FC2ブログ

お金を借りる案内所

kintaro

お金を借りる案内所では、初めての消費者金融での借り入れから破産・債務整理後・総量規制下での借り入れを詳しく解説しています。借り入れの際にきっと役に立つ情報がたくさんあります。ぜひ一読してください。

借入の審査

行儀が悪と借りれません!

≪行儀が悪いと借りれません!≫【過剰サービスに慣れてしまった方はご用心!?】日本のサービス業は「お客様第一」という意識が強すぎるのか、消費者が過剰なサービスを要求することが当たり前のようになっています。そもそも消費者とトラブルになった際、企業側にも積極的に戦おうという意識はありません。高額な金銭を要求してくるケースであればともかく、商品代金の返金で、トラブルが収まるのであれば、それで良しとしている会...

≪各中小消費者金融の「承認率(可決率)」を発表します!!≫【審査の通りやすさは「承認率(可決率)」で見る!】「中堅消費者金融に申込みをするなら、どこに申込みをしたらいいのか?」「審査が通りやすい消費者金融はどこ?」このような質問は、当サイトに数多く寄せられています。答えは簡単で、審査の通りやすさを相対的に比較するのであれば、「承認率(可決率)」で見るしかありません!承認率(可決率)については、既に何...

借入の審査

決算前は申込みのチャンス時期!?

≪決算前は申込みのチャンス時期!?≫多くの消費者金融にとって、3月末は決算時期にあたります。この決算が迫った、2月、3月は、各中小消費者金融にとっても、ちょっと特殊な時期に入ります。ズバリ言うと、決算が迫ったこの時期は、毎年、中小消費者金融の審査基準がやや緩くなる可能性があるので、「申込みのチャンス時期」になるということです。今回はこの辺りを詳しく説明していきましょう。今回は筆者の体験に基づく裏話です...

借入の審査

一次審査の通過を勝ちとる方法!

≪一次審査の通過を勝ちとる方法!≫中小消費者金融は、審査を「一次審査」と「二次審査」の二段階審査としているところがほとんどです。全ての申込者を、最初から最後まで審査するのは大変なので、まず、「一次審査」で、ふるいにかけて、残った人を「二次審査」で細かく審査するイメージです。可決を目指すのであれば、なんとかしてこの「一次審査」を通過しないと話になりません。まずは、一次審査を通過しなければ話になりません...

≪「借入希望金額」の入力で審査結果が変わるかも!?≫消費者金融に申込みをする時には、どこの会社でも、必ず、「借入希望金額」を確認されます。でも、この金額の入力については、ちょっと、悩んでしまう人もいるようです。例えば、・本当に希望している金額を入力するべきか?・遠慮して、希望金額よりも少な目の金額を入力すべきか?・ダメ元で、本当の希望金額よりもちょっと、多めの金額を入力すべきか?といった具合です。ま...

≪誰も教えてくれなかったカードローン審査の本音!?≫世の中には、思っていても、あまり露骨に言えない本音があります。何でも露骨に本音を語れば、世間から、「差別主義者」だの、「偏見」だのとのそしりを受けかねないからです。では、そのようなことを表に出さない人が、全く差別や偏見がないかといえば、そうではありません。ただ、表に出さないだけで、内心では、「差別」、「偏見」は持ち続けていると思います。個人がそうで...

借入の審査

キャッシング審査が通る究極の極意!

≪キャッシング審査が通る究極の極意!≫皆さんこんにちは。これまで、当サイトでは、2013年2月のサイト開設以降、「中小消費者金融の審査が通るコツ」をテーマに、様々なアドバイスを掲載してきました。これまでの記事を読んでいただいている皆さんは、審査に通るためのテクニカルな面は、もう、かなりご存知のことだと思います。今回は、そのひとつの集大成として、中小消費者金融のキャッシング審査が通る究極の極意をお伝えしよ...

≪銀行カードローンの借入れが審査の最重要ポイント!≫昨年ごろから、「銀行カードローン」が過剰融資との批判を受けて、各銀行は自主ルールで審査基準を変えてきています。大手メガバンクを中心に、「消費者金融、銀行に関わらず、カードローンの借入れ額は年収の2分の1まで」というのがひとつの目安になっているようです。いまのところ、この基準は地銀などには浸透しきれていませんが、いずれこの基準が主流になってくるでしょう...

≪ショック!最終審査で否決になった!!の完全対策マニュアル≫中小消費者金融の口コミを見ていると、意外にも、「一次審査が通過して、カウンセリングも終わったのに、最終的に否決だった!」「身分証も提出して、あれこれ聞かれたあげく否決だった。個人情報を収集してるだけ。」「時間の無駄だった!否決なら最初から断ればいいのに。」といったコメントがけっこう目立ちます。確かに、キャッシングの申込みをして、最初から否決...

≪そういえば、最近、自己破産の人にしか貸してなくね?≫※注意:この記事は自己破産者や債務整理経験者への借入れを助長するものではありません。記事全文を読んでいただければご理解いただけると思います。「そういえば、最近、ウチの会社って、自己破産の人にしか貸してなくね?」これは、当サイトのインタビューで出た、ある中小消費者金融社員のつぶやきですが、面白かったので、記事のタイトルにもさせていただきました。当サ...

