FC2ブログ
キャッシング情報局

審査が通りやすくなる、ちょっとした気遣い

  1. キャンセル扱いはもったいない!?
  2. 身分証明書、収入証明書などの提出は極力早めに!
  3. 審査が通過しやすい曜日はあるのか
  4. 申告借入件数・金額には要注意
  5. 自己破産や債務整理をアピールした方が審査に通りやすい!?
  6. 審査の通りやすい時期・時間帯とは?
  7. 夫の同意が得られるなら配偶者同意申込み!?
  8. 申込前にメール・電話の設定を確認しましょう

| |

銀行カードローン比較

キャンセル扱いはもったいない!?

キャッシング情報局
≪キャンセル扱いはもったいない!?≫

キャンセル扱いはもったいない!?




【否決理由でもキャンセルは上位】



当サイトでは、各消費者金融の承認率を継続調査していますが、いまどきの中堅消費者金融の承認率は、10%を超えることはほとんどありません。

直近3年ほどの調査では、中堅消費者金融の承認率の数値はほとんど変化がないので、今後も、中堅消費者金融は一桁台の承認率で推移してゆくものと思われます。

否決となってしまう主な原因は、
①総量規制オーバー
②延滞・法的事故
③審査対象外(各消費者金融によって基準は異なる。例えば年齢制限、勤務年数制限などを設けている会社が多い。)
などがあげられます。

しかし、否決理由が、「キャンセル」となっているのも、実は、かなり多いことはご存知でしょうか。

ある中堅消費者金融のスタッフの話では、一旦、申込みは受付けしたものの、「キャンセル」となってしまう案件は、全体の2割近くにのぼるという話もあるほどです。


【キャンセルとキャンセル扱いの違い】



キャンセルには2種類あります。

①申込者の都合によるキャンセル
②キャンセル扱い

この2つは、言葉は似ていますが、その意味は明確に異なります。

「申込者の都合によるキャンセル」とは、例えば、「お金の都合がついた」、「希望金額の融資が受けられない」、などといった普通のキャンセルの事です。

対して、「キャンセル扱い」とは、審査の途中で申込者との連絡が途絶えてしまい、便宜上、キャンセル扱いにした案件のことを指します。

実は、中堅消費者金融の現場では、同じキャンセルでも、この「キャンセル扱い」の割合の方が高くなっていることが多いのです。


【もったいないキャンセル扱いもある】



では、キャンセル扱いになっている人は、どういう状況でそうなってしまっているのでしょうか。
申込者の内心までは、調査の仕様がないですが、考えられるもので、

①キャンセルしたいが、面倒なので連絡をしていない
②申し込んだものの借りようかどうか迷っている
③否決になってしまったと勘違いしている

といったところではないでしょうか。

この内、①は、申込者の都合によるキャンセルと同じ意味なので、キャンセル扱いでも問題ないと思いますが、②と③のキャンセル扱いは、ちょっともったいない気もします。





審査結果のメールが上手く届いていなかったり、知らない番号からの電話は出ない人も多くて、結局、連絡つかないままキャンセル扱いになってしまう人は意外に多いんだよ。





【迷ったら借りてしまうのも方法】



当サイトでは、迷っているならとりあえず、借りてしまうことをおすすめしています。

誤解がないように言っておきますが、やたら不必要な借入れを推奨するわけではありません。

理由としては、次回、再度申込みをしても、同じように可決となる保証はないからです。

当サイトに寄せられる、つぶやきでも、
「あの時、借りていればよかった」
とか
「あの時、解約せずに、カードを残しておけばよかった」
といった類の、後悔をしている人が少なくありません。

