キャッシング情報局

消費者金融業務経験者へのインタビュー

  1. 消費者金融業務経験者へのインタビュー (自己破産・債務整理編)
  2. 消費者金融業務経験者へのインタビュー (審査編)

| |

銀行カードローン比較

消費者金融業務経験者へのインタビュー (自己破産・債務整理編)

キャッシング情報局

消費者金融業務経験者へのインタビュー-(自己破産・債務整理編)




過去に自己破産や債務整理をした方でも審査対象としている中堅クラスの消費者金融は多数存在します。
このような貸付け方法は、昔からありましたが、ここまで一般的になったのは、貸金業法改正後からでしょう。
このため、世間ではまだまだ、誤解されている部分も多くあるようです。
そこで、今回は、自己破産、債務整理後の借入れについて、中堅消費者金融での勤務経験者へのインタビューを紹介させていただきます。
現場経験者の話の中から何か掴めるものがあるかもしれません。

【自己破産後の申込みポイント】




筆者:自己破産の申込みについては、当サイト上で何度か特集したことがあります。
概ね以下のようなことをポイントにしています。
自己破産したことをアピールする
免責確定から半年ほどは空けて申込みをする
信用情報を開示し整理してから申込みをする
これ以外に何かアドバイスはありますか?







Tさん:自己破産をした後、最初の1件目は特に重要ですね。
最初の1件が通過するかどうかで、その後、借入れが順調に出来るようになるか、出来なくなるのか変わってくることもあります。







筆者;具体的にはどういうことですか?







Tさん:中堅クラスの消費者金融が審査で参考にしているのは、「返済実績」です。
自己破産をしてから、まだ、どこも利用していない人よりも、どこか利用していて、そこで正常に取引がされている人の方が、自分のところでも融資しやすいよね。
だから、最初の1件目の審査は、実は一番ハードルが高い。







Yさん;それは確かにあります。
どこからも利用がない、金融事故者が、何社も否決されていたら、「実は、何か隠しているのでは」と勘繰ってしまいます。
逆に、貸出ししている業者があって、そこで、遅れなく支払い出来ていれば、安心して融資しやすいということはありそうです。







Tさん:1件通ればその後3件くらいまでは順調に審査が通過する可能性が高いですね。
さすがに立て続け4件目となると、やや厳しくなってくるかもしれません。







筆者:自己破産は大手や銀行では取り扱いしませんか?







Tさん:具体的な社名は控えますが、今までは、大手でも銀行でも取り扱いしてましたよ。
特に、地方銀行は積極的の融資していた印象があります。
ただ、銀行は、最近、過剰融資と言われて、叩かれているから、今後も積極融資を続けていけるかは不明です。







Yさん;確かに、今後、銀行カードローンの融資スタイルがどう変わってくるかによって、自己破産者への貸付けも大きく変化するかもしれません。現在は動向を見守るしかありません。




【債務整理後の申込みポイント】




筆者:債務整理の申込みについては、
①自己破産と同じく債務整理したことをアピールする
②自己破産と同じく信用情報を開示し整理する
和解してから申込みをする
といったことをポイントに記事を書いてきました。
これ以外にアドバイスはありますか?







Tさん:最初の1件目が重要なのは自己破産と同じ。
あと補足すると、債務整理の方が、自己破産より複雑で、わかりにくいので、状況を上手に伝えることが必要ですね。
債務整理中の方の審査は、信用情報の内容だけでは、審査担当もなかなか判断できないはずです。
申込みフォームの備考欄を駆使するなどして、現在の状況を伝えて下さい。







Yさん:和解して返済開始はじめてから、半年は空けた方が無難です。
少なくとも3カ月以上は空けて、そもそも和解内容の支払いがきちんと出来ているかは見定めたうえでないと可決は出しづらいです。
あと、自己破産みたいに、立て続けに可決は出にくいかもしれませんね。




自己破産も債務整理も重要なのは、その後の「返済実績」ということでしょうか。
そのためには、最初の1件目を通過させることがかなり重要なポイントです。
当サイトの各記事を参考に、可決を目指して下さい

※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 




サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較

消費者金融業務経験者へのインタビュー (審査編)

キャッシング情報局

消費者金融業務経験者へのインタビュー (審査編)