借入の審査

親族情報は伝えていいの?

≪親族情報は伝えていいの?≫中小消費者金融には、審査にカウンセリングを導入して、申込者との直接対話を重視している会社が多くあります。これは、申込みフォームの入力内容だけでは、うかがい知れない、生活状況の詳細を確認するためです。しかし、このカウンセリングでは、場合によっては、自身の生活状況についてだけでなく、実家や別居親族など、かなりプライベートなことについてまで確認されることもあります。こんな時、素...

≪カウンセリングで高額融資を決める㊙テクニック!≫現在、中小消費者金融の多くは、審査の中で「カウンセリング」と称して、申込者と直接対話する手法を採用しています。これは、一応、申込みフォームに記載してある内容以外の生活状況の詳細を確認するのが目的とされています。しかし、「カウンセリングなんて面倒くさいなあ」と侮ってはいけません。このカウンセリングの結果次第では思わぬ高額融資が決まることもあるからです。...

≪キャッシング審査に落ちる本当の理由は?≫消費者金融に申込みをして、否決となった場合、その理由は気になるところです。理由が分からなければ、対応のしようもないので、次に新たな会社に申込みをしても、また否決になるのではと不安に思われる方もいると思います。他社延滞中や、総量規制オーバーなど、理由が明確な場合は、わかりやすいのですが、その他は、否決となった理由がよくわからないこともあります。しかし、通常、否...

≪業務経験者が語る消費者金融の審査手法!≫消費者金融の審査は具体的にどのように行われているのでしょうか。当サイトでは、これまで数多くの、消費者金融業務経験者へのインタビューや取材を実施しており、その中で、消費者金融の審査手法についても情報収集してきました。もちろん、各消費者金融によって審査基準の違いはありますが、大まかな審査の流れについては、実はどの会社もほぼ違いはありません。今回は、中堅消費者金融...

≪キャッシング審査に「泣き言」はご法度です≫キャッシングの申込みをする際、申込みフォームの「備考欄」などに、「泣き言」を書いて申込みをしてくる人がたまにいます。例えば、「生活が苦しく電気代も止められそうです。どこも貸してくれません。必ず返すのでどうかお願いします。」「母の医療費の支払いが出来ず困っています。お願いします。どうぞお金を貸してください。」といった類の内容です。筆者もかつて現役で審査をして...

≪キャッシング審査が通りにくい職業って何?≫消費者金融には全国から様々な職業の人が申込みしてきます。自営業者、中小企業勤務者、大企業勤務者、公務員、水商売などなど様々です。もちろんどんな職業であっても貴賤はありませんし、反社会的なことでなければ、キャッシング審査でも職業で差別されるようなことがあってはありません。第一、一生懸命に働いている人に対して失礼です。このように建前で言ってしまえば話は終わって...

借入の審査

延滞していても審査が通るケース

≪延滞していても審査が通るケース≫当サイトでは、「現在、他社の支払いが延滞中」の方は、原則、キャッシング審査には通りませんと繰り返し解説してきました。また、現在、延滞中ではなくても、指定信用情報機関に「延滞」や「延滞解消」の事故情報が掲載されていれば、審査は通りにくくなります。(指定信用情報機関の㈱日本信用情報機構(JICC)では、入金予定日から3カ月以上、入金がなければ、「延滞」の事故情報が掲載されま...

借入の審査

自己破産・債務整理の申込みの注意事項

≪自己破産・債務整理の申込みの注意事項≫最近の中堅消費者金融は、「過去に自己破産や債務整理をした方」の審査はもはやマストになっています。中堅消費者金融は、大手と違い、初めてキャッシングを利用する申込者はほとんどいませんし、それほど属性の良い申込みも期待出来ません。この層の申込みを嫌っていては、正直、商売にならないといったところでしょう。このような最近の中堅消費者金融の貸出し基準は、ネット情報などによ...

≪信用情報も照会されないで否決となってしまうケース≫消費者金融には日々多くの新規申込みがあります。大手消費者金融であればその数は、日々、数百件にもなりますし、中堅クラスの消費者金融でも、広告宣伝に力を入れている会社であれば百件前後の数になります。これだけ多くの審査を最初から最後までまともに行えば、かなりの時間とコストがかかることは容易に想像できます。しかもそれだけ時間とコストをかけて審査をしても、可...

借入の審査

連続申込みには注意

≪連続申込みには注意≫キャッシングの申込みをする人は、切羽詰まった緊急事態という場合も多く、とにかく借入れ先を見つけたい一心なのか、複数の会社にやたらと申込みをする人がいます。また、一度否決になった会社に1カ月も経たないのに、何度も申込みをして、毎回、否決になってしまう人もいますが、連続申し込みには注意してください。ダメ元という考えもあるのでしょうが、ことキャッシングに関しては、このようにしつこく申...

