キャッシング情報局

借入の審査

  1. 延滞していても審査が通るケース
  2. 自己破産・債務整理の申込みの注意事項
  3. 信用情報も照会されないで否決となってしまうケース
  4. 連続申込みには注意
  5. 消費者金融のヒアリングについて
  6. キャッシング審査と年収について
  7. キャッシング審査のスーパーホワイトとは
  8. 延滞でも借り入れできるケース
  9. 債務整理をした方の審査は判断しにくい
  10. 「審査が甘い」消費者金融業者とは
  11. キャッシング審査に必勝法はない!?
  12. 独り暮らしの方のキャッシングのコツ
  13. 増額審査に通過しやすくなる取引方法
  14. 短期間の借入件数増加にはご注意
  15. キャッシング審査で完済情報は重要です
  16. 春のキャッシングの可決率は上がるのか下がるのか
  17. キャッシング審査とクレジットヒストリー
  18. キャッシングにおける一次審査のポイント
  19. 中堅消費者金融を選ぶならタイミングが重要
  20. 消費者金融会社との対話で高額融資を狙う方法
  21. 総量規制対象外の借入にも要注意!!
  22. 中堅消費者金融の二次審査通過ポイント
  23. 中堅消費者金融の二次審査とは
  24. いまどきのキャッシング審査の主流は
  25. 自己破産してても大手銀行系消費者金融で借り入れできる?
  26. 居住年数・勤続年数は重視されます
  27. キャッシングの審査は、「負債金額」より「負債件数」が重視されます
  28. いまどきのキャッシング審査が厳しい理由
  29. 不動産所有は圧倒的に有利です アピールを!
  30. キャッシング審査に通りにくい人

| | 古い記事一覧へ≫

銀行カードローン比較

延滞していても審査が通るケース

キャッシング情報局

延滞していても審査が通るケース



当サイトでは、「現在、他社の支払いが延滞中」の方は、原則、キャッシング審査には通りませんと繰り返し解説してきました。
また、現在、延滞中ではなくても、指定信用情報機関に「延滞」や「延滞解消」の事故情報が掲載されていれば、審査は通りにくくなります。

(指定信用情報機関の㈱日本信用情報機構(JICC)では、入金予定日から3カ月以上、入金がなければ、「延滞」の事故情報が掲載されます。また延滞が解消されても「延滞解消」という情報が1年間登録されます。)

現在、中堅消費者金融では、過去に自己破産や債務整理をした方への融資は積極的に行っていますが、「現在、延滞中の方」や、「過去に延滞があった方」の審査は、かなり厳しいことは事実です。
しかし、ごく稀なケースですが、「延滞」でも審査が通過してしまう方もいます。


【極端な長期延滞の方が審査に通る?】


逆説的な言い方ですが、延滞の状態で審査通過を目指すなら、いっそ極端な長期延滞の方が審査に通過する可能性は高まります。

貸金業者などから借入れした借金は、最終取引日から5年以上経過していれば、時効援用することで消滅させることが可能です。(訴訟などを起こされて、判決が出ている場合は、時効まで判決から10年になります。)
つまり5年もしくは10年以上未払いの借入れがあっても、支払いをしなくてよくなる可能性が高いということです。
このような観点から、時効援用が検討できるような長期延滞債権であれば、審査を通過させる担当者もいます。

【残金が少額の延滞】
延滞している借入れ額がかなり少額である場合も、審査に通過する可能性は高まります。
例えば、何十万円単位で借入れをしている、他社の支払いはきちんとできているが、残金1万円程度の借入れが未払いのままになっているといったケースです。
このような状態は、支払い能力がなくて放置しているわけではなく、単に忘れているだけと判断され、審査が通過することもあります。


【ショッピングの延滞】


キャッシングの審査では、ショッピングの延滞については、キャッシングの延滞よりも甘い傾向があります。
ショッピングの場合、返済方法は口座振替が多く、督促も緩やかなので、1カ月程度、返済がずれ込むことはザラにあります。
また、業者が行う、指定信用情報機関への更新報告も、キャッシングが日次報告(毎日報告)なのに対して、ショッピングは月次報告(1カ月に1回報告)なので、そもそも現在、延滞しているかどうかをリアルタイムで把握しにくいということもあります。

そして、ショッピングの「延滞」の中でも、さらに別格で甘いのは、携帯電話のローンです。
携帯電話のローンについては、かなりの長期延滞があっても、審査を通過させる担当者は多くいます。


【延滞で可決を目指すのは狭き門】


このように特殊な状況に限り、延滞していても審査が通過することはあります。
しかし、これはあくまで審査の例外対応で、基本的には、延滞している場合、審査はなかなか通りません。
また、この例外対応の幅も、各消費者金融や各審査担当者によっても異なってきます。
(もちろん「延滞」は絶対に審査を通過させないという考えの審査担当者もいます。)
正確に統計をとったわけではありませんが、筆者の経験では、わざわざ「延滞」を拾う審査担当者は、全体の3割もいないかもしれません。
消費者金融にとっても、やはり、「延滞」への融資はリスクが高いということでしょう。
延滞で可決を目指すのはそれだけ狭き門だということは理解しておきましょう。


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 



サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較

自己破産・債務整理の申込みの注意事項

キャッシング情報局

自己破産・債務整理の申込みの注意事項



最近の中堅消費者金融は、「過去に自己破産や債務整理をした方」の審査はもはやマストになっています。
中堅消費者金融は、大手と違い、初めてキャッシングを利用する申込者はほとんどいませんし、それほど属性の良い申込みも期待出来ません。
この層の申込みを嫌っていては、正直、商売にならないといったところでしょう。

このような最近の中堅消費者金融の貸出し基準は、ネット情報などによって広く認知されているので、「過去に自己破産や債務整理をした方」の中には、申込みを検討している人も多いと思います。
しかし、自己破産、債務整理の申込みは、その特殊性からも、申込みには注意が必要です。
今回は、自己破産、債務整理の申込みの注意事項についてまとめてみました。


【自己破産の申込みの注意点】



①自分自身の指定信用情報機関がどのようになっているのか開示してみる
自己破産をして、免責確定すれば、債権者は、指定信用情報機関に完済情報を報告しなければならないことになっています。
このため本来、信用情報では、「借入れ0円」となるはずです。
しかし、免責確定となっても、裁判所からは、原則、債権者に通知は発送されないので、代理人の弁護士、司法書士がそのことを通知していなかったり、債権者が自ら調査をしていなければ、免責確定となっていることに気が付かないケースも多くあります。
そのような状態で、指定信用情報機関を照会すると、「自己破産申立てをしたことの事故情報は出ているが、まだ債権は残っている」という結果が回答されることになります。

杓子定規の対応をすれば、指定信用情報機関に債権が残っている以上、それは総量規制の対象にもなるので、それを原因に否決となってしまうこともあり得ます。
もちろん、消費者金融によっては、そのような状態でも、官報などで、免責確定していることを確認し、自己破産以前の借入れを、カウントしていない会社もあります。
しかし、このような対応をしてくれるかどうかは、各会社の考え方にもよるので、申込みをした会社次第といったことになってしまいます。

このような状態を防ぐためにも、過去に自己破産をしている人は、自分自身の指定信用情報機関がどのようになっているのか開示して確認しておいた方が良いでしょう。(開示についてはこちらの記事を参照)もし、免責確定しているのに残高が残っている場合は、指定信用情報機関を通して訂正させることが可能です。

②自己破産をしていることを、隠さず、正直に申し出る(逆にアピールする)
通常の感覚では、「自己破産をしていることは、出来ればバレない方が審査に通る」と思っている人が多いでしょう。
しかし、前述したように、自己破産をした方への融資は、もはやマストになっています。
逆に、下手に隠したことによって、誤解を招くことを警戒すべきです。

そもそも、中堅消費者金融に、どこからも借入れた形跡がない人が申込みをしてくること自体が不審です。
また、自己破産発生から5年以上経過すれば、破産の事故情報だけが抹消されるので、「長期延滞中の借金がある」と誤解を受けかねない信用情報になってしまいます。
このような誤解による否決を防ぐためにも、自己破産をしていることは、隠さず、申込みフォームの備考欄に入力するなどして、積極的に申し出て下さい。

③申込みをするタイミングに注意
いくら、中堅消費者金融が自己破産をしている方に積極融資をしているといっても、自己破産をするや否や申込みをするのは、あまりに節操がない印象を与えます。ベストは、「免責確定後、半年以上経過後」でしょう。
また、自己破産の申立ての準備中であったり、免責確定していないような場合は、そもそも審査対象としていない会社もあるのでご注意ください。


【債務整理の申込みの注意点】



①原則、和解済が審査対象
債務整理は、その進捗状況から、「和解交渉中」と「和解済」の大きく2種類に分類できます。
この内、中堅消費者金融が審査対象としているのは、原則、「和解済」の状態のみです。
和解する前に融資をしても、結局、各債権者との交渉が決裂して、自己破産に方針転換することもありますし、辞任に至ってしまい、借金が何ら整理されずに残ってしまうこともあるからです。

②総量規制の対象になります
債務整理をして、減縮された借金も、それが貸金業者から借り入れたものであれば、もちろん総量規制の対象になります。
減縮された借金の合計金額が、年収の3分の1を超えない範囲であれば、新たに借入れ出来る可能性は十分に有ります。

③債務整理の状況を出来る限り詳しく伝える
本来は融資可能な内容であるのに、誤解や疑念を持たれたために否決となってしまうこともあるので注意が必要です。
消費者金融会社には、日々、多くの申込みがあり、本来は、その申込みを1件、1件、丁寧に精査するのがベストです。しかし、そのような手法は効率が悪くとても採用出来ません。
そこで、ある程度の基準を設けて、スクリーニングをすることになりますが、その際、疑念をもたれる申込みは、詳しく精査される前に、否決となってしまう可能性があります。

債務整理をした方の申込みについて疑念を持たれることは、
「現在、和解済で支払中なのか」
「和解後に延滞があるのか」
ということでしょう。
申込みを受けた消費者金融は、それを判断するにも、申込みフォームの入力内容と指定信用情報機関の情報しかありません。
指定信用情報機関の情報は、実は、和解内容や各業者の考え方によって、報告する内容にバラツキがあります。
例えば、消費者金融会社によっては、債務整理で和解前の状態であっても、顧客の信用情報が「延滞」という状況にならないように、次回支払日を未来の日付に更新するなど手を加えて配慮している会社もあります。
また、そのような配慮はせずに、債務整理で和解前の状態であれば、支払いの遅れや事故情報を信用情報上に掲載している会社もあります。
また、指定信用情報機関の情報は、更新漏れや誤登録などもあり得ます。