借りて、必要なければ、返済してしまえば良いだけです。

尚、返済の時も、カードは残しておくことをおすすめしています。こちらの記事も参照


【メールが届かないことも多い】



最近は、インターネットの普及により、申込み受付けも、店頭窓口ではなく、ネットで受付けするのが主流になっています。

この場合、審査結果などのお知らせは、メールなど電磁的な方法になっています。

確かに、メールでのやり取りは、申込者にとっても消費者金融にとっても、お互い手間がかからないので、非常に便利です。

しかし、中には、ドメイン拒否や、迷惑メールと誤解されて、可決のお知らせが、正常に届かないこともあります。

その結果、連絡が途絶えてしまい、キャンセル扱いとなってしまうことも多いと思います。

解決方法としては、原始的ですが、メールをあまり過信せずに、電話で直接、審査結果を確認してみることをおすすめします。


【まとめ】



このように現場では、「もったいないキャンセル」が日々かなり多く発生しています。
この記事を参考に、せっかくの可決を逃さぬよう、是非、ものにして下さい。


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 




メールマガジンの配信を開始しました!

メールマガジン登録フォーム
名前 (姓)  (名)
メールアドレス 必須
銀行カードローン比較

身分証明書、収入証明書などの提出は極力早めに!

キャッシング情報局
≪身分証明書、収入証明書などの提出は極力早めに!≫

身分証明書、収入証明書などの提出は極力早めに!




現在、インターネットキャッシングを行っている消費者金融の多くは、申込みフォームに入力した属性と指定信用情報機関を利用した返済能力調査で「一次審査」行っています。

この一次審査に通過した方は、免許証、保険証などの「本人確認書類」や源泉徴収票などの「収入証明書」提出にすすむのが一般的です。
(公共料金明細などの居住を証明する書類の提出を求められることもあります。)

しかし、消費者金融会社の現場ではせっかく一次審査に通過したのに、書面提出をしなかったり、提出がかなり遅れることによって否決(キャンセル扱い)となってしまう方がいます。





日常生活で忙しいのはわかるけど、本気で借りたいなら最優先で対応すべきでです。
もたもたしてると借りれなくなってしまうよ!





【書類提出が遅れる原因は様々ですが】


もちろん、なるべく早く融資を受けたい方は、書面提出も早めの対応をすると思いますが、提出が遅くなる方は概ね次のようなケースではないでしょうか。

  • 他社とかけもちで申込みをしていて、他社で融資の話が先に進んでいる。

  • 画像添付で送る場合、パソコン、スマホの操作が苦手。

  • FAXで送る場合、コンビニが身近にない。

  • 融資をあまり急いでいない。

  • 仕事など忙しくなかなか時間がとれない。

しかし、結論から言えば、事情は様々あると思われますが、“書面は極力早めの提出をすべき”です。


【対応が遅い方は審査で敬遠されがち】


消費者金融の現場には日々、新しい申込みが殺到します。対応が遅い方は融資に結び付く可能性も低いのでどんどん後回しにされ、おのずとレスポンスの早い方が優先されることになります。

また、指定信用情報機関の情報も古くなってしまいます。他社とかけもちで申込みをしている場合など、一次審査の時よりも負債額が増えてしまっているケースも発生する可能性もあります。

このようなことからも、結果、対応が遅い方はキャッシング審査では敬遠されがちです。


【対応が遅いとはどのくらいの期間か】


どのくらいの期間が、遅い対応となるのかは、各消費者金融の判断によりますが、目安としては、「一次審査を通過した後1週間以内」が限度でしょう。

もちろん早ければ早いにこしたことはありません。

それ以上の放置は、敬遠される可能性大です。

仮に、かけもちで申込みをしている場合でも、一次審査に通過したのであれば、とりあえず書面の提出は完了しておくことをおすすめします。

その会社からのキャッシングの必要がなくなってキャンセルするのは、最終的な審査結果が出た後でも良いでしょう。


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

メールマガジンの配信を開始しました!

