FC2ブログ

お金を借りる案内所 もくじ

  1. 未分類 (1)
  2. 今月おすすめの中堅消費者金融 (22)
  3. 審査が通る中堅消費者金融 (24)
  4. PR (3)
  5. キャッシング知恵袋 (107)
  6. 借入の審査 (64)
  7. 借入先を探す (18)
  8. 審査が通りやすくなる、ちょっとした気遣い (8)
  9. 信用情報について (14)
  10. 元消費者金融幹部Nさんの告白 (5)
  11. 債務整理 (9)
  12. キャッシングQ&A (17)
  13. 消費者金融キャッシング時事ニュース (10)
  14. 借金の相続について (1)
  15. 取り立ての秘密 (13)
  16. おまとめローン (5)
  17. 貸金業法改正でお客に有利になったこと (3)
  18. ヤミ金融について (4)
  19. 苦情・クレームの申出先 (1)
  20. 無利息キャンペーン (2)
  21. 銀行系カードローン (2)
  22. 安心して利用できる会社とは (8)
  23. はじめに (1)
  24. 地域別おすすめ借り入れ先 (1)
  25. レディースキャッシング (5)
  26. 消費者金融業界の裏話 (12)
  27. お金を借りる方法 (5)
  28. 即日キャッシングについて (4)
  29. 総量規制を徹底解説 (8)
  30. 「金利」、「利息」について徹底解説 (4)
  31. 消費者金融業務経験者へのインタビュー (4)

取り立て方法の集中講義(電話編)

キャッシング情報局
≪取り立て方法の集中講義(電話編)≫

150415511840_TP_V4.jpg



【はじめに】


世間では中小消費者金融の取り立てというと強面の兄いが、
「借りた金、早よ返さんかい!」
とダミゴ声を張り上げるイメージがいまだに拭いきれていませんが、今のご時世そんな取り立てをしていたら「重要文化財」か「天然記念物」扱いです。

いまどきの回収業務は言うなればもっと「マイルド」かつ「スマート」であります。

思い返せば、このような取り立ての「マイルド化」はいまから25年ほど前に遡ります。
その頃はかつての「サラ金」が「消費者金融」と呼び方も変わり、テレビCMなどで世広く世間にアピールするようになってきた業界の変革期でもあります。
無人契約機の一大ブームがあったのもちょうどこのあたりの頃です。

かくゆう私がこの業界に入門したのもちょうどそのあたりの頃であります。
その頃はまだ旧来型の「武闘派的取り立て」を行う先輩諸氏も多かったのですが、そのような取り立てからの脱却を目指して、我々「新時代」の社員が日夜試行錯誤で新たな取り立て手法を模索していた頃であります。

あえて言えば、いまどきの取り立て技術は、我々「新時代」の社員による努力の結晶そのものなのであります。

今回、そんなかつての「新時代」の社員を代表して、皆さんには特別に「取り立て方法」を講義していきたいと思います。
旧来型の取り立てと比較してはたしてどちらが効果的か一目瞭然でわかるはずです。

尚、この講義は現在、現役で活躍している消費者金融社員だけでなく、消費者金融を利用している、お客側の方にも有効です。

えっ、金融屋でもないのに取り立て方法なんか聞いたってしょうがない!?
いえいえ、相手を攻略するには、その文化、風習をよく知ってもらうことが、遠回りに見えても一番の近道です。

この講義を聞くことで、これから消費者金融と渡り合う皆さんにとっても非常に有益な知識がみにつくことを確信しております。


【訪問集金から脱却せよ!】


旧来型の取り立ては「訪問集金」が一般的でした。
もちろん電話もしていましたが、連絡がつかなくなると、すぐに現地訪問に出向いたものです。

しかし、はっきり言って訪問集金は効率が悪い。
訪問しても相手が不在のことが多く、督促状を置いてくるだけの結果に終わることがほとんどです。

それでも旧来型の取り立てが訪問集金に頼っていたのは、「実際に自宅まで借金取りが来た」という心理的プレッシャーをかけたいだけなのです。

このような狙いは、「借金取り≒ヤクザ」といったイメージを逆手にとったもので、コンプライアンス重視のいまどきの消費者金融がこれにたよって取り立てをするのは無理があります。

そもそも心理的プレッシャーをかけたいのであれば訪問などしなくても可能です。

そのため、よほど近場であれば別ですが、新世代の取り立て方法には「訪問集金」という概念はありません。

督促はあくまで、電話、書面を中心に行います。
訪問集金なんかしなくても、これだけで充分回収することは可能です。


【電話で延滞者と連絡が取れた場合】


まずは電話での取り立て方法から解説していきます。
内容は簡単で携帯電話、自宅固定電話に直接電話をかけることです。

本来、これを1日に3回ほど繰り返すことが望ましいのですが、忙しい皆さんはなかなかそこまで手が回らないことも多いでしょう。

そのため、1回の電話でも確実に証跡を残しておくために、原則、番号通知と留守番電話への伝言は行います。
(ケースに応じてあえて行わないこともある)

留守番電話への伝言は消費者金融会社の社名で結構ですが、担当の個人名で行うというルールを設けている会社もあります。
この辺りは各会社のルールに従って下さい。

次は実際、お客と電話で連絡が取れた場合の対応です。

①絶対に怒鳴ってはいけません


旧来型の取り立て行為は相手と連絡が取れたら怒鳴りつけるのが定番でした。
それは「怖い会社=返済優先順位が高い」という方程式を頑なに信じているからです。

この考えもあながち間違っているわけでもありませんが、これだけコンプライアンスが騒がれる世の中、どこでテープが回っているかもしれず、このような取り立て方法はもはやリスクでしかありません。

賢明な皆さんは、相手がどんな長期延滞客であっても怒ってはいけません。
拍子抜けするくらい紳士的な対応をすることです。

土台、正規登録業者が威圧感だけで相手を屈服させるのは無理があります。
反社会的勢力でもない我々は、相手がどんなに返済をしていなくても、暴力に訴えることはもちろん、身柄をさらってくる(拉致監禁)ことも出来ないのです。