つまり、信用情報だけの情報では、債務整理などの特殊な内容は、誤解される可能性も有り得るということです。
誤解による否決を防止するためにも、債務整理の状況は出来る限り詳しく、申込みフォームの「備考欄」などに入力しておいた方が良いでしょう。

④個人再生は歓迎される
債務整理の手法に「個人再生」があります。個人再生は、自己破産の一歩手前という認識で、減額幅がかなり大きく、元の金額の20%ほどまで減縮されることも珍しくありません。
また、「住宅資金特別条項」という特則もあるので、持ち家を手放さないで、債務整理をすることも可能で、持ち家の人には非常にメリットが大きい手法です。
実際、個人再生をする人のほとんどは、持ち家の人です。
このように、個人再生は、持ち家率が高く、他の債務整理に比べて、属性が良い人が多いのが特徴です。
このため、中堅消費者金融では、個人再生の申込者は特に歓迎される風潮があります。


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 


サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較

信用情報も照会されないで否決となってしまうケース

キャッシング情報局

信用情報も照会されないで否決となってしまうケース


消費者金融には日々多くの新規申込みがあります。
大手消費者金融であればその数は、日々、数百件にもなりますし、中堅クラスの消費者金融でも、広告宣伝に力を入れている会社であれば百件前後の数になります。

これだけ多くの審査を最初から最後までまともに行えば、かなりの時間とコストがかかることは容易に想像できます。
しかもそれだけ時間とコストをかけて審査をしても、可決となるのは、大手ですら全体の40%ほど。中小では10%にもなりません。
このような中、実際の現場ではどのようにして効率よく審査を行っているのでしょうか。


【スクリーニングでふるいにかける】


消費者金融の審査では、「スクリーニング」と呼ばれる手法で、いわば、申込み案件を「ふるいにかける」作業を行っています。
スクリーニングの基準は、例えば、

  • 年齢〇〇歳以上は否決
  • 居住年数(勤続年数)〇〇年未満は否決
  • 申告借入れ件数が〇〇件以下は否決
    といった、わかりやすいものから、
  • 居住年数〇〇年未満でも借入れ件数〇〇件以下であれば可決
    といったやや複雑なものまで様々です。

このふるいにかける作業を通過した申込者のみが、指定信用情報機関の調査へと進むことになります。
消費者金融によっては、申込みフォームの作りが、一定年齢以上は、申込みが出来ないようになっていたり、ホームページ上で、「無職の方は申込みできません」など、公表できる範囲の条件を掲示することで、申込みする前の段階で、ふるいにかけているケースもあります。
この「スクリーニング」に通過しなかた申込者は、残念ながら指定信用情報機関の照会すらされることなく否決となってしまいます。


【スクリーニングを通過するコツ】


スクリーニングの基準は会社によっても違いますし、同じ会社でも、営業方針によっても変わります。また基本的には公表していないので、一般の人は知りようがありません。
しかし、ここでふるいにかけられてしまったら、次の審査には進めません。
ここで間引かれないためにも、申込みにはコツが必要です。


①申告負債額は総量規制の対象借入れを申告


改正貸金業法施行により総量規制が導入されて以後、申告負債額が、年収の3分の1を超えていれば、指定信用情報機関の調査に進むことなく否決としている会社もあります。
しかし、銀行カードローンなどの借入れは総量規制の対象外なので、指定信用情報機関の調査まで行えば、総量規制の範囲内で融資可能だったかもしれません。
このような誤解による否決を防ぐため、申込みフォームに入力する負債額は、銀行カードローンやショッピングクレジットを除いて、総量規制の対象に限定して入力した方が良いでしょう。


②特殊事情は「備考欄」に入力しておく


例えば、居住についても、単身赴任や転勤などで、自分自身の持ち家はあるが、現在そこには住めていないといこともあると思います。
また、勤続年数についても、グループ企業や子会社への出向など、実質的な勤続は長いのに、表面的な勤続年数が短くなっていることもあると思います。
このような、特殊事情については、申込みフォームの「備考欄」などに入力しておくと良いでしょう。


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較

連続申込みには注意

キャッシング情報局

連続申込みには注意


キャッシングの申込みをする人は、切羽詰まった緊急事態という場合も多く、とにかく借入れ先を見つけたい一心なのか、複数の会社にやたらと申込みをする人がいます。
また、一度否決になった会社に1カ月も経たないのに、何度も申込みをして、毎回、否決になってしまう人もいますが、連続申し込みには注意してください。
ダメ元という考えもあるのでしょうが、ことキャッシングに関しては、このようにしつこく申込みをすることはおすすめしません。


【申込みブラックとは】


消費者金融に申込みをした痕跡は、指定信用情報機関に6カ月は残ります。例えば、現在、多くの消費者金融が加盟している、指定信用情報機関のJICCでは、申込者の情報を照会すると、「〇月〇日〇時〇分に〇〇〇〇の審査で紹介されたのか」の記録が半年間分、特定支援情報として、判明してしまうことになります。
この、キャッシングの申込みをした痕跡があまりに多いと、審査では敬遠されることになります。これがいわゆる「申込みブラック」と呼ばれる状態です。(申込みブラックについてはこちらの記事も参照
どのくらいの件数が多いと判断されるかは、各会社によって違いますが、例えば、半年間で、50件も申込みをした件数が残っていれば、常識的にどの会社でも多いと判断されると思います。
やはり、申込み件数は、半年間でせいぜい10件以内。多くて、20件以内といったところが、
妥当な範囲でしょう。

また、申込みに関しては、キャッシングだけでなく、ショッピングクレジットの申込みもカウントされます。(ただし、JICCに加盟している信販、クレジット会社の分のみ)


【同じ会社への再申込みの注意事項】


同様に同じ会社に何度も申込みをすることもおすすめできません。
同じ会社に、否決になっても何度も何度も申込みをする人もいますが、よほどのことがないとリベンジは成功しません。
消費者金融会社は、申込みの記録はデーターに残しているので、再度、申込みがあった際も、前回、どのような理由で否決になったかを確認したうえで審査をすることになります。否決になった理由にもよりますが、

    ①延滞、法的などで否決となっている場合は最低1年
    ②総量規制に抵触など負債額が原因の場合は最低半年

は申込み期間を空ける方が無難です。
通常、消費者金融は否決理由を申込者に教えないので、前回、何が原因で否決になったのかを判断するのは難しいかもしれませんが、いずれにしても連続申込みは、無駄な否決を増やし、自分自身の信用を低下させることにつながるので、控えた方が無難です。


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較

消費者金融のヒアリングについて

キャッシング情報局

消費者金融のヒアリングについて


大手ではあまり見られませんが、中堅クラスの消費者金融では、キャッシング審査の際、担当者から簡単なヒアリングが行われる場合があります。
一般的に中堅クラスの消費者金融に
申込みをする人は、「大手の審査が通過しなかった人」なので、その分、大手に比べてリスクが高くなります。
このため、申込みフォームの入力内容だけではなく、実際に担当者が申込者と話をして、より詳しく生活状況を把握することを目的としています。
ヒアリングで確認される内容は、各申込者の状況によって様々です。また、質問に対する回答に関しても、嘘を回答するべきではないので、特に正解というものがあるわけではありません。
ただし、ヒアリングに対してコツのようなものはあります。
実際のヒアリングでは概ね以下のようなことがポイントになってきます。

【①下手な嘘はつかない】


消費者金融会社は、指定信用情報機関に照会を行うことで、申込者の借入件数、借入額、他社の支払い状況などの情報を把握しています。
また、収入面についても、源泉徴収票や給料明細などの提出を求めたり、勤務先での在籍確認をする会社が多くあります。
このため、これらのことで、下手な嘘をついてもすぐバレてしまいます。
嘘の申告は信用の失墜につながり、可決への道は遠くことになります。


【②無礼に感じることもあるかもしれませんが】


消費者金融のヒアリングは担当者によっては、かなり根掘り葉掘り聞いてくる場合もあるので、無礼に感じる人もいると思います。
もちろん、その担当者にも悪意はなく、逆に、“出来る限り審査を可決としたい”という一心でヒアリングを行っています。
消費者金融会社も可決の見込みが全くない人に、わざわざ時間をかけてヒアリングを行うようなことはしません。
このことを踏まえて、担当者の質問には、いろいろ聞かれても、誠意をもって、出来る限り丁寧に回答するよう心掛けて下さい。

【③常識的な回答を心掛ける】


先ほど、下手な嘘はつかないように説明しましたが、いわゆる「大人の対応」が必要なこともあります。例えば、融資の使用目的を聞かれた場合、「ギャンブル」、「引越し費用」、「他社での借金の分割金返済のため」といった理由はNGワードです。
仮に、今回のキャッシングの使途を、本当はパチンコなどのギャンブルや風俗などの娯楽に使いたいと思っていても、そのまま正直に言ってしまえば、まず審査は通りません。
何も立派な資金使途を言う必要はありませんが、問われた場合、常識的な資金使途を話す必要があります。
「冠婚葬祭費」、「教育費」、「実家への帰省費」あたりが無難です。
また、中には、自ら申込みをしてきているのに、返済を行ってゆくことに自信がなさそうな印象を受けるようなネガティブな話をしてくる人もいます。まあ、ある意味、正直な感想なのかもしれません。しかし、返済できるかどうか不安に感じているような人に融資をするのは、消費者金融側では、もっと不安になります。
「返済は必ず大丈夫です」といった強い意志が伝わらないと審査は通りません。


【④責任意識が伝わるように】


ヒアリングといっても、特に身構えることはなく、上記のことを押さえて、丁寧に常識的な対応をしていれば、全く問題はありません。
中堅クラスの消費者金融の利用者の中には、いざ、返済となると、なんだかんだと言い訳をして、支払いを遅延する、支払意志が薄い人が一定数います。
いわば、このような人を融資前に取り除くために、ヒアリングを行っているようなものです。
返済に対する責任意識のようなものが伝われば十分です。


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較

キャッシング審査と年収について

キャッシング情報局

キャッシング審査と年収について



消費者金融の審査において「年収額」は重要項目です。
改正貸金業法施行後は、総量規制が導入されたので、そもそも年収の3分の1を超える融資は受けられません。また、申込みがあった際、審査担当者がまず確認する項目も「年収額」でしょう。
では、プロの審査担当は、年収額をどのような観点で見ているのでしょうか。
今回は審査担当目線で年収額について解説してゆきたいと思います。


【キャッシング審査における年収別イメージ】


キャッシング審査で、申込者を年収額で分類すると以下のようなイメージです。
  • 年収200万円台
  • 年収300万円台
  • 年収400万円台~700万円未満
  • 年収700万円台

