングした金融会社を審査結果として表示しています。
条件は金融企業によって定期的に変更されるため、その瞬間に最適な会社を選ぶ事が可能なサービスです)

また無料仮審査を利用するメリットとしては

・匿名で審査可能

・借りれるかどうかわからない複数の会社に無駄な申込をしなくても良い

などがあげれます。

現在の法律では、消費者金融が審査をするには「指定信用情報機関」を利用することが義務付けられています。
また「指定信用情報機関」に問い合わせされた履歴は、その後、6ヶ月間残ることになります。

あまりに短期間に問い合わせ履歴が集中していることは、与信判断の信用を低下させることにも繋がるので、無駄な申込みは極力避けるべきなのです。

ただし、「無料仮審査」はデメリットもあります。
現在、「無料仮審査」を名乗っている会社には、いわゆる紹介屋と思われる会社も多くあります。

このような会社は個人情報の収集を目的としており、それを基に、詐欺でお金をだまし取ることが目的です。

インターネット上には、このような悪質な会社が数多く見受けられますので、要注意です!


HP上に、加盟している貸金業者を開示していない、「無料仮審査サービス」には注意して下さい!




「無料仮審査サービス」を利用することは、紹介屋被害にあうリスクも高く、当サイトでは推奨していません。
借入れ先をお探しなら、当サイトの、

今月おすすめの中堅消費者金融

審査が通る中堅消費者金融

を参考にして下さい。





※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

メールマガジンの配信を開始しました!

メールマガジン登録フォーム
名前 (姓)  (名)
メールアドレス 必須
銀行カードローン比較

無料借入先紹介サイトを利用するメリット・デメリット

キャッシング情報局
≪無料借入先紹介サイトを利用するメリット・デメリット≫


phishing-3390518_640.jpg


【無料借入紹介サイトとは】

現在、インターネット上には、いくつかの「無料借入先紹介サイト」が見受けられます。

借入先を自力で探して申込み、断られるという作業を何度も繰り返すのは結構なストレスなので、「無料借入先紹介サイト」で、借入れ診断をしてから、審査が通過しそうな会社に申込みをするという仕組みです。

もちろん、消費者金融と提携していないとこのようなことは出来ないので、「無料借入先紹介サイト」には、提携している消費者金融の一覧が掲示されているのが普通です。


【無料借入先紹介サイトのメリット】

●借入れ診断があり、目安になる
「無料借入先紹介サイト」には、一応、借入れ診断があります。
そこで診断を行い、貴方にあった借入れ先を紹介するというスタンスです。

利用者にとっては、数ある消費者金融からどこに申込みをするのか、一応の目安にはなります。
但し、これは消費者金融の正式な審査ではないので、この診断が通たらといって可決になるという保証は有りません。

実際、「無料借入先紹介サイト」を利用するメリットはそのくらいしかありません。


【無料借入先紹介サイトのデメリット】

逆に「無料借入先紹介サイト」には大きなデメリットがあります。

●「紹介屋」が混在している
現在、「無料借入先紹介サイト」を名乗っている会社には、いわゆる「紹介屋」と思われる会社が混在しているということです。

このような会社は個人情報の収集を目的としており、その情報を基に、詐欺でお金をだまし取ることが目的です。

ちゃんとした、「無料借入先紹介サイト」なのか、悪質な「紹介屋」なのかは、なかなか素人の方では見分けがつきません。


【結論】

このようなことを踏まえて、当サイトでは、「無料借入先紹介サイト」の利用はおすすめしていません。

大したメリットがないのに、「紹介屋」や詐欺の被害にあう危険性がかなり高いからです!

どこに申込みをしていいのかわからない人は、当サイトの審査が通る中堅消費者金融を、情報収集に役立てて下さい。

申込みは「無料借入先紹介サイト」を経由せず、各消費者金融の公式HPから行うことをおすすめします。

※2018年6月加筆修正





「無料借入先紹介サイト」の借入れ診断は、各消費者金融はの審査基準にいちいち合わせて作成しているわけではないので、はっきり言って精度は高くありません!
申込者の選択を絞ってあげて、申込みをしやすくしているだけです。

それよりも、「紹介屋」など詐欺サイトの被害にあうリスクの方が高いんだ!





※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

メールマガジンの配信を開始しました!

メールマガジン登録フォーム
名前 (姓)  (名)
メールアドレス 必須
銀行カードローン比較
申込む前には必ずチェック!!
借りれる中小消費者金融

完全攻略!セントラル

消費者金融プラン 完全攻略!

アロー完全攻略

ライフティ広完全攻略

bnr_fukuho.jpg

bnr_uny.jpg
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファイナンス
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
金融論
2位
アクセスランキングを見る>>
ようこそ
RSSリンクの表示
最新記事
 リンク
検索フォーム
全記事表示リンク
プロフィール

kintaro

Author:kintaro
消費者金融をはじめ、金融業界の有益な情報を提供しています。

「初めての借入から破産・債務整理・総量規制下での借入まで」幅広く情報提供していきます。

あなたのキャッシングにきっと役立ちます!!!

カテゴリ
QRコード
QR
問い合わせ

キャッシングに関する“疑問”“相談”お送りください。 わかる範囲でブログで回答させていただきます。

名前:
メール:
件名:
本文:

免責事項
当ブログの情報は、一部のサービスを除き、無料で提供されています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。 当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。 当ブログが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。