そのため怒る場合はどうしても中途半端になってしまいます。
中途半端に攻撃をしかければ相手も反撃してきます。
遅れているのは悪いとわかっていても、そこまで罵倒されたら逆ギレするしかないということです。


②情報収集を心掛ける


相手を怒鳴らないということは、別に「太陽政策」をとれということではありません。
「北風」を吹かすにしても、今の時代「威圧」だけでは限界があるということです。
現代の「北風」である法的や強制執行をするには情報収集が必要です。

賢明な皆さんは、怒らないかわりにきちんと相手の情報収集をすることに努めて下さい。
これは中途半端な入金をさせるよりもよほど重要なことです。
特に、長期延滞者の場合は、連絡先、住所、勤務先に変更がないかチェックしておきましょう。
「登録を更新しておきたいので状況を再確認させてください。」と自然に聞けば、相手も警戒心を持つことはないでしょう。
この情報収集が後に訴訟を起こしたり、強制執行する際に役立ちます。

入金させるのは二の次、三の次です。


③次回に連絡をつなぐことを心掛ける


これまで返済を放置していた相手であっても、頭ごなしの説教はするべきではありません。
先方がこれまで返済を放置せざるを得なかった事情にも思いをはせ、
「これまで返済を放置していたのは、よほどの事情があったんでしょう。」
と相手を慮った対応をして下さい

そして話の最後には、
「今後も相談に乗るから、何かあれば必ず連絡だけはして下さいね。」
と一声かけることも忘れないで下さい。

怒鳴って説教するだけの対応と、どちらが、次回に連絡がつながるかは言うまでもないでしょう。


【家族が電話に出た場合の対応】


自宅固定電話に電話した際、お客本人ではなく、家族が電話に出ることがあります。
ここではそのようなケースの対処方法を解説していきます。

①家族の証言はあてにならない!?


返済の催促で、お客の自宅に電話すると家族が出て「もうここには住んでいない」などと言われてしまうことがあります。
それだけで行方不明扱いにしてしまう回収担当もいますが、それは早とちりというものです。

このような家族の証言はあてにならないことも多いので注意してください。
実際はセールスなどの迷惑電話と勘違いしてそのように言っているだけのことも多いのです。

信憑性の高い証言を引き出すには、ある程度、権威のある名前で電話をすることです。
例えば、私がよくやっていたのは銀行を名乗って在籍をとる方法です。
相手が銀行であれば、適当なウソをつく人は少ないはずです。
もちろん、この方法はバレると問題になるのでご注意ください。


②家族への伝言の仕方にはコツがある


借入れのことを本人以外の者に明らかにすることは貸金業法で禁止されているので、督促電話に家族が出た時は、社名を名乗らないことをルールとしている会社がほとんどです。

ただし、本当に社名も名乗らず伝言もせず、電話を切ってしまったら、何の督促にもならず、ただ無駄な作業をしているだけになってしまいます。
相手が長期延滞者であればなおさらです。
ここは法律を守りつつ、存在感を示しておくことが重要です。

そのような時は、わざと家族に不信感をもってもらうように伝言をします。

当方:「〇〇と申しますが△△さんはご在宅ですか?」
家族:「いま、外出しています。」
当方:「今日はお帰りになりますか?何時ごろお帰りですか?」
家族:「失礼ですが、どのようなご関係の方ですか?」
当方:「ご本人以外には詳しくお伝えできません。電話番号を伝えておくので、帰ってきたら連絡するようお伝えください。」
家族:「・・どのような関係の方なんですか?」
当方;「法律上、私からご家族にお伝えすることは出来ません。ご本人に聞かれたらどうでしょう。お察しください。電話番号は伝えておきます。」

もちろん伝言するのはあくまで「個人名」でです。

このやり取りなら、こちらから借入れのことは一切明らかにしていませんし、相手を慮って、社名も名乗らず個人名で電話したという大義名分も出来ます。
尚且つ、不信感満載なので、お客が帰宅した際に、家族に問い詰められ伝言は確実に伝わるはずです。


③代払いの申し出はとりあえず受けとけ!


こちらが、わざわざ不信感を漂わせずとも、何度も電話をしていると家族も、そのうち本人の借金に気づいて、代払いを申し出てくることがあります。

この申し出を受けるか蹴るかは迷う担当者は多いと思います。
後のトラブルを避けるため会社のルールで代払いを受ける条件が定めている会社もあります。

しかし、私の考えは、初期延滞客であればともかく、長期延滞客であれば、とりあえず受けておけというものです。
このような申し出は、私の経験では早い者勝ちだからです。

長期延滞者は重篤な返済不能状態になっていることが多く、他にも複数の借入れがあるケースがほとんどです。
現在、代払いしたいと申し出ている家族も、全ての借金が明らかになった場合、考えが変わってしまう可能性もあります。

後にトラブったら返金すれば良いだけですし、実際そのような事態に陥ることはほとんどありません。

但し、後から関係ない家族に請求をしたと誤解されないよう工夫は必要です。
例えば、「私どもが、ご本人様あてに“茶封筒”で送ってある書面はご覧になったんですか?」と尋ねて、わざと本人あての督促状を開封するよう仕向ける(誘導する)方法もあります。

そうすれば、こちらが借金のことを家族にバラしたのではなく、本人あてに送った書面を家族が勝手に見て借金のことを知ったという、自然なストーリーが出来上がるわけです。


【勤務先への電話方法】


一定期間、携帯や自宅固定電話に電話をして連絡が取れなかった場合、勤務先に電話をすることになります。

勤務先に電話する時のポイントは、あまり攻めすぎないことです。
家族に借金がバレるのと、勤務先の同僚に借金がバレるのでは、ダメージが違い過ぎるので、こちらの不手際でバレるということは絶対に避けなければなりません。

そのため社名を名乗ることは絶対にご法度です。
伝言も可能であればしてもよいですが、不自然な雰囲気であれば無理やりしなくても大丈夫です。
あくまで強制執行を踏まえた「在籍確認」程度のイメージで大丈夫です。