メールマガジン登録フォーム
名前 (姓)  (名)
メールアドレス 必須
銀行カードローン比較

審査が通過しやすい曜日はあるのか

キャッシング情報局
≪審査が通過しやすい曜日はあるのか≫

審査が通過しやすい曜日はあるのか




以前、当サイトの記事で、消費者金融にキャッシングの申込みをするには、なるべく暇な時期、時間帯に申込みをすることをおすすめしました。
こちらを参照

この傾向は、審査を目視で行うことが多い中小規模の消費者金融会社には特に有効です。
(大手消費者金融会社はオートスコアリングのコンピューターシステムを採用している会社がほとんどですが、中小規模の会社はいまだにアナログな審査形態を採用している会社が多くあります。)

では、消費者金融会社の1週間の申込み状況はどうなっているのでしょうか。その週によって多少の差はあるものの、概ね以下の通りです。

※曜日別申込み件数
月曜日:申込みは一番多い ★★★★★
火曜日:申込みは多い   ★★★★
水曜日:申込みはやや多い ★★★
木曜日:申込みは多い   ★★★★
金曜日:申込みはやや少ない★★
土曜日:申込みは少ない  ★
日曜日:申込みは少ない  ★
(祝祭日:土日同様に申込み件数は少ない)





この流れは、筆者の経験だけでなく、消費者金融の業務経験者数名に確認したものなので、間違いないと思います。





【落ち着いて審査が行われる時期は】


中小規模の消費者金融会社は土日祝祭日を休業日としている会社が多いので特に月曜日は、審査が込み合うケースが多くなります。
(一見、「曜日別申込み件数」によれば土日祝祭日の申込み件数は少ないので、審査が通りやすいと思われがちです。しかし、前述したように、中小規模の会社では土日祝祭日は休業日としている会社が多いので、土日祝祭日の申込み処理は月曜日に回されることが多くなり、結果、月曜日の忙しい審査にまぎれてしまいます。)

また、翌日の火曜日も、月曜日で処理しきれなかった申込みや事務を引き継いでおり、審査は込み合いがちです。
比較的、審査が落ち着くのは、やはり水、木、金曜日になります。


【当サイトおすすめの時期は】


以上のことからも当サイトのおすすめは、水、木、金曜日の申込みです。

しかし、水、木、金曜日といえども、その他の理由で、審査が通りにくくなることもあるので、絶対的なことではありません。わざわざその時期にずらして申込みをしなくても良いでしょう。

あくまでも参考程度で考えて、自身の都合を最優先して下さい。


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 


メールマガジンの配信を開始しました!

メールマガジン登録フォーム
名前 (姓)  (名)
メールアドレス 必須
銀行カードローン比較

申告借入件数・金額には要注意

キャッシング情報局
≪申告借入件数・金額には要注意≫

申告借入件数・金額には要注意




インターネットなどで消費者金融会社に借入れの申込みをする際は、必ず、現在の「借入件数」と「借入金額」を入力する項目があります。

ここでの申告は、いわゆる「貸金業者」からの借入れが対象になります。
しかし、どの借入れが貸金業者の借入れなのか判別することは、実は、なかなか素人の方では困難なことです。
そのため、この自己申告の借入件数・金額は、つい適当な数値になってしまいがちです。

しかし、この自己申告を間違うと、審査が否決になってしまう可能性もあるので要注意です。





申込み時の申告年収と申告負債額で総量規制オーバーだった場合、信用情報機関の照会もされずに否決になってしまうケースもあります。
下記記事を参考にして下さい。

信用情報も照会されないで否決となってしまうケース





【総量規制に抵触しているかが重要】


現在、消費者金融でのキャッシングは、一部例外はありますが、総量規制の適用があるため、年収の3分の1を超える貸出は原則、禁止されています。

このため、申込みをする際は、申告借入金額が申告年収の3分の1を超える場合は、それ以上の審査に進まずに、否決とされる可能性があります。

(だからといって、年収の3分の1を超える借入れがある方が、嘘の申告をしても、結果、指定信用情報機関の調査でばれてしまいます。)