    中堅消費者金融の申込者で一番多いのは①から②の層の方です。新規融資で高額な与信は出にくいですが、10万円から20万円ほどの可決が良く出る層になります。
    ③の層は、いわゆる「中流層」で、総量規制の範囲内であれば可決の可能性は大です。
    ④の年収700万円以上の方は、文句なしの高所得者で、いわゆる「良客」の部類です。
    また、世帯の年収が100万円台より低い場合は、いくら総量規制の範囲内であっても可決となる可能性はかなり低いでしょう。(夫に収入がある既婚女性は除く)
    もちろん、他にも様々な審査項目があるので、一概には言えませんが、「年収額」が審査上大きなポイントであることは間違いありません。


    【年収が高い人が否決で低い人が可決となるケースも】


    しかし、年収が高い人がキャッシング審査で否決となって、低い人が可決になるようなケースも実は、かなり多くあります。
    年収額が高い方は、大手や銀行の審査も通りやすいので、既に複数の金融会社や銀行から借り入れがある場合が多く、多重債務で負債過多の状態のケースも多く見られます。
    特に、銀行系カードローンの融資は総量規制の適用を受けないので、法律上、貸出に制限がありません。各業者が「良客」に貸し込みをした結果、「良客」が多重債務者になってしまっていることも珍しくありません。
    逆に、年収が低い方は、同業他社があまり融資していないことも多く、少額ながら融資可能と判断されるケースも多いのです。


    【キャッシングは身の丈に合わせて】


    確かに、高収入の方が低収入の方より、審査上、有利なことは間違いありません。
    しかし、年収だけで審査が決まるわけではなく、最終的には、総合的な観点で判断されます。例えば、同じ年収額でも、人によって、その収入で養っている家族の人数や、勤務先の安定性など、置かれている状況はそれぞれ違います。
    自分の収入で返済可能な範囲内の借り入れであれば、融資を受けられる可能は十分あります。
    要は「キャッシングは身の丈にあった範囲で行う」ということです。


    ※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
    当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
    安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


    ※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
    審査の通る中堅消費者金融

     にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

    サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

    【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

    さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

    キャッシング虎の巻を進呈
    サイト非公開情報も含めて、
    キャッシング必勝法がギッシリ!

    ※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

    銀行カードローン比較
  • キャッシング審査のスーパーホワイトとは

    キャッシング情報局

    キャッシング審査のスーパーホワイトとは



    現在の貸金業法では、消費者金融会社が返済能力調査をする場合、指定信用情報機関を利用
    することが義務付けられています。
    しかし、指定信用情報機関に照会しても、申込者に全く、クレジット、ローンの利用経歴(クレジットヒストリー)がなく、「該当なし」と結果がでることがあります。
    このような申込者は「スーパーホワイト」と呼ばれ、逆に、審査が通りにくくなってしまうケースもあります。



    【スーパーホワイトが警戒される理由】


    消費者金融に申込みをする方の中で、クレジット、ローンの利用経歴(クレジットヒストリー)が全くない方は、ごく少数です。
    キャッシングを利用していなくても携帯電話を分割購入するだけでもクレジットヒストリーは出来るので、ほとんどの方が、指定信用情報機関になんらかの利用履歴が掲載されていることになります。
    そのような中、全くクレジットヒストリーがない「スーパーホワイト」方の審査は、消費者金融会社には警戒されます。
    クレジットヒストリーがない原因としては、以下のような状態が疑われます。

    1. 氏名、生年月日などの偽りや、架空人物になりすます等、詐欺による申込み
    2. 自己破産後免責確定している方の申込み(自己破産して免責確定すれば、完済情報が登録されます。完済後5年経過で完済情報も抹消されるので、その時、クレジット、ローンの利用がなければスーパーホワイトの状態になります。)

    もちろん、スーパーホワイトの方の中には、本当にクレジット、ローンを利用するのが初めてという方もいると思います。しかし、大手ならともかく、中堅以下の消費者金融では、キャッシング利用が初めての方の申込みはほとんどないので怪しく思われてしまいます。

    20代前半の若者ならまだしも、30代以上でスーパーホワイト状態の方は、審査する消費者金融会社から不審に思われやすくなります。


    【スーパーホワイト状態の理由を伝えておく】


    もし、自分がスーパーホワイト状態であることがわかっているのであれば、消費者金融会社が納得できる理由を伝えておくことをおすすめします。
    例えば、自己破産後、スーパーホワイト状態になった方は、自己破産をしていることを最初から消費者金融業者に伝えれば、詐欺の疑いはなくなります。
    申込みフォームの備考欄などに入力しておくのが良いでしょう。


    ※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
    当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
    安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


    ※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
    審査の通る中堅消費者金融

     にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

    サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

    【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

    さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

    キャッシング虎の巻を進呈
    サイト非公開情報も含めて、
    キャッシング必勝法がギッシリ!

    ※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

    銀行カードローン比較

    延滞でも借り入れできるケース

    キャッシング情報局

    延滞でも借り入れできるケース



    過去に自己破産債務整理をした方を審査対象としている中堅消費者金融は改正貸金業法施行後、増加してきています。
    これは、既に複数の会社から借り入れがある多重債務者へ融資するよりも、かえってリスクが低いと判断してのことで、中堅消費者金融では、現在、主流の融資方法になっています。
    しかし、いわゆる延滞に関しては、どの消費者金融の審査も厳しく、なかなか可決にはたどり着きません。
    今回は、延滞でも借り入れできるケースがあるのかを徹底検証していきます。


    【現在他社延滞中でも可決になるケース】


    申込み時点で、他社の返済が滞っている場合は、ほとんどの場合、可決にはなりません。しかし、返済が滞っている先が、1社程度で、1日~3日以内の延滞であれば、その会社への過去の返済状況や、その会社以外の借り入れ先への返済状況を鑑みて、即、否決とはならないケースもあります。
    要は、その延滞しているという現象が、返済困難な状態からきていると判断された場合は否決になり、たまたま何かの手違いと判断された場合は、即、否決とはならないということです。
    いずれにしても、1週間以上の延滞や長期延滞の状態では、可決の見込みはありません。


    【過去の延滞状況はどのように判断されるのか】


    多くの消費者金融会社が審査で利用している指定信用情報機関である、(株)日本信用情報機構(JICC)では、過去12カ月分の延滞日数が掲載されます。
    具体的には、「この申込者は2カ月前に、この会社からの借入を8日間延滞している」とか「4カ月前に、35日延滞している」ということまで掲載されることになります。
    仮に、現時点での返済がどこも滞っていなくても、過去12カ月の返済が、滞りぎみであれば、否決となってしまう可能性が高くなります。
    また、過去延滞をどの程度、容認するのかは、ある程度は審査担当者の裁量に委ねている会社が多いようです。(様々なケースが想定されるため明確な基準は設けにくいようです。)
    毎回、1週間以上、全ての借り入れを滞納しているような場合は、否決の可能性が高くなりますが、「たまたま1社だけ、3カ月前に、10日延滞していたが、他社の返済は全て問題がない」とか「3日程度の延滞が毎回あるが、全て返済は完了している」といった状況であれば、即、否決とはならないこともあります。


    【延滞事故情報が掲載されると】


    延滞が3カ月以上続いてしまった場合は、JICCにいわゆる「延滞事故情報(コード21)」が掲載されることになります。一旦、この情報が掲載されると“延滞解消してからも1年間は「延滞解消(コード22)」とう情報が掲載される”ので、要注意です。この延滞事故情報が掲載されている場合は、残念ながらキャッシングの審査はほとんど通過しません。
    少なくとも、延滞解消後1年間は、返済を遅れないようにして、クレジットヒストリーを作り直す必要があります。


    【延滞事故情報発生中でも可決になるケース】


    かなりレアケースですが、「延滞事故情報(コード21)」が発生していて未解決であっても融資が可能になるケースもあります。
    例えば、5年、10年前に返済を延滞したまま放置して、現在、請求すらきていないという状況の場合などです。
    もちろん、返済を放置したままということは感心できませんが、通常、消費者金融などの取引では、最終取引日から5年で時効になります。(詳しくはこちらを参照
    また、5年、10年前と現在では、申込者の生活状況も変化していることも多く、返済能力が復活している場合もあります。
    さらに、指定信用情報機関に延滞事故情報が掲載されているので、融資した後、簡単に負債が増えないということも、債権管理上のメリットになります。
    しかし、これは、かなりのレアケースです。やはり延滞事故情報が発生している場合、キャッシング審査では、かなりの高確率で敬遠されることになるので、延滞には十分注意して下さい。


    ※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
    当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
    安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


    ※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
    審査の通る中堅消費者金融

     にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

    サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

    【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

    さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

    キャッシング虎の巻を進呈
    サイト非公開情報も含めて、
    キャッシング必勝法がギッシリ!

    ※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

    銀行カードローン比較

    債務整理をした方の審査は判断しにくい

    キャッシング情報局

    債務整理をした方の審査は判断しにくい



    自己破産債務整理をした方でも審査対象としている中堅消費者金融会社は、現在、数多く存在します。
    改正貸金業法施行後は、総量規制の導入もあり、中小規模の消費者金融会社の貸出し層は、「多重債務者」から、「自己破産や債務整理経験者」に移ってきています。また、そのような融資をメインの貸出しとしている会社も増えてきています。

    自己破産した方への融資」は、自己破産して免責決定が出ていれば、過去の借金は免除されているので、現在の支払能力がしっかりしていれば、融資可能と判断したものです。非常にシンプルでわかりやすい融資方法です。
    しかし、「債務整理」は、様々な種類があり、またその経過状況によっても与信判断は異なってくるので、少し複雑です。

    【和解前と和解後支払中の違い】


    通常の債務整理の流れは以下のようなものです。

    1. 弁護士、司法書士などに債務整理を依頼。
    2. 弁護士、司法書士が各債権者に債権届、取引履歴の開示を依頼。
    3. 債権額確定後、各債権者に和解案を提示。
    4. 和解に基づいて返済開始

    債務整理をした方の申込みを歓迎している消費者金融会社でも、①~④までの手続きを経て、現在、返済中の方がはじめて審査対象となります。まだ和解に至っていないような状況では通常、審査対象とはなりません。
    債務整理がまとまらず、結局、自己破産してしまう方も多いからです。



    【債務整理の進捗状況の判別はプロでも難しい】


    消費者金融会社の与信担当者は、指定信用情報機関に「債務整理」の情報が記載されていた場合、和解前で審査対象とならない債務整理か、和解後支払中で審査対象となる債務整理かを判断することになります。
    しかし、指定信用情報機関の情報だけでは、債務整理の進捗状況は判断しにくく、審査のプロである、与信担当者でも、誤った判別をしてしまうことがあります。
    通常、債務整理は、複数の業者を相手に行います。和解も同じタイミングで成立するとは限りません。また、「過払」が発生していた場合は、和解前でも「債務整理」の事故情報は指定信用情報機関に掲載されませんし、通常に支払があったかのような、履歴が掲載されることになります。

    このように債務整理の状況は一見、判断しにくいため、本来、審査対象となるような方が、誤った判別で否決となってしまうケースも少なからず発生しています。


    【誤解による否決を防ぐのは自分自身】


    このような、状況を防ぐには。申込者自身が出来る範囲で対策するほかありません。
    例えば、申込みフォームの備考欄に、債務整理の状況を簡単にレポートしておくなどです。
    (少なくとも、現在、「和解後返済中」といことはレポートしておいた方が良いでしょう。)
    また、自分自身の債務整理の状況がどのような状況になっているのか、よく理解できていないまま、新たに申込みをされる方もいますが、そのような姿勢では、なかなか審査は可決にはなりません。
    誤解による否決を防ぐためにも、自分自身の状況は把握したうえで、申込みはすべきでしょう。


    ※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
    当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
    安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


    ※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
    審査の通る中堅消費者金融

     にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

    サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

    【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

    さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

    キャッシング虎の巻を進呈
    サイト非公開情報も含めて、
    キャッシング必勝法がギッシリ!