また、相手が電話に出ても、ここで会ったが百年目の勢いでそのまま話を続けるのはNGです。
その場では話をせずに、折り返し電話約束をするにとどめましょう。

最近では、個人情報保護の観点から、社員への取次ぎや伝言、在籍確認を一切不可としている会社も増えてきています。
このようなご時世なので、勤務先への電話では無理をしない方が得策です。



中小消費者金融まとめサイトはこちらをクリック!
借りれる中小消費者金融


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融


 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 


サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較
関連記事

今月おすすめの中堅消費者金融(2019年7月)

キャッシング情報局
≪今月おすすめの中堅消費者金融(2019年7月・8月度)≫

omaturiPAS01709_TP_V4.jpg



当サイトのカテゴリーに、【審査が通る中堅消費者金融】があります。

こちらは、借入れしやすい旬な中堅消費者金融を、ランキング形式で紹介したもので、当サイトの中でも、一番の人気を誇るカテゴリーです。

ここでのランキング順位は、各企業への申込み件数に与える影響力も大きいので、ある程度、長い期間、その動向や承認率を見たうえで、ランク付けを実施しています。
(少なくとも、半年以上は、動向を見たうえで判断しています。)

しかし、実際には、各業者の承認率は、常に変化しているので、本音のおすすめ業者は、実は毎月、微妙に変動しています。

そのため、今回は、各業者の動向や承認率を、直近3カ月という、比較的、短期間のデーターで分析を行い、単純に、今一番、審査が通りやすい中堅消費者金融を、「今月のおすすめ業者」として、紹介させていただきます。


【今月おすすめ業者は】


直近の承認率から分析したところ、今月おすすめは次の⒉社になります。

エース

5月度に引き続き6月度の承認率も絶好調でした。
今期(2019年度)に入ってからは、

・4月・・7.85%
・5月・・11.58%
・6月・・14.69%

とかなりの右肩上がりです。
この勢いがいつまで継続するかはわかりませんが、申込みをするなら勢いのあるうちがおすすめです。

※追記(2019年8月8日)
2019年7月度のエースの承認率は、11.44%と6月度よりも落ち込みましたが、いまだ10%以上の高い数値を維持しております。
8月度のオススメ業者も引き続きエースで間違いありません。


※申込みは公式ホームページよりどうぞ!


エースの詳しい情報はこちらを参照


フクホー

フクホーは6月度の承認率が、いきなりUPしたのでおすすめとしました。
フクホーに関しては、当サイトでは、正式承認数値ではなく一次審査の通過率の数値を集計していますが、今期(2019年度)に入ってからの数値は下記の通りです。

・4月・・24.38%
・5月・・26.71%
・6月・・32.19%

二次審査に通過するのは約3分の1なので、承認率はおおよそ10%と高い数値を叩き出しています。

フクホーに関しても、申込むのであれば、勢いのあるいまのうちがおすすめです。

※追記(2019年8月8日)
2019年7月度のフクホーの一次審査の通過率は33.45%で6月よりさらに上昇しました。
フクホーは2月度から6ヶ月連続で承認率前月比で上昇中です。
8月度のオススメ業者も引き続きフクホーで間違いありません。


フクホーへの申込みはこちらからどうぞ!

フクホーの完全攻略サイトはこちらをクリック!


【閑散期の時期だからこそ】


7月は、6月に引き続き業界の「閑散期」にあたります。
過去のデータによると、残念ながら閑散期には、申込み件数に比例して承認率も下がる傾向があります。

このような時期にエースやフクホーの承認率が上昇しているのはむしろ例外でしょう。
(事実、競合他社の6月の承認率は、ほぼ5月同様の結果となっています。)

他社の承認が落ち込む可能性の高い閑散期こそ申込む価値があると言えます。


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 


サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較
関連記事

業務経験ウン十年の知識は信頼できるのか!?

キャッシング情報局
≪業務経験ウン十年の知識は信頼できるのか!?≫

roujinIMGL8398_TP_V4.jpg



最近、インターネットの各種比較サイトでは、サイトの信憑性を高めたり、リアリティを出すため、運営者情報をより充実させる流れになってきています。

その一環だと思われますが、現在、ネット上に掲載されている「金融比較サイト」の中には、
「消費者金融業務での勤務(経営)経験がある」
「貸金経験ウン十年」
といった触れ込みで集客をしているサイトがいくつかあります。

また、最近は、貸金経験ウン十年のプロ?が、顔出しして、解説をしている動画もあるようですが、これらの情報ははたしてあてになるのでしょうか。

かくゆう当サイトも、私(筆者)の過去の、消費者金融業界での勤務経験がベースになっていることは間違いので、「同じ穴のムジナ」と言われてしまいそうですが、実はこれらのサイトとは趣向が全く違っております。

今回は、業務経験者が書いたというサイトはどのくらいあてになるのかについてまとめてみました。


【業務経験者が書いた記事は信頼できるか!?】


結論から言えば、金融サイトの記事は、業務経験者にしか書けません。
もちろん法律や知識は勉強すればわかりますが、それでは業界について「建前」のことしか理解出来ていないことになります。

「法律はこうなっていても実際はこのように運用されている」といった、生々しい現場の声は、やはり業務経験者でないとわかりません。

そういう意味では、業務経験者の記事はかなり信憑性が高いと言えます。

但し、業務経験者といっても条件があります。


※10年以上前の知識は通用しない!?