当サイトでは、キャッシングについて幅広い情報提供をするため、管理人自身の金融知識だけでなく、消費者金融業務の経験者へ取材やライティング依頼をすることがあります。
今回は、そんなインタビューのひとコマを紹介したいと思います。
スペースの都合上、割愛したり、要約した箇所もありますが、内容に関しては出来る限りそのままの形で伝えることにしました。
取材相手は、中堅消費者金融での勤務経験者2名です。
尚、今回紹介する内容は、「中堅消費者金融の審査基準」について限定しています。




筆者:中堅消費者金融は柔軟と聞きますが、具体的にどこまでの内容に融資していましたか。
具体的に教えて下さい。







Tさん:分かりやすいところでは、自己破産免責確定、債務整理和解済はOKですね。
あと、「延滞事故」もショッピングはOKとしていました。







Yさん:ほぼ同じですが、「延滞事故」に関しては、キャッシングで発生していても、10年以上経過していれば審査対象としていました。




※延滞事故:入金予定日から3カ月以上入金されないと、指定信用情報機関(JICC)に「コード21」という異動情報が発生すること。





筆者:3カ月未満の延滞についての取り扱いはどうですか。







Tさん:異動情報が出ていなくても、延滞に関しては厳しく見ていましたね。
現在延滞中はもちろん、半年以内に10日以上の延滞が有る場合はNGですかね。







Yさん:延滞回数とのバランスでしょうか。信用情報で、1年以上の返済経歴が確認出来ていれば、10日以上の延滞があっても可決にする時があります。
場合によっては、20日以上もありましたが、それは、1年前に1回だけ遅れて後の支払いは遅れていないといった特殊なケースです。
基本的には、ウチも返済遅れについては厳しめだったと思います。








筆者:絶対に無理というのはどのような内容ですか?







Tさん:まず、総量規制オーバーは絶対NG。
信用情報で見れば、現在延滞中、延滞事故(コード21)、債権回収(コード31)の事故情報はNG。
属性では、専業主婦もNG。
あと、ちょっと忘れましたが、
・何人暮らしか
・家賃住宅ローンの支払いがあるか
などで生活維持費を算出して、世帯の年収がその金額以下の場合もNGでしたね。







Yさん:確かに直近での、延滞事故や債権回収の事故情報は無理です。
あと、二十歳そこそこなのに借入れ件数が多い人(借入れが急激に増加している人)とか、独身一人暮らしで居住も勤続も3カ月未満などの人(居住、勤務先が安定していない人)は否決でした。








筆者:世間では「無審査」のようにも思われている節もありますが、意外に審査は厳しい印象があります。







Tさん:中堅消費者金融の審査はある意味では大手よりも基準が厳しい面もあるかも。
大手は、善良な一般人の利用者が中心だけど、中小はどうしても、多重債務者や自己破産、債務整理経験者など、「訳あり」の人からの申込みが多いから、その辺りはしかたがないですね。







Yさん:ポイントは、「延滞」です。
結構な負債額でも、「延滞」していなければ、総量規制の範囲内なら可決になる可能性が高いと思います。








筆者:中堅消費者金融の承認率が大手と比較して、上下しやすいのは何が原因ですか。







Tさん:営業目標数値との関連ではないかな。
目標数字に届かない時は、決裁者の判断もブレることがあったような気がするね。意識的に可決を増やしていたんじゃないかな。
年度末なんかは、年間目標との兼ね合いもあるから、高くなるんじゃないかな。







Yさん:大手と違うのは、人手やシステムが安定していないことです。
中小業者は人手不足などで、比較的、処理能力が低い時期もあります。そんな時期と、繁忙期などで申込件数が増える時期が重なると、どうしても承認率が下がる傾向はあります。




このような取材からも、中堅消費者金融の審査の実態というものが多少でもかいま見えてこないでしょうか。
また、取材は、審査以外にも多岐にわたって行っているので、また次の機会に報告させていただこうと思います。


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 



サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファイナンス
9位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
金融論
4位
アクセスランキングを見る>>
ようこそ
RSSリンクの表示
最新記事
 
検索フォーム
全記事表示リンク
プロフィール

kintaro

Author:kintaro
消費者金融をはじめ、金融業界の有益な情報を提供しています。

「初めての借入から破産・債務整理・総量規制下での借入まで」幅広く情報提供していきます。

あなたのキャッシングにきっと役立ちます!!!

カテゴリ
QRコード
QR
問い合わせ

キャッシングに関する“疑問”“相談”お送りください。 わかる範囲でブログで回答させていただきます。

名前:
メール:
件名:
本文:

免責事項
当ブログの情報は、一部のサービスを除き、無料で提供されています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。 当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。 当ブログが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。