    ※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

    銀行カードローン比較

    「審査が甘い」消費者金融業者とは

    キャッシング情報局

    「審査が甘い」消費者金融業者とは



    インターネット上では安易に審査が甘いという表現を使用して、消費者金融会社の紹介をしているサイトが目立ちます。
    しかし、本当に信用が出来る正規登録業者で審査が甘い会社はあるのでしょうか。また、具体的にどのような箇所が審査上緩和されているのでしょうか。
    今回はこの審査が甘いという概念について追及してみました。


    【無審査はありえない】


    まず前提となるのが、“正規登録会社である限り無審査はあり得ない”ということです。
    現在の貸金業法では、返済能力の、より厳格な調査が義務付けられています。いくら業者が融資をしたくても、貸金業法の基準を満たしていなければ融資は禁止されています。
    (例えば、通常のフリーローンは、年収の3分の1の範囲内でしか利用できません。)
    貸金業法の基準の範囲内で、審査が甘い、厳しいということはあっても、「無審査」は絶対にあり得ません。


    【いまや自己破産、債務整理経歴への融資はマスト】


    自己破産債務整理をした方でも審査対象としている」ということを審査が甘いという表現を使用している場合があるようです。
    確かに、ひと昔前は、自己破産債務整理経験者への融資は敬遠されていました。
    しかし最近では、過去にそのような経緯があっても現時点での支払能力があれば融資対象としている会社は増えてきました。
    むしろ、いまどきの中堅消費者金融業界では自己破産者への融資はマストになっていると言えるでしょう。

     

    【他社延滞について】


    審査が甘いという表現は、他社延滞が多少あっても借入れできると勘違いされがちです。
    しかし、現在他社延滞中は絶対的にNGです。
    過去に他社延滞がある場合も、直近の取引で延滞が目立つ場合は、審査否決となる可能性が高くなります。
    但し、多少の過去延滞を拾うか否かのさじ加減は業者や担当者によって変わってきます。
    このさじ加減の差が、審査が甘いか否かということになるのでしょう。


    【居住年数、勤続年数、雇用形態】


    居住年数、勤続年数、雇用形態は安定性を計る大事なポイントです。
    一般的な中堅消費者金融の場合、居住年数、勤続年数は共に1年以上あれば安心ですが、それ以下をどこまで拾うかの基準は業者によって変わってきます。(全くの無職無収入は絶対的にNGです)
    また、雇用形態は他の属性に絡めて判断されるケースが多いようです。
    (例えばアルバイトの場合は、居住年数、勤続年数共に長い場合のみ拾うとか、本人以外に主な生計維持者がいる場合のみ拾うなど、他の属性に絡めた条件付けをしているケースが多い。)
    これらの各社の差が、審査が甘いか否かということになるのでしょう。


    【審査基準は流動的なので注意】


    まとめると以下のようになります。

    1. 無審査は正規登録会社ではあり得ない。
    2. 自己破産や債務整理経歴者は多くの中堅消費者金融が審査対象としている。
    3. 現在他社延滞は絶対NG(過去延滞を拾う基準は業者によって違いがある)
    4. 居住、勤続年数が1年未満の場合、拾う基準は業者によって違う。

    また、負債額の基準を総量規制で定めている以上、審査が甘い、厳しいという基準は、

    • 過去延滞を拾う基準
    • 居住年数、勤続年数、勤務形態などを拾う基準

    にほぼ限定されています。
    しかもこれらの基準は、各業者の担当者、時期、資金調達の具合などのタイミングによって流動的なので、常に各業者の動向を探り、タイムリーな業者に申込みをすることが得策です。
    絶対的に審査が甘い業者などは、まず存在しないので、ネット上での過剰な宣伝文句にはご注意下さい。


    ※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
    当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
    安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


    ※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
    審査の通る中堅消費者金融

     にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

    サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

    【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

    さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

    キャッシング虎の巻を進呈
    サイト非公開情報も含めて、
    キャッシング必勝法がギッシリ!

    ※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

    銀行カードローン比較

    キャッシング審査に必勝法はない!?

    キャッシング情報局

    キャッシング審査に必勝法はない!?



    現在、「審査が甘い」といったようなキーワードでキャッシング審査について紹介しているサイトはネット上に多数存在します。
    当サイトでもこれまで、キャッシング審査が通りやすくなるコツなどを多数記事にしてきました。
    しかし、キャッシング審査には、可決の可能性を高める方法はあっても、絶対に可決にする完全な必勝法はありません。
    キャッシンの申込みを検討する場合、いま
    いちどそのことを認識しておきましょう。


    【審査基準は流動的】


    消費者金融などの審査基準はその時々の状況によって変化します。原因は様々ですが、例えば下記のようなものがあります。

    • 不良債権の発生率
    • 調達資金の具合
    • 広告宣伝予算の具合
    • 会社の経営方針

    また、その会社の知名度によっても審査基準は変わってきます。
    知名度が高ければ属性の良い申込者が多くなり、知名度が低ければ属性の悪い申込者が増えることになるからです。


    【コンピューター審査、マンパワーでの審査いずれもムラが発生する】


    消費者金融会社のキャッシング審査は、コンピューターを用いた自動審査(オートスコアリングシステム)やマンパワーによる審査など、その会社の規模やシステムに応じた審査手法がありますが、いずれも完全に網羅できるものではありません。
    例えば、大手に見られる、コンピューター審査は、居住年数、勤続年数、住居種別、勤務先の規模などの属性に応じて点数が加点され、その点数に応じて、審査の可否や限度額などが設定されるシステムです。
    このオートスコアリングシステムは確かに優れていますが、いわゆる「総合的判断」という観点でジャッジすることは苦手です。
    組み合わせによっては、総合的に見たら、本来、否決となるような方に高得点が出てしまったり、可決となるような方に低い点数が出てしまったりすることも起こりえます。
    また、中小業者に見られる、マンパワーによる審査では、担当者の主観や思い込みが審査に大きく反映されてしまいます。同じ会社なのに各担当者によって、審査基準が多少違うということはよくあることです。


    【割り切りも必要】


    このように、その時の消費者金融の状況や担当者によって、全く同じ条件の方が申込みをしても、片方は可決、片方は否決ということも実際に起こりえます。
    このような部分はあまり追及してもどうしようもありません。
    審査が通りやすくなる様々なコツはありますが、“審査の最終判断は所詮先方まかせ”として、縁がなかったと気持ちを切り替えることも時には必要です。
    割り切って次の申込み先を探すことも重要です。


    ※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
    当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
    安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


    ※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
    審査の通る中堅消費者金融

     にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

    サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

    【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

    さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

    キャッシング虎の巻を進呈
    サイト非公開情報も含めて、
    キャッシング必勝法がギッシリ!

    ※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

    銀行カードローン比較

    独り暮らしの方のキャッシングのコツ

    キャッシング情報局

    独り暮らしの方のキャッシングのコツ



    独身で独り暮らしの方はキャッシング審査での評価は高くありません。
    「独身」「独り暮らし」「自宅固定電話なし」「居住年数浅い」「勤続年数浅い」という条件が揃うと、正直、借入れはかなり厳しくなってしまいます。
    もちろんこのような条件の方でも、十分、支払能力があったり、万が一の場合に完済できる資力がある方も多くいます。しかし、統計上、全く連絡が取れなくなってしまったり、所在不明になってしまう方が多い属性であることも事実です。
    消費者金融の審査は、「簡易な審査」が売りなので、一次審査(仮審査)は、統計上の確率で実施されることが多く、このような属性の方は、それ以上の調査はされず否決とされてしまうケースが多くなります。
    もう少し丁寧に調査をすれば、可決となる方も実は多いと思われますが、インターネットキャッシングで全国展開を実施している消費者金融会社は、日々大量の申込みを処理するので、ある意味やむを得ないことかもしれません。
    少しでも、可決となる可能性を上げるには、消費者金融がリスクに感じている箇所を補填することです。


    【自ら実家などを連絡先として提示するのもアリ】


    ひと昔前の消費者金融の審査では、身内に関する情報なども根掘り葉掘り確認する会社が多く存在しました。しかし、最近は個人情報保護の観点からも申込者本人以外の情報を不用意に確認しにくくなっています。そのため申込者が、万が一の連絡先として実家など親族の連絡先を申し出れば、先方にはかなり安心感を与えることができます。
    これは、天涯孤独ではなく身元がしっかりしているということを伝えることに意義があります。
    但し、そのような情報をいきなり、申込みフォームに入力することは、感心できません。よって備考欄などに「独り暮らしですが、連絡先として実家の連絡先も提示可能です。」と入力しておくくらいでよいでしょう。
    借入れのことが内緒であれば、実際に提示する段階でそのことを相談すればよいでしょう。
    中堅消費者金融でも安全性の高い会社を利用すれば、提示したからといってそちらにやたら電話が入ることはありませんし、もちろん請求がいくことはありません。
    安全性の高い会社に申込みをすることが最も重要な前提です。安心・安全な会社はこちらから探せます。


    ※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
    当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
    安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


    ※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
    審査の通る中堅消費者金融

     にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

    サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

    【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

    さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

    キャッシング虎の巻を進呈
    サイト非公開情報も含めて、
    キャッシング必勝法がギッシリ!

