FC2ブログ

お金を借りる案内所

kintaro

お金を借りる案内所では、初めての消費者金融での借り入れから破産・債務整理後・総量規制下での借り入れを詳しく解説しています。借り入れの際にきっと役に立つ情報がたくさんあります。ぜひ一読してください。

消費者金融業界の裏話

消費者金融のありえへん話!

≪消費者金融のありえへん話!≫消費者金融を利用している方にインタビューをしていると、皆さん、取引している中で、「ちょっとこれありえへんやろ!」って思った出来事がちょいちょいあるようです。今回は、そんな話の中からいくつかを紹介したいと思います。今思えば、私も現役の時は、ありえへんことをやっていたかもとしれんなあ~。※ケース①ある消費者金融から、増額融資の営業電話がかかってきました。最初は、必要ないと思っ...

≪キャッシングエイワの伝説!?≫当サイトでは中堅消費者金融について、かなり突っ込んだレポートをしてきましたが、あえて、これまで紹介を避けていた、会社があります。それがキャッシングエイワです。実はこのエイワ、業界ではその名を知らない人はいないほど超有名な会社です。それは、業歴の長い老舗業者だということもありますが、とにかくこの会社の営業スタイルが独特で、業界でも「異端」の部類になっているからでしょう。...

≪元社員が語る、いまどきの消費者金融マンの特徴≫ひと昔前までは、見た目でその人の職業がわかったものです。例えば、大工さん、とび職、建築は、ハッピやニッカポッカ銀行員は、眼鏡に七三分けの髪型刑事の張り込みは作業ジャンパーといった具合に、どの職業の人も、だいたいひとめで、それとわかる格好をしていたものでした。しかし、最近は、すっかり世の中の傾向は変わってしまい、ヤクザのような素人もいれば、素人のようなヤ...

消費者金融業界の裏話

同業者への貸付けはアリか

≪同業者への貸付けはアリか≫【同業者貸付けはNGの会社も多かった】ごくたまに、同業他社の消費者金融の従業員が、キャッシングの申込みをしてくることがあります。ひと昔前は、同業他社への貸付けをNGとしている会社も多かったのですが、最近では、審査対象としている会社も増えてきました。これまで各社が同業者への貸付けをNGとしてきたことに正当な理由は何もありません。せいぜい、手の内を知っているから、いろいろと誤魔化し...

≪今だから話せる消費者金融裏話≫今でこそ多くの企業には「コンプライアンス重視」の考えが根付いてきていますが、実際、そのような考えが世間に広まってきたのは、ここ10年、15年のことではないでしょうか。つい20年ほど前までは、「コンプライアンス」なんて言葉を聞いたことがない人が大半だったと思います。これは企業に限らず、世の中全体の風潮が、鷹揚というか、牧歌的な時代だったように思います。例えば、「飲酒運転」、「...

≪キャッシングにおける知人紹介の評価≫当然のことですが、消費者金融を営業していても、全く宣伝をしなければ、申込みは発生しません。どうするにしても、まずは申込みがなければ、はじまらないので。有効な広告媒体を確保することは、消費者金融にとっては、ある意味、生命線となります。もちろん経費も限られているので、より安い単価で優良客の獲得をすることが必要です。どこの会社でも、「1顧客あたりの獲得単価」くらいは計...

≪消費者金融利用者の大半は繰り上げ一括完済≫消費者金融の返済は多くの場合、月々の分割払いになります。また、その返済期間は貸金業協会の自主規制ルールによって、原則3年以内とされています。(極度額が30万円を超える場合は5年以内。また、極度額が100万円を超える場合は返済能力などの事情にかんがみ合理的な理由があればこの限りでないとされています。)このため、基本的に借入れ後、一度も途中追加をせずに最低分割金を支...

≪消費者金融CMの今後の展開について≫かつて、大手消費者金融会社はテレビCMに力を入れていた時期があり、各社の工夫を凝らしたCMに見覚えのある方も多いと思います。(アイフルのチワワCMが一世風靡していたことも記憶に新しいと思います。)しかし、多重債務問題が社会現象化してきた2006年4月からテレビCMは自主規制を強化する方向となり、ゴールデンタイムの放送からは完全に姿を消しました。消費者金融のテレビCMは規制も...

≪外国の方のキャッシングについて≫【基本的には外国人でも受付しています】外国人の方が消費者金融などにキャッシングの申込みをしても審査可能なのでしょうか。一般的には、在留カードや特別永住者証明書(外国人登録証明書)が発行されているような、いわゆる「在日」の方や「中長期在留者」の申込みは受付しているとされています。(実際、各社の公式ホームページの「お申し込みに必要な書類」などの項目には、本人確認書類とし...

≪日本貸金業協会の加入率が上がらない理由≫①日本貸金業協会の役割貸金業界の自主規制機関として日本貸金業協会があります。その主な活動は下記のようになっています。・自主規制基本規則の制定・相談対応、苦情処理、紛争解決・会員への監査の実施日本貸金業協会はこのような活動を通して、資金需要者の保護や貸金業者の適正化に努めているとされています。②日本貸金業協会の加入率しかし、日本貸金業協会への加入率は平成26年3月...

≪二大指定信用情報機関の勢力争い!?≫現在、貸金業の指定信用情報機関には、・株式会社日本信用情報機構(以下JICC)・株式会社シー・アイ・シー(以下CIC)の2つの情報機関が存在します。この2つの情報機関は提携関係にあり、互いに情報交流を行っているなど協力関係にあります。ただしこの二大組織は、ライバル関係にあって決して友好的な関係でないのはご存知でしたか。今回は、知る人ぞ知る、完全な裏話。本来、CICに加盟し...

≪中小消費者金融は閉鎖的で独自路線!≫【中小消費者金融は秘密主義!?】中小消費者金融の特徴のひとつに、“閉鎖的で独自路線”ということがあります。ちなみに中小消費者金融同士は、ほとんど付き合いがなく、同業他社のことについては、全くといってよいほわかっていない会社がほとんどです。そもそも同業者で情報交換、意見交換などをするような場もありません。(かつては、各都道府県に貸金業協会が設置されており、それぞれ独...