2010年6月に改正貸金業法が完全施行されてから消費者金融の業務のあり方は大きく変わりました。

また世の中の風潮もここ10年で変化してきています。

ひと言で言えば、現在は、「コンプライアンス重視の時代」です。
消費者金融の業務も、顧客や従業員の意識も、かつてと全く違ったものになっています。

はっきり言えば、いまどきは10年前の知識は全く通用しません。

いくら業務経験があっても10年以上前に退職して、その後、業界に携わっていなければ、その知識は古すぎて使い物になりません。


※実務経験でなければ記事はかけない


業務経験者であっても、実際の実務経験が乏しい方の知識は参考になりません。
例えば、経理や事務処理担当をしていて、実際の審査や債権管理に携わってない方には、経験を活かして記事を書くのは無理でしょう。

やはり信憑性のある解説を書けるのは、実際の現場経験がある方に限ります。


【現役社員には執筆依頼できない事情がある】


業務経験者といっても、現役で勤務している方に執筆してもらうのは、なかなか困難です。
勤務している金融会社との「守秘義務」や「利害関係」が微妙だからです。

本来、現役で勤務している方が執筆した情報が、一番、信憑性が高いと思いますが、このようなことを踏まえて、当サイトでもインタビューに留め、執筆依頼は行っておりません。

また、当サイトの運営者情報を「ハンドルネーム」にしているのも、インタビューした現役社員に対する配慮の意味合いがあります。

もちろん守秘義務は、退職後も継続されていますが、その会社独自のノウハウでなく、一般論であれば、問題のない範囲であると思われますが、これとて微妙と言えば微妙です。


【まとめ】


まとめると、消費者金融比較サイトについては、次のような観点で考えるべきでしょう。

①業務経験者の記事は信憑性が高い(業務経験者でなければ執筆は無理)
②業務経験者であっても10年以上前の退職者の執筆は無理
③業務経験者であっても実務経験がなければ執筆は無理
④現役社員は執筆出来ない。(守秘義務関連で)
⑤現役社員へのインタビューを実施するための配慮から、運営者情報がハンドルネームのケースもあり得る。

しかし、残念ながら、これを見抜けるユーザーはいないと思います。

このような観点で、今存在するサイトを確認すると、そのほとんどは、ネットなどの情報を頼りに、にわか仕込みで作成したものです。

また、記事の信憑性よりSEOで検索上になっているサイトも多く見かけます。

そのような中、当サイトは、

筆者は消費者金融業務10年以内の退職者で知人も多くいます。
(守秘義務関係が微妙なので非公表とさせていただきます。)


現役社員に執筆は依頼できないがインタビューを実施しています。

どうか今後も本当に信頼できる当サイトを参考にして下さい。





中小消費者金融まとめサイトはこちらをクリック!
借りれる中小消費者金融


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融


 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 



サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較
関連記事

ヤフーの広告規制で中小消費者金融の申込み状況が変わる!?

キャッシング情報局
≪ヤフーの広告規制で中小消費者金融の申込み状況が変わる!?≫

laptop-3087585_640.jpg



大手検索エンジンの「ヤフー」が2019年6月3日より、「Yahoo!プロモーション広告(何かを検索した時に上部に出てくる「広告」のことです)」の審査基準を変更し、いわゆる「アフィリエイトサイト」の広告を原則認めない措置に踏み切りました。
この措置によって、今後、中小消費者金融の申込み状況が大きく変わってくるかもしれません。





アフィリエサイトの広告が禁止されたことは健全なサイトにとっては追い風ですが、各中小消費者金融は単純にそうとも言えない本音があります。

当サイトでは今後も各検索エンジンの広告規制には注視していきます。





【アフィリエイトサイトとは】


現在、中小消費者金融の多くは、いわゆる「アフィリエイト」といった、成果報酬型の広告を採用していますが、その一般的な手法は以下のようなものです。

①消費者金融はASPと呼ばれる業者を仲介してサイト運営者と広告提携をする。
②サイト運営者は提携している消費者金融の広告をネットで出稿する。
③そのサイトを経由した申込者の融資実行が決まれば、消費者金融はサイト運営者に成果報酬を支払う。

ちなみに、広告を掲載するサイトの内容については、各ASPの広告規制や各消費者金融でルールを定めているのでそれに沿った内容でなければいけないとされています。
例えば、「ブラックOK」や「審査が甘い」など安易な借入れを助長するような表現を使用しているサイトはNGとされているのが一般的です。

また、リスティング広告にも、その消費者金融の社名や商標に関わるものはNGとされているのが一般的です。

本来、広告規制に違反している広告が判明した場合、広告提携は解除となるはずですが、実際は、ASP業者にも消費者金融業者にも、事実上、黙認されていたということがあります。


【アフィリエイトに対する本音と建前】


ASPも中小消費者金融も、申込みがなければ商売になりません。
より多くの申込みをもらうためには、規制はあるものの、過激な表現が有効です。

そのため、「ブラックOK」や「審査が甘い」など本来、建前上禁止とされている表現が多少使用されていたとしても、これまでは提携解除とはせず、事実上黙認されていました。

そのような、過激な表現を用いて広告しているだけの中身のないサイトは、本来、検索順位で上位にくることはありません。

そのためサイト運営者は「Yahoo!プロモーション広告」などのリスティング広告を行っているケースがほとんどでした。
消費者金融から入ってくる成果報酬額がリスティング広告代より上回れば、充分、商売になるからです。

しかし、今回のヤフーの措置によって、このようなスタイルの商売は一切出来なくなったということです。

報道によると、ASP業者は今回のヤフーの措置を「業界がクリーンになる」と歓迎しているとのことでしたが、不良アフィリエイターのリスティング広告が、一定の収益になっていたことは事実です。

また、中小消費者金融にとっても、中身のないサイトから誘導された申込者がなくなるので、申込者の質が上がると言われていますが、そのようなサイトに申込みを頼っていたのもまた事実なので本音としては、単純に歓迎というわけでもなさそうです。


【消費者にとっては申込みのチャンス!?】


このようなアフィリエイト広告の規制は、この先も緩和されることはなく、今後はヤフーだけでなく、ネット業界全体に広がってゆくことが予想されます。

また「Yahoo!プロモーション広告」では、2019年6月3日より「アフィリエイト広告」の掲載を順次停止してゆくことになっているので、当面は、中小消費者金融への申込みは、右肩下がりで減少してゆくことが予想されます。

もちろん、リスティング広告に頼らない、正統派のアフィリエイトサイトが増えてくるとは思いますが、広告媒体過渡期の時期は、申込みが減少するのはやむを得ないでしょう。

但し、このような流れは消費者にとっては悪いことではありません。
申込みの絶対数が減少すれば、より、1件、1件、丁寧に審査をしてくれるようになるので、以前であれば否決だった内容の方が可決になるといったことも起こり得ることです。