    ※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

    銀行カードローン比較

    増額審査に通過しやすくなる取引方法

    キャッシング情報局

    増額審査に通過しやすくなる取引方法



    消費者金融を一定期間利用していると、増額が可能になる場合があります。
    増額とは、現在の利用限度額を引き上げる手続きの事を指し、消費者金融から営業が入る場合もありますが、自分自身で申し出ることも可能です。
    もちろんそれまでの取引で、著しい延滞があれば増額どころか枠内の利用も困難になりますが、延滞がなければ可能性はあります。
    一般的な消費者金融会社の特徴として、“新規契約時の限度額を低く抑えて、延滞のない優良顧客に対して増額で高い限度額を設定する”ということがあります。
    この傾向は、中小規模の消費者金融会社になればさらに高くなります。
    よって、消費者金融と取引することにおいて増額は非常に重要なポイントとなってきます。
    今回は増額審査に通過しやすくなる取引方法を解説してゆきます。


    【問題は直近の延滞率】


    支払延滞についての感覚は、人によって異なります。
    1日、2日くらいの延滞であれば問題ないのでしょうか。1週間以上なら問題になるのでしょうか。
    ズバリ、延滞を考える時は、延滞率で考えることが重要です。
    例えば、同じ取引中に3回延滞したことがある方でも、3回の取引中3回延滞した方と、1年間取引していて、3回だけ遅れた方では、審査は全く異なってきます。
    3回中3回は、延滞率100%ですが、12回中3回は延滞率25%です。
    特に、直近1年間の延滞率は重要視されるので要注意です。
    また、もちろん、延滞した日数も関係してきます。仮に、直近1年間で1回しか延滞していなくても、その延滞日数が1か月などという場合は、増額審査は厳しくなります。
    もちろん、会社によって、審査基準は異なりますが、消費者金融で増額を目指すのであれば、“1日も延滞はしない”というのがベストです。


    【入金、出金の頻度があまり激しいこともNG】


    リボルビング契約で取引している場合、定められた限度枠内で、入金と出金を繰り返し利用が可能です。最近は、1,000円単位での出金が可能な会社も多いので、こまめに出金している方も多いと思います。
    しかし、入金してすぐに限度枠内目一杯の出金を行うのは、増額を目指す場合、あまり印象はよくありません。お金にかなり切羽詰まっている印象を与えてしまいます。
    また、例えば、50万円利用して、10万円返済して、すぐに5万借りて、またすぐに4万円返済してなど、お金の出入りがあまり激しいのも好まれません。


    【短期間に何度も増額申込みをしない】


    増額の申込みをして、仮に否決となった場合は、その後、短期間に何度も申込みをしない方が得策です。
    当サイトでは少なくとも半年間は空けることを推奨しています。
    あまり短期間に何度も申込みをしても、まともに審査をしてもらえない可能性があります。
    前回、審査をしてから半年以内は、ノー審査で否決としているような会社もあるくらいです。
    否決になるたびに、増額できる可能性がどんどん遠のいてゆきます。

    これらのことに注意して、出来れば増額は一発の審査で決めたいものです。

    ※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
    当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
    安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


    ※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
    審査の通る中堅消費者金融

     にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

    サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

    【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

    さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

    キャッシング虎の巻を進呈
    サイト非公開情報も含めて、
    キャッシング必勝法がギッシリ!

    ※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

    銀行カードローン比較

    短期間の借入件数増加にはご注意

    キャッシング情報局

    短期間の借入件数増加にはご注意



    【問題は借入額でなく借入件数】


    消費者金融会社の審査で、総負債額がそれほど多くなくても、短期間で借入件数が増加している場合は要注意とされます。
    例えば、総負債額が30万円だとしても、
    4/1にA社から15万円、
    4/20にB社から10万円、
    5/1にC社から5万円
    といった具合に、短期間に少額ながら負債が増え続けている過程にある場合、4社目の審査が通過するかはかなり微妙になってきます。
    4/1にA社から30万円の利用があるだけであれば、全く問題はありませんし、A社からの利用額がもっと高額でも問題ありません。


    【短期間での件数増加は浪費家と見なされる】


    短期間に借入件数が増加するということは、「計画性がない極端な浪費家」と見なされます。もし、自社が融資をしてもまた借入れを増やし続け返済困難な状況に陥る可能性が高いと判断されがちです。また、総負債額が同じでも借入れ件数が増えれば毎月の返済金合計も増えるケースが多いので、その分リスクも増します。
    逆に、1社から高額融資を受けている場合は、その会社から申込者がそれだけ高く評価されているということなので、かえって審査で有利にすら働きます。


    【中小消費者金融の限度設定は低め】


    中小規模の消費者金融を利用する場合、新規利用限度を低めに抑えてリスク回避としている会社も多いので、必要金額に満たなく、次の借入れ先を探して件数を増やしてしまうということはありがちです。
    しかし、それもほどほどに抑えないと、たとえ総量規制の範囲内であっても、徐々に審査が通らなくなってくるのでご注意下さい。


    ※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
    当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
    安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


    ※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
    審査の通る中堅消費者金融

     にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

    サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

    【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

    さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

    キャッシング虎の巻を進呈
    サイト非公開情報も含めて、
    キャッシング必勝法がギッシリ!

    ※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

    銀行カードローン比較

    キャッシング審査で完済情報は重要です

    キャッシング情報局

    キャッシング審査で完済情報は重要です




    以前も記事にしましたが、消費者金融を利用している方の大半は、繰り上げ一括返済をします。もちろん、ボーナスなどで、自力で一括返済される方もいると思いますが、その多くは、「身内の立替払い」や「他社のおまとめローン」などによって、複数の負債を一度に繰り上げ一括返済するケースになります。
    このような、まとまった完済情報は、もちろん指定信用情報機関の情報にも掲載されます。
    また、消費者金融会社の審査上でのポイントのひとつになっています。


    【どのように完済しているかは審査で重要なポイント】


    消費者金融会社がキャッシングの審査をする際に、複数の業者の完済が一時期にかたまって発生していた場合、その完済時期と前後して高額融資が行われていれば、「おまとめローン」による他社清算だと判断はしやすいでしょう。しかし、「おまとめローン」を融資した形跡がない場合は、その原因について詮索されることになります。
    通常は、限られた月給で生活している消費者が何百万単位の完済を自力で行うことは、なかなか困難なので、もしまとまった完済があれば、やはり、その裏には、なんらかの資金援助があったと考えるのが普通です。
    たとえば、そのまとまった完済が、身内からの立替払いであった場合は、また同じように借金が増えてしまった時に、同じ身内が立替払いをしてくれるとは考えにくいでしょう。
    また、退職金等を前借して完済した方の場合は、次に負債が増えたときには、「最終的には退職金で全て完済する」ということは成り立たなくなります。


    【清算能力(完済能力)は最も重要】


    キャッシングの審査を行う場合、月々の返済能力があるかというのは、もちろん重要なポイントになりますが、審査で最も重要なポイントは、最終的な借金の清算能力(完済能力)があるかどうかということです。
    逆に言えば、最終的な清算能力(完済能力)が示されていれば、月々の返済能力に不安を感じても、審査が可決となる可能性は高いと言えます。
    このように、審査担当者は、まとまった完済情報の原因を探ることで、申込者の清算能力(完済能力)を計っています。

    ※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
    当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
    安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


    ※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
    審査の通る中堅消費者金融

     にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

    サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

    【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

    さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

    キャッシング虎の巻を進呈
    サイト非公開情報も含めて、
    キャッシング必勝法がギッシリ!

    ※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

    銀行カードローン比較

    春のキャッシングの可決率は上がるのか下がるのか

    キャッシング情報局

    春のキャッシングの可決率は上がるのか下がるのか



    消費者金融会社にとって、3月~5月はいわゆる「繁忙期」になります。
    もちろん、会社によって差はありますが、この時期はキャッシングの申込み件数は、他の時期と比べて1.5倍ほどになるようです。
    新年度、新学期がスタートするこの時期は、世間的にも何かと物入りで消費が嵩む時期です。
    キャッシングの需要が高まるのも納得できると思います。
    また、この時期のキャッシングの審査は、可決が出やすくなる会社と、逆に、厳しくなる会社とに分かれるので注意が必要です。


    【可決率が上がるケース】


    消費者金融会社の中には、この春の繁忙期に、キャンペーンなどを組んで新規顧客獲得に力を入れてくる会社があります。
    このような会社は申込者の需要が増すこの時期に、一気に新規顧客の獲得を目指してきます。
    (消費者金融会社の中には、この春の時期の新規獲得件数が、年間獲得件数の4割ほどになる会社もあります。)
    このような会社は積極融資の状態にあるので、審査は通過しやすくなります。


    【可決率が下がるケース】


    しかし、中には、この繁忙期にかえって可決率やサービスが下がってしまう会社もあります。
    少人数で営業している中小零細業者の中には、この時期の多数の申込み数に対応が追いつかず、結果、融資に至るまでの時間が通常より長くなったり、承認率もかえって下がることもあります。


    【どのように見分けるか】


    この時期に可決率が高い会社を見分けることは、正直困難なことです。例年のその会社の傾向が今年も通用するとは限りません。
    随時、可決率のチェックや、その会社がどれだけ広告宣伝に予算を割いているかを調査しないと正確にはわからないので、一個人では無理なことだと思われます。
    そこで当サイトを参考にすることをおすすめします。
    当サイトの審査が通る中堅消費者金融は、各会社の可決率や融資額など総合的に加味してランキング形式で紹介しています。
    ここで、上位ランクの会社は、現在、積極融資の状態にあるのは間違いないので、審査は期待できます。


    ※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
    当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
    安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。



    ※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
    審査の通る中堅消費者金融

     にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

    サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

    【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

    さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

    キャッシング虎の巻を進呈
    サイト非公開情報も含めて、
    キャッシング必勝法がギッシリ!