【判別できない場合は】


住宅ローンや信販でのショッピングなどは、総量規制の対象にならないことはご存知の方も多いと思います。
しかし、中にはちょっと判別しにくいものもあります。
例えば、「銀行系カードローン」の内、銀行本体の貸出になっているものが、それにあたるでしょう。

もし、判別がよくわからない場合は、思い切って、その借入れは除いて申告することをおすすめします。

結果、その借入れが総量規制対象の借入れで、否決になったとしても、少なくとも、自己申告だけで否決となってしまうことは避けられます。


【借入額自己申告ポイント】


このように、誤った自己申告によって否決となってしまうことは意外と多いので要注意です。

本来、申込みがあれば、貸金業者はすべからく指定信用情報機関の調査をすることが、必要とされているので、このように自己申告だけで否決となることは、あり得ないはずでした。

しかし、現実は、中小規模の業者の多くは、指定信用情報機関の調査を省いて否決としているので、自己申告といえども重要項目になってきます。

ポイントをまとめると、下記の2点になります。

①申告借入金額が申告年収の3分の1を超えている場合は否決となる可能性が高い。

②申告対象の借入れかどうか判別に迷った場合は除いて申告する。

※この記事の内容はあくまで、誤った自己申告で否決にならないよう、注意喚起を行っているものです。嘘の申告を助長する意図は全くありませんので、誤解のないようにしてください。


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

メールマガジンの配信を開始しました!

メールマガジン登録フォーム
名前 (姓)  (名)
メールアドレス 必須
銀行カードローン比較

自己破産や債務整理をアピールした方が審査に通りやすい!?

キャッシング情報局
≪自己破産や債務整理をアピールした方が審査に通りやすい!?≫

自己破産や債務整理をアピールした方が審査に通りやすい!?


当サイトの審査が通る中堅消費者金融でも紹介していますが最近の中堅消費者金融会社は過去に自己破産した方や債務整理をした方を審査対象とするところが増えてきました。

インターネットの普及によって、柔軟審査を実施する会社の情報はすぐに広まるので、そのような中堅消費者金融会社には、数多くの自己破産者や債務整理者など金融事故者からの申込みが入ることになります。
(金融事故と言っても、多くの会社は延滞や法的回収などの金融事故はNGにしています。)

しかし破産や債務整理をしている方で、同じような属性でも審査に通過する方と通過しない方が出てきます。

いったい審査に通過する方としない方では何が違うのでしょうか。


【破産・債務整理の信用情報は更新ミスが多い】



現在、消費者金融会社には法律で指定信用情報機関を利用した返済能力調査が義務付けられています。

また各消費者金融会社には入金、出金の都度指定信用情報機関への報告も義務付けられており、最新の情報が提供できる環境にあります。

このように指定信用情報機関は、現在、取引継続中の借入情報に関してはかなり正確に表示されますが、こと、破産や債務整理の情報に関しては、情報が正確に更新されていないことがかなり多く見受けられます。

例えば、以下のようなケースがあります。

○破産を示す事故情報は5年経過して抹消されていているが延滞を示す事故情報だけが残っている。

○破産免責済は本来、完済情報に更新されるべきだが、そのまま取引継続の延滞債権として情報に残っている。

このような更新ミスの場合、照会をした消費者金融会社は、破産免責済でなく長期延滞者の申込みと勘違いして、即否決としてしまう場合があるのです。

また、長期延滞か破産か判断がつきにくい場合もそれ以上詳しい調査はせず、否決とされるケースがほとんどです。





自己破産や債務整理をした方は、そのことを隠した方が、審査に通りやすいと思いがちですが、逆に、そのことをアピールした方が、いまどきの審査は通りやすくなります!