これから過渡期の時期は申込むにはチャンスの時期になるかもしれません。


中小消費者金融まとめサイトはこちらをクリック!
借りれる中小消費者金融


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融


 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 


サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較
関連記事

今月おすすめの中堅消費者金融(2019年6月)

キャッシング情報局
≪今月おすすめの中堅消費者金融(2019年6月)≫

AKANE278122238_TP_V4.jpg



当サイトのカテゴリーに、【審査が通る中堅消費者金融】があります。

こちらは、借入れしやすい旬な中堅消費者金融を、ランキング形式で紹介したもので、当サイトの中でも、一番の人気を誇るカテゴリーです。

ここでのランキング順位は、各企業への申込み件数に与える影響力も大きいので、ある程度、長い期間、その動向や承認率を見たうえで、ランク付けを実施しています。
(少なくとも、半年以上は、動向を見たうえで判断しています。)

しかし、実際には、各業者の承認率は、常に変化しているので、本音のおすすめ業者は、実は毎月、微妙に変動しています。

そのため、今回は、各業者の動向や承認率を、直近3カ月という、比較的、短期間のデーターで分析を行い、単純に、今一番、審査が通りやすい中堅消費者金融を、「今月のおすすめ業者」として、紹介させていただきます。


【今月おすすめ業者は】


直近の承認率から見れば、おすすめ業者は、「エース」で間違いありません。

「エース」は、2018年度の年間平均承認率は6.78%でしたが、
2019年4月度:7.85%
2019年5月度:11.58%
と今期は凄まじい数値をたたき出しています。

中小消費者金融の中で、例え単月といえども、10%を超える承認率はいまどきなかなかお目にかかれません。
(中には承認率が1%台になってしまっている会社もあります。)

これは、間違いなく、現時点の中小消費者金融では業界TOPになるでしょう!

「エース」の承認率は、例年、繁忙期の5月度に上がる傾向がありますが、6月度も、5月度までとはいなかいまでも期待がもてます。


【エースの新商品】


また、「エース」は、最近、通常のフリーローン、おまとめローン以外に、新たに「シングルマザーローン」という商品を設けています。

これは、「シングルマザーの日常生活の再建や次のお給料(お仕事)までの繋ぎ支援を行う商品」という触れ込みの商品で、契約限度額、返済回数、年齢制限などの条件を厳しくしている代わりに、利率を最大で12.0%まで下げて提供しています。

但し、内容によっては、担保・連帯保証人が必要なこともあるということなので、それなりにハードルは高くなっているようですし、まだまだ手探りのように思えます。

但し、これまで他社が敬遠してきた、「シングルマザー」という属性にアピールする商品を開発したことは、意義があることだと思います。

いずれにしても、他社が拾わないような低与信の申込者であっても、カウンセリングを重視した審査で融資をしてゆこうという姿勢は変わっていません。


※申込みは公式ホームページよりどうぞ!


エースの詳しい情報はこちらを参照


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較
関連記事

速報!中小消費者金融の申込み状況に変化アリ!?

キャッシング情報局
≪速報!中小消費者金融の申込み状況に変化アリ!?≫

blonde-2094172_640.jpg



【中小消費者金融の申込み件数が減少傾向!?】


この記事を書いているのは、2019年5月末ですが、今春の中小消費者金融の状況は、いつもとちょっと様子が異なっているようです。

例年に比べて、全体的にやや申込み件数が減少しているのです!

通常、春の消費者金融の申込み件数は、毎年、M字を描いて推移していきます。
すなわち、
3月・・申込み増加
4月・・申込み減少
5月・・申込み増加
6月・・申込み減少
という流れです。

今年もこの法則は変わりありませんが、4月の申込み減少具合が例年より大きく、5月の申込み増加具合が例年よりもかなり小さかったということです。

これは当サイトを経由しての申込み件数を調査しても明らかで、各社全体的に申込み件数は少なかったはずです。

年間を通しての推移を確認しなければまだなんとも言えませんが、例年のシーズナルパターンがやや変わってきたのかもしれません。


【申込みには最適!】


新たなシーズナルパターンの調査は、今後、継続してゆきますが、例年に比べて申込み件数が少ないということは、逆に言えば、「申込みのチャンス時期」ということにもなります。

各中小消費者金融は繁忙期にある程度の貸出しを見込んでいたはずなので、申込み件数が少なかったのであれば、「承認率」は、相対的に上がることが予想されます。

またこのような時は、通常よりも丁寧な審査をしてくれるようになるので、申込みを検討している人には、このタイミングでの申込みはおすすめです!


【大手消費者金融の申込み件数は増加傾向】


調査してみると、申込みが減少傾向にあるのは、いまのところ中小消費者金融だけで、大手消費者金融では逆に申込みは増加傾向にあります。

大手では、四半期ごとにデータを公表しているので、今春の申込み件数の正式な数値は発表を待ちたいと思いますが、ここ数年、大手消費者金融の申込み件数が増加しているのは、決算データからも明らかです。

例えば、大手消費者金融のアコムの申込み件数は、
2017年3月決算:501,950件
2018年3月決算:539,919件
2019年3月決算:579,116件
と、ここ数年、右肩上がりで増えてきています。

大手消費者金融の申込み件数が増えているのは、銀行カードローンが貸出しを控えていることが大きく影響していると思われます。


【新たなシーズナルパターン】


結論を出すのはまだ早いと思いますが、このように緩やかではありますが、消費者金融の申込み件数のシーズナルパターンは変化してきているようです。

当サイトでは、今後も、消費者金融の申込み状況をリサーチして、随時報告してゆく予定です。

新たなシーズナルパターンが見えてくるかもしれません。


中小消費者金融まとめサイトはこちらをクリック!
借りれる中小消費者金融


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融


 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較
関連記事

行儀が悪と借りれません!