    ※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

    銀行カードローン比較

    キャッシング審査とクレジットヒストリー

    キャッシング情報局

    キャッシング審査とクレジットヒストリー



    いわゆる「クレジットヒストリー」とは、クレジットやキャッシングの返済履歴のことを指します。


    中小規模の消費者金融会社は、基本的に、キャッシングを初めて利用する方の申込みはほとんどなく、他社でキャッシング利用をした経験がある方からの申込みが大多数になります。
    このため、その審査において、申込者のクレジットヒストリーはかなり重要なポイントになっています。
    クレジットヒストリーは、指定信用情報機関の返済能力調査によって明らかになります。

      現在、貸金業の指定信用情報機関は、
    • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
    • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
      の2社になります。

    もちろんどちらの信用情報機関でもクレジットヒストリーは確認できますが、ここでは、多くの中小規模の消費者金融会社が加盟している、株式会社日本信用情報機構(JICC)のクレジットヒストリーを前提に解説してゆきたいと思います。


    【クレジットヒストリーは審査の最重要ポイント】


    JICCを利用した調査では、各契約ごとに直近12回分の延滞日数が表示されます。
    このため、過去1年間の他社での支払い状況が明らかになります。
    このクレジットヒストリーの確認で、他社の支払いが毎月遅れがちの方や、極端に長い遅れがある方は、返済に対してルーズな方と見なされてしまいます。
    逆に、負債が多くても、クレジットヒストリーがきれいな方(他社支払を一度も延滞したことがないなど)は、評価されます。
    この調査は、審査における最重要ポイントで、ある程度、負債額が多くても、クレジットヒストリーがきれいな方は可決されますが、負債が少なくても、遅れがちの方は、否決となる可能性が高まります。


    【他社の利用実績が評価される】


    前述したように、中小規模の消費者金融会社では、基本的に初めてキャッシングを利用する方の申込みはありません。そのため、その審査は、申込者のクレジットヒストリーの確認が中心になっています。
    逆に言えば、中小規模の消費者金融会社では、初めてキャッシングを利用する方のように、クレジットヒストリーが全くない方の審査には慣れていません。(かえって不審に思われて否決となってしまう可能性すらあります。)
    中小規模の消費者金融会社では、全くキャッシングの利用をしたことがない方よりも、他社で程よい利用実績がある方の方が、審査でかえって評価されます。

    このようにクレジットヒストリーは、今後、新たな借入れを申込む際に、審査に大きな影響を与えます。現在、利用中の業者の返済も安易に遅れてしまうと、新たな借入れの審査が通過しなくなる可能性もあるのでご注意下さい。

    ※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
    当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
    安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


    ※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
    審査の通る中堅消費者金融

     にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

    サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

    【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

    さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

    キャッシング虎の巻を進呈
    サイト非公開情報も含めて、
    キャッシング必勝法がギッシリ!

    ※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

    銀行カードローン比較

    キャッシングにおける一次審査のポイント

    キャッシング情報局

    キャッシングにおける一次審査のポイント



    消費者金融会社には、日々、数多くの申込みがきています。
    本来は、それらの申込み1件1件に対して、時間をかけて丁寧に審査をしてゆくことが望ましいのですが、そこまでコストはかけられません。
    このため、多くの消費者金融会社では、申込者が申込みフォームに記入した簡易な内容で、最初にふるいにかけています。
    その手法は、大手のようにコンピューターで自動的に行っていたり、中堅以下の業者のように担当者がチェックしていたり様々です。
    会社によって多少定義は違いますが、一般的に「一次審査」と呼ばれるものがこれにあたります。
    消費者金融でのキャッシングを検討しているのであればまずはこの一次審査に通過しなければなりません。


    【一次審査通過のポイント】



    ①総量規制に抵触しているか
    現在の借入額が年収の3分の1を超えている場合は、総量規制に抵触するのでフリーローンの借入れは原則できません。
    このため、申込みフォームに入力してある、申告借入額が申告年収の3分の1を超えている場合は、そこでふるいにかけられ審査落ちしてしまう可能性は大です。
    借入額の中でも総量規制の対象となるのは、貸金業者からの借入だけで、銀行やショッピングは対象になりません。
    もし、どちらに選別したらよいかよくわからない場合は、省いて入力しておいた方が無難です。
    (但し、嘘の入力をすることはNGです。嘘の借入額や年収を入力しても最終的には、指定信用情報機関の調査結果と年収証明などの確認で審査落ちします。)

    ②居住年数・勤続年数
    居住年数・勤続年数は共に単純に長い方が審査において信用は高くなります。
    しかし現実は様々で、例えば、

    • 居住年数は浅いが、単身赴任で、家族が居住している自宅は居住10年以上。
    • 居住年数は浅いが、単身赴任先から家族が居住していた自宅に帰ってきた。
    • 勤続年数は浅いが、グループ企業や関連会社に出向している。グループ内での勤続は10年以上

    など、居住年数・勤続年数が浅くても、信用低下につながらないケースも多くあります。
    消費者金融の簡易な一次審査では、これらの事情は一切無視してふるいにかけられるので、申込みフォームに入力する居住年数・勤続年数は、長い方を入力しておいた方が無難です。
    (上記の例で言えば、単身赴任であれば、家族が居住している自宅での居住年数。グループ企業内での出向であれば、そのグループ内での勤続年数。)

    ③自己破産や債務整理をしたことは積極的に伝える
    当サイトでも、何度も繰り返し伝えてきましたが、いまどきの中堅消費者金融会社では、自己破産債務整理をした方を積極的に審査対象としている会社が多く存在します。
    過去に自己破産債務整理をしたという経緯は、貴方が思っているほど審査で信用低下にはつながりません。
    但し、他社の返済を放置していて長期延滞中といった場合はNGです。
    通常は、黙っていても指定信用情報機関での借入調査で、過去に自己破産債務整理をしたことは判明しますが、情報機関の更新漏れなどによって、自己破産や債務整理をしているのに、信用情報上は長期延滞状態のままになっているといったケースもあります。
    このような誤解による審査落ちを防ぐために、自己破産債務整理をしたことは、積極的に業者に伝えていった方が良いでしょう。


    ※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
    当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
    安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


    ※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
    審査の通る中堅消費者金融

     にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

    サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

    【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

    さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

    キャッシング虎の巻を進呈
    サイト非公開情報も含めて、
    キャッシング必勝法がギッシリ!

    ※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

    銀行カードローン比較

    中堅消費者金融を選ぶならタイミングが重要

    キャッシング情報局

    中堅消費者金融を選ぶならタイミングが重要



    大手消費者金融会社の審査基準が通年、比較的安定しているのに対して、中堅クラス以下の消費者金融会社の審査は、かなり流動的です。
    よって、申込みをする時期やタイミングによって、その時は可決だったが、現在は否決といったことは多々見受けられます。
    中堅消費者金融会社が融資に力を入れる時期も、かつては、期末や上半期末にあたる、3月や9月が定番でしたが、最近は、その業者によってバラバラというのが実態です。
    この傾向は、中堅消費者金融会社が、金融事故者への融資も積極的に取り扱うなど、審査方法に工夫を凝らすようになってから、ますます強くなっています。


    <h3>【最も融資に力を入れている業者に申込む】
    多少の差こそありますが、基本的に、現在、積極的に融資を実施している中堅消費者金融会社の審査は大差ありません。
    そのセオリーは、当サイトでも紹介していますので、こちらを参考にしてください。
    しかし、その業者が、申込みをしようとしている、今、融資に力を入れているかいないかによって、審査結果は変わってきます。
    当たり前の話ですが、その時、融資に一番力を入れている業者に申込みをすることが、最大の審査を通すコツになります。


    <h3>【当サイトを有効活用して下さい】
    しかし、どの業者が今、融資に力を入れているかを、素人の方が見極めることは、無理な話です。
    そこで、当サイトの審査が通る中堅消費者金融を参考にすることをおすすめします。
    当サイトでは、各業者の日々の可決率などの動向もチェックしているので、今、融資に力を入れている業者、可決率が高い業者を選別することが可能になっています。
    ここで上位表示させている中堅消費者金融会社は、間違いなく、今、融資に力を入れている業者です。
    実際、可決率が低下したので、下位表示に変更した業者もあります。
    中堅消費者金融会社の利用を検討されている方は、当サイトを参考に効率の良い申込みをして下さい。


    【インターネットキャッシングで全国展開始動】即日キャッシングの[いつも]※申込みは今が大チャンスです!




    ※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
    当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
    安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


    ※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
    審査の通る中堅消費者金融

     にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

    サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

    【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

    さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

    キャッシング虎の巻を進呈
    サイト非公開情報も含めて、
    キャッシング必勝法がギッシリ!

    ※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

    銀行カードローン比較

    消費者金融会社との対話で高額融資を狙う方法

    キャッシング情報局

    消費者金融会社との対話で高額融資を狙う方法



    以前も記事にしましたが、中堅消費者金融会社キャッシング審査では、担当者との対話によって生活状況の詳細などの確認をされる場合が多く見受けられます。
    この詳細確認は二次審査として行われることがほとんどですから、実際に詳細確認が行われるのは、申込書に記入(申込みフォームに入力)した内容での属性審査や指定信用情報機関を利用した既存借入額の調査などの一次審査は通過している場合がほとんどです。
    もちろんこのカウンセリング作業によって、返済能力に乏しいと判断されれば、審査は否決となってしまいますが、逆に高額融資を得られるチャンスにもなります。


    【業者と直接対話できる唯一の機会】


    かつて消費者金融の審査は「来店面談」が主流でしたが、現在の主流は「来店不要のインターネットキャッシングです。
    このインターネットキャッシングは確かに効率的ですが、いわゆる「一次審査」だけでは、属性と借入額をベースにして統計的、業務的に審査を割り出しているだけなので、平均的な生活状況の方の審査は可能ですが、各個人の込み入った生活状況を踏まえての審査を行うことは不可能です。
    よって、大手のように平均的な消費者の申込みばかりでない中小業者では、どうしても生活状況の詳細確認が必要になってきます。
    しかし、これは申込者にとっても、業者と直接対話できる唯一の機会となるので、審査に有利となるポイントをアピールするチャンスにもなります。


    【生活状況詳細確認時のアピールポイント】


    現在の法律下での消費者金融会社の審査は、当たり前のことですが、申込者自身の収入と借入状況に基づくものになっています。勤め先の情報も申込者自身の内容で審査されます。
    しかし、実際に審査を行う側の本音は、「親、親類などを含めた生活状況」が重要となります。
    いやらしい言い方になりますが、実際には、本人の内容だけでは把握できない支払能力が有りますし、その支払能力が実は一番あてになるとも言えます。
    具体例を挙げると下記のようなケースになります。

    • ①本人はパート収入だが、夫が公務員や大企業に勤めている
    • ②本人は年齢も若くアルバイトだが、親が公務員や大企業勤務

    もちろんこのような本人以外からの回収をあてにした貸付は認められていませんが、このような後ろ盾があることが判明すれば審査に大きく影響を与えることになります。
    もちろん、このような後ろ盾がなくても、アピールする内容は他にもあるでしょう。
    それは各個人によって違ってくると思いますが、ポイントは、万が一の場合の清算根拠を示すということになるでしょう。

    ※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
    当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
    安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


    ※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
    審査の通る中堅消費者金融


     にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

    サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

    【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

    さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

    キャッシング虎の巻を進呈
    サイト非公開情報も含めて、
    キャッシング必勝法がギッシリ!

    ※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

    銀行カードローン比較

    総量規制対象外の借入にも要注意!!