【破産や債務整理したことをアピールすることも必要】



上記のように指定信用情報機関の更新漏れや更新ミスによる勘違いでの否決を防ぐためには、破産や債務整理していることを隠さずに、逆に業者にアピールするという方法があります。

多くの消費者金融会社の申込みフォームには、「備考欄」など補足事項を入力できる箇所を設けているので、そこに過去に破産や債務整理をしたことを入力しておくのが良いでしょう。

いまどきの中堅消費者金融会社は自己破産や債務整理をした方も審査対象にしていますし、少なくとも、長期延滞者と勘違いされて否決となることは避けられるはずです。


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 


メールマガジンの配信を開始しました!

メールマガジン登録フォーム
名前 (姓)  (名)
メールアドレス 必須
銀行カードローン比較

審査の通りやすい時期・時間帯とは?

キャッシング情報局
calendar-660670_640.jpg

キャッシングの審査が通る人、通らない人の差って何でしょう。

もちろん「収入額」、「負債額」、「生活状況」を踏まえた与信判断によるところが大きいのですが、全く同じ状況の人でも、“審査に通る人”と“通らない人”の違いがでる場合があります。

「収入額」や「負債額」などの条件を直ぐに改善することは非常に困難ですが、ちょっとした「気遣い」をするだけで、与信判断が変わる場合も多くあるのです。

ここでは、「審査が通りやすくなる、ちょとした気遣い」をお伝えしていきます。


≪審査の通りやすい時期・時間帯とは?≫

大手消費者金融会社は、日々大量の申込を審査行うため、審査の大部分をオートメーション化していますが、中小の消費者金融会社の中には、決裁者の自己判断(主観)で審査を行っている会社もまだまだ多く見受けられます。

このような消費者金融会社の審査を通りやすくするコツは、
ずばり「消費者金融会社が暇な時期・時間帯に申込をすることです。

多くの申込がある時期・時間帯は、1件の審査にかける時間的な余裕もなく、暇な時期・時間帯に比べてどうしても丁寧な審査はできなくなりがちです。

会社によって、若干の差はありますが、だいたい以下のようなイメージです。

○忙しい日・・(月曜日、火曜日、連休明け)
○忙しい時間・・(午前中)
     ↓
(審査通りにくい) 


○暇な日・・・(水曜日、木曜日、金曜日)
○暇な時間・・(午後)
     ↓
(審査通りやすい) 

例外として、月末近くは、通常よりも忙しい時期になりますが、月の貸付目標達成のために、審査が通りやすくなる可能性もあります。 

もちろん、このことが全ての会社にあてはまるわけではありませんので、申込する時は、そのことをご了解のうえお願いします。





なかなかそんな都合よくできないけど、「先方が比較的、暇な時期に申込みをする」のは鉄則だよ!





※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。



※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融



 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

メールマガジンの配信を開始しました!

メールマガジン登録フォーム
名前 (姓)  (名)
メールアドレス 必須
銀行カードローン比較

夫の同意が得られるなら配偶者同意申込み!?

キャッシング情報局
embracing-each-other-2028729_640.jpg


キャッシングの審査が通る人、通らない人の差って何でしょう。

もちろん「収入額」、「負債額」、「生活状況」を踏まえた与信判断によるところが大きいのですが、全く同じ状況の人でも、“審査に通る人”と“通らない人”の違いがでる場合があります。

「収入額」や「負債額」などの条件を直ぐに改善することは非常に困難ですが、ちょっとした「気遣い」をするだけで、与信判断が変わる場合も多くあるのです。

ここでは、「審査が通りやすくなる、ちょとした気遣い」をお伝えしていきます。


≪夫の同意が得られるなら配偶者同意申込み!?≫


現在の法律では、負債総額が年収の3分の1以上になる貸付はできないので、“無収入の専業主婦”には、原則貸付はできないことになっています。

例外として配偶者の同意を得れば配偶者の年収の3分の1の範囲で借入できる「配偶者貸付」もありますが、実はあまり業界では浸透していません。
手間がかかるうえ、配偶者は連帯保証人にもならないからです。

消費者金融会社によっては、最初から専業主婦を審査対象外にしている会社も多くあります。

このため、専業主婦の方が申込みをすると、「配偶者貸付」を採用していない消費者金融会社からは審査対象外にされてしまう可能性があります。

もし、配偶者の同意が得れるなら、配偶者同意などまわりくどいことはやめて、最初から配偶者に申込してもらったほうが、シンプルで、借入できる可能性は高まるので、覚えておいて下さい。


キャッシングなら消費者金融のプラン、申込みはこちらの公式HPよりどうぞ!