キャッシング情報局
≪行儀が悪いと借りれません!≫

hageIMGL0587_TP_V4.jpg



【過剰サービスに慣れてしまった方はご用心!?】


日本のサービス業は「お客様第一」という意識が強すぎるのか、消費者が過剰なサービスを要求することが当たり前のようになっています。

そもそも消費者とトラブルになった際、企業側にも積極的に戦おうという意識はありません。
高額な金銭を要求してくるケースであればともかく、商品代金の返金で、トラブルが収まるのであれば、それで良しとしている会社がほとんどです。

特に大手企業では、例え、企業側に非がなくても、トラブルが発生すること自体、イメージダウンにつながるので、よほどの内容でなければ、返金して、丸く収めておいた方が得策というわけです。

結果、消費者の自我は肥大化し、些細なことで店員にクレームをつけたり、中には、店員に土下座まで強要する輩まで出現する始末になってしまったのは周知の通りです。

まあ、ここまでではなくても、私達消費者は、「過剰な消費者保護」になれてしまっている面があり、企業はお客様にペコペコするのが普通だと思ってしまっている節があります。

しかし、このような「ノリ」を中小消費者金融に持ち込んだら絶対に審査には通過しなくなってしまうので、はじめて申込みをする方は注意が必要です。


【気に入らないなら借りてもらわなくていい!?】


消費者金融という仕事は、お金を融資したらそれでお終いというわけにはいきません。
きちんと返済してもらって、はじめて利益がでるわけであって、返ってこなければ、単に「お金をバラまいた」だけで完全に赤字になってしまいます。

そのため、些細なことで苦情を入れてくるような人や、融資した後でトラブルになりそうな人に融資することはありません。

その会社の方針や、やり方に納得している人しか利用してもらわなくていいということです。

特にリスクの高い属性の方を相手にしている中小消費者金融では、この傾向は高くなります。

言い方は不適切かもしれませんが、中小消費者金融は基本的に「行儀が悪い方」には融資をしてくれません。

「ウチのやり方が気に入らないなら借りてもらわなくて結構!」というスタンスなのです。


【ついついやってしまいそうなこと】


もちろん、賢明な皆さんは、審査の際、クレーマーのような態度を取ることはないと思いますが、そこまでではなくても、ついつい、過剰に要求してしまいがちなことがあります。

①審査時間を執拗に急かす


圧倒的に多いのが、審査結果を急かすことです。
人手の少ない中小消費者金融では、どうしても審査に時間がかかります。

そんな中、
「今日中に融資してくれ。なんとかしてくれないと困る!」
などと、執拗に急かされると、
「きちんと審査をしないと融資は出来ないし、そんなに急かすなら他をあたってもらって結構」
という気分になるものです。

融資を焦る気持ちは理解出来ますが、審査結果を急かしても、いいことはありません。


②在籍確認、書類郵送方法に過剰な注文を付ける


消費者金融に申込みをする方は家族や同僚に内緒の方も多いので、在籍確認や書類の郵送に関して神経質になるのはわかりますし、中小消費者金融も、出来る範囲では配慮してくれます。

但し、あまりに当然のように注文が多いと、よい印象は与えません。

例えば、
・在籍確認に、営業時間外の早朝や夜間を執拗に指定してくる。
・書類を、速達や時間指定で送付するよう執拗に指示してくる。
などといったことです。

消費者金融は、大勢の申込者の対応をしているので、個人個人の勝手な要求を聞いていたら、業務がまわらなくなってしまいます。

出来るかどうか確認することはよいと思いますが、執拗に要求することはやめておくべきです。


このように、いまどきの過剰な消費者サービスに慣れてしまった私たちは、意識せずとも、ついつい要求が強くなってしまうことがあるので注意して下さい。


【面倒な奴と思われないように!】


誤解をして欲しくないのは、筆者は、やたら消費者金融に迎合しろと言っているわけではありません。
企業とは、対等な立場で、向き合うようにしましょうということです。

消費者金融側にしても、融資をしてなんぼなので、出来る限りのことには対応して、融資を実行したいという気持ちがあります。

但し、あまりに要求が多すぎて、「面倒な奴」と思われてしまうと、融資してもらえる可能性は低くなります。
(断る理由は、どうとでも付けられます。)

利用する以上は、先方のルールに従う必要があることを理解して、あまり過度な要求をし過ぎないようにしましょう。


中小消費者金融まとめサイトはこちらをクリック!
借りれる中小消費者金融


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融


 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 


サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較

今月おすすめの中堅消費者金融(2019年5月)

キャッシング情報局
≪今月おすすめの中堅消費者金融(2019年5月)≫

PAK423196_TP_V4.jpg



当サイトのカテゴリーに、【審査が通る中堅消費者金融】があります。

こちらは、借入れしやすい旬な中堅消費者金融を、ランキング形式で紹介したもので、当サイトの中でも、一番の人気を誇るカテゴリーです。

ここでのランキング順位は、各企業への申込み件数に与える影響力も大きいので、ある程度、長い期間、その動向や承認率を見たうえで、ランク付けを実施しています。
(少なくとも、半年以上は、動向を見たうえで判断しています。)

しかし、実際には、各業者の承認率は、常に変化しているので、本音のおすすめ業者は、実は毎月、微妙に変動しています。

そのため、今回は、各業者の動向や承認率を、直近3カ月という、比較的、短期間のデーターで分析を行い、単純に、今一番、審査が通りやすい中堅消費者金融を、「今月のおすすめ業者」として、紹介させていただきます。





5月より、元号も「令和」にかわり、新しい時代が幕開けしました。
当サイトでは、今後も、その時代、その時期に即した、有意義な情報提供を実施してゆく予定です。
皆さんの新時代のキャッシングの力になれれば幸いです。





【5月の承認率は必ず上がる!?】


例年、4月度に比べて5月度の承認率は上昇する傾向があります。
5月度は、消費者金融にとって、3月に次ぐ「第二繁忙期」にあたるからです。

春の申込み件数は、毎年、M字を描きます。
すなわち、
3月・・申込み増加
4月・・申込み減少
5月・・申込み増加
6月・・申込み減少
という流れで、この傾向は、大手でも中小消費者金融でも変わりません。

要因は様々ありますが、
・大型連休明によって資金需要が高まる
・自動車税の納付時期
などが大きな理由と言われています。

そして申込み件数と承認率は、正比例するので、5月の承認率は、必ず上昇するはずです!!
すなわち、申込みのチャンスの時期と言えるのです!