    キャッシング情報局
    総量規制対象外の借入にも要注意!!≫


    いわゆる借入には総量規制の対象となる借入とならない借入があります。
    総量規制対象となる借入
    ・・・消費者金融など貸金業者からの借入貸金業法が適用される借入
    総量規制対象とならない借入
    ・・・ショッピングクレジットや銀行借入など貸金業法の適用を受けない借入


    指定信用情報機関の調査で総量規制対象外の借入も判明します】
    現在、消費者金融でのキャッシングを利用する際には必ず指定信用情報機関を利用した借入額調査が行われ、総量規制に抵触しているか否かを調査されることになります。
    しかし、この指定信用情報機関の調査では総量規制対象の借入だけではなく対象外の借入も判明してしまいます。
    特に、クレジットカードのショッピングなどは利用者にも借入という意識が薄い場合が多いのですが、もちろん指定信用情報機関の調査ではその借入も判明することになりますので、過度のカードショッピングなどは要注意です。


    総量規制対象外の借入も含め総合的に審査されます】
    総量規制に抵触しないことは、貸出しを行うための最低条件です。
    消費者金融会社などの貸金業者には従来より、一般的な返済能力調査過剰貸付の禁止が義務付けられています。
    いくら総量規制の対象外だからといって総負債額があまりに多く、返済能力を超えると判断された場合は過剰貸付として禁止されることになります。


    【住宅ローンだけは例外扱いされるのか】
    先ほど総量規制の対象外の借入でもあまりに多ければ審査は通過しにくくなると述べましたが、その中でも「住宅ローン」だけは負債額が大きくても審査上でやむを得ないと判断されるケースが多いようです。
    もちろん住宅ローンも通常の借入と同様に過剰貸付の対象となるので、貸金業者は住宅ローンを含めて過剰貸付を行わないようにすることが必要とされています。
    しかし一般的に住宅ローンは適切な返済計画に基づいてその住宅を担保に貸付が行われ、定型的に低金利で返済期間が長期にわたるものとされているので、実際の審査上では負債額が大きくても通過することは多くあります。

    現実には無理な住宅ローンが家計を圧迫して破綻を招いていることも多く見受けられるので住宅ローンを特別扱いするのは筆者の個人的意見としては反対ですが、消費者金融会社には不動産神話が根強くあり、住宅ローンのために負担が増えたというマイナス面よりも「不動産を所有している」ということが大きく評価されることが多いので、結果「持家」は審査上、優遇されることになることになります。


    当サイトおすすめの中堅消費者金融です:フクホー株式会社

    詳細記事はこちら

    ※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
    当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
    安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


    ※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
    審査の通る中堅消費者金融




     にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

    サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

    【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

    さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

    キャッシング虎の巻を進呈
    サイト非公開情報も含めて、
    キャッシング必勝法がギッシリ!

    ※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

    銀行カードローン比較

    中堅消費者金融の二次審査通過ポイント

    キャッシング情報局
    中堅消費者金融二次審査通過ポイント


    プロミス等大手消費者金融ではあまりなじみがありませんが、中堅消費者金融では与信審査を、
    「1次審査」「二次審査」と2種類に分けて対応している会社が多くあります。

    一般的には、
    一次審査
    ・属性(申込みフォーム等に入力する内容)と指定信用情報機関を利用した返済能力調査

    二次審査
    ・生活状況や他社借入状況などの詳細確認

    というイメージになります。

    一次審査が通過したということは、属性審査指定信用情報機関を利用した返済能力調査は問題無いということになりますから、
    二次審査の詳細確認で否決になるケースは、
    NGな事項を理解して、回答さえ間違いなければ、かなり防げると言えるでしょう。

    【詳細確認時の注意事項】

    借入目的
    「ギャンブル ・他社返済 ・知人、家族への名義貸し ・引っ越し費用」はNG。
    「冠婚葬祭費 ・帰省費 ・仕事上の交際費」が無難。

    現在借入件数、金額
    「嘘をつく ・自身の借入先の会社名、残金、月の支払い金額などを把握していない」のはNG。(バレます!)
    「回答した件数、金額と指定信用情報機関で調査した件数、金額が合致」するのが望ましい。
    尚、借入件数、金額として回答するのは、いわゆるキャッシングだけでOK。ショッピングやクレジットはそのことを確認された時の回答で良い。

    破産・債務整理などの金融事故歴
    「嘘をつく ・自身の金融事故について全く把握していない」のはNG。
    「心あたりがあれば正直に回答」してください。(隠してもバレます)

    また、会社によっては、
    ・配偶者に関する情報
    ・実家、別居親族などの連絡先
    などのプライバシーな情報の確認をされる場合もあります。
    なりすましや、申込者が本当に実在する人物か、という詐欺申込抑制の観点から、中堅消費者金融では確認することが多い
    もちろん回答を拒否することもできますが、正直、審査は通過しにくくなります。

    【やはり誠実な対応が重要】
    中堅消費者金融会社はリスクの高い層への貸出しが中心ですから、どうしても確認事項は慎重になります。
    申込者の生活状況を探るべく、聞き取り事項も多岐にわたることがありますが、そこは理解して誠実な対応を心がけてください。
    収支的にも無理がなく、しっかりした返済意思が伝われば、融資は決まったも同然です!!


    審査が通りやすく、おすすめです!≫

    詳細記事はこちら


    ※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
    当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
    安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。



    ※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
    審査の通る中堅消費者金融


    ※銀行カードローン・大手消費者金融はこちらから探せます!
    最新キャッシング比較



     にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

    サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

    【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

    さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

    キャッシング虎の巻を進呈
    サイト非公開情報も含めて、
    キャッシング必勝法がギッシリ!

    ※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

    銀行カードローン比較

    中堅消費者金融の二次審査とは

    キャッシング情報局
    中堅消費者金融二次審査とは≫


    大手消費者金融ではあまりなじみがありませんが、中堅消費者金融では与信審査を、
    1次審査2次審査と2種類に分けて対応している会社が多くあります。
    1次審査2次審査の内容は各消費者金融会社によって違いますが、大まかには次のようなイメージです。

    一次審査
    属性(申込みフォーム等に入力する内容)と指定信用情報機関の内容での審査

    二次審査
    生活状況や他社借入状況などの詳細確認


    まずは一次審査として、申込みフォーム等に入力する簡易な情報と指定信用情報機関の内容で、申込者をふるいにかけます。(否決にする者と、審査継続する者に)
    次は、残った申込者に対して二次審査として、聞き取り等による詳細確認を行う。

    大手消費者金融会社では、いわゆる一次審査のみ決裁するのが一般的です。
    しかし、どうしてもリスクの高い層への貸出しが多くなる中堅消費者金融の多くは、二次審査として、申込者への直接聞き取り作業を行っています。

    この二次審査一次審査と違い、「対話による詳細確認」という、オートメーション化しにくく担当の主観が入りやすい作業になりますから、ここの結果次第では、予想外の高額融資が得られる場合もあります!!

    次回はこの二次審査通過のポイントについて説明しようと思います。



    ※中堅消費者金融の狙い目は、こちら!
    現在、インターネットで積極融資中!

    詳細記事はこちら


    ※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
    当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
    安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。



    ※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
    審査の通る中堅消費者金融


    ※銀行カードローン・大手消費者金融はこちらから探せます!
    最新キャッシング比較



     にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

    サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

    【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

    さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

    キャッシング虎の巻を進呈
    サイト非公開情報も含めて、
    キャッシング必勝法がギッシリ!

    ※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

    銀行カードローン比較

    いまどきのキャッシング審査の主流は

    キャッシング情報局
    いまどきのキャッシング審査の主流は≫


    このサイトをご覧いただいている方の多くが、消費者金融でのキャッシングを検討している方だと思います。

    その中には、過去に消費者金融を利用していた経験がある方もいると思いますが、
    消費者金融でのキャッシングの方法は、ここ何年かで著しく変化してきています。


    【20年以上前は】
    かつて消費者金融サラ金と呼ばれていた当時は、店舗の窓口まで出向いて借入するというのが一般的でした。
    説教受けながら借りるという昔ながらの対面審査が主流でした。


    【20年前~からは】
    1993年以降、アコムにつづいて消費者金融各社はさまざまな面白い名前をつけた無人契約機を導入し、無人化を競うようになしました。このことで、「借金」という暗いイメージをかなり払拭し、従来に比べて借入しやすくなりました。

    【いまどきは】
    いまどきのキャッシングインターネットからのWEB申し込みが主流です。どこにも出かけず、誰にも会わずに自宅に居ながらにしてお金を借りることが出来ます。

    ひと昔前の感覚では、見ず知らずの他人に面談することもなくお金を貸すことは、考えられませんでした。
    しかし、各社とも事業拡大に伴い、いわゆるスコアリング審査システム(属性と指定信用情報機関の内容等によって評点し、融資の可否融資金額を決定するシステム)の充実に力を入れ、審査の効率化と均一化を図るようになりました。
    その企業努力の結果、対面審査を完全克服して、ネットから申し込んで会わずに貸すという一見無茶な融資が出来るようになりました。

    また、ここ数年のスマートフォンの普及により、この傾向はさらに大きくなってきています。

    「キャッシングの申込は、気軽にスマホから」というのがいまどきのキャッシング審査の主流になってきています。


    ≪スマートフォンから簡単申込!≫

    詳細記事はこちら


    ※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
    当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
    安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。



    ※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
    審査の通る中堅消費者金融


    ※銀行カードローン・大手消費者金融はこちらから探せます!
    最新キャッシング比較



     にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

    サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

    【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

    さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

    キャッシング虎の巻を進呈
    サイト非公開情報も含めて、
    キャッシング必勝法がギッシリ!

    ※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

    銀行カードローン比較

    自己破産してても大手銀行系消費者金融で借り入れできる?

    キャッシング情報局
    ≪自己破産してても大手銀行系消費者金融で借り入れできる?!≫

    通常、自己破産をすると大手の消費者金融会社審査を通過することは、非常に困難になります。
    しかし、必ず否決されるわけではなく、状況によっては審査が通る場合もあります。

    ※破産してても大手銀行系消費者金融審査が通る可能性が高い人

    ・免責がおりて5年以上経過している
    ・現在、低収入ではなく(年収400万円以上)、安定している
    ・自営ではなく会社勤めである
    自己破産後、他で借り入れしていない
    自己破産した時には利用していない消費者金融会社に申し込む

    など多少条件は制限されますが、可能性は十分あります。

    大手銀行系消費者金融が利用可能になれば、

    ・限度額が比較的高額
    ・リボルビング契約(限度枠内での入出金が可能)が主流で便利
    ・提携ATMが全国にある(コンビニからも引き出し可能)
    ・無利息期間などのサービスが充実している

    など多くのメリットがあります。


    (c) .foto project


    自己破産した方は、「ブラックリストに載ったから、大手銀行系消費者金融からは絶対に借り入れできない」と思いこんでしまって、最初から大手銀行系消費者金融には申し込みをしない方も多くいます。

    心当たりのある方は一度申し込みをしてみてはいかがでしょうか?


    大手銀行系キャッシングのご案内はこちらから!