借入の審査

消費者金融のヒアリングについて

≪消費者金融のヒアリングについて≫大手ではあまり見られませんが、中堅クラスの消費者金融では、キャッシング審査の際、担当者から簡単なヒアリングが行われる場合があります。一般的に中堅クラスの消費者金融に申込みをする人は、「大手の審査が通過しなかった人」なので、その分、大手に比べてリスクが高くなります。このため、申込みフォームの入力内容だけではなく、実際に担当者が申込者と話をして、より詳しく生活状況を把握...

借入の審査

キャッシング審査と年収について

≪キャッシング審査と年収について≫消費者金融の審査において「年収額」は重要項目です。改正貸金業法施行後は、「総量規制」が導入されたので、そもそも年収の3分の1を超える融資は受けられません。また、申込みがあった際、審査担当者がまず確認する項目も「年収額」でしょう。では、プロの審査担当は、年収額をどのような観点で見ているのでしょうか。今回は審査担当目線で年収額について解説してゆきたいと思います。審査担当者...

≪キャッシング審査のスーパーホワイトとは≫現在の貸金業法では、消費者金融会社が返済能力調査をする場合、指定信用情報機関を利用することが義務付けられています。しかし、指定信用情報機関に照会しても、申込者に全く、クレジット、ローンの利用経歴(クレジットヒストリー)がなく、「該当なし」と結果がでることがあります。このような申込者は「スーパーホワイト」と呼ばれ、逆に、審査が通りにくくなってしまうケースもあり...

借入の審査

延滞でも借り入れできるケース

≪延滞でも借り入れできるケース≫過去に自己破産や債務整理をした方を審査対象としている中堅消費者金融は改正貸金業法施行後、増加してきています。これは、既に複数の会社から借り入れがある多重債務者へ融資するよりも、かえってリスクが低いと判断してのことで、中堅消費者金融では、現在、主流の融資方法になっています。しかし、いわゆる「延滞」に関しては、どの消費者金融の審査も厳しく、なかなか可決にはたどり着きません...

借入の審査

債務整理をした方の審査は判断しにくい

≪債務整理をした方の審査は判断しにくい≫自己破産や債務整理をした方でも審査対象としている中堅消費者金融会社は、現在、数多く存在します。改正貸金業法施行後は、総量規制の導入もあり、中小規模の消費者金融会社の貸出し層は、「多重債務者」から、「自己破産や債務整理経験者」に移ってきています。また、そのような融資をメインの貸出しとしている会社も増えてきています。「自己破産した方への融資」は、自己破産して免責決...

借入の審査

「審査が甘い」消費者金融業者とは

≪「審査が甘い」消費者金融業者とは≫インターネット上では安易に「審査が甘い」という表現を使用して、消費者金融会社の紹介をしているサイトが目立ちます。しかし、本当に信用が出来る正規登録業者で「審査が甘い」会社はあるのでしょうか。また、具体的にどのような箇所が審査上緩和されているのでしょうか。今回はこの「審査が甘い」という概念について追及してみました。「審査が甘い」ってどういうことだろう?記事を読めば理...

借入の審査

キャッシング審査に必勝法はない!?

≪キャッシング審査に必勝法はない!?≫現在、「審査が甘い」といったようなキーワードでキャッシング審査について紹介しているサイトはネット上に多数存在します。当サイトでもこれまで、キャッシング審査が通りやすくなるコツなどを多数記事にしてきました。しかし、キャッシング審査には、可決の可能性を高める方法はあっても、絶対に可決にする完全な必勝法はありません。キャッシンの申込みを検討する場合、いまいちどそのこと...

借入の審査

独り暮らしの方のキャッシングのコツ

≪独り暮らしの方のキャッシングのコツ≫【キャッシングで独り暮らしの評価は低い!】独身で独り暮らしの方はキャッシング審査での評価は高くありません。「独身」「独り暮らし」「自宅固定電話なし」「居住年数浅い」「勤続年数浅い」という条件が揃うと、正直、借入れはかなり厳しくなってしまいます。もちろんこのような条件の方でも、十分、支払能力があったり、万が一の場合に完済できる資力がある方も多くいます。しかし、統計...

借入の審査

増額審査に通過しやすくなる取引方法

≪増額審査に通過しやすくなる取引方法≫消費者金融を一定期間利用していると、増額が可能になる場合があります。増額とは、現在の利用限度額を引き上げる手続きの事を指し、消費者金融から営業が入る場合もありますが、自分自身で申し出ることも可能です。もちろんそれまでの取引で、著しい延滞があれば増額どころか枠内の利用も困難になりますが、延滞がなければ可能性はあります。一般的な消費者金融会社の特徴として“新規契約時...

借入の審査

短期間の借入件数増加にはご注意

≪短期間の借入件数増加にはご注意≫【問題は借入額でなく借入件数】消費者金融会社の審査で、総負債額がそれほど多くなくても、短期間で借入件数が増加している場合は要注意とされます。例えば、総負債額が30万円だとしても、4/1にA社から15万円、4/20にB社から10万円、5/1にC社から5万円といった具合に、短期間に少額ながら負債が増え続けている過程にある場合、4社目の審査が通過するかはかなり微妙になってきます。4/1にA社から3...