これは、業界の「シーズナルパターン」です。
今年も連休明けから、申込みは一気に増加することになると予想されます。


【今月のおすすめ業者は】


「令和」最初のおすすめ業者は、間違いなく、フクホー 」です。

4月の承認率は、申し込み件数の減少もあって、各社軒並み下降傾向にありました。

そのような中、フクホーだけは、4月度の承認率を3月度に比べ、約1.2倍近く、伸ばしてきました。
第二繁忙期の5月度は、さらなる、承認率UPが見込めるはずです。

“審査が通りやすい”ということだけで考えれば、申込みはフクホー 」で間違いありません。

但し、フクホーの審査は、時間がかかります。
(申込み日から融資実行まで、平均して約1週間)

これは、業者の特徴なので、どうしようもありません。

特に、大型連休明け直後は、審査が混み合うことが予想されるので、ある程度、余裕を持って申込みをすることが必要になるのでご注意下さい。


【5月の申込みのコツ】


中小消費者金融は、GW中、休業している会社も多く、連休明け直後の審査は大変混みあいます。

あまりに審査が混み合うと、丁寧な審査が行き届かない可能性も出てきます。

そのため、可能であれば、連休中や連休明け直後は外して申込みをするのがベストです。
今年(2019年)で言えば、5月9日(木)以降に申し込みがおすすめです!


フクホーの完全攻略サイトはこちらをクリック!
bnr_fukuho.jpg



※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融

 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較
関連記事

総量規制はきちんと守られているのか!?

キャッシング情報局
≪総量規制はきちんと守られているのか!?≫

OOK95_ageage20131223_TP_V4.jpg


消費者金融など貸金業者からの貸出しを年収の3分の1までとする、「総量規制」は、2010年6月に完全施行された改正貸金業法の目玉です。

この法律の導入によって、それまで多重債務者への融資を中心としていた中小消費者金融は大部分の客層を奪われてしまったのは事実です。

この「総量規制」が施行されてから既に約10年近く経過しますが、現場では、果たしてきちんと守られているのでしょうか。

今回、その辺りをレポートしてみました。





ネットではいまだに「総量規制オーバーでも借りれる!」なんて文言を見かけますが、中小消費者金融の現場では、総量規制はきちんと守られているのでしょうか?
それとも何らかの「脱法行為」が行われているのでしょうか?
詳しくは本文を参照下さい。





【総量規制は遵守されているのか】


結論から言えば、大手でも中小消費者金融でも、ほとんどの会社が「総量規制」をきちんと遵守しているようです。

あからさまな違反を行っている会社はほぼ見当たりません。

これは、正規登録業者で営業している以上は、当然のことではありますが、意外と言えば意外です。
個人的には、「総量規制」が導入される前夜、客層を奪われることになった中小消費者金融は何らかの「脱法行為」に出ざるを得ないだろうと考えていました。

しかし、現在の中小消費者金融は、総量規制オーバーの人に強引な手法で融資をしなくても、営業は成り立っているようです。
それには、次のような背景がありました。


【顧客層が「多重債務者」から「自己破産者」へ変わった!】


総量規制を遵守しても営業が成り立っている大きな理由のひとつに、改正貸金業法施行後、中小消費者金融の顧客層に変化があったことがあげられます。

それまで中小消費者金融の顧客の中心は、既に複数の他社から借入れがある「多重債務者」でした。

当時の中小消費者金融の営業スタイルは、いわば、「多重債務者100人に融資をして、例え10人が潰れても、90人が高金利できちんと返済してくれれば良い」という考え方でした。

しかし、「総量規制」によって、その客層への融資の道は途絶えました。
また、「上限金利引き下げ」によって高金利に頼った乱暴な融資も出来なくなってしまいました。

代わりに増えてきたのが、過去に自己破産や債務整理をした方への融資です。
実は、この融資方法は、「大当たり」で、各中小消費者金融で大流行しました。

それ以前の中小消費者金融では、

●自己破産者や債務整理をした人
・・・途中で返済を投げ出した悪い客

●多重債務者
・・・負債が多くても返済している返済意欲の高い客

といという偏見が強くあり、自己破産や債務整理をした方に対しては、ほとんど融資対象者としては見ていませんでした。

ところが、実際に融資してみると、過去の借入れが清算されているので、「総量規制」に抵触することは少なく、また、融資した後も、逆に「総量規制」が歯止めになって、負債が増加しにくいということもあって、不良債権化しにくいという、極めて合理的な融資であったことが判明しました。

法改正から10年近く経過した現在は、客の入れ替えも完了し、中小消費者金融の客層は、多重債務者中心から自己破産や債務整理をした方が中心に変化しています。


【銀行カードローンのおまとめローンで融資する隙間ができた!】


また、もうひとつの理由に、銀行カードローンの活躍があります。

最近になって、銀行カードローンはその過剰融資が問題視され、貸出しは自粛傾向ですが、2016年ごろまでは、消費者金融に変わる新たな受け皿として、その融資は、超イケイケの状態でした。

銀行の融資は、総量規制の対象外です。

この銀行カードローンが消費者金融の借入れを「おまとめローン」でまとめてくれたおかげで、借金の総額は変わらないのに、それまで、総量規制の対象であった借入れが、対象外の借入れとなり、消費者金融が融資できる隙間が発生することになりました。


【脱法行為とまでは言えませんが・・】


このように、まがりなりにも、中小消費者金融の現場では、総量規制は遵守されています。

但し、その背景には、自己破産者や債務整理をした方への融資の増加や、銀行カードローンのおまとめの隙間をついた融資があったことも事実です。

これらの手法は、「脱法行為」とまでは言えないまでも、世間や監督官庁がこころよく思わないことは明らかです。

自己破産者への融資も、あまり派手にやり過ぎると、次なる締め付けにつながりかねないので、各中小消費者金融にはくれぐれもやり過ぎないようにしてもらいたいものです。


中小消費者金融まとめサイトはこちらをクリック!
借りれる中小消費者金融


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融


 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 

サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較
関連記事

各中小消費者金融の「承認率(可決率)」を発表します!!