プランの完全攻略サイトはこちらをクリック!
消費者金融プラン 完全攻略!



※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

メールマガジンの配信を開始しました!

メールマガジン登録フォーム
名前 (姓)  (名)
メールアドレス 必須
銀行カードローン比較

申込前にメール・電話の設定を確認しましょう

キャッシング情報局
finger-2056030_640.jpg

キャッシングの審査が通る人、通らない人の差って何でしょう。

もちろん「収入額」、「負債額」、「生活状況」を踏まえた与信判断によるところが大きいのですが、全く同じ状況の人でも、“審査に通る人”と“通らない人”の違いがでる場合があります。

「収入額」や「負債額」などの条件を直ぐに改善することは非常に困難ですが、ちょっとした「気遣い」をするだけで、与信判断が変わる場合も多くあるのです。

ここでは、「審査が通りやすくなる、ちょとした気遣い」をお伝えしていきます。


≪申込前にメール・電話の設定を確認しましょう≫


消費者金融に申込みをした人のうち、何割かの人は、「連絡がつかない」という理由でキャンセル扱いになってしまっているのをご存じですか? 

近年の消費者金融でのキャッシングは、「振込融資」や「ネットで申込」など、来店不要のスタイルが主流になっていて、連絡方法も「メール」、「電話」のいずれかが多くなっています。

しかし、

・メールの場合は“ドメイン指定などでメールが送信できない”

・電話の場合は“着信拒否設定などで電話がつながらない”

などで、審査に通過したのに連絡が取れなくなってしまう方が必ず何割か発生しています。

中には、審査に落ちたと勘違いして、諦めてしまう人もいると思います。

これは実に、もったいない!!

ある程度の規模の消費者金融は、一日の申込みは100件を超えるので、いつまでも連絡が取れない申込者に、かかりっきりにはなっていられません。

そのため、メールが届かなかった場合や、電話を2~3回かけてもつながらない場合は、わりきってキャンセル扱いにして処理をすることになります。


消費者金融に申込をする前には、メール・電話の設定を確認しておきましょう。





せっかく審査が通ったのに、気がつかないのは、もったいなすぎます!
簡単なことですが、携帯電話の設定は、メールが届くようにしてから申込みをしましょう。





セントラルへの申込みはこちらの公式ホームページからどうぞ!


セントラルの完全攻略サイトはこちらをクリック!


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

メールマガジンの配信を開始しました!

メールマガジン登録フォーム
名前 (姓)  (名)
メールアドレス 必須
銀行カードローン比較
申込む前には必ずチェック!!
借りれる中小消費者金融

完全攻略!セントラル

消費者金融プラン 完全攻略!

アロー完全攻略

ライフティ広完全攻略

bnr_fukuho.jpg

bnr_uny.jpg
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファイナンス
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
金融論
2位
アクセスランキングを見る>>
ようこそ
RSSリンクの表示
最新記事
 リンク
検索フォーム
全記事表示リンク
プロフィール

kintaro

Author:kintaro
消費者金融をはじめ、金融業界の有益な情報を提供しています。

「初めての借入から破産・債務整理・総量規制下での借入まで」幅広く情報提供していきます。

あなたのキャッシングにきっと役立ちます!!!

カテゴリ
QRコード
QR
問い合わせ

キャッシングに関する“疑問”“相談”お送りください。 わかる範囲でブログで回答させていただきます。

名前:
メール:
件名:
本文:

免責事項
当ブログの情報は、一部のサービスを除き、無料で提供されています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。 当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。 当ブログが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。