    ※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
    当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
    安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。



    ※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
    審査の通る中堅消費者金融


    ※銀行カードローン・大手消費者金融はこちらから探せます!
    最新キャッシング比較



     にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

    サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

    【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

    さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

    キャッシング虎の巻を進呈
    サイト非公開情報も含めて、
    キャッシング必勝法がギッシリ!

    ※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

    銀行カードローン比較

    居住年数・勤続年数は重視されます

    キャッシング情報局
    居住年数勤続年数は重視されます≫


    消費者金融のキャッシング審査“安定性”を重視します。

    そのため審査では、

    居住年数

    勤続年数

    はかなり重要されます。
    大手消費者金融であれば3年以上
    中堅消費者金融であれば1年以上
    は、審査を通すには欲しいところです。

    いかに柔軟審査な中堅消費者金融でも、このどちらともが1年以下の場合は借入は非常に困難になります。
    居住年数勤続年数のどちらかでも1年以上であれば申し込みをする価値はあります)

    しかし、居住年数勤務年数が少なくても審査が通る例外はあります。

    居住年数が短くても良い場合】
    ・転勤や単身赴任で居住年数が短い場合は、勤務先が安定していればOK
    ・一人暮らししていたが、実家に戻ってきた場合などもOK

    勤続年数が短くても良い場合】
    ・グループ会社に出向している場合
    ・パート、アルバイトなどだったのが、正社員になった等、雇用形態の変化による場合

    ※注意点
    現在、多くの消費者金融会社インターネットで申込みを受け付けしており、
    居住年数勤続年数は、ほとんどの会社で、入力必須項目になっています。
    消費者会社によっては、ここの条件が満たない場合は、オートスコアリング自動与信システム)で、
    その他の条件にかかわらず、否決にしている場合もあります。

    もし、上記のような例外を主張して、審査継続させるなら、
    居住年数勤続年数は、
    “一旦は例外分を含めた年数を入力して申し込みを行い”
    【備考欄】などのフリースペースに詳細を入力しておくか、口頭で審査担当に説明をすることをおすすめします。


    ※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
    当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
    安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。



    ※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
    審査の通る中堅消費者金融


    ※銀行カードローン・大手消費者金融はこちらから探せます!
    最新キャッシング比較




     にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 


    サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

    【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

    さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

    キャッシング虎の巻を進呈
    サイト非公開情報も含めて、
    キャッシング必勝法がギッシリ!

    ※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

    銀行カードローン比較

    キャッシングの審査は、「負債金額」より「負債件数」が重視されます

    キャッシング情報局
    キャッシング審査は、「負債金額」より「負債件数」が重視されます≫


    消費者金融業界には、かつて3件規制という他社利用件数を3件以内とする自主規制がありました。

    これは、・武富士アコムプロミスアイフル三洋信販レイクで結成された「消費者金融連絡会」という組織の自主規制ルールで、
    すでに3社から借入れを行っている人が新たな借入れを申し込んできた場合、審査融資をすることは可能ですが、4社から借入れを行っている人には融資はしないとする協定です。

    (現在、この消費者金融連絡会が行ってきた業務内容は日本貸金業協会に移行され、現在消費者金融連絡会のホームページは閉鎖されています)

    現在は、総量規制という、年収に対しての負債金額によっての貸付制限がありますが、
    本来は、この3件規制にあるような件数規制の考え方が、もともとの消費者金融審査のベースで、

    総量規制・・・法律上、義務付けられているため、やむを得ず遵守している
    件数規制・・・もともとの消費者金融審査における考え方

    ということが言えます。

    同じ総額100万円の負債金額でも、

    ①1社からしか借入がなく、借入額が100万円
    ②複数からの借入総額が100万円

    の場合は圧倒的に①の方が審査上信用は高くなります。


    この「件数規制」は、

    大手消費者金融・・・3件
    中堅消費者金融・・・5件

    おおよそ、このくらいが、現在の妥当な基準になっていると思われます。


    総量規制をオーバーしない限りは、
    負債金額が多くても、負債件数が少なければ、キャッシング審査が通る可能性は十分あります。


    中堅消費者金融はこちらをおすすめします≫

    詳細記事はこちら


    ※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
    当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
    安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。



    ※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
    審査の通る中堅消費者金融


    ※銀行カードローン・大手消費者金融はこちらから探せます!
    最新キャッシング比較



     にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 


    サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

    【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

    さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

    キャッシング虎の巻を進呈
    サイト非公開情報も含めて、
    キャッシング必勝法がギッシリ!

    ※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

    銀行カードローン比較

    いまどきのキャッシング審査が厳しい理由

    キャッシング情報局
    ≪いまどきのキャッシング審査が厳しい理由≫

    いまどき消費者金融でのキャッシング“来店不要”が主流です。
    一昔前は、“来店融資”が主流でしたが、各社の企業努力もあり、現在は、大手から中小まで、ほとんどのキャッシング会社が、このサービスを取り入れています。


    “来店不要融資”が浸透したため、キャッシング会社は、より多くの顧客に効率よく貸出しを行えるようになりました。
    しかし、申込者と面談をしないで、ネットや電話で受付をして融資を行う方法は、

    ・偽造、なりすまし等、詐欺の申込が増加

    属性と負債状況のみの審査に偏り、申込者と向き合った審査がしにくい

    などの原因もあり、キャッシング会社にとっても、ある程度の不良債権発生リスクは伴います。

    そのため、キャッシング会社“新規申込み客の審査に対しては、かなり慎重になっており、
    結果、新規取引客は、可決率融資金額も低いものになってしまいます。

    しかし、その反面、“過去に利用実績のある顧客”に対しての審査は、かなり甘くなっているのも事実です。

    消費者金融での新規利用の可決率10%ほどですが、再度の利用の可決率は、50%を超えるものになります。
    また、
    新規で利用した時は10万円しか利用できなかったが、再度の利用をした時は50万円の利用ができた。」
    などの話は良く聞きます。

    このようにキャッシング会社は実績重視です。

    過去に債務整理、自己破産などされた方でも、
    新規申込み審査が通過すれば、その後の新たな実績次第で、高額利用ができるようになる可能性があります。


    新規審査が通りやすいキャッシング情報はこちら!


    ※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
    当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
    安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。



    ※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
    審査の通る中堅消費者金融


    ※銀行カードローン・大手消費者金融はこちらから探せます!
    最新キャッシング比較



     にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

    サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

    【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

    さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

    キャッシング虎の巻を進呈
    サイト非公開情報も含めて、
    キャッシング必勝法がギッシリ!

    ※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

    銀行カードローン比較

    不動産所有は圧倒的に有利です アピールを!

    キャッシング情報局
    不動産所有は圧倒的に有利です≫


    消費者金融キャッシング審査は、属性や他社の負債額など多角的に検討されますが、

    なかでも不動産を所有している方は圧倒的に有利になります。

    理由としては、不動産所有者

    自己破産しにくい

    ・引っ越ししにくい(行方不明になりにくい)

    ということがあげれます。

    安定性を好む消費者金融会社にとっては、非常に融資しやすいのです。


    このように消費者金融には不動産神話があります。

    この不動産神話は、自分名義の持家でなくとも、

    ・田畑、山林

    ・家族名義の不動産

    などがあれば、是非ともアピールしてください。

    そのことが審査に有利に働くことはあっても不利になることは、ありません。


    通常、消費者金融のインターネットでの申込フォームには、「住居種類」を入力する項目がありますから、
    「持家」と入力できますが、それ以外の不動産のことについては、「備考欄」などに入力しておくと良いでしょう。



    不動産所有の場合は、アピールしてみてください≫
    詳細記事はこちら


    ※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
    当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
    安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。



    ※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
    審査の通る中堅消費者金融


    ※銀行カードローン・大手消費者金融はこちらから探せます!
    最新キャッシング比較



     にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

    サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

    【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

    さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

    キャッシング虎の巻を進呈
    サイト非公開情報も含めて、
    キャッシング必勝法がギッシリ!

    ※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

    銀行カードローン比較

    キャッシング審査に通りにくい人

    キャッシング情報局
    キャッシング審査が通りにくい人≫

    自己破産、債務整理した方も審査対象にしている中堅消費者金融でも、審査が通らない方はいます。
    しかし、審査が通らなかった理由は、消費者金融は教えてくれません。
    そこで、今回は、審査が通らない理由ベスト3をまとめてみました。


    ※その1
    【他社の支払いが遅れている】
    消費者金融の審査が通らない理由で1番多いのがこの理由です。
    多くの消費者金融が利用している指定信用情報機関「㈱日本信用情報機構」ですが、こちらを利用することで、他業者の支払い状況がわかります。

    ・現在、支払いが遅れている人
    ・過去1年以内に1カ月以上の延滞をした人
    ・毎月のように1週間以上遅れている人

    このような方は審査に通りにくいので要注意です。


    ※その2
    【短期間で借り入れが件数が増加している】
    短期間に借入件数が集中している方も、敬遠されがちです。
    具体的には、“半年以内に3件以上新たな会社から借入している”場合は、審査には通りにくくなります。


    ※その3
    【勤務年数・居住年数が浅い】
    消費者金融の審査では、「安定性」が重視されます。
    勤務年数、居住年数が両方とも1年に満たないような場合は、なかなか審査に通りません。


    その他にも、審査が通らない理由はいろいろありますが、審査は総合的に判断されますので、(公務員とか、大企業に勤務しているなど)その他の条件が良ければ、審査が通る場合もあります。

    いずれにしても【他社の支払いが遅れている】ことが1番のNGですから、新たにキャッシングの申し込みをするなら、支払いをすませてからが良いでしょう。


    創業45年のフクホーは安心の日本貸金業協会会員!




    ※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
    当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
    安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。



    ※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
    審査の通る中堅消費者金融



     にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

    サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

    【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

    さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

    キャッシング虎の巻を進呈
    サイト非公開情報も含めて、
    キャッシング必勝法がギッシリ!

    ※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

    銀行カードローン比較
    NEXT≫
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ファイナンス
    4位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    金融論
    1位
    アクセスランキングを見る>>
    ようこそ
    RSSリンクの表示
    最新記事
     
    検索フォーム
    全記事表示リンク
    プロフィール

    kintaro

    Author:kintaro
    消費者金融をはじめ、金融業界の有益な情報を提供しています。

    「初めての借入から破産・債務整理・総量規制下での借入まで」幅広く情報提供していきます。

    あなたのキャッシングにきっと役立ちます!!!

    カテゴリ
    QRコード
    QR
    問い合わせ

    キャッシングに関する“疑問”“相談”お送りください。 わかる範囲でブログで回答させていただきます。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    免責事項
    当ブログの情報は、一部のサービスを除き、無料で提供されています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。 当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。 当ブログが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。