キャッシング情報局
≪各中小消費者金融の「承認率(可決率)」を発表します!!≫

発表



【審査の通りやすさは「承認率(可決率)」で見る!】


「中堅消費者金融に申込みをするなら、どこに申込みをしたらいいのか?」

「審査が通りやすい消費者金融はどこ?」

このような質問は、当サイトに数多く寄せられています。

答えは簡単で、審査の通りやすさを相対的に比較するのであれば、「承認率(可決率)」で見るしかありません!

承認率(可決率)については、既に何度か解説してきましたが、申込み件数に対する、承認された件数の割合のことで、

承認件数÷申込み件数=承認率

という単純な式で算出できます。

もちろん、各消費者金融によって様々な特徴があるので、おすすめすべき会社は個人によって変わってきますが、当サイトでは総じて、

「承認率(可決率)が上昇傾向にある会社、または高い数値で安定している会社」

をおすすめしています。

大手消費者金融の承認率は1年を通して、40%~50%弱で安定していますが、中堅消費者金融の承認率は流動的で、その時々で上下する会社が多くあります。

これは、
①資金調達の関係
②不良債権発生率の関係
③システム環境の関係
④人手の関係
など、様々な要因が考えられます。

承認率が上昇傾向な会社は、これらの諸問題に対応出来ているが、承認率の上下が激しい会社は、これらのうち、何等かの問題を抱えていると考えて間違いないでしょう。

もちろん、会社によって、「申込み条件」、「申込み件数」、「申込者の属性」など、諸条件が異なるので、単純比較することは困難です。

但し、この「承認率(可決率)」が、審査の通りやすさを検証するうえで、大きな目安になることは間違いありません。





中小消費者金融の承認率について、ここまで分析しているのは、当サイト(姉妹サイト)だけです!





【金利よりも重要なのは承認率!?】


「承認率(可決率)」がこれだけ大きな目安であるにもかかわらず、中小消費者金融の利用を検討している方は、「承認率(可決率)」に関して、ほとんど無関心です。
代わりに「金利」については気にしている方が多くいます。

本来、「金利」よりも、「承認率(可決率)」の方を数倍気にするべきです!
(消費者金融の「金利」はどこも横並びでほとんど変わりありません。)

但し、各中小消費者金融の承認率を調べたくても大手消費者金融と違って、中小消費者金融では承認率を公表していません。

また、ネット上にある、「比較サイト」でも「承認率(可決率)」について触れているサイトはほとんどなく、中小消費者金融の承認率はこれまで謎に包まれていました。

そのような中、当サイトでは、これまで、姉妹サイトの協力も得て、主だった中小消費者金融の承認率を独自で集計してきました。

今回は、その地道な集権の成果である、昨年度(2018年度)の承認率の結果を発表したいと思います。


【中小消費者金融2018年度承認率結果】


では、早速、主だった中小消費者金融の承認率を公表させていただきます。

IMG_0743.jpg


見やすくグラフにするとこうなります。

IMG_0744.jpg


※この数値は、当サイトが独自に集計したもので、各中小消費者金融が公表しているものではありません。


このように見ると、
まず、「ライフティ」が昨年度は超下降気味だったことがわかります。
「セントラル」も年間通して下降ぎみです。

また、アローの承認率の高さ目立ちますが、
アローは、現在、
・年齢25歳以上
・勤続1年以上
の条件の方でないと、申込みは受付け出来ないようになっており、他社よりも申込みの段階で条件を絞っています。

対して、プランは、上半期はやや下降ぎみでしたが、繁忙期に向けての追い上げが凄まじく、申込み条件はアローよりも緩和しているのに、3月は同じ承認率をたたき出しています。

このことからも、2018年度の年間最優秀賞はプランで決まりですね!


【今後も調査は続行します!】


先に述べたように、中小消費者金融の承認率は流動的なので、今後、また傾向が変わってくる可能性もあります。

その時々で、狙い目の中堅消費者金融は変わってきます。

当サイトでは引き続き、各社の承認率を調査して、随時公表していく予定ですので、どうぞお見逃しなく!

※参考記事:承認率(可決率)で比較!



中小消費者金融まとめサイトはこちらをクリック!
借りれる中小消費者金融


※最近、安易に「審査が甘い」などの文言を用いて、消費者金融などを紹介するサイトが増えてきていますが、信憑性の低いものも多く鵜呑みにするのは危険です。
当サイトでは金融業界に詳しい専門スタッフがその経験を踏まえて記事を提供しているので、信頼できる内容になっていると自負しています。
安心・安全なキャッシングに是非役立てて下さい。


※安心・安全な審査が通る中堅消費者金融はこちらから探せます。
審査の通る中堅消費者金融


 にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ 



サイトでは掲載出来ないお得な情報をお届けします!

【お金を借りる案内所】メールマガジン配信中!

さらにメルマガ登録会員だけに特典!!

キャッシング虎の巻を進呈
サイト非公開情報も含めて、
キャッシング必勝法がギッシリ!

※お名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

銀行カードローン比較
関連記事
NEXT≫
申込む前には必ずチェック!!
借りれる中小消費者金融

完全攻略!セントラル

消費者金融プラン 完全攻略!

アロー完全攻略

ライフティ広完全攻略

bnr_fukuho.jpg

bnr_uny.jpg

ニチデン攻略法!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファイナンス
8位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
金融論
2位
アクセスランキングを見る>>
ようこそ
RSSリンクの表示
最新記事
 リンク
検索フォーム
全記事表示リンク
プロフィール

kintaro

Author:kintaro
消費者金融をはじめ、金融業界の有益な情報を提供しています。

「初めての借入から破産・債務整理・総量規制下での借入まで」幅広く情報提供していきます。

あなたのキャッシングにきっと役立ちます!!!

カテゴリ
QRコード
QR
問い合わせ

キャッシングに関する“疑問”“相談”お送りください。 わかる範囲でブログで回答させていただきます。

名前:
メール:
件名:
本文:

免責事項
当ブログの情報は、一部のサービスを除き、無料で提供されています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。 当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。 当